お前の身体はどこを舐めても甘い

天狗の嫁取り

tengu no yometori

天狗の嫁取り
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×225
  • 萌33
  • 中立12
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
20
得点
376
評価数
107
平均
3.7 / 5
神率
30.8%
著者
高尾理一 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
南月ゆう 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784576091259

あらすじ

祖父の葬儀で十四年ぶりに故郷を訪れた雪宥は、天狗が住むと言われる山であやかしの世界に迷い込んでしまう。天狗にとって純潔の男子は極上の獲物。逃げ惑う雪宥を助けてくれたのは、端正な容貌に白い翼を持つ山の主・剛籟坊だった。雪宥は身の安全と引き換えに剛籟坊の伴侶となる。しかし、その証を立てるため衆人環視のもと剛籟坊に抱かれることになり――。
欲情にまみれた視線の中、激しい愉悦になんども絶頂を迎えさせられる雪宥。その上、天狗と交わったことにより、剛籟坊の精液なしでは生きていけない身体になってしまい・・・・・・・。

表題作天狗の嫁取り

剛籟坊(ごうらいぼう) 天狗 384歳
土岐雪宥(ときゆきひろ) 大学生 20歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数20

天狗の嫁は大変(^o^;)

なんともまぁ、ツラい、甘い、と気持ちのふり幅が大きかった。


 受け様は、大学生の雪宥。
祖父の葬儀のため故郷に戻った折り、遺産相続の揉め事に嫌気がさし、一人で天狗が住むという不動山へ頭を冷やしに出掛けると、天狗から襲われる。

そこへ助けに来たのが、攻め様である不動山の大天狗である剛頼籟。

最初に雪宥を見つけた天狗達が、所有権は自分たちにある、と迫ってくるけど、今まで不動山の加護として供えられていたアマツユリの代わりに雪宥が伴侶になる、と宣言する剛頼坊。
その証を見せろと言われ‥(;o;)

 しょっぱなから、けっこうツラい展開。
その後の剛頼坊の忍耐強い愛情と、雪宥の絆されと、会話をすることで誤解を解いてようやくの甘い流れに。

 このまますすんでいくのかと思っていたら、急降下。
剛頼坊、言葉が足りないと言うか、気遣う方向がなんか違うんだよなぁ。
これはもう《天狗》という人間とは違う生き物なのね、と割りきるしかないのね(;´д`)
常識も思考回路も全然違うんだもの。
剛頼坊の想いを、雪宥が信じて歩み寄る事ができてよかった(*´ω`*)

 2人がこじれてる時はツラいけど、そんな中でも剛頼坊の雪宥への愛情は本当だったし、雪宥が伴侶として受け入れてからは、とっても甘くてまさに溺愛(≧▽≦)

これからが楽しみです(^-^)/




0

384歳、青年大天狗

高尾先生作品は初読みで、実は4年前頃に一度読み出してたんだけど。
序盤、衆人環視Hのシーンがあって痛々しくてやめちゃったんですよね。
積み本から掘り出して再挑戦です。

本作は人外ファンタジーもの。天狗x人間です。
山と村落を守っている天狗と、天狗に特別な花・アマツユリを育てて捧げる一族の直系の青年のカップリング。
結局は運命的なカップルな訳だけど、心まで固く結ばれるまでには紆余曲折あります。
主人公・雪宥(ゆきひろ)は実母の再婚相手(義父)や異父弟に軽んじられ、非常に不憫な設定。
花を育てていた祖父との思い出の花畑に一人向かった時、道に迷い、天狗達に襲われる。そこにやってきたのが高位の大天狗・剛籟坊。
雪宥を天狗達から護るには、自分の「伴侶」にする以外ない。そしてそれは天狗達の目の前でその証を見せること。証とは…後孔から流れる剛籟坊の精液。
雪宥は心を粉々に砕かれ、剛籟坊に抵抗し続けます。
しかし、伴侶になる、という事は、天狗の世界では剛籟坊の精液のみで命をつなげる事。
もう人間世界には戻れない、お前も天狗に転生するのだ…
雪宥の地獄が延々描写されます。
一方、剛籟坊の甘く優しい守護者としての描写。剛籟坊の大きな愛情を闇雲にシャットアウトする雪宥に段々どっちに肩入れすればいいのかわからなくなってきます。
結局ひたすら優しい剛籟坊に甘えるようになる雪宥ですが、言い付けを守らず人間界を見に行こうとして…
ここは雪宥のバカ!と言いたくなりました。
剛籟坊を恨んでいる天狗達に再び襲われる雪宥!絶体絶命!ここは緊迫感あり。
結局剛籟坊も人間の考え方を知らないために、雪宥に対して言葉が足らないんですよね…だからすれ違ってしまう。
さて、雪宥はまだこの後もう一度襲われます。ただ、襲われる時の雪宥の立場、自覚がその度に違うのでそれなりに雪宥の伴侶としての成長物語とも言えるのかな…
ラストは心を決めた雪宥と、変わらず大きな愛で包み込む剛籟坊のハッピーエンディングです。
「天狗」シリーズはこの後3作品続きます。

0

悪くはないんだけど…

高尾先生のお話はどれも面白いので、期待大で読み始めたのですが。
うーん……なんか今ひとつ、パンチが足りない…

攻めの剛籟坊は終始大人で優しく、受けのことも、軽い気持ちで手を出したわけではないことを示す描写もあって良かった。のですが。
何だろうな、なんかいい人過ぎたというか……不満はないのですが、パンチがないのですよね……。
一方の受けは、嫌だ嫌だ帰りたい帰りたいの一辺倒なので、中盤でちょっとイラッとしました。
しかし、だから嫌いというほどでもなく。

面白いは面白いんですが、高尾先生作品ならば他のものの方がもっともっと好きかなぁ……という感じでした。

0

序盤の受けが気の毒で

最初からシリーズ化が予定されていたものと違い、すっきりとしたエンドです。
人外攻めに一途に愛される受けが好きな方にはお勧めだと思います。

ただ、こういう人外モノとしては珍しくないかもしれませんが、序盤の受けが不憫で。

雪宥としては「ちょっと山に…」と出かけたところ、粗暴な天狗に襲われ、イケメン天狗の剛籟坊(攻)に助けられたと思ったら、人前で犯された挙げ句、剛籟坊の精液を飲まないと生きていけない身体になったうえ、元の人間社会には戻れない…という予想外の事態で悲しみいっぱい。読んでいて気の毒でした。

道歩いていたところ誘拐されて外国へ売られるとかこういう状態なんだろうなぁ…と考え出したら萌えが飛んでしまいそうだったので止めましたが、序盤90ページあたりまでは剛籟坊の優しさより、雪宥の不憫な状況に意識が持ってかれてました。

そこを過ぎてしまえば、剛籟坊が雪宥を大切にしているのは丸わかりなので、多少のすれ違いや誤解もハッピーエンドまでのスパイスに過ぎませんけど。

とはいえ、生餌の人間の言葉から、雪宥に元の世界を知る必要がないと単純に押し付けるのは、ちょっとどうかなと思いました。剛籟坊が助けた生餌の少年が、それで世をはかなんでしまったとかあと一押し欲しかったです。

それと剛籟坊が強いのが格好良かったです。片手で止めるイラストとかお気に入りです!

2

読み手の心の広さを試す受キャラ

嫁取りと花帰りまで読みました。
設定としては面白いのですが、
受キャラにも攻キャラにも感じるものが無く
おそらく狙ってそうされたのでしょうが
受のあまりにも無知で甘えた童貞大学生っぷりに
少しイライラする始末。
読み手の心の広さが試されます・・・

ストーリー的にも
受のピンチであまり「ギリギリラインまで窮地に陥った」感はなく
あっさり攻が駆けつけ、軽いイベントで片付いてしまい、惜しい。
一番ぐっと来たのは冒頭の家族間の確執部分でした。
それ以外は受キャラが恵まれすぎていて食傷気味です。

2

面白い設定がもったいない!

天狗と人間のラブストーリーかと思いきや、天狗になってしまうんですね。新鮮な展開。

たっぷりエロはありますが、あまりエロさを感じなかったです。
お互いに想いを寄せて成就する過程があまりなくて、最後に駆け足で済ませた感じで残念でした。二人はお互いに言葉が足りないからそういう印象を受けたのかもしれません。

受の言動にちょっとイラッとした所もありますし、面白い設定なのだからもう少し盛り上がりがあっても良かった気もします。
続きがあるそうなのでこれから盛り上がるのかな? そちらに期待したいと思います。

0

甘い所に入るまでが。。。

天狗ものの話は初めてだったのでどのように展開していくのかと思えば話の入り始めがつらくて。。。
え、なにこの話?重たいの??
嫁ってタイトルに入ってるのに甘くないの??
といった感じで訝しみつつ読み進めていくと、そこは安定の甘々が待ち受けておりました。安心♡

監禁、凌辱ものなのかなーとも思ったりしましたが、それは間違い!
攻の天狗こと剛籟坊(ごうらいぼう)の不器用で言葉足らずの愛だったのでそれがわかった受の雪宥(ゆきひら)は献身的に愛に答えようとします。
うん、これぞ夫婦ものの醍醐味ですよねw
突飛な話で作り上げられていましたがよく練り上げられていたので違和感なく話に入り込めてとても楽しかったです。
夫婦もの、嫁もの、新婚もので良作をお勧めの方は是非ご一読を!

3

面白そうなので

こちらのサイトで評価が高かったために読ませていただきました!
確かに面白いです!
天狗やその世界の設定もしっかりしていて、
アレ?というところもあまりなくて安心して楽しく読めました
そして続編も出ているということなので楽しみです(*´∀`*)

お供え物の代わりに自分が・・・そして食べられちゃって天狗に・・・と
展開的には分かりやすい感じだったのですが
それでも面白いんです!

個人的には受け様が、家族から金儲けの子という対象としてしか
見てもらえない感じがかわいそうで、
これから面白くなりそうだと思っていたのですが
その後の天狗に転成が面白くて面白くて

そして攻め様の天狗としてのちょっとずれた感じ・・・たまらんです!

2

話が単純だからこそ。

タイトル通り、安心して読める一冊かと。

受け側の気持ちも何も関係なく無理やり奪われる形で始まり、反発していくうちに攻めの優しさに触れ、自分を大事にしてくれてることが分かり、幼少の頃助けてくれたことを明確に思い出し、お互いの気持ちを確かめてハッピーエンド。
王道の展開です。

無敵、絆され、溺愛 が好きな方は楽しめるかと思います。

逆に、無理やりから始まる、主人公が幼稚、ご都合主義は嫌い。
リアリティ(ファンタジーかどうかではなく、カップルの心情の揺れ動きなど)を求める方には合わないかもしれません。
無理やり奪われたのに恋が芽生えるわけないじゃん!と思ってしまえば全然楽しめないお話ですので。

わたしは何でもありなので楽しめました!
溺愛ものはいいですな~、とニマニマしながら読みました。

3

安心して楽しめました。

萌ツボを突いた本ってこういうものなんだ、と思いました。

最初はいやいやしている可愛い受が、かっこよくて頼もしい攻に溺愛されて、雨降って地固まって、最後はめろめろのらぶらぶのえろえろで幕。

たぶん10人中10人が、始めの数ページで(もしかすると読む前から)話の筋を予想できるようなお約束のパターンだからこそ、その展開がツボの読者にとっては、大船に乗ったつもりで安心して身を任せられます。

意外性のある話にドキドキするのも大好きですが、幸せを感じるためにはこういう読書も、とても大切なものですね。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う