セロ・メロウ

cello mellow

セロ・メロウ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×213
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
180
評価数
46
平均
4 / 5
神率
37%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
ルチルコレクション
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344819542

あらすじ

かっこいいけどダメな男・真幌。でもチェロを弾く姿は色っぽく、宗介は真幌が気になるが!? 田倉トヲル、デビューコミック!
(出版社より)

表題作セロ・メロウ

真幌。音大生、チェロ弾き
宗介、ジャズバーの息子

同時収録作品荷台の彼女

同時収録作品兄弟ごっこ

同時収録作品放課後のイチゴ味

同時収録作品FINGER

その他の収録作品

  • よつば
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

初読みの作家さん……でした。と言ってしまえる一冊。

……なぜなら、もう次の本も買おうと決めているから!

ちょっと昔のデビュー作……なのに、古臭さを全く感じない。
少年たちの青春は、いつの時代も変わらないのだなと。

短編集ではあるのですが、どれも全く物足りなさを感じない。
一つ一つのお話に引き込まれ、その世界に浸って読めました。

どのお話も上手い小道具の使い方で、それは自転車の荷台だったり、
苺味の飴だったり四つ葉のクローバーだったり。

全体的なトーンもまとまっているし、
ストーリーも派手ではないのにどこか印象に残る。
不思議、と言ってしまうと失礼なのかな……^^;

長編とか、もっと色々読んでみたいと思ったので、
すでに出ている本を作者買いしてみたいと思います!

評価的にはとても迷いましたが、萌という点から見ると「萌×1」かな。
でも先の方も書かれていらっしゃいますが、
BL初心者には二重丸でお勧めします!


1

収録作全部にきゅんきゅんできる。

同作家さんの「ラムネのシャララ」がとても繊細なキラキラ青春系で良かったのでこちらも入手しました。

やはりこちらの本も期待を裏切ることなく、6話どれもきゅんきゅん出来て外れナシの良質短編集。

恋が始まりそうなドキドキ感、恋が始まったばかり甘酸っぱさ、かと思えば高校生なのにプロポーズまでしちゃってる若さゆえのストレートさ、若いっていいねって素直に思えるお話ばかりでした。

最後に掲載されている表題作【セロ メロウ】だけ、それまでの爽やか路線ではなく、色気を含んだお話でした。
チェロを体に見立てて弾くというのが何ともエロティック。

2

短編集

一冊に全部で5つの作品が入っていました。

学生さんのお話がたくさん・・・と言う感じ。
そしてとってもピュアです。
絵も独特な印象を受けましたねー。

好きな相手を思ってドキドキする感じが
と~ってもよく描かれていて、読んでいて自分もドキドキしてきますw

短編なのに、1作1作うまくまとめてあるなと言う感じ。
なのでこの作家さんの長編を読んでみたくなりました。

どちらかというとあっさりしたお話ばかりですが、
ピュアで初恋の甘酸っぱさを感じることのできる作品集でした。

0

純粋で青い

ノンケで同級生な青春で私の大好物でした。
男同士ということの葛藤もあり、本当に素敵な作品でした。
こういう作品はキャラのことを応援したくなるし、
恋が成就すると自分のことのように嬉しくなってしまいます。

どれも面白かったのですが、
特に荷台の彼女、放課後のイチゴ味、よつばが面白かったです。

荷台の彼女
綾がコータに自転車でぎゅっとしたところが最高でした。
これから綾が幸せになれるんだろうな..と思える終わり方も好きでした。

放課後のイチゴ味
つづるの純情さがすごく好印象でした。
圭吾とのやり取りを楽しみにしているところや
心情の変化がわかりやすくて、すごく読みやすかったです。

よつば
この本の中で一番好きな話です。
この切なくて暖かい感じは本当に綺麗の一言です。
設定も少女マンガのようでわかりやすく単純だけど、
男であるからこその悩みのようなものもしっかりあり、
これこそBLである価値がもっともある本だと思いました。

イラストも少女マンガのようで、好きになれない人もいると思うのですが、
すごく繊細な話の内容にもあっていると思うし、
つまらないと思う話はなかったので、
BL初心者の方とかにはすごく読みやすいと思います。

0

統一された淡い雰囲気

作家さん初のコミックスということでしたが、それを疑わずにはいられないくらいの1冊でした。全体を通して空気感がとても素敵で、私好み。サラッとした透明感溢れる絵柄もポイント高いです。表紙の絵柄がそのまま中の絵柄。あまり好き嫌いの分かれない、無難な絵柄かと思います。表題作を含め6つのお話が入っていました。読む人にとっては消化不良にもなりかねないお話が多いですが、かといって後味が悪い感じは全くしません。むしろ私の場合は気持ちいい程の後読感でした。しっかりとした愛の形にはならなくとも、この作品たちはこれでこそ完成なのだと思わされます。

私自身、どちらかというと長編よりも短編に手を出しやすいのですが、ここまで充実した短編集は今まであまりなかったです。掲載されている全ての作品に読みごたえがあり、とても満足できました。あっさり、だけどずっしり。短い話の中で何かしっかりとしたものを感じられます。

小さな幸せを味わったような、穏やかな気持ちになるこの作品。静かにゆったりと読みたいときにオススメです。作家さんの今後の活躍に期待!

1

よかった

どこまでも恋愛未満な話が多かったんですが、むしろそれがいい
何で今までスルーしてきたのか分からない…
イラストは綺麗で、あんまり苦手な人はいないんじゃないかな

個人的には表題作よりも「よつば」「放課後のイチゴ味」がすき

0

天然水みたいな短編集

帯『田倉トヲル、待望の初コミックス!!表題作40P描き下ろし!!』

↑帯コピー的には物足りないですが一応データ的な物として書いときました~。

田倉さんは透明感ある綺麗な挿絵を描く方だなあと思ってたんですが漫画も良かったー!
絵柄の雰囲気に似た透明感で青春で自転車2人乗りとかしちゃってきゅん!!って感じ。
自転車は作中で何度か登場しますよ、ザ・青春アイテム!!
デジタル系一辺倒の処理じゃなくて線の良さも生かしてるとこもいいです、デジタルでのっぺり綺麗綺麗にし過ぎちゃうよりこの位の味を残しておいて欲しいのですね、絵的に。
キスまで止まりっていうのも今時珍しくてむしろ新鮮!!
まだ少し不安定感のあるコマ割等もかえって初々しく見えるマジック。
どの話も統一されたカラーですうっと喉を通っていく天然水みたいな短編集でした。
青春系でもこれはサイダーじゃなくて天然水なのです。
期待も込めて神で、ちとオマケ気味。

2

何このベロ!エロいんスけどっ!

エッチシーンはなし。
チュウ止まりなのに、エロい物を見てしまった感。

ベロってこんなにエロいもんだったんですね。
んふー。
っと、鼻息も荒くなってしまいます。

なぜこんなにもエロいのでしょうかー。

それは、一重にウマいから!
“チュウ”が、ではなくて
“観せ方”が!
(いやここは、チュウがウマいと言っといた方がテンションあがるのか..)

皆様のレビューに共通する「キュンキュンくる」
それは激しくそうなのですが
「キュン」という表現では
まだまだどこか、もの足りない...。

で、読んでて感じたままを言いますと
「こっ恥ずかしい(≧ω≦)!」
です。

学生時代の甘酸っぱい恋
がテーマにあるとして
それを描こうとしたら
それが絶妙すぎて
キュンを通り越して、腐り切ったアテシには
とても、こっ恥ずかしい。。
という結果に。

こっ恥ずかしさ爆裂なのは、『荷台の彼女』

ベロがエロいのは『セロ・メロウ』

どっちも味わえるのが『放課後のイチゴ味』


この作者さんがエッチシーン描いたらどーなるんだ!?
またしても鼻息が荒くなりそうです。


考え抜いた結果、以上のレビューになりましたが
考え抜かないで書評すると
さらっと読めるカワイイお話です。

1

もうよすぎ!!!

せつなくてせつなくて

とっても胸がキュンってなります!

これこそBーーーだ!


もう馬路すんごくよかったぁー

0

カバー絵そのままの淡いキュン萌

かわいい男の子同士が、仲良くしているのをみてキュンキュンしたい。

結局BLが好きなのは、それに尽きるのよ。
っていうことが、いっぱいつまった作品集。
この本に登場する子達は、お互いに、お互いのことを、なんとなく気にしたり、なんとなく執着したり。
そして、なんとなく気付く。
これって、もしかして、好きってこと?
この気持ちは、恋愛感情?

キスと朝チュン止まりの、ホントに淡い感情を描いた作品ばかりだけれど、
別にエロ無しでもいい、
かわいい男の子が、仲良くしているのを見てキュンキュンしたいっていう、BLの一番根本に訴えかける、かわいい作品ばかりでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ