薔薇の刻印

bara no kokuin

薔薇の刻印
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神68
  • 萌×222
  • 萌16
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

120

レビュー数
20
得点
476
評価数
109
平均
4.4 / 5
神率
62.4%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
¥860(税抜)  
ISBN
9784813012184

あらすじ

高校生の相馬 啓は、よく不思議な夢を見る。薔薇の咲く庭と、自分に微笑みかける金髪の美貌の男。男は追いつめられ、自分に死を求めるのだ…… その男は、啓が通う高校の美術講師とよく似ていた。彼は他の生徒には優しいのに啓にだけは冷たく、忌々しいものでも見るような視線を向けてくる。それなのに、彼がそばにいるだけで啓は不思議な高揚感に囚われてしまうのだ。ある放課後、怪我をした啓の手当てをしてくれた彼は、不可解な行動をとり──… そしてその夜、啓の部屋を訪れた彼は、啓に強引に迫り!? 守る者と守られる者。薔薇を持つ男たちの運命の輪が回り始める──!!
(出版社より)

表題作薔薇の刻印

レヴィン・バーレイ(マイケル),イギリス人美術講師
相馬啓,17歳,高校生

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数20

太陽と月

はぁ〜ページを開いた瞬間『しまった〜』
だって一頁に二列_| ̄|○

こんなに読めないよー、初読み作家さんだしーと萎え萎えで読むの先延ばしにしてました。丸々一ヶ月!!

_| ̄|○すいませんすいません本当にすいません。
レビューでみなさんが興奮するのわかります。

(=゚ω゚)ノこれめっちゃ映画やーん。
最初と最後では全然違った印象になる話しです。
爽やかでイケメンな啓と過保護な家族と大好きな友達。
そんな仲間に囲まれて幸せな日々を送る中で唯一、気持ちが不安になってしまう時がある。

美術の先生マイケルだけが啓にとって異質は存在。
毎夜のようにゆめに現れるマイケルは優しい笑みを浮かべキスをくれるのに現実は辛辣で冷たい眼差しを浴びる日々。

夢と現実で啓の心は不安定になる。
出だしは爽やかで友達と夏休みの計画をねったりしていたのに啓の誕生日が近づくにつれ忍びよる影がじわりじわりと
そして突然襲う脅威。
マイケルはレヴィンでレヴィンは人間じゃなくて啓にとっては特別で、、、、
そこに現るラウル_| ̄|○
レヴィンとはまーったくの正反対の性格。
共通点は啓を愛してる。そして同じ護る者。

正直、啓の友達や家族が次々に手のひらからこぼれる水のようで読んでて辛かったです。
スコットの愛情がどんな愛情かな?って想像して萌えました。啓に託してよかったね。

ラウルは太陽でレヴィンは月。まさにそんな2人〜

三角関係?いやいや啓を目掛け一方通行がたくさんですよ。
衝突事故ですよ。

レヴィン萌えです!!後からでてきたラウルなんかよりレヴィン派っす!
啓を廻りレヴィンとラウルの嫉妬バトル!!
うんまーい!(=゚ω゚)ムハッ!!
話はシリアスだが嫉妬うんぬんは私の中でニヤニヤの壺でした。
ためしに一冊、、、とかした一ヶ月前の自分を殴りたい。
喉がかわく、、、、、。

6

読み応え充分です!

今年一番の読み応えを感じた作品。何より終わり方も秀逸です。期待値がmaxのところで終わるのですが、とっ散らかった印象が無いので謎の部分も続編の期待値に繋がりました。良い意味でヤラレタと思いました。いわばゾンビ退治の物語というオカルトも薔薇騎士と守護者の関係という胸キュンな関係や啓の周囲の魅力的なキャラクターが物語に厚みを増してくれてます。大切な人が不死者になった為、自ら葬る事で乗り越えなければならない壁とかドラマチックなシーンがあり、自らの運命と立場に翻弄されながらも成長する啓の薔薇騎士の活躍と守護者とのロマンスに釘付けになりました。秋に発売になる続きが早く読みたいです。

5

家族の愛

気になっていたものの、絵柄からして外国歴史もので自分には合わないかな?
と思っていたのですが、とんでもない勘違いでした!

現代の日本に住んでる男の子が主人公の壮大なお話で想像していた物語と全く違う!
もっと早く読めばよかったと悔やんでなりません(。>д<)

主人公の啓はとても正義感が強くて真っ直ぐな男の子でとても好感がもてましたし、イラストはすごく素敵だし///
私のように読む前から拒否していたら本当にもったいないのでぜひ読んでほしいです!

4

単なる「吸血鬼もの」で縛るのはもったいない

主人公の秘密、特殊能力、秘密結社、って設定が大好きなうえに、しょっぱなから事件に巻き込まれ、謎の男に守られ、試練にぶち当たり、生い立ちの謎が出てきたりと、もう自分の大好物要素がてんこ盛りで嬉し過ぎる!!
それが2段組で文章ぎっしりだなんて、読み応えがありそうでこれから全6巻読むのにワクワクする。
実際1冊読んだだけでも話の密度が濃いと感じた。
それでまた、再度何ヶ所かの要所をじっくり読み直してしまう。

1巻はBLとしての愛より、家族愛のほうが比重が大きかったかな?
夜光さんの小説はこれが初読みで、BLとしての萌えはどんな要素が得意なのかわからない。
レヴィン、ラウルそれぞれとはキスシーン止まりではあったものの、今後熱~い展開が期待出来そうで楽しみ。

3

序章からグイグイと引き込まれます

『薔薇シリーズ』の一作目。
夜光さんの作品は、おおまかに分けるとサスペンス風か異形系かという感じかと思うのですが、こちらは異形系。
二段組で読み応えバッチリです!

主人公は高校生の啓。
まあ、受けではありますがまだそういう展開ではありません。
第一巻ということで、世界観へ読者を浸からせる感じです。

この啓ですが、たびたび不可解な夢を見ています。
高校の講師と良く似た男、そして薔薇。
彼は現実では啓にひじょうに冷淡な態度で接しているのに…。
そんな自身でもよく理解できない夢を見ながらも、彼を守り育てる優しい家族に囲まれ幸せに暮らす啓。
しかし、そんな日常はある時突然破壊されて…というお話。

この啓をとりまく人たちを思うと、胸がキュッとなります。
そして啓の過酷な運命。
不死者と呼ばれるクリーチャーを滅ぼすことが出来る『薔薇騎士』と『守護者』という存在。
一巻は本当に怒涛のような展開です。
そのせいでこちらまで渦に巻き込まれるように、グイグイ世界観へ引き込まれてしまう。
唸らされる作品です。

やっぱり夜光さんはシリーズものの方が面白く感じます。
個人的にはBLは日常ものが好きなんです。
カタカナ名前は苦手ですし。
が、夜光さんのこの手の作品は本当に設定が面白いし、飽きさせない。
特にこのシリーズは先がひじょうに気になりますよ。
もう完結済みの作品ですので、興味のある方は数冊揃えてからの方がオススメです。

3

続きが気になる

薔薇シリーズ1作目。

前から気になっていたのですが、ようやく読むことができました。
面白すぎる。
もっと早く読めばよかったです。

普通の高校生として生活していた啓は、大事な使命を背負った特別な存在でした。
18歳の誕生日を目前に啓の環境が大きく揺らぎ始めます。
啓を育ててくれた血のつながらない家族、遠くから見守り危機から助けてくれるレヴィン。
啓の守護者となったラウル。

キャストもつわもの揃いで良いです!
啓はどっちを選ぶんだろう。
早く続きがよみたい。

3

当て馬じゃない三角関係モノ

シリーズ全部を読んでの感想です。
洋モノ、吸血鬼、シリーズモノということで、二の足を踏んでました。
暇&他に読むものがなかったので、手を出すことに……。
いや~、面白かった。
読んでみたら、全然洋モノじゃないし、吸血鬼でもないし。

私の中で、「少年は~」、「獣人」、「薔薇」、「バグ」は同じカテゴリーに属しているのですが、本シリーズ「薔薇」が一番好きかも。
外国設定っていうだけで、萎えるんです。
登場人物の名前が長ったらしいカタカナだと、イラっとするのです。
でも、本シリーズは全然気にならなかった!
最初は日本が舞台だったからかな?
無理なく世界観に嵌まれました。
色々あって、最後の終わりかたも良かった。
無理矢理っぽさがなくて。

当て馬じゃない三角関係ものという意味でも良かった!
嫉妬や独占欲があるのにお互いをリスペクトして認めあう攻めの関係、どうしても選べない受けの優柔不断さ、そしてそれぞれの愛、そういったものがちゃんと描かれていて良かったです。

カタカナの名前、設定て迷っている人は是非、勇気を出して読んでみてください。
全然、気にならないから。

2

しばらく積ん読してましたが…めちゃくちゃおもしろい!

夜光花先生の作品は大好きなのですが、このシリーズはなんとなく読みにくく感じてしばらく本棚においていたのですが…
ついに手をだしてしましました!めちゃくちゃおもしろいーーーーー!!!!!!!
なんでずっと読まなかったのか本当にわからない位面白い…!

夜光花先生の作品はBLだけじゃないってゆーか…本格小説にBL要素を入れたってゆーか…

本当に読み応えが半端ないです!

主人公の啓が本当に魅力溢れる子で攻のレヴィンもドキドキするする怪しげな雰囲気です。

ラストに出てくるラウルもかっこいい…!

これから先本当にどうなるのー!って所で終わります。

最後読んでいて辛い展開もありましたが…夜光花先生の文才に感服です!!

続きが楽しみ!

1

物語のはじまり

すっごく面白かったです♪大人気シリーズ1巻目。2段組の構成で読み応えはバッチリありました!.。゜+.(´▽`)。+.゜+・

主人公の圭がとても好感の持てる青年で受けですが、弱々しさを感じさせない所も魅力的でした。そんな圭に毎朝「トレーニングだ~!頭痛も走れば治る!腹痛も同じさ~」と一緒に走りこみをする、おおらかな兄のような存在の昇、料理が得意で母のように小言を言ったり心配性のスコット(男性です:笑)。そして穏やかな父のような文也。

序盤は圭が血は繋がっていないながら優しい家族に囲まれて、普通の高校生(子ども)として生活を謳歌し、その中で夢で見た男性と似ているマイケル(レヴィン)の謎な行動にドキドキしつつ、18歳までの誕生日を迎えるまでは、友人からも周囲からも本当に愛されて幸せだった時間を過ごせていました。

そして圭としては、楽しみにしていたはずの「誕生日」を目前に嵐に飲み込まれるかの様に全てが変わる。怒涛の展開に何もわかない状態の圭と一緒に困惑しながらも必死に進むのですが、あんなにも悲しい展開になるとは・・・
謎のレヴィンは置いておいて、(素敵なんですが!笑)登場人物が皆がとても優しくて、途中から予測は出来ましたが、ホロホロきました。

何度も見る鮮明な夢。夢の男と似てる謎の男性レヴィン。自分の手のひらの薔薇の痣、襲い掛かるアンデッドと呼ばれる不死者、薔薇の守護者と呼ばれる存在。その1人のラウル。(今後のラウルの活躍をかなり期待しています♪)まだまだ謎が多く、また1巻の衝撃的なラストに2巻を手元に置いてから読みたいです(笑)

勝手に、こことあれが実は繋がってるのでは!?など想像しながら、楽しみたいと思います。アクションシーンも多く面白いので、他の方と一緒でゲームかアニメか何かで映像で見てみたいです!

そして裏表紙が結構好きです。骸骨のようで違うような、ちょっと恐い存在と目が合います!(爪剥がれてるよ~:笑)こういうダークファンタジーが好きなので、嬉しいです。

5

俺のすべてをお前に捧げる

シリーズもので読み応えありそうだなーっと楽しみにしながら読んだ。二段組みでボリュームあるし、ますます楽しみ。

啓に対する設定がいい。この世に唯一残った薔薇騎士という属性を持つ啓。みんなの期待の星。最後の希望。いいですねえ。
そして、その薔薇騎士と対をなす守護者という属性。レヴィンがこの守護者属性をもつ。うーん、いい設定ですねえ。

レヴィンのツンデレっぷりに翻弄される啓もよかった。すっごく冷たくされたかと思いきや、家まで押しかけてきて啓を押し倒すレヴィン。えー、一体どっち?どっちが本心?って、私もパニックになった。レヴィンって二人いるんかな?と思ったほど。

次あたり、この二人最後までやっちゃうかな?でも啓の正式な守護者であるラウルが黙っていないか。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う