コミック

  • やがてとっておきのあいになる

やがてとっておきのあいになる

yagate totteoki no ai ni naru

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作やがてとっておきのあいになる

光本 翼(20→25歳),大学生→社会人
小鳥遊 志麻,(30→35歳),喫茶店店主

その他の収録作品

  • After story

あらすじ

年の差純情カップル★ 出会い~プロポーズまでを描いた 蜜月×日常ラブ!

偶然入った喫茶店で
10歳年上の店主・志麻(しま)に
一目惚れした大学生の翼(つばさ)。

晴れて恋人同士になることができたが、
年の差カップルゆえの悩みは尽きなくて…?

新鋭作家・緒川園原デビューコミックス!

年の差熱愛カップル★
出会い~プロポーズまでをオムニバス形式で描いた
蜜月×日常ラブ!

2人のラブラブな様子をたっぷり描いた、
描きおろし後日談25P収録★


■内容紹介
・「やさしくするからにげないで」…『初エッチBL コミックアンソロジー』に収録の作品を加筆修正
・「やさしくするからにげないで 後日談」1P…描きおろし
・「やらしくなるからまっててね」…『淫紋BLコミックアンソロジー』に収録の作品を加筆修正
・「やらしくなるからまっててね 後日談」20P…描きおろし
・「やさしいだけじゃまもれない」…COMICフルール掲載の作品を加筆修正
・「やくそくするからうなずいて」…『しあわせ夫夫 コミックアンソロジー』に収録の作品を加筆修正
・「After story」4P…描きおろし
・本体表紙1P…描きおろし

作品情報

作品名
やがてとっておきのあいになる
著者
緒川園原 
媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784046820112
3.4

(29)

(5)

萌々

(10)

(7)

中立

(6)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
3
得点
92
評価数
29
平均
3.4 / 5
神率
17.2%

レビュー投稿数3

甘くて幸せの詰め合わせ

短編集を詰め合わせた感じの作品でした。
どこを読んでも幸せな感じ。1冊で1本の話ではないので、大きな起承転結はなく、短時間に読みたいなと思った時にピッタリな感じです。
1組のカップルの作品なので、単品で読んでも、通して読んでもどちらでも楽しめますね。
志麻さんが30歳には見えないですよね。清楚な感じの美人さん。2人がもともとゲイなのかわからないけど、翼くん、一目惚れして告白し、受け入れてもらえて良かったですね。
それにしても、えっちする体力がないなんて(笑)。30歳だから、じゃなくて、志麻さんの体力がないんですよね。変な薬じゃなくて、えっちできるように体力付けないと。筋トレ?どうやったら精力と体力が付くんでしょうね?若い翼くんに満足させてあげられていないと不安な気持ちが伝わってきました。でも、翼くんは、そんな所も込みで好きみたいなので安心です。
この2人、まだまだいろんな話がありそうなので続編を期待しています。

1

一緒にいれば明日も幸せ

読みたい方向迷子につき絶賛新規開拓中です
タイトルと表紙のアンバランスさ?で買ってしまった

え?穏やかなタイトルなのに なぜ半裸?と


手元に届いてびっくり うすッ!
紙が薄いんですかね?厚みが微妙です

で 本開いて2度目のびっくり
なんかのスピンオフか?ってくらい いきなり彼氏んちで普通に料理する美人に【初めてのお家デート】の文字
やべッ!恋人はじまり まぢかやっちまったッ! 慌ててあらすじ読みに飛びましたわw

アンソロで掲載されたものの詰合せパック  焦って損しちゃった ふぅ


そんでもって3度目のびっくりですが めちゃめちゃ読みやすい
ただただ ただただ だいすきが溢れてるだけなんだもん

いやごめん 言いかた悪くて

どクソエロいわけでも 病みが闇に潜んでいるわけでもなく 荒ぶりも抗いもない
それでいて甘すぎず どこかに転がってそうな恋人たちの日常を切り取ったようなお話って言えばいいのか?

そんなお話に年下のヘタレ具合も相まって かっこよく恋人との距離をつめたいのにどうにもかっこつかないこの感じに なぜか年下彼氏と一緒に悶えてしまう

まぁ あたしが悶えたところでもどうにもならんのだが


初々しいくも情けない「やさしくするからにげないで」
えっちの回数に悩んだ「やらしくなるからまっててね」
先輩との再会を妬いた「やさしいだけじゃまもれない」
ここも決まらなかった「やくそくするからうなずいて」


フィールドワークで飛び込んだ喫茶店での一目惚れがはじまり
落ち込んだかと思えば相手の笑顔ひとつで簡単に浮上するような幼稚な恋に見えるけど 高鳴りも 戸惑いも 不安も全部入ってて

なんなら一生見続けられるふたりかも?


強いて言えば1つのお話をじっくり読みたかったッ!

贅沢ですよ! わかっていますともッ!

でも 各お話がほんとによかったので タイトル1話ごとにもっと深い部分までが読みたくなっちゃったんですよね(できれば すっとばされた出逢いからお付き合いするまでの部分も)

アンソロ盛り合わせだとやっぱり物足りない部分はできちゃうよね え? あたしだけ?
ほんと ド贅沢言ってます 独り言です 気にしないでください


あぁぁでも 読んでよかった
なんかまた追っかけたくなる作家さま見つけちゃったよ どうしましょう お財布に相談しなきゃ

3

初コミックス!

緒川園原先生の初コミックスになるそうです。初読み作家さまなのでコミックスに書いてある以上の情報は知りません。

こちらはあらすじ欄にも書いてある通り、アンソロジーに短編として掲載された作品を集めていますので、登場人物は同じでも読み切り作品を集めたような感じになっていました。なのでいきなり部屋で料理を作っててエッチをしているので、読者は置いてけぼり感を感じるし2人の関係が今ひとつ掴めないままでお話が進んで行くのです。

そしてお話ごとにエッチがあるので、物語が部屋の中や店の中だけで進むことに単調さを感じてしまうのです。そこが急に変わったのは受けの志麻の高校時代の先輩が現れてからだと思いました。

ただ、この先輩が志麻に対して本当はどんな感情を持ってたのかは最後まで分かりませんでした。2人を見守る為に身を引いたなら、光本を挑発した行動も理解できるのですが、その辺りが読者の力量に任せているような気がしました。

絵はとても綺麗で身体のバランスも良かったです。個人的には下瞼の線が歳を取って見えてしまうのが気になってしまいました。

ちゃんと連続したお話を読んでみたいと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP