神楽坂律は婚約破棄したくない!

kagurazaka ritsu ha konyakuhaki shitakunai

神楽坂律は婚約破棄したくない!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×215
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

21

レビュー数
9
得点
182
評価数
41
平均
4.4 / 5
神率
53.7%
著者
切江真琴 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
電子発売日
ISBN
9784773063486

あらすじ

待ってやばい、なんでときめいてるの俺

神楽坂律、28歳ゲイ。生まれた時から親の決めた許婚がおり、ついに迎えた許婚とのお見合い当日。
まさかのお相手は真面目系年下イケメン御曹司の理央――性別・男。親の勘違いから同性の婚約者だったが、好みのタイプではないので婚約破棄しようとするも、ある理由から期間限定で婚約継続の上、まさかの即同棲へ!?
恋愛嫌いのくせになぜか猫可愛がりしてきてイチャラブ全開な理央に、律のときめきは暴走寸前! 無事二人はゴールインできるのか!? 棚ボタ婚約からはじまる両片思いラブ

表題作神楽坂律は婚約破棄したくない!

沓名理央、大企業沓名グループの御曹司26
神楽坂律、実家の老舗料理店の経理担当28

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数9

可愛かった

初読みの作家さんでした。
ネコ好きなので、表紙に惹かれて・・・。

チャラ男がタイプ(だと思っている)可愛い「律」と恋愛に興味無しの猫バカ男前「理央」

読み始めたら最後まで読みたくなってしまいスルスル~と。
普段活字読まない人間なので、途中で止められなくなるのが大事なんです・・・。

チャラ男銀行員とロマンスグレーのお父さんがいい味出していて好きです。

あと、猫ちゃん達。
いやぁ~猫愛のあるお話で、猫を飼ったことが無い人は欲しくなっちゃうんではないでしょうか?
あのお父さんの猫まみれの素敵なイラスト・・・。

ホントに乗っかってきますから・・・。
背中流血しても嬉しがるのが飼い主ですから~。

最初の律の「婚約破棄致しません」と最後の理央の「婚約破棄致しません」同じセリフでも大きく違う。
終始、ほっこりほほえましい2人でした。
可愛かったなぁ。

3

もっと奇天烈かと思ってたけど

凄く面白いとは思ったのですが、初めて読んだ切江真琴先生の作品「恋のゴールがわかりません!」の方がインパクトがあって好みでした。

あちらの作品が好きだったので今回もあらすじを見て凄く期待してたんですが、思ったほど笑えなかったしそれほど萌えられませんでした。


確かにみずかねりょう先生の描かれる猫ちゃんは可愛かったので、猫好きな方には堪らない内容だったと思います。

期待した理央と律の母親たちの強烈さも個人的には想像の範囲内で、凄くおかしいとか飛び抜けて面白いまでは行きませんでした。
想像以上に良かったのは理央の父親くらいでしたね。あのお父さん好きです。


産まれた時からの許嫁で会ってみたら男性で、同性婚が認められたばかりの世の中で、愛はないけどお互いに婚約してる関係が都合が良い。
そんな打算的な関係から一緒に居るのが居心地良くて、お互いに自分にとって欠かせない存在になる迄のお話なんです。

2人の仲を反対する人も邪魔するような当て馬も登場しないので、はっきり言って起伏が少なくて淡々とした印象でした。タイトルからもっと奇天烈かと思っていたので、ちょっと肩透かし感がありました。

2

許婚者は同性でした!?

今回は大企業の御曹司と老舗料亭の息子のお話です。 

母親同士の約束で許婚者となった受様と攻様が
猫付き同居生活で意気投合し、伴侶になるまで。

受様は老舗料亭を営む両親の一人息子で
生れる前から許嫁がいます。

夢見がちなお嬢様だった母が親友と
「子供が生まれたら結婚を」という約束ながら
幼い頃にも顔合わせをしたことがなく
28才にして初めて会うことになります。

受様としては母親たちのダシに使われただけで
会えばこの話は無くなるだろうと
母親孝行のつもりでした。

ところが案内された席で待っていたのは
母親と同世代の女性と待っていたのは
スーツ姿の男性だったのです!!

このお相手こそが今回の攻様です♪
受様と攻様はそれぞれの母親に抗議の声を上げますが
彼女達は顔を見合せたと笑い出してしまいます。

受様は男女でもおかしくない名前、
攻様は男らしい名前ながらも
母親が音読み&ちゃん呼びしていたために
お互いに女の子だっと思い込んでいたようです。

攻様は「この婚約は破棄ですよね」と切り込みますが
母親達には「お互いの人となりも判らないうちから
婚約破棄なんて」と言うのですよ。

「でも男同士なんだよ?」という攻様に
実はゲイな受様はツキンときてしまいますが
母親達は同性婚もできるようになったのだから
「問題なし」と却下です。

受様は男同士なら早々に話はなくなるかと
俯瞰していたのでまさかな答えにびっくりです。

攻様はきっぱり物申す割には母親の推しに弱く見え
この局面を乗り切れない気がしてきて
自分も反対の意思表明をしようとしますが

攻様が家電量販店を中核に様々な分野に手を広げる
沓名グループの御曹司だと知り
2号店の出店を目指して奔走していた受様は
「婚約破棄、致しません」と表明する事になり!?

母親の勘違いで婚約者となった2人の
同居生活から始まるラブコメディになります♪

受様は実家で経理を担当していますが
受様は今は2号店を計画していて
もし攻様が婚約者なら銀行の融資が上手くいくのでは
と思ってしまったのです。

攻様も許婚者の存在を盾に
言い寄る女性達から逃げてきたようなので
受様との関係に理があると婚約継続となりますが

無理難題を押し通す母親達を伴侶を持った父親達も
やっぱり少し変わっていると言うか
一筋縄でいかない人たちばかりのため

2人の偽婚約&同居生活+猫ちゃんズは
読者の想像の上をいく楽しさです。

2人の気持ちの変遷が中心なので痛い展開ではなく
安心して2人の恋の行方にドキドキ、
ハラハラさせて頂きました ヾ(≧▽≦)ノ

攻様の猫ちゃん達もすごく可愛くて
切江先生の猫愛がふんだんに盛り込まれているのを
感じた1冊でした♡

3

猫達がキューピッド♡

切江先生・みずかね先生コンビのラブコメは期待以上に面白かった。

強烈なママ達の策略により幼い頃から婚約していた律と理央。初顔合わせで同性だと判るってツッコミどころ満載だけどママ達の勢いとメリットを考え婚約続行・同棲する事に。

違和感なく自然に2人の空間ができたのは可愛い猫達の力も大きいと思う。先に想いを自覚したのは律だけど、理央も言動には好意が現れててドキドキ。周りの生暖かいアシストもありつつ想いを言葉にして、結ばれた2人が可愛すぎました✧*。

これ婚約者って括りがなければ想いを自覚するのもっと早かったかも?でも婚約者だから出会ったしな〜でも最初から2人の空気感の良さが素敵でした。

みずかね先生の描く2人が可愛くてかっこよくて✧*。癒やされる作品でした。

3

許嫁

みずかね先生なのでマストバイ。切江先生、コメディタッチがお得意なのかな?楽しいお話でした。残るかと言われると???なので萌にしました。本編230P+あとがき。

名門女子高出身のお嬢様を母に持つ律(♂)。生まれた時から、その母の親友(♀)の子を許嫁とされてきましたが、いざ会ってみると相手は男。すっとこにもほどがあると思うのですが、そこはお嬢様、軽やかに「同性婚できるようになったじゃない」とスルーされ・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻め受けの母二人(天然お嬢様最強説)、受け父(明治から続く料亭経営、頑固者)、攻め父(有名企業社長)、たら、わらび、ゼン(攻めの飼い猫)、銀行融資担当者ぐらい?

++攻め受けについて

攻めは御曹司さんだけど、尊大なところはなく、押しが強いわけでもなく、変態臭もなく、優良物件ではあるけど特徴としては?。しいて言うなら天然寄りの超ネコ馬鹿さんかな。

受けさんはゲイで、攻めからネコみたいに可愛がられて(性的な意味ではなく)恋に落ちちゃう流れです。広くて綺麗な、床暖つきのお部屋に、昔から飼いたいと願っていた猫3匹。なんとなく居心地のよい関係の続くイケメン。そりゃ落ちますよ、落ちていいと思います。明るい性格なんでウジウジぐるぐる悩むなんてシチュはなく、明るく楽しい様子が続きます。そこに拍車をかけるのが二人のゆるふわおかん達。やるわ。普通生まれた子の性別確認せえよって盛大にツッコミましたね、冒頭。

ゆるふわおかんは楽しいからそっとしておいて、そんな調子で明るく楽しくハッピーエンドというテイストのお話です。休日にふふ(⋈◍>◡<◍)。✧♡って読みたいものを探しておられるなら、おススメしたいと思います!

4

切江先生節が大いに楽しめます。

なるべく本編には触れないように書きましたが、念のためネタバレ設定にします。

切江先生の作品大好きなのであらすじも読まずに購入。
切江先生作品はキャラの良さ、クスッと笑える言葉のチョイス、お色気シーンのエロさがお勧めポイントなのですが、全てそろっていました。ありがたいことです。

読んで数ページで笑い、なるほど今回はこのパターンで同棲開始ですねとにっこりいたしました。切江先生、同棲とか同居設定お好きだと勝手に思ってます。

展開としては現実にはあり得ないだろ~!と笑いながら突っ込みつつも、こんな2人が現実にいたらいいなと思わせるのはキャラの良さとそれを生かしたストーリー展開の巧さだと思います。変な思考回路も、まぁこの攻めちゃんだもんね、と説得力があります。
受け攻めそれぞれがとっても可愛いので、2人のやり取りは二乗で可愛いです。

登場人物みんな個性的でいい人ですのでストレスフリーで甘々コミカルな話を読みたい方にお勧めです。
そして何より猫様ですね。猫好きならウンウンと頷く描写が多く癒されます。
猫様を撫でながら読みたい作品です。

7

好きの気持ちが毎日更新されていく

めちゃんこ楽しい作品でした!
ニヤニヤの同棲生活を思いっきり覗かせて貰いました。


キャピったウフフな母親同士の策にはまり、本意ではない契約結婚(偽装婚約)をすることになった、律と理央。こんな風に周りがノリノリのお膳立てってどゆこと?と思ったら、同性婚OKの設定なんですね。なるほど(^^)

外野(母親たち)が舞台を作り、利害関係しかない2人が次第に同棲期間を経て恋に落ちていく、焦れキュンな物語。
愛情もなんもない理央と律の0からのスタートが、100の愛で満たされていく過程がとても面白かったです。

律の好みからハズレていたはずの理央なのに、一緒に生活するうちに好きなところしか見えなくなって、愛情も欲情も抱くようになっていったからさあ大変。ごまかしごまかしの律の戸惑う姿が可愛いです。
理央の気持ちが自分にはなくて、それどころか利害関係終了したあとには婚約破棄をしないといけないために、自分の気持ちをひた隠しにして理央を遠ざけようとします。
だけど、恋愛初心者の理央にはその真意とごまかしが全く効果なくて、結果的にどんどん理央への好きが増えていくしかない状況に追いやられて、謎の疲弊感を覚えているのがすごくニヤニヤしました。

外堀も埋まっているし、舞台(同棲・結婚へのマリッジロード)も完璧。当て馬もいないし親問題はクリアだし、法制度も問題ないし、理央と律の気持ちが整うだけなので、2人の気持ちだけに集中出来て読めたのは良かったです。


理央の気持ちもどんどん律に向いていって、無意識に律を煽るような行動や言葉まで出るもんだから、律はあわあわ。これ以上好きになるとヤバいから距離を置こうとする律と、律が可愛くて仕方ないからと近づいていく理央の、押して引いてのやりとりがニヤるんですよね。

理央が恋愛経験ゼロだったから、2人の距離が近づいたのかな、と。彼が多少なりとも恋愛経験があったら、律の思惑にハマっていたかもだけど、そうじゃなかったから近い距離にグイグイ迫れたんだと思います。


明るくて陽気な家族と可愛い猫ちゃんたちに見守られて愛を育んでいった2人の、心の掛け合わせが楽しかったです。
文章的にも2人の心理が分かりやすいんですよね。律視点のあとに理央視点を交互に配置していて、お互いの気持ちがタイムリーに分かるから、あまり不安な気持ちにならずに読み進めることが出来ました。
私は基本的にニヤニヤ感情一本で読み終えました(^^)

作品には美味しそうな律の料理がいっぱい登場しますので注目です。甘めのブリ大根に、西京焼き、ソーセージ on the フレンチトースト……夜中に読まないで下さい。腹が空きます(笑)


タイトル「神楽坂律は婚約破棄したくない!」の答えが、「沓名理央も婚約破棄したくない!」となるその道筋を存分に楽しんで下さい♪

7

婚約破棄したくない

なんだこの美味しい設定は!
年下イケメンと許嫁で親の用意してくれた豪華マンションで甘々婚約生活?

恋愛嫌いの猫変態な理央に、タイプじゃないはずなのに…ときめくじゃないかぁ!な律。
なんでこんなに律は可愛いんだろう、猫みたいに触りたくて見てたくて…な理央。

イチャイチャ同居生活なのに、俺たち付き合ってないよね?と何度も確認したくなる甘々な日々。

チャラ男で自分に構ってくれる人がタイプだと思ってた律。でもあれれ?全然違うのに理央のこと…。

恋愛嫌いなのに律が可愛いくて仕方ない理央。

二人の恋は発展するのか?理央は律を好きになれるのか?

3ニャンズと美味しいご飯と居心地の良いイケメン二人の暮らしは読んでてうふふってなります。

自分の中では久しぶりな切江さんなのですが、いつものグイグイっと引き込まれる感じはなかったかな…。つかみも弱かったような。
ひたすら延々とモダモダを読んでて。
言い回しとかイチャイチャとか笑えて萌えるんですが…。律が自覚してからがなんとも長い。理央が初めて恋を自覚したところはとーーーっても良かったです!

確かに糖度100%でした。
二人の両親も良い味だしてました。

4

いちゃいちゃ両片思いwithにゃんこ(​ฅ´꒳`ฅ⑅)

切江先生のラブコメ、楽しくて大好きです(≧∇≦)


受け様は、老舗料亭の経理担当の律。
チャラ男が好みのゲイ。

攻め様は、大企業御曹司の理央。
恋愛を経験する前にモテすぎて恋愛嫌いになった年下攻め様。

2人は、母親が決めた許嫁。
お互いに男だと知らぬままお見合いへ赴きビックリ。
しかし母達は強かった(^_^;)
律は理央との婚約にメリットを見出し、それをきちんと申請して「婚約破棄、致しません!」宣言。
母達に押し切られる形で即同棲に至る2人( ^ω^)

しょっぱなのお見合い席でのやり取りから、苦笑が漏れます。

タイプじゃない、と安心していたのに「猫みたい」と無自覚に可愛がられ、理央と一緒に過ごすのが楽しくて、本気の恋に落ちる律。

一方、恋愛経験値ゼロどころかマイナスばりにニブチン理央は、なかなか自分の気持ちに気づかない。
それは恋よ♡と耳元で囁いてやりたかった。

偽の婚約関係が、どうやって本物に落ち着くのか、とても楽しくワクワクで読ませて頂きました(*´∀`*)

てか、やっと恋人になったのに、その夜ですよ!
童貞病発病中の理央にコラコラでした(°▽°)

また、母達もいい味出してましたけど、ロマンスグレーの紳士が素敵o(>∀<*)o
紳士のアドバイスは納得だったし、人肌脱いでくれた後押しもナイスでした(*ˊᗜˋ)

そして3匹のにゃんこ達。
可愛いわ~。
そんな猫達を可愛がってる猫バカな2人が羨ましくてたまらなくなるのでした。


イラストはみずかねりょう先生。
ほのぼのな2人が微笑ましい。
にゃんこに集られてる紳士のイラストがまたかわいいんだな。
可愛いラブコメなイラストからのラストのえちシーン(*ノωノ)キャ。どれも素敵でした。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う