八月七日を探して

hachigatsunanoka wo sahashite

八月七日を探して
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×219
  • 萌28
  • 中立6
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
23
得点
256
評価数
83
平均
3.3 / 5
神率
21.7%
著者
樋口美沙緒 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高久尚子 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
ISBN
9784199005817

あらすじ

八月七日嵐の夜、事故で三ヶ月分の記憶を失ってしまった高校二年生の水沢涼太(みずさわりょうた)。けれどそれ以来、なぜか毎晩強引に抱かれる淫夢を見るように…。これは実際にあった記憶なのか? 手掛かりは、生徒会役員で、長身の男──。密かに悩む涼太は、自分と親しい幼なじみで副会長の二宮恭一(にのみやきょういち)と、会長の三年生、北川和馬(きたがわかずま)を疑うけれど!? 二人から寄せられる想いと真実に揺れる、トライアングル・ラブ。 

表題作八月七日を探して

二宮恭一,口数の少ない陸上部副部長で生徒会副会長
水沢涼太,転落事故で記憶喪失になる文化祭臨時委員

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数23

これは面白い!!

樋口さんの作品これまで2作品すっごい面白かったので、すごい期待して読みました。
結果。。期待以上!!

失われた3ヶ月の記憶の中にでてくる自分を強姦した男を捜すのですが、その設定とか、記憶がどんどん戻ってくる感じとか、すごくうまい!!
感情移入しながら、ドキドキしながら読んでました。
そしてこの設定・・・すごーく萌えます!!
Hシーンもよかったですー。
おすすめ!!

3

難解な記憶喪失もの

うわあーっ、面白かった!

わけわかんないのに萌えまくりましたよ。

「むこう十年は記憶喪失もの」を読まなくてもいいかもしれないとかなり真剣に思ってしまいました。

ありとあらゆるジャンルの小説の題材とされる記憶喪失。BLでもわりとしょっちゅう見かけますが、この作品では記憶喪失そのものについて考えさせられました。

受が三ヶ月間の記憶を失ったところから物語は始まります。失われた三ヶ月間、どうやら自分が男に無理矢理抱かれていたらしいことを知った受は犯人探しを始めます。容疑者の筆頭である生徒会長に近づこうとする受ですが、親友は快く思っていないようで・・・。

一般的に記憶喪失といえば、攻によって傷つけられた受が攻に関する記憶を失って攻が猛烈に反省したり、仲良しだったくせに攻が受のことを忘れて受がショックを受けつつ健気に攻を想い続ける切ない展開を楽しむものだと思いますが、そういう切なさを期待して読むと些か当てが外れます。

重要なのは失われた三ヶ月間の記憶ではなく、八月七日に嵐の音でかき消された親友の本音や初めて好意を持った時の気持ちなどそもそも最初から本人が自覚していなかった過去の出来事です。

受は三ヶ月間の記憶を取り戻そうとするうちに知らず知らず自分の自覚していなかった過去の真実を記憶の中から掘り起こします。

今までどれほどすれ違ってきたかを思い出すために記憶喪失になったようなものなのです。思い出そうとするまで自覚すらしていなかった過去はある種の記憶喪失なのではないでしょうか。

所々に散りばめられた過去のエピソードがどれも秀逸です。

一人でコンビニ弁当を食べる攻を見た受が淋しいと感じる場面が好きです。人を好きになる瞬間ってその人のことを知りたくて相手の心にシンクロしようとしちゃうんですよね。殆どがただの思い込みだから、大抵失敗するんですけど。初恋を思い出して胸がきゅーんとしました。

全然関係ないですが、一応左胸のあれは消えたと解釈してます。

3

切なすぎるすれ違い

ものすごく良かったです!
攻めの恭一も受けの涼太も凄く萌えるタイプでは無かったですが、とにかく話が良かったです。
この作品で幼馴染の両片思いのすれ違い物に目覚めました。
樋口さん作品初読み、と言っても初めて読んだのは半年ちょっと前ですが、購入のきっかけは挿絵買い(高久さん好きなので)とレビューか何かを読んで惹かれる物があった為です。
表紙やあらすじは三角関係を強調していますが、実際はどちらと引っ付くか勝負は見えていて、片方は完全な当て馬ですので、三角関係を期待すると肩透かしを喰らうかも。
レビューするに当たり改めて読み直したのですが、受けの涼太と攻めの恭一のすれ違いっぷりが半端ありませんでした。
恭一の言動が裏目に出まくりでちょっと可哀相になってきます。
読者目線では恭一が涼太にどのような思いでこのような事を言っているのか判っても、涼太には判ってないから尚更です。
しかし涼太も追い詰められてちょっと可哀相です。
もし涼太があの時メールを送っていたなら、間違いなくあっさりと引っ付いたと思うのですが…
実際はクダクダしまくりでかなり遠回りしていますが。

不満点は攻めの恭一関連。
恭一はかなり酷くて狡い男だと思います。
心の中で「涼太、北川にしておけ!」と何度思ったことか(笑)
正直人間的な魅力は北川>>>>>恭一に思えるのですが、何だかんだ言って涼太にとっては恭一は特別な存在だから仕方がありません。
受けしか見えていない攻めは好きなので、何だかんだ言っても恭一は攻めとして好きなんですけどね。
あと恭一は告白されまくりのモテモテ設定に納得行きません。
恭一のような一見完璧で愛想のないタイプって、憧れの対象になっても告白の対象にはならないと思うのですが…
リアルでは愛想の良い北川タイプの方が余程モテると思うのですが…
物語終盤でモブ女子が言っていた「二宮先輩ってかっこいいけど、怖いし……」という台詞はかなり納得しましたが。

でも恭一関連の不満を差し引いても神評価は変わりません!
両片思いのすれ違い物が好きな方にオススメです!

また自分は来年の八月七日にきっと読み返すと思います(笑)

2

幼馴染み萌です!

恋愛モノには必要不可欠な擦れ違い。そこに気憶喪失と王道の幼馴染みという要素が加わり物語をドラマチックに演出してくれてます。幼馴染み萌えの私としては久々にキュンキュンさせて頂きました。このお話でもそうですが、受に彼女が出来るのを阻止しようとして攻が、受に気があるという噂の女の子と付き合うパターンは絶対にあって欲しい事項でもありますので、バッチリです。やはり良いリズムでヤキモキしたいものなので、そこは重要です。更に、謎解きの如く夢の中のでのHお相手探しという少しだけミステリアスな雰囲気も漂いながらも王道も踏み外さないので読み応え十分です。まだ作品数は少ない様ですが、これまでに出された作品もクオリティーが高く切なさ100%で今後益々期待値大の作家さんです。

1

うあああ…萌え死んだ…!

みなさまがレビューで書いてる欠点、私もまるごと同意です。
受けのグルグルがいまいちよくワカラン!
なんだこの受けのうじうじぐるぐるの女々しさウザったさは!
でもさ、欠点すべてマイナスしても有り余るほどの怒涛の萌えが!
萌えがーー!!
屁理屈抜きに萌える!!

アタクシ完全に萌え死にました。

樋口作品は既刊本三作すべて神評価なのですが、なんかいつも胸がキュンキュンキュンキュン切なくて甘い痛みで死にそうになる。
“ツボ”としか言い様がない。

三角関係やら、記憶を失ってた間のレイプ犯探しについては期待しないほうがいいです。
綺麗な三角関係というより、片方は完全に当て馬なのがすぐに分かるし、レイプ犯についてもすぐに犯人が分かるので(受けは分かんないんだけど、読み手にはすぐ分かる)。

攻めがいいね。
頭がよくて何でもこなせるのだ。
なのに、どうしようもなく不器用なのだ。物事すべて自分の中で完結させてしまうから、相手の反応を伺いながらジワジワと対応を軌道修正させていくってことができない。
うあああなんという愛おしい攻め…!(でもこういう男、実際に付き合うとウザいだろうなw)
素直になればいいとかそういう単純な問題じゃないんだよね。
受けもたいがいウザいけどさ~w

何回もポロリンと泣きました。
神!!!
いっぱいキュンキュンさせてくれてありがとうございます。

1

途中まで、全然誰だかわからない!!!

樋口美沙緒さんの作品は初見だったのですが、
今作品はとってもツボでした!!!
幼馴染み、強姦、記憶喪失、学園もの…など
私の好きなシチュがどっさりと詰まっていて
常に萌えていました!!!
でも、何よりいいな、と思ったのが
推理小説チックな感じなとこです。
最初の頃は完全に恭一を疑っていたのに、
途中から北川さんだと確信していって、
でもやっぱり恭一が怪しくて…というように、
犯人が誰だったのかを私は途中まで全然予想できませんでした。
だんだんと明かされていく夢の男のヒントから
どっちなのか予想するのが私の中では、何より楽しかったです。
そして、原因がお互いのすれ違いだったというのが
とても可愛くて、幼馴染みいいなと思いました♡
ほとんどが恭一と涼太で進んでいたから
北川さんが可哀想なんじゃ??と、
途中思いましたが北川さんと円滑な関係なまま
恭一とラブラブエンドで不快感がなく、読みやすかったです。
そして、最後の終わり方!!!
ずっと「恭一」と読んでいたのに、思いが通じあってから昔のように「恭ちゃん」と呼び、恭一がはにかんだように笑う、というのが本当に可愛くて!!!
恭一が頻繁に聞いてきすぎて「はやくしろよ!!」と
少し思いましたが、エロシーンもとってもよかったですฅ(^ •ω•*^ฅ♡
全体的に大好きな作品でした!!!神です!!!

1

ピュアなお話

幼なじみ記憶喪失もの。

紹介文から受ける印象よりずっとピュアなお話でした。
ただ全体的に心身ともに痛々しい描写が多いので、ちょっと疲れますけど^^
記憶喪失ものってベタな設定らしいんですが、私は初めてですw
三ヶ月分の記憶が比較的ランダムに思い出されていって伏線が回収されていく、って感じなので、気をつけて読まないといけませんでした♪
記憶喪失ものってだけでなく、二人が幼なじみということもあり、回想で時間軸が動きまくるのはちょっと疲れました^^

って、疲れた疲れたって言ってますが(笑)、すごくいい作品でしたよ!
登場人物の心理描写がとても自然な形で書かれていて、受け視点ではあるけど互いのすれ違いに胸が痛くなりました。
主人公の記憶喪失は三ヶ月分なんですけど、思い出す時間はもっともっと昔からのことなんですよね。
記憶喪失でいったん全てがリセットされることにより、恋に向かって一歩踏み出すことができた、という感じで素敵でした。

全体的に不器用なキャラが多くて、一つ一つの言動を「これどういうつもり?」って疑う必要があるのもおもしろかった(笑)。

あまりさくっと読める小説ではないので、がっつり時間が空いたときにじっくり読むことをおすすめします^^

0

すれ違いにやきもき

樋口さんの作品は以前読んだものはどれも当たりでしたが、今回もたっぷり萌えさせて頂きました。

執着攻めスキーの私としては恭一がすごくツボでした。生徒会の臨時委員の涼太を自分の補佐にしたり、涼太が何度拒んでめ登下校を共にしようとしたり。独占欲の強さに萌え滾りました。
当の涼太には恭一の気持ちが伝わらず。でも恭一にも問題があるのでそれはしょうがないですね。好きだから過保護になると伝えれば良いものを、幼なじみだから面倒を見ていると理由付けしてしまうのがいけない。
その事を陸上部のマネージャーから聞いた涼太は当然ショックを受けます。
ただでさえ劣等感に苦しんでいるのに、そんな理由で傍にいるのだと人づてに聞かされるのは辛い。
お互いに想い合っているのにすれ違い続ける二人にやきもきします。

犯人探しに関してはあまりドキドキは無いです。あらすじでは、どちらが犯人かわからないような思わせぶりな書かれ方ですが、正直犯人は迷うまでもなく分かってしまいますからね。北川は残念ながら完全に当て馬。
でもこの作品は犯人が分かっている状態だからこそ楽しめます。
北川を疑いながらも近寄ろうとする涼太を阻止しようとする恭一に萌え。

涼太が記憶を取り戻した時ね恭一の「お前に好きになって欲しかった」が切ない。恭一は身体だけの関係を続けていたことを後悔し、3ヶ月間をリセットして一から涼太とやり直したかったのでしょうね。
切ないけれど好きなシーンです。

何はともあれ想いが通じ合って良かった!ここまで辿り着くのにすごく遠回りした二人ですが、ラストページからはこれまでを取り戻す位ラブラブになる予感がします。
涼太の恭ちゃん呼び、はにかむ恭一に萌えました。
高久さんのイラストもすごく素敵で大満足な1冊。

2

幼馴染って素敵~

レビューを読んでとても面白そうだったので、読んでみたのですが、幼馴染のすれ違いにときめきました。特に話の描写のされ方が素敵でした♪

--(以下ネタバレを含みます)--
記憶を失った受けの涼太が、はじめは、その期間に何があったのか?自分を襲った人物は誰なのか?そこから真相を探していくのが、少しずつその前後の流れが明らかになっていく内に、犯人を追うよりも、その頃の自分の気持ちはどこにあったのか?恭一の気持ちは――?そして、今の自分の気持ちは?

と、涼太は幼馴染で昔は何でも知っていて、分かりあっていると思っていたはずなのに、周囲によって知らされた、恭一が言ってくれなかった過去に頼りにされてないと思い、生まれる劣等感。そこからどんどんとズレが生まれて、距離が出来て・・・切ないなぁ~と思いました。

そして犯人を追っている時は、謎の人物だった(?)北川ですが、彼が一番好きでした。彼みたいな優しくて柔軟で話しやすいタイプの人(お調子者とは少し違うけど)って、格好良いし、理想だけど・・・若い子達(女子高生)には、何でも出来てちょっと近寄りがたいクールな恭一タイプが良いんだろうか・・・。(´・ _ ・`๑)?

恭一に対しては、読んでる側としては北川に対して嫉妬とか嫉妬とか嫉妬とか(笑)分かりやすい部分もあるんですけど・・・分からない箇所もあるので、涼太にも、全然伝わってなくて
「自分、不器用ですから」じゃ、すまないからね!(笑)って言いたくなるほど、臆病だったり不器用で、それなのに好きな人の前では格好良くいたいという・・・

でも自分の近くでずっと側にいてくれた好きな子が、突然いなくなったら、ショックだろうなー。何でも出来ると思われてるけど、涼太に甘えて助けて貰っていたと思うと、全然完璧じゃない恭一が、ちょっと可愛いなーとも思えたり・・・多分(笑)

記憶が戻ってくるシーンが好きです。そこのシーンの挿絵は無いのですが、とても穏やかで綺麗で情景が目に浮かぶようでした。他にもこんな感じなのかな~と頭の中で映像が浮かんで、面白かったです!

※3/27 一部文章を修正しました。言葉足らずで挿絵が無いって書いてしまったのですが、高久尚子先生の綺麗な口絵も挿絵もあります!誤解を招く発言をしてしまって、申し訳ございません(汗)

2

blacksima

メイプルシロップ様
そんな!謝らないで下さい~。ご返信ありがとうございます(><)
紛らわしい書き方をしていたので、教えて頂けて助かりましたっ♪
挿絵の無い小説もあるんだ~と勉強になりましたし、何より読みづらく拙い私の文章を読んで、声を掛けて頂けたことが、本当に嬉しいのです(////) ありがとうございます!
何かまたありましたら、宜しくお願い致します。でもおかしな点は、無い様に頑張ります!(笑)
ありがとうございました~

メイプルシロップ

ひゃー!すみません…!

挿絵のない作品もなかにはあるし、こちらのご本もそうなんだー!と
早とちりしてしまいました><
blacksimaさんの文章はとてもわかりやすいし、全く問題なかったのに…申し訳ありません!

blacksima

も、も、申し訳ございませんー!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。挿絵は有ります!
高久尚子先生の素敵なイラストがございます~
私の日本語がおかしくて誤解をさせてしまいました(@@;)申し訳ございません。

自分の好きなシーン(記憶が戻ってくるシーンがあるのです)そこの挿絵が無いという意味で書いたつもりでした。今、自分の文章を読むと・・・あきらかに、おかしいのに気づきました。あわわー
よく、身内に文章で主語と述語無いと言われるので・・・(じゃあ何があるんだ!って感じですけど:汗)
はぁ・・・(T_T)ううう・・・すみません。レビューを修正してきますー!教えて下さりありがとうございます!!

で、ですが、こちらの小説とても面白いお話でした~♪挿絵も綺麗です!是非、機会が有りましたら読んでみて頂きたいでーす。

「サミア」って門地かおり先生のイラストが表紙の本ですよね?確か、エイリアンのお話でしたでしょうか?挿絵がないのですか!?Σ(゜▽゜)斬新!! 気になっていたので改めてチェックしたいな~と思いました。

本当にすみません・・・。

メイプルシロップ

樋口美沙緒さんも結構好きで、この作品も気になっていたのですけど、
これ挿絵ないんですね?
無ければ無いで楽しめるとは思いますが、珍しいなあ。
挿絵無しの作品は、須和雪里さんの「サミア」ぐらいしか持っていないのです。
情報ありがとうございましたー!

3ヶ月間の記憶を喪失

事故で夏の3ヶ月間の記憶を失った涼太。
それ以来何度も自分が男に強姦される夢を見て、その男を捜そうとする。
子供のころからの親友の二宮と夏の間に距離が近づいていたらしい生徒会長・北川のどちらも特徴にあてはまっていてどっちだ!?と思いながら読みました。
普通に考えて二宮なんだろうな~と思っていたら途中で北川のような気もしてきてやっぱり二宮…!?と揺れました。
壊れた涼太の携帯から手がかり探したり少しミステリーのようで次がどんどん気になって読み進めてラストは納得できるオチで良かったです。
冷静そうに見える二宮が見せる独占欲と無口なのに情事中だけ饒舌になるところが可愛かった。
かなり面白かったです。これから樋口さんの本集めようと思いました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う