PLEASE-プリーズ-

please

PLEASE-プリーズ-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
50%
著者
宮本佳野 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ビブロス
レーベル
ビーボーイコミックス
発売日
価格
¥562(税抜)  
ISBN
9784835215945

あらすじ

「オレのこと、好きって言ったことある?」出会いはカラダ、気付けば半同棲の涼一と佐倉。一緒にいるほど「好き」な気持ちが溢れるけど、素直に言えないオレたち。不器用で愛しい愛が一杯のPLEASEシリーズ、描き下ろし49Pを加えて待望の単行本化

表題作PLEASE-プリーズ-

高校教師・佐倉慎司 27歳
フリーター・須藤諒一 21歳

同時収録作品海の鳥篭、空のドア

ステファン 作家
内海 竜 高校生

その他の収録作品

  • カム・インサイド
  • プレイ・ウィズ・ミー
  • ドリーム・エスケープ
  • SILLY CONTACT
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

「海の鳥篭、空のドア」が好き

PLEASE-プリーズシリーズについては、リブレの新装版でレビュー済みなので、ここにしか収録されていない(はず)「海の鳥篭、空のドア」についてレビューします。

海に面した田舎町が舞台のお話で、私は好き。

母を亡くし、とある事情で父親と一緒に引っ越してきた転校生・竜が主人公。
この竜が抱えている秘密がとにかく重い。
そしてそれが理由でクラスメイトとも馴染めず浮いてしまっている。
時折、海岸に座っては海をぼーっと眺めている竜。

そんなある日、いつものように海を眺めていたところ、近づいてきた犬がきっかけで飼い主のステファンと知り合います。

ステファンは外国人ということで、そして竜は何やら秘密を抱えた転校生ということで、人々から好奇の視線を寄せられている。
彼らは、海に面した狭い鳥籠のような田舎町における異端児なんですね。

そしてついに竜が恐れていたことが起きます。
実は、竜は一年前ケンカに巻き込まれた結果、人を誤って刺し殺してしまった事があり、それをどこからか聞きつけた同級生によってあっという間に噂が広まってしまうんです。
以前の学校もそれが原因で退学させられ、海辺の高校へ転校してきたのに、またしても追放されるはめに……。

それを知ったステファンが一緒にアメリカに来ないか?と誘い、心揺れる竜。
正当防衛だと判断されたとはいえ、あまりにも重い十字架を背負っている竜。
そんな彼を支えている父親の愛に気づくことにより、日本に踏みとどまるというところが良かった。

仕方がないとはいえ、一人の命をこの手で殺めてしまったという重さから逃げることなくきちんと描かれています。

一人アメリカに帰ったステファンとのその後については描かれていないけれど、あれこれ想像の余地のある終わり方で私は好き。

「海の鳥篭、空のドア」というタイトルもいい。
「どんなことがあっても、リュウの味方だよ」と言ってくれた人と出会えたということは、「自分が死ねば良かった」と言う竜の何よりの支えだと思うんですよね。
そして、それがすぐにステファンへの愛には繋がらないとしても、まずは竜が自分自身を愛するきっかけになると思うんです。

遠く離れた空の下に、そう言ってくれた人がいる。
未来へ繋がるかのようなタイトルが好きです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ