• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作薔薇の守護

守護者 ラウル /不死者の守護者 レヴィン
薔薇騎士団総帥の薔薇騎士 啓・クロフォード21歳

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

金髪の守護者レヴィンと、赤髪の守護者ラウル。ふたりの大切な守護者を取り戻し、啓は薔薇騎士団の総帥となった。そんなつかの間の平穏のなか、三人目の守護者であるマリオが騎士団に戻ってきた。ライバル心を隠さず、堂々と啓に好意を示すマリオに、ラウルは苛立ちを増していき、レヴィンは啓に触れなくなり、避けるように距離を置き始めた。一体どうして? レヴィンのことがわからなくなり、啓は焦燥する。どこか歯車が狂ったまま、アダムたちとの闘いに備えるが…… いくつもの想いが複雑に絡み合うなか、啓が薔薇騎士団の誰かを殺すと予知されて!?

(出版社より)

作品情報

作品名
薔薇の守護
著者
夜光花 
イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
薔薇の刻印
発売日
ISBN
9784813012467
4.4

(80)

(52)

萌々

(14)

(12)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
10
得点
353
評価数
80
平均
4.4 / 5
神率
65%

レビュー投稿数10

不死者との攻防戦の中で

全巻通してパワーダウンする事なくいいペースで進んでいる5巻目。
今回は不死者との攻防戦をがっつり読めた中で、他の守護者のマリオ、ランスロットにも注目な巻。

今更な説明だけど啓に対して行動や愛情表現が熱いのがラウル、口説きが熱いのがレヴィン、お互い派手に衝突していたのにいろいろあった末に意気投合していく攻めさん同士なのがいい。
性格も正反対なはずなのに気が合いすぎて笑えるし。
ここに新しく守護者になりたてのマリオが絡もうにも、既に啓・レヴィン・ラウルの関係が落ち着いて絆が出来ている所に割り込む隙はもうないんだよなぁ…
多分、弟分ってのも納得いかないだろうし。

あと、他にはランスロットの葛藤を冒頭だけではなく、作中でももう少し読みたかったかな。

今回はちょっと切なさを感じたラストだった。
亡くなったのが惜しい人も何人かいたしね…

1

俺の愛を疑うな

啓の成長著しい第五巻。啓の命令も板についてきましたねえー。戦闘シーンもいいっぱい。今回エッチなシーンがなかなか出てこなかったから、今回はエロ路線は外すのかなと思ってた。
終盤にたくさん盛り込まれていたので安心安心。私は、レヴィンもラウルも同じくらい好きだかやはりエッチはレヴィンとの方が好き。

新たに守護者になっとマリオにも愛を告白され、それにあせるラウル。啓を不死者にしたくない一心で、啓から離れようとするレヴィン。そんな二人に、
「心配するな。不安になるな。愛してるから大丈夫」
という啓がかっこよかった。

いよいよ次が最終巻。読み終わりたくない。でも読みたい。

1

敵はゾンビとヴァンパイア

1冊目を読んだ時は、残酷シーンと死別シーンの繰り返しで疲れ果て、2冊目は時間をかけて読み進めてたけど段々夢中になって、3冊目以降はあっという間だった。
少年は神シリーズも同じだけど、悲惨な経験を繰り返しても主役が前向きでユーモア精神もあって救われる。
ゾンビが出てくる有名なあの海外ドラマの世界観が楽しめるなら、この作品も楽しめると思う。
レヴィンとラウルとの三角関係、アダムがどうなるのか、薔薇騎士団の今後とか、これから読む最後の1冊が楽しみ。
あと、もし現実の世界に不死者が現れたら、秘密結社なんかで戦わず、大々的に世の中に知らしめて、軍隊を動かして撲滅して欲しい。

0

最終決戦への布石

壮絶すぎて絶句……
マリオがずっと心配だったけど、最悪の形で終わってしまい本当に残念。
全然かっこいい所見せられてないじゃん!
でも、最期はめっちゃカッコ良かったよ‼︎
泣いたよ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
マジで。

アダムとの戦いの決着は次巻に持ち越し。
そして、次は最終巻です。
読みたいような読みたくないような……
すでに不安と寂しさでいっぱいです。

薔薇騎士団のみんなが生き残れますように。
ここまできたら、もうそれしかない!

0

いやー、すごい


新たな戦いに向け、準備に取り掛かる一同。

一方、マリオが啓を好きだと告白したことによって場を掻き回します。

第三者が入ったからか、逆にレヴィンとラウルの仲が良くなっていきます。
しかし、啓の気持ちはレヴィンへ偏ります。
というのも、レヴィンが最初の頃のようになんだか冷たい…。
啓の不安な気持ちが読んでいる私にも移り、ソワソワしました。

気になる展開がどんどん登場していくので、気づけば終盤。
相変わらず、一冊があっという間でした。

そして私には初巻以来の衝撃的な巻。
言葉を失ってしましました。
平和ボケしていたわけではないですが、忘れていましたこういう展開もあるっていう事を…。
いやー、すごい。
改めてこんなBL読めるなんて幸せ。

それから、ふと気づいたのですが、攻め表記にあるヤンデレ。
啓を好きなのは相変わらずですが、ヤンデレかどうかは疑問…。
とはいえ、啓が逞しくなっていきますね。
弱気なレヴィンを慰めてあげる姿は萌えました。

さぁいよいよ次は最終巻。
読みたいけれど、終わってほしくない気持ちで複雑です(笑)

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP