恋のゴールがわかりません!

koi no goal ga wakarimasen

恋のゴールがわかりません!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

56

レビュー数
3
得点
63
評価数
14
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥889(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773088878

あらすじ

廃墟アパート暮らしをしているサラリーマンの亮は、29歳童貞ゲイ。
だからこそ堅実な人生をと思っていたのだが、突然のモテ期到来。
二丁目で出会い一夜を過ごした色男、空室のはずの隣の部屋に雨の日だけ出現する笑い上戸な地縛霊(?)霊くん、
そして若手イケメン不動産屋社長・礼一郎。
三人の間で揺れる恋心。一体どうなる!?……と思っているのは天然な亮本人だけで、実は全員同一人物だった!
両片思い大騒動、はじまります!

表題作恋のゴールがわかりません!

望月礼一郎・不動産屋社長・27歳
御津亮・SE系リーマン・29歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

思い込みと誤解の相乗効果の結果とは

今回は受様の家主となる不動産屋社長と
持ち家のため古い賃貸暮らしの会社員のお話です。

攻様の正体に気付かない受様が
右往左往しながら攻様と恋人になるまで。

受様はお酒の味が好きなのですが
少しの量でも酔っぱらってしまい
お調子者な面が出てしまいます。

今日の宴会は飲み放題だったため
気を付けて少しづつ飲んでいたのですが
かなりな酔っ払いに仕上がります。

翌日は退去が迫った賃貸から引っ越すために
新たな不動産屋開拓の予定でいた受様は
予め一次会のみと断っていましたが

一次会がお開きになった時点で
かなり気持ちよく酔っぱらっていたため
つい最寄駅までの近道と新宿2丁目を
横切っていく事にしました。

受様は高校時代にゲイだと自覚し
新宿2丁目界隈にも通った時期があります。

しかし、受様の堅実な性格に反して
華やかな見た目に惹かれて寄ってくる男は
軽い奴ばかりで馴染めませんでした。

そんな過去と週末で観光客も多い事から
あまり考えずに歩き始めた受様は
2人組の男たちに絡まれてしまいます。

そこで助けてくれたのが
キリリとしてカッコイイ雰囲気のある
とっても受様好みの色男でした。

この人が今回の攻様になります♪

攻様に一目で恋した受様は
お礼をしたいとやや強引に迫った結果、
攻様にナンパと思われてしまい
美味しく頂かれてしまうのです♡

攻様もそんな受様が気に入って
自分の名刺を受様のスーツのポケットに
忍ばせて去るのですが

翌朝気持ちよく目覚めた受様は
攻様の名前もすっかり記憶の彼方で
不動産屋社長の名刺を見ても
攻様のモノだとは全く気付きません。

しかも受様は貰った名刺で
攻様の不動産屋を訪ねて行きますが
社長の攻様はあいにくの不在です。

それでもせっかくなのでと
受様は希望の物件を紹介されますが
まさに探していた条件にぴったりで
入居を即決して転居することに。

果たしてすれ違った2人は
恋を実らせることが出来るのでしょうか!?

受様が攻様に気付かないために
攻様が3人分の別人格を演じる事になる
というちょっと変わったラブコメディです。

切江先生の4作目になりますが
初めてのクロスノベルズになります。

既刊ダリアは可愛い系のお話で
クロスはどんな雰囲気なのかな♡
とすごく楽しみにしていたお話です。

期待以上に面白かったです (^O^)/

受様が転居した物件は
攻様の会社の所有物件でした。

古い物件で1階に2人が住むものの
2階は受様以外誰もいないはずなのに
ある雨の日に受様は隣室から
男性の低い声で注意を促されます。

居住者のいない部屋からの声に
受様はその人を幽霊だと思い込みますが
その人は雨漏り調査のために
泊まり込んでいた攻様でした(笑)

攻様は受様とのやりとりが楽しくて
幽霊の「零君」として
関わる事になってしまいます。

そして攻様は不動産屋社長としても
受様と対面を果たすのですが

受様は攻様を見て
一夜を共にした男性の兄弟では!?
と思ってしまって
同一人物だと気づかないのですよ(笑)

かくて攻様は受様の前で
一夜の相手、幽霊、不動産屋社長という
3人を使い分ける羽目になります。

受様の酒癖が悪すぎるのが
誤解のスタートではありますが
天然まじりのポジティブシンキングは
留まるところを知らない速さで
攻様を誤解の渦に巻き込んでいくのです。

受様がいったいいつになったら
攻様の正体に気付くのかと
ワクワク&ドキドキで
たいへん面白かったです♪

リアリストなのに天然な受様は
3人の微妙な違和感というか共通点には
全く気づかず思い込みにて完全スルー(笑)

夢見がちでヘタレな攻様は
受様の大ボケツッコミが妙にツボだったりして
なかなか新事実を明かせません。

本作は受視点が主軸ですが
ちょくちょく攻視点で攻様事情が入るので
読者には両者の思いまで見えるので
2人のすれ違いぶりが一層楽しく読めました。

恋愛を諦めていた受様にも
自分の性癖を疑っていた攻様にも
素敵な恋人ができて良かったです♪

今回は私が切江さんを知った1作
『誘惑フェロモン系ダーリン』を
おススメと致します。
天然な受様がとっても可愛いですよ。

4

ほのぼの、ほっこり。

初読みの作家さまですが、みずかねさんの美麗表紙につられて購入。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。








主人公はSE系のリーマン・亮。
「亮」と書いて、「あきら」と読む。
彼は高校生の時にゲイという性癖を自覚し、老後に困らないようにと自分の住むマンションを購入すべく安い賃貸アパートに住みお金を貯めている。

ある日職場の飲み会で飲み過ぎてしまった亮は、近道である二丁目を通りかかった時に酔っ払いに絡まれ困っていたところを、彼の好みドンピシャなイケメンに助けてもらう。が、そのイケメンさんが好み過ぎたためについ声をかけてホテルへと。

二丁目で出会ったワイルド系イケメンに恋してしまった亮だけれど、その後出会うことになる、二丁目のイケメンさんとよく似た面差しを持つ不動産会社社長の望月さん、そして亮が新たに住むことになったアパートの隣室に住む幽霊さん、の二人にも、心惹かれてしまい…。

実は、この三人は同一人物。
同一人物なのか否か、というところがキーワードになっているお話ではないので、読者には早々に種明かしされている展開なのですが、とにかくストーリーの動かし方が秀逸。

亮の名前。
ワイルド系イケメンさんの髪型。
亮が、安いアパートを探してアパートを転々としていること。

そういったバックボーンが存分に生かされ、三人に心惹かれて亮が思い悩む姿が、シリアス展開ではなくコミカルに進んでいきます。

初読みの作家さまでしたが非常に読みやすい文体に加えコミカルにテンポよく進んでいく展開なので、サクサク読み進めていくことができます。シリアスな展開は皆無で、望月さんと亮のドタバタコメディが非常に面白く、そして可愛らしいお話でした。

望月さんはさわやかなイケメンなのですが、エロに突入するとオヤジっぽいというのか、ワイルドというのか。エロカッコいいのが非常にツボでした。

みずかねさんの挿絵は言うに及ばず素晴らしく、個人的に綺麗で儚い絵柄、というイメージが強かったのですが、この作品の内容がコメディよりということもあってか可愛らしいイラストが多かったのも良かった。

表紙をめくってすぐの口絵が、マジで、めっちゃ可愛いです…。

さらりと可愛らしく、ほのぼのとした、優しいお話でした。

4

軽やかー

みずかね先生ホイホイで購入。初めましての先生でした。軽妙なお話で可愛く面白かったです。会話やモノローグにより、小説あまり読んだことない方も読みやすいのではと思いました。たっぷりではないですが、色っぽいシーンが艶あるーと感じましたので、そういうのを求める方にもよいのでは。本編のみ230P弱+先生のあとがきです。地雷は思いつきません。みずかね先生フィルターで上振れしてますが、萌2です。霊くん、可愛いんだよ。

お話は、新宿二丁目界隈で「北海道産海鮮+日本酒呑み放題」の宴会に出た後、地下鉄の駅に向かうシーンから始まります。道に立ち止まっていた人にぶつかってしまったのですが、その人は三白眼気味の超イケメンで、思わずぽわんと見とれてしまい・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
不動産会社のお目付け役(この方のお話は先生のwebサイトにあるらしい)、受けの隣室に出没する霊くん、上記の新宿二丁目であったイケメン、会社同僚ぐらい です。
挿絵情報:カラー口絵は、珍しい!受けと礼一郎、霊くん、二丁目のイケメンの3パターンのカプ図、デフォルメキャラ版!(デフォルメされても5頭身w)お話がコメディタッチなので、モノクロの最後の1枚もコメディより♡で可愛い~ 礼一郎が何気に顔を寄せてる1枚も超素敵♡です、みずかね先生ファンの方はお楽しみに~♡

*********以下は内容に触れる感想

亮(受けさん)はゲイで、パートナーを諦めてるのですが、お道具壊しちゃったりする、可愛い、本能に素直な方なので面白かったです。礼一郎はやっぱりヘタレかなあという印象です。好きなのに一生懸命霊くんを装って、隣室から探りを入れたりして、健気(笑)。可愛いヘタレわんこも好きだったわ、私。と思い出しました♡ 最後も同居かと思いきや、亮は新居買う話を継続しようとして、愕然とする礼一郎のくだりがまた面白かったです。いやこの二人して天然系で良かったわー

明るいコメディ話がお好きな方には良いのでは と思いました!

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ