秘書とボディガード

hisho to bodyguard

秘書とボディガード
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
80
評価数
23
平均
3.5 / 5
神率
13%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812467985

あらすじ

ボディガードはあくまで表の顔、実は浮気の内偵、という密命を帯びて選挙戦真っ只中の代議士・庭本聡一陣営に雇われた川端律だったが、そこで庭本とその秘書・春沢和仁がただならぬ関係にあることを示す決定的瞬間を目撃してしまう。密かに春沢に想いを寄せていた川端は、嫉妬と悔しさに煽られるままそのスキャンダルをネタに春沢に自分との関係を強要するのだが、単なる政界の愛欲模様かと思われた二人の関係には余りにもせつない真実が秘められていたのだった――。権謀術渦巻く政治の世界を舞台に愛をつらぬく男たちのいきざまをエモーショナルに描いた表題作他、緻密な心理描写とドラマチックなストーリーテリング冴えわたる傑作5編を収録!! 本物の物語がここに!!

(出版社より)

表題作秘書とボディガード

川端律 ボディガード(浮気調査員)
春沢和仁 政治家秘書

同時収録作品悪い癖

安城新 /リーマン
蒲生 /課長

同時収録作品神様だけが知っている

稲田知之
三方奨 /家裁調査官

同時収録作品ふるる ゆるる

豊川 /後輩
菱屋 /先輩

同時収録作品忘れじの唇

香寺歩 /大学生・議員の息子
杉山幸司 /歩の元家庭教師

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

ワンコ揃いの描き下ろしに癒される

深井さん曰くオール「年下どヘタレワンコ攻め×メガネ受け」だそうですが、ヘタレやワンコにも色々種類があって、似たような話ばかり…という意味では全くありません。
というか、「こいつヘタレだなぁ…」と感じるキャラはあまりいないです。恋をしちゃった人間は誰しもヘタレになる、ヘタレになって当然かと思いますのでそういった広い意味での「ヘタレ攻め」かと。
どれも短いながら切なさが程よく織り込まれた展開になっています。大なり小なり辛い過去や思いを耐えたり、秘めたる思いを隠したりしながらも最後はふわっと浮上して救われるという深井さんらしさが詰まった短編です。

私が好きなのは描き下ろし!
それぞれの攻めの特徴を良くつかんだコミカルな仕上がりになっていて、番犬ワンコに、ご主人様の匂いが大好きワンコに、群れてはしゃぐの大好きだけど御主人様が一番ワンコとワンコワールドが展開されてます。ここだけ読み返すこともしばし。

【秘書とボディガード】
大臣の妻から浮気調査のためにボディガードという名目で雇われた川端が撮ったのは、大臣と秘書がキスしている写真だった。川端はそれをネタに秘書と寝ることを強要して寝るようになったのだけど、抱けば抱くほど秘書が自分のことなんか見てもいないことに気づく川端。
川端が撮った写真は浮気現場といった浅ましいものではなく、自分の余命が短いことを告げた大臣と、それを聞いて動揺した秘書が長年の秘めた思いを告げたった一度だけその気持ちに応えてくれたものだった…。

その写真によって川端に身体の関係を強要されることになった秘書だけど、結果的にその写真のおかげで大臣の死後も幾度となく勇気付けられたという秘書の顛末が好きです。
そして大臣がとても誠実で良いんです。

【悪い癖】
部下と上司。飲みすぎると記憶を飛ばす部下に翻弄される上司のお話。
描き下ろしでも、御主人様大好きだけど、みんなとキャッキャ群れるのも大好きという攻めに振り回されている受けの姿に笑えました。

【神様だけが知っている】
家庭環境が劣悪で酔って暴れた父親を刺した少年と鑑別所の調査官だった二人の再会話。
おかずが何品もでる夕飯なんて鑑別所に入って初めて食ったと語るほど家庭に恵まれなかった少年が、優しく接する調査官を保護観察が終わったあとも自分のものだけにしたい、ずっと一緒にいたいと陵辱してしまうのです。
生まれて初めて優しくしてくれた大人に寄せた信頼を恋愛と勘違いしているだけだ、それは愛じゃない、甘えだと諭したうえで、君はキスが下手だね、無理やりで押し付けがましい…こうやるんだよ、と優しいキスをする調査官。
調査官の優しさ・教えを胸に更生した青年姿も描かれていていいお話です。

【ふるるゆるる】
嫌だといつも拒否する理由は、攻めに開発されて感じすぎちゃって困るから…という実に才能溢れる、そしてその才能を自分でも持て余し気味なメガネくんのお話。攻めがそれを聞いて内心大喜びしたのは言うまでもありません。めでたし、めでたし。

【忘れじの唇】
復讐もの。復讐のために大学の理事長の愛人になり健気で一途な男を演じている受け。そんなある日、昔家庭教師をやってたころの教え子に再会しお互い気持ちが再燃。
しかし、そもそも教え子の一家に近づいたのも復讐の段取りの一環だったため教え子の気持ちに応える資格はないと、教え子の前から再び姿を消そうとしたところ…。
受けが復讐を達成したことにより、教え子の父親(次期総理大臣候補と言われていた)が失脚し教え子一家の人生も激変したはずなのですが、教え子がそういったものを全てすてて人生をさらに自ら変えたというところが好きです。

1

しっとり

タイトル通り、政治家の秘書とボディーガードお話。
深井さんの作品は切なかったりトラウマだったりの、しっとりした感じの作品が多いですが、これもそんな一冊。

政治家に対する尊敬以上の気持ちを抑えつつ、誠実に支える秘書の春沢。
春沢に目をつけて、正攻法ではないやりかたで春沢を抱くボディーガードの川端。

そんなに長いストーリーではないのに、展開が読めなくて面白かったです。
切ないんだけど明るい未来の感じられるEDでほっとしました。

政治家の庭本の優しさがニクいねっ。支えがいのある立派な上司だったんだね。
たとえ見返りがなくても、好きな人の為に何か出来るなら頑張っちゃう気持ちってよくわかるので…。
春沢さんがいじらしかったです(*^-^*)


もう1編の短編はリーマン上司とワンコ部下。
年下のワンコ部下も可愛いけど、自分との一夜を忘れて元カノを追いかけるワンコ部下に拗ねるオジサマがもっと可愛い(*^o^*)
1Pの書き下ろしもまた可愛かったです♪



0

短編

カバー裏まで美味しい一作でした。

>>秘書とボディガード
好きな議員さんに頭を撫でられて嬉しそうにしている春沢がやけに可愛く
思わずトキメイテしまった(o´∀`o)
深井さんの描かれる、受のこういう顔ってのがたまらなく好き。
好きな相手のそばにいられればいい。叶わなくてもいい
そう言って泣く姿は愛おしい。かわいそうにと想いながらトキメク私ってホントだめだとおもうのだが、そのシーンが一番好きでした。
好きな人のために影で必死になれる。
そんな姿が愛おしい

>>悪い癖
必死で隠してる姿が萌(*´▽`*)
顔に似合わない純情さがなんだか小っ恥ずかしい
まに受けて喜んで、ひっしでかくして。
「好きだと言った」の言葉。。。か・・・かわいいじゃないか!

>>神様だけが知っている
再会もの。
小さい頃の愛が大きくなっても。というのはいくつか話がありますが
一途さというのはいいものです。好き

>>ふるるゆるる
なにげに必死だったww攻がツボ

>>忘れじの言葉
望まない相手との愛人契約
なにやら切ない(´Д⊂

>といいますか、結局のところ、最後の「総ヘタレ攻」な後付エピソードがすごく好きでした。というか、面白かった。
読んでいる最中は、ヘタレ攻なんてカテゴリうかカバなかったのに
結果こんなことにw安城の回が好きかな

0

ボディガードも秘書も好き

タイトルに惹かれて読みましたが、うーん、ちょっと微妙。
絵柄はきらいじゃないけど、ちょっと雑に見える、書き込みが足りないように見える絵が、なんとなく苦手だったみたい?

表題作は悪くなかったです。でも重たいかな。
救いがあるようでない、ないようである、でもあるとは言い切れない、この微妙な感じを楽しめるかどうか、どれで評価が分かれるのかも。
わたしはマンガなんだし、BLなんだし、もっとハッピーなトンデモ展開でもいいと思うほうだし、微妙なのかもしれません。かといって、ドシリアスでリアリティがありまくりって話でもない、なんちゃってBLだし。

悪くないけど、好みじゃないって感想です。

0

ヘタレワンコ攻めと年上眼鏡受け天国w

以前から
深井さんは眼鏡男子が好きなんだな~とは思ってましたが
ここまで漏れなく眼鏡男子受けが詰め込まれていると
もはや脱帽ですw

表題作の「秘書とボディガード」は、文字通り
ある大物政治家の秘書(眼鏡w)の春沢と
その政治家のボディガード、でも実は
政治家の妻の依頼で
政治家の浮気調査を依頼された調査員・川端とのお話。
春沢は実はずっと政治家の事を思い続けていて
そんな春沢から目が離せない川端。
どちらも報われない恋をしていて切ない。。。
結局、このお話
タイトルのてにをはを変えた方が内容にぴったり合うんですよね。

他の作品もそうなんですが
みんな攻めが年下らしい一途さをみせてくれてて
ちょっとひねくれた、あるいは醒めた受けを
ちょっとづつ懐柔していく過程がいい!
意表をつくような展開はないけど
理不尽さを残さないラストは、安心して読めます。

それと、深井さんの作品ではお馴染みの
それぞれのお話の後日談的な描き下ろしの4コマ漫画が
コミカルで楽しい!
「悪い癖」の年下攻め・安城新には
耳と尻尾までつけてくれてありがとう!先生!w
バンブーコミックスなので、カバー下も忘れずに見ましょう!

0

ヤンデレ

深井さんの漫画はこれが2冊目なんだけど、この人「ヤンデレ」要素ある作品描くよな~と。
5編収録されてるけど、どれも面白くて1冊通して安心して読めた。
とにかく眼鏡受けさんが満載です。
 
抑圧された想いがあって(←BLではこれ大事)、紆余曲折を経て気持ちが通じ合う。

表題の「秘書と~」はけっこう伏線張られてるし、ラストは悲しい結末なはずなのに、優しく希望のある感じに終わってる。
秘書とボディーガードを無理やりくっ付けようとはしてないところに物語のリアルがあるし、好感が持てる。
 
まだ他の作品も読んでみないとわからないけど、ハズレの無い作家さんか?!

0

総ヘタレワンコ年下攻め&メガネ受け

うひゃっひゃ!読み終わって気が付いたら全部年下攻め、しかもヘタレワンコで、年上はメガネだったとこに気付き、満足な一冊でした。

表題作
政治家秘書の春沢は先生を愛しているのですが、その一生懸命な姿にボディガードとして雇われた川端は惚れてしまう。
しかし、本当は先生の浮気調査を依頼された探偵で、先生と春沢の抱き合う写真をネタに体の関係を強要する。
でもね、その裏に隠されていた春沢の切ない想いと、先生の思いやり、それらが明かされた最後でちょっとイイ話になっているですよ。
この二人の未来が見てみたいな~

「悪い癖」
蒲生課長、本当は部下の安城が好きだった。そして安城も。
蒲生課長がちょっと脱力系でいい感じです。

「神様だけが知っている」
少年犯罪を犯して更生した青年と監察官のお話。
監察官・三方の優しさがいい。

「ふるる ゆるる」
高校生カプのお話
快感を開発されちゃって戸惑う先輩と大人な後輩がカワイイ!

「忘れじの唇」
復讐物です。
復讐の為に大学理事長の愛人になり、代議士の息子の好意につけこんでしまう主人公に、薄気味悪いものを感じました。
ひょっとして、暗くてバッドなものだったらどうしよう?と心配もしたのですが、暗い展開を乗り越えて幸せをつかんだ二人に安堵しました。

奥が深く、バラエティに富んだラインナップの本作品です。
あとがきで、その後のヘタレワンコ達が少し描かれていて面白くなっていますよ。
色々な年下が見たいわ!という、年下攻め好きな方にお勧めです。

2

ほの暗さを感じますがちゃんとハッピーエンド

表題作を含め、全部で5編収録された短編集。
いやもう、もう、題名だけで萌え滾ってしまいますよ。アホです。
秘書ってだけで、ストイックさを感じてしまって、おまけに背徳感さえ漂ってきて。
なぜだ?

無理矢理抱かれてるって感じられるのもあるだけに、シリアスで暗いムードの漂うものが多いのですが、ちゃんとハッピーエンドになっているし、心の繊細な揺れ加減を味わいたいときにはいいコミックスじゃないでしょうか。

あと、シリアスなだけじゃなく、描き下ろしがコミカルで楽しい仕上がりになっていて、これがまた面白いんです。
特に『悪い癖』のワンコな部下が、めっちゃそれらしくて笑えました。上司は笑えないかもですが。

1

秘書とボディガードレビュー。

収録されている短編作品全てがメガネ受で年下ヘタレ攻です。
え?何このアンソロみたいな1冊は…!年下、それもへタレ攻好きにはたーまーらーんっ!

この作家さんは男同士の恋の薄暗い部分をバンバン前に出して描く…という印象があったのですが今回は明るくて可愛い話も収録されています。へタレワンコ系万歳!

表題作はタイトルまんまに秘書とボディガードの恋の話。
ある写真をネタに、一目ぼれした秘書を脅して体の関係を迫る攻。年下のクセにデカイ態度で一見鬼畜に見えるが、実はヘタレで純情青年だった。秘書どんどん惹かれていく心の描写は丁寧で判り易く、この攻可愛いじゃないかとキュンキュンしました。
ですが逆に、秘書がボディガードに堕ちる決定的なキッカケとか心理描写をもう少し深く描いて欲しかった…。そういう微妙な心の揺れを描かせたら凄い作家さんなので、じっくり読みたかったなぁーって思う。短編なのが勿体無い!1冊丸ごと秘書とボディガードで読みたかった。

描き下ろしの漫画はとても面白かった。こんなギャグセンスもあったなんて…。重厚な耽美でリアルゲイな作風のイメージが強かったので、更に惚れました。深い作品を素敵な作家さんだなーと思う。

1

ひとり眼鏡受けアンソロ

全てが「年下どヘタレ攻」で全てが「メガネ受」と作者自身が評している一冊です。
シチュエーションは表題作のボディガード×政治家秘書から始まり高校生の後輩×先輩まで5組。
いずれも丁寧な情景描写と個人的にとても好みな「喘ぎ」の表現はこの作者らしいな、とも。

欲を言えば一つ一つの話をもっと「その後」まで見たいと思うものですがメガネ受け、ヘタレワンコ攻めが好きなら一読の価値有りです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ