コミック

  • 娶られ邪神の婚礼前夜

娶られ邪神の婚礼前夜

metorare jashin no konrei zenya

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作娶られ邪神の婚礼前夜

珠氷、邪神、数千歳
月島広夏、高校2年生、17歳

その他の収録作品

  • 描きおろし(9P)
  • カバー下:CPプロフィール

あらすじ

10年前、広夏は祖父宅の家の近くの森で出会った謎の少女・珠氷とたちまち恋に落ち結婚の約束を交わした。しかし、突然の土砂崩れによって2人は引き離されてしまう。珠氷の安否も分からぬまま、ただ珠氷との再会を願い続けてきた広夏は女子生徒から「王子」と評されるほどの美貌と優しさを持った高校生に。そんな広夏がある朝自室で目覚めると、浮世離れした格好の見知らぬ男が窓辺に立っていた。しかも男は「珠氷」と名乗り…?

作品情報

作品名
娶られ邪神の婚礼前夜
著者
占地 
媒体
漫画(コミック)
出版社
講談社
発売日
電子発売日
ISBN
9784065358733
4

(2)

(0)

萌々

(2)

(0)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%

レビュー投稿数1

現代と和風ファンタジー 切なくも美しい恋模様

珠氷×広夏


過去と現在が交錯する中、
現代と和風ファンタジーの世界で繰り広げられる、
高校生と邪神の切なくも美しい恋模様。


高校生の広夏が、10年前、
田舎の祖父の家の近くの森で出会った少女・珠氷と一夏の初恋でした。
突然の別れが2人を引き裂いた。

家族もいなくなって、
1人で手作りの結婚指輪を持ちながら、
ずっと珠氷のことを忘れずに一途に想い続ける広夏の姿が胸に沁みる。

ある日、広夏の前に現れるのが、
「珠氷」と名乗る異次元感漂う和風の男。
初恋の「珠氷」とのイメージは全く異なって戸惑ってしまう広夏だが、

家に住み込んで学校まで付き纏う珠氷に、
日常をグチャグチャにされながらも、
家事や食事の世話をしてもらい、
心も体も翻弄されまくる様子が面白い!

珠氷という謎めいた存在が、
現実と幻想の境界を曖昧にする邪神で、
背負っている千年前の出来事が切ない。

その珠氷の過去を知って広夏が、
同情から徐々に恋心は再び動き出して、
2人が過ごす甘々な時間がキュンとさせる。

結末に向かって進むにつれて、
ちょっと衝撃的が待っている。
血が流れるシーンも、グッと押し上げる切なさも・・・。
2人が再び結ばれる運命がどうなるのか、
ドラマティックな展開に目が離せなくて、
やっと結婚指輪を珠氷に嵌める瞬間や、
愛が溢れるエッチ・・・すべてが感動的。

健気で繊細な現代の美形高校生の広夏と、
浮世離れした和風の長髪男前の珠氷、
緻密で綺麗な描写が視覚的に最高のもので、
2人の一途な愛情が時を超えて強く結ばれていく様子が、
シリアスながらも、散りばめられたほっこりするシーンや、
時折挟まれたコミカルさのバランスが絶妙で、
読んでいると心が温まる作品でした。

0

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP