ふるえる夜のひみつごと

furuwru yoru no himitsugoto

ふるえる夜のひみつごと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×216
  • 萌51
  • 中立7
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
38
得点
359
評価数
102
平均
3.6 / 5
神率
26.5%
著者
小椋ムク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス HertZ Series
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784813051510

あらすじ

高校に入学し、寮に入った古屋は、小柄で気の強い氷見と同室になる。なかなか心を許そうとしてくれない氷見が気にかかる古屋。そんなある日、古屋は氷見の秘密を知ってしまうのだが…
出版社より

表題作ふるえる夜のひみつごと

古屋,光が怖い高校1年生
氷見智紀,闇が怖い高校1年生

同時収録作品ただ、君を待つ

同時収録作品ラ・ラ・バイバイ

常盤,後輩
安達,先輩

同時収録作品ヒナの純情

仁科,臨時教師
青井純,高校生

その他の収録作品

  • その後・・・
  • おまけの純情
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数38

絵柄通りの雰囲気

小椋ムク先生はキャッスルマンゴーで一世を風靡した記憶があるのですが、漫画はもうずっと描いてないのですかね?もともと挿絵の方で、コミカライズが話題になったイメージでしたが。
そんな先生の数少ないコミック作品です。商業漫画デビュー作かな。確かに絵柄は完成されています。コマ割りとか絵柄、ストーリー、モノローグが少女漫画っぽい。小椋先生の絵柄が好きな方向けな気がする。

◾︎古屋×氷見 高校生 寮同室
1話目、攻めの名前が受けに比べて全然出てこない笑
お話はいかにも王道BL!少し前の受けが小型犬タイプの王道。それにしても身長148cmの設定は珍しい小ささ。

◾︎常盤×安達(黒髪眼鏡) 高校生年下攻め
こちらも王道の高校生屋上BLですが、収録作の中では一番好きでした。告白シーンが可愛い。

0

か、可愛い~

数年ぶりに読み返してみました。
やっぱり小椋ムクさん、いい!
2007~2008年に雑誌掲載された4つのお話が収録されていますが、どれも良くて甲乙付け難いです。
主人公達は高校生~若手リーマンという若者たちですが、みんな恋にときめいています。
恋をし始めた頃のキュンが一杯つまっていて、みんな可愛いかったです。
2話から成る表題作が一番じっくり読めたのですが、それぞれトラウマを抱える2人が支え合う姿が微笑ましいです。
『ただ、君を待つ』と『ラ・ラ・バイバイ』は2人の主人公のうち1人に話し方に特徴があるのですが、私は結構この設定が好きで、とても可愛かったです。
『ヒナの純情』は先生と生徒のお話で、生徒が抱えるトラウマがかなり切ないお話です。

1

かわいいお話

 こちらも可愛いお話。
 高校に入学し、寮に入った古屋は、小柄で気の強い氷見と同日になる。
 けれど、氷見は、見た目に反して、古屋に対してなかなか心を開いてくれようとしない。
 それは実は、氷見の過去に抱えてしまったトラウマに関係があって、同じく眩しすぎる明かりが苦手、というトラウマを持った古屋はそんな氷見に親近感を抱くが……

 という話でした。
 まあ氷見のトラウマも、小さい頃迷子になって暗いところが苦手、というトラウマの中でも比較的かわいらしいレベルのトラウマなので、物語全体としてはとてもかわいらしいお話になってます。
 そのほかにも3つくらい違うシチュエーションの話が入っていますが、どれも絵が綺麗なのと、中身がかわいいので、やる以前のところで萌え萌えできる人にはオススメします。
 やってなんぼだ! と思ってる人にはオススメできないくらい可愛い話。
(全部がやってないわけじゃないんですが、その手前で終わってしまう話が多いので)

0

可愛すぎて悶ました

この本が初コミックス作品なんだそうで。
全体的にほわほわとした可愛らしいお話でした。
ぷにぷにしたチビっ子の絵は可愛いし、ふにゃぁ~って泣く受け可愛いし、笑う受け可愛いし、攻めは優しそうだしー…やっぱムクさん好きだわ!

『ラ・ラ・バイバイ』には禿げ萌えた(〃д〃)
絵文字の多さで私のテンションの高さが半端無いことが表現されているような感想欄(笑)

■ふるえる夜のひみつごとⅠ(攻め視点)/ふるえる夜のひみつごとⅡ(受け視点)/その後…■
古屋(高校生)×氷見(高校生)

古屋と氷見は学生寮で同室(3232号室=ミニミニ号室w)となる。
小さな体の氷見は幼少時に山で遭難したことがきっかけで暗所恐怖症…そして古屋も幼少時の交通事故が原因で明所恐怖症(トラックのライトの光がトラウマ)。
穏やかなおっきな子と勝ち気な小さな子…怖いものも両極端な2人のお話♪

Ⅱで喧嘩しちゃって古屋が精神的に不安定になり発作発症時の場面が好きだーっ!!!
氷見が泣きながら励ますの(o>ω自分だって暗いの苦手なのに少しでも古屋が落ち着くように「明かり消す…?」って聞いてきたり、抱きついて「何か言って…」って泣きじゃくったり…一生懸命で可愛らしいのです(*´艸`*)

■ただ、君を待つ■
昼夜バイトの青年(黒髪)×リストラされて職探し中の男性(栗毛?)

栗毛は公園で酔い潰れて涙をうかべながら眠る黒髪を見かける。
こんなところで寝ていたら寒いだろうと上着を提供。
翌日また同じベンチで雨の降る中で眠る黒髪に傘を提供。
翌々日…晴れ渡る公園で提供した雨傘+上着を着用状態の青年を発見Σ( ̄□ ̄;)←思わず避けたw
その後、連日↑格好待機のため職務質問?( ゜∀゜)・∵ブハッ
『人を待っている』という彼の言葉にもしや…俺?

2人とも名前不明。
あとがき読んだら黒髪が攻めらしい?
告白で終わってます。
何かよく分からないけれど雰囲気が好きだなーと思った。
やっぱりあれかなー…凹んでいるときに人から優しくされると物凄く心にくるんですよね。
栗毛の男性も凹んでいる状態だったのにそれでも黒髪に優しくして…それがきっかけの出会いって何かもうほわわーってなりますよね?
だからその優しい雰囲気が好きなのかな?って思う。

■ラ・ラ・バイバイ■
常磐(後輩・サボり魔)×安達(先輩・気弱)

屋上で楽しくなさそうに歌う安達とゴロゴロしていた常磐が出会って、少しずつ交流していく話。

非常に短いんですが…1番好きかもっ!!!
気弱で口べたな先輩が少しずつ常磐に打ち解けていくのがもう可愛いな~とか思っていたら更に可愛らしい展開があるのですよ。
「告白の返事OKならキスして」と言われて、真っ赤な顔して口元にあてた手のひらをぺふっと後輩の口にかぶせる場面なんてキュンキュンきたっ!!
なんじゃこの可愛らしい先輩はっ(〃д〃)
後輩もそれにあわせて?手のひら舐めてチューしてかぶせるのよっ!
もぎゃーっ(*/ω\*)
た・ま・ら・ん!!!!!

■ヒナの純情 前・後/おまけの純情■
仁科(臨時教師)×青井 純(高校生)

兄のように慕っていた先輩からの告白(+押し倒し)を拒否したその日に先輩は事故に遭い、帰らぬ人と鳴ってしまった…そのことを悔やむ青井。
そんな彼を気に掛ける臨時教師の仁科の話。

仁科先生がよく泣いてます(*´艸`) ※攻めですw
大人だけど生徒の力になれなくて葛藤する仁科先生と相手を受け入れられなかったことを悔やむ青井…でも暗くなりすぎることなくて優しい雰囲気の話でした。
…いやでも他の3編とはやっぱり雰囲気違うよなー。
単純にほわほわした雰囲気じゃないのですよね。
最後のおまけ話で和むw

1

ほんわか~

可愛いお話でした!
もー、心が温かくなる可愛いさで、ほのぼの~ほんわか~
読んでいて、お顔がにんまりになります!

氷見くん!可愛いすぎです~(*^^*)
良いじゃない!ちっちゃくても!
守ってくれる優しい王子さまの古屋がいるよ~
こんなこと本人に言ったら蹴られそう(笑)

トラウマ…私も車事故経験あるので……いまだに怖かったりする。

小椋ムク先生の描くミニキャラが、絵本みたいで可愛いんですよね♪
あんな、フィギュア欲しい!絶対、可愛いよ。

「ただ、君」(略)では、こんなおとぎ話みたいな出逢いしてみたいと思いました!
上着をかけてくれた人、傘をくれた人をただ、お礼が言いたくて待つ。
不幸続きから、幸せになって良かったね。と思いましたが…雨でも外で寝られるのって凄い(笑)

「ララバイバイ」内気な先輩と後輩のお話。
授業サボって、退学だぁ~なんて先輩可愛い過ぎます!
そんなキスの仕方も先輩ならアリですね!

「ヒナの純情」これが、一番切ないお話ですね。
死んでしまった先輩への贖罪から、図書室で一人エッチする青井。
それが、幽霊の話として広まったんだと思います。
そんな青井を助けたいと必死の先生。レイプされたとか色々勘違いしちゃうんですよね。
乳首可愛いくて美味しそうです(笑)

古屋と氷見のその後に氷見パパ登場で、これはきっと将来にんまりな新婚生活が待ってる予感です(*^^*)

1

優しい

小椋ムク先生のデビューコミックです。
短編集で、ほんわかした優しいお話が詰まっています。

表題作「ふるえる夜のひみつごと」
正反対のトラウマをもつ二人が徐々に距離を縮めていくお話です。
攻めと受けの身長差が萌えます。
普段はあんまり身長差とか気にしないのですが、この2人はみていて可愛いなぁとほのばのしました。


表題作の他は、同時収録の「ただ、君を待つ」が個人的に好きかもしれないです。
妙な格好で待ち続ける攻めがなんだか可愛くてちょっぴり笑えます。

0

ほんわか、あったかい

個人的にすごく好きな絵を描かれる作家さんです。
優しくて可愛い絵、素敵です。

『ふるえる夜のひみつごと』
高校生になり寮のルームメイトになった古谷と氷見。
氷見は小柄なことをきにしてか、やたらとつっかかり心を開かない。
二人が持つ過去のトラウマを通して、少しづつ打ち解け
次第にそれが、相手を想う恋へと変わっていく様子を
高校生らしく描いたストーリー。
お互いの持つトラウマに打ち勝つために支え合うことで
相手の良さに気づき、やがてそれが好きだという気持ちになる様子が
二人の表情で表現されています。
3232号室、マジうけます。

『ただ、君を待つ』
題名の通りのストーリーでした。
親切にしてくれた、顔も分からない相手をただひたすら待つ。
だけど、妙にあったかい気持ちになって
最後にほっとするお話です。

『ラ・ラ・バイバイ』
屋上で出会った無口で控えめな先輩とちょっとやんちゃな後輩の
可愛らしい、恋のお話。
小椋先生の絵は登場人物の気持ちがダイレクトに伝わるそんな絵です。
嬉しかったり恥ずかしかったり、驚いたり恋してたり・・・
先輩と後輩のいろんな表情だけでも、楽しめるお話でした。

『ヒナの純情』
高校生の頃に教師になることを決めた仁科。
念願かなって教師になり、受け持ったクラスには
何か悩みのある生徒青井がいて、最近事故で亡くなった生徒と何かあったらしいが・・
辛い過去から逃れられずに苦しみながら、自分を責め続ける青井に
教師として力になってあげたいと思う気持ちが、
いつしか愛おしい人を想う気持ちに変わっていって・・
青井もまた、苦しかった気持ちが徐々に薄らいでいき、先生に惹かれ始める。
だけど、先生図書室でやっちゃまずいでしょ・・
青井の転校により、一度は離れ離れになる二人ですが・・・
先生と生徒のよくある話ですが、何とかしてあげたいと奮闘する仁科と
あれこれ悩みながらも、前に進もうとする青井。
少しづつ、二人の気持ちが重なっていく様子がすごく素敵に描かれていて
あったかい気持ちになれるお話でした。

1

きらきらふわふわ可愛い作品。

『ふるえる夜のひみつごと』
明りが苦手な攻めと、暗いのが苦手な受けが寮で同室になっちゃうお話。
体は小さいのに威勢のいい氷見が可愛い。
お父さんに猫っ可愛がりされて育てられたんだろうなぁ……
優しい優しい古屋は本当にイイ男。
氷見のお父さんと気も合って将来楽しく過ごすんだろうなぁ。微笑ましい。

『ただ、君を待つ』
またこれ可愛いお話。
もしかして最後まで2人の名前出てない……??
黒髪の彼は見た目イケメンなのに性格がふわふわしてて可愛かった。
顔を真っ赤にして話しかけるところとか、なごむわ……

『ラ・ラ・バイバイ』
安達先輩可愛い。
こ、後輩君は名前出てたかな?(笑)
先輩がどんどん心を開いて、最終的に後輩君の体の上で丸まってるのが可愛くて仕方なかった。
この2人がいちゃいちゃしてるとこ見たかったなぁ……

『ヒナの純情』
ミステリアスで色気むんむんな青井くんが可愛い可愛い。
ふわふわ猫っ毛さわりたーい!
しかし先生よ…… 学校でサカっちゃいけんだろう……
でも目の前で自分のこと思いながら1人でされちゃったら襲うしかないよね。私も襲いたい(真顔)

1

全然古くない

2008年の作品なのですが、全然古く感じません。
少し、切ないお話も入っていますが、
小椋さんらしい、かわいらしい作品で、
ほんわか温かくなります。

高校の寮生活のお話ですが、
過去のトラウマから明るい光が苦手な古屋と
同級生で暗闇が恐い氷見のお話です。
お互いのトラウマを乗り越えならが、惹かれ合う姿が
胸がキュンとなります。

また、短編「ヒナの純情」も好きでした。
高校教師と高校生のお話で、シリアスではあるのですが、
キャラクターの純粋な性格がよく表れていて、
2人の明るい未来が見えるようでした。

飽きない短編集でした。

2

萌えのおすそわけ

小椋ムクさんの描く男の人は、みんな顔はきれいでも体は男の体って感じでいいですね。
キャラのかわいらしさで忘れがちだったんですけど、体のラインとか骨ばった感じとか、魅力的だなと思いました。
(あ…氷見はどうかな…)

ホモで当たり前なことは全話共通なのでもう何も言いません…

・ふるえる夜のひみつごと
暗闇が怖いことや背が低いことから気が強くなっているのだから、かわいすぎるのはどうかなーと思ったんですが…氷見のかわいさはズルい!
古屋の腕の中、顔をすり寄せて「もっと…」とか確信犯としか思えないかわいさ!(確信犯じゃありません)
「その後…」の二人もかわいくて…フゥ。

・ただ、君を待つ
「公園には幸せがあって、俺、いつもおすそわけしてもらうんです」
この台詞がすごく素敵だと思いました。
レビューはこんなに短いけど、大好きなお話です。

・ラ・ラ・バイバイ
授業をさぼったときの安達先輩がかわいすぎて生唾飲み込みました。
落ちそうになる安達先輩とそれを掴まえる常盤かわいい!体操座りの安達先輩かわいい!寒がりな常盤かわいい!大事な胸の内が「アイラブアダチセンパイ」な常盤かわいい!
…と、かわいいポイントを挙げ出したらキリがない…
小椋ムクさんのきれいな絵でキスしてるだけでも萌えるのに、手のひら間接キスとか…フゥ…
常盤の台詞にもいちいち萌えました。
「あんたの体中なめて立てない位やらせてくれたら…」とかもう…最高。

・ヒナの純情
せっかくの教師・生徒モノなのに、その醍醐味とも言える『背徳』感が全く感じられなかったです…
まぁ仁科先生があんなに一人の生徒(青井)に構って、あんなにスキンシップとって、あんなにすぐ抱いちゃうんだから背徳感も何もあったもんじゃないんですけどね…
あくまで臨時教師なのに上記のことをやっちゃうあたりとか含めて、仁科先生はわたしのBL脳内の『こんな先生ダメでしょランキング』堂々の二位です(笑)
あと、青井は確かにかわいかったんですけど…
もうちょっとつれない性格だったら、生徒攻め教師受け好きなわたしでも萌えられたのかも…
兄のように思っていた先輩が事故で死んでしまい、その先輩を拒んだことを後悔している。そんな暗い部分を青井が持っているから尚更です。
それでも「おまけの純情」でその後の青井が見れて嬉しかったです。
仁科先生に辛口評価なわたしですが、彼が教師を目指すきっかけとなった先生と学生仁科のお話を読んでみたいと思いました。

たくさんの萌えを頂いたので、評価は『萌』です。
ホモ当たり前じゃなかったら『萌萌』でした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ