朝から夜まで連続射精!!3兄弟、近親相姦3P!!

鈍色の花

nibiiro no hana

鈍色の花
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×210
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
185
評価数
51
平均
3.8 / 5
神率
39.2%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864520034

あらすじ

腹違いの二人の兄・槐(えんじゅ、長男、34歳、エリート検察官)と赤穂(あこう、次男、29歳、クラブ経営者)は引き取った弟・椿(つばき、17歳、高校3年生)を溺愛する。七歳になるまで自分の母以外を知らずに生きてきた椿に対し許されない想いを募らせていく二人の兄。
やがて美しく成長した椿に、欲情を抑えきれなくなって・・・!?
同じ血のものしか愛せない三兄弟、椿・赤穂・槐が選んだ道・・・!!
わたなべあじあの人気シリーズ完全版!!
描き下ろしあり!カラーページ倍増!
(出版社より)

表題作鈍色の花

槐(長男・検察官・34歳)
椿(三男・高校生)

同時収録作品鈍色の花

赤穂(次男・クラブ経営者・29歳)
椿(三男・高校生)

その他の収録作品

  • ロリとおかっぱ(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

耽美的、禁断の兄弟愛。美しい者は愛される理り。

トピ立てで、「兄二人に愛される弟との3P」というお題を見ていて、思い出しました。
この物語は呪われし血族と言っていい程の宿命で、愛さずにはいられない兄弟の物語です。禁忌が美しく、耽美的な世界観を形作ってもいるのですが、おそらく、その血が流れていなくても、槐と赤穂は美しい椿に魅かれる運命にあるとも思うのです。美しい者はそれほどまでに人を狂わせる。そういう物語でもあると思います。
最初、その独特の雰囲気の絵に馴染みが無かったので、躊躇したのですが、慣れてしまえばトップリと浸ることが出来るかと思います。
少し残念なのは、愛される椿を中心に正三角形の関係では無い、という事。椿は赤穂の方が好きなのです。それはもぅハッキリと。哀れ、槐。
ただ、槐も相当いい男で、椿に執着しているので、椿は槐をも受け入れてしまう。
他の方も触れてらっしゃいますが、かく言う私めも槐派なので。とっても悔しい思いをしております。槐、ガンバ‼︎
幼馴染のトーゴくんにも頑張って欲しかったですが、彼は子供の時から釘を刺されているので、この兄弟の間には割り込めない様子。
この呪われし血はこの兄弟で終わり、受け継がれる事が無いという事なので。思い煩う事なく、3人だけの世界で生きて行くのだと思います。そう思うと悲しみもあり、散りゆくものの哀れ、みたいなものも感じられる物語です。

0

血族しか愛せない

なら次男と長男の濡れ場もとっても見たいなぁー…
エロ度が変態で愛がある3pなら椿攻めとかトレインも見たかったなぁー
エロ度もエロエロくらいじゃないのかな…?

って所で萌²にしたかったけど、萌にしました。

1

呪われた血筋…(´д`|||)

『ROMEO』でハマってわたなべ先生二作目。だいぶ初期の頃の作品みたいですね。

腹違いの兄弟もので、長男→三男←次男で、三男は兄二人とも好きだけど、血の濃さ故にどちらかというと次男の方により強く惹かれるみたいです。近親者にしか発情しない血筋で、次男と三男は兄姉妹の近親相姦で生まれたというとんでも設定でした(だから兄弟でもあり従兄弟でもある)。彼らの代で血筋が途絶えることになって本当に良かったですね。

絵には独特の世界観があって、作品としてはありだと思いますが、萌えるか萌えないかでいうと、あまり萌え要素はなかった気がします。

0

『イケナイ』物語は最後までシリアスに!

あじあ先生の既刊作からレビューしようと思っていたのに、新刊の『ROMEO』が素晴らしくて先にレビューしてしまいました。
この『鈍色の花』は電子で購入していたので、みなさんがレビューされている「お口でして」のシーンがどうしても読みたくて、紙でも購入してしまいました\(//∇//)\
あじあ先生の描く 完全ショタな椿の天然エロっぷりは流石ですね!そして鼻血を出して死にそうになっている赤穂には、萌えるやら笑えるやら( 艸`*)。
メインのお話は昼ドラのようなストーリーがすごくいいのですよ。近親相姦、禁忌、年の差、3Pと『イケナイ』設定がてんこ盛りで、なんとも妖しい雰囲気が漂っているのです。血の濃さから椿は赤穂により強く惹かれているのですが、私は槐と椿に萌えました。槐の鬼畜っぷりは最高です。槐が主導の3Pは更にエロくて、タブーな物語を盛り上げます。それだけに段々と椿が幼くなり過ぎてしまったり、各話の間に挿入されたギャグテイストのページが残念でした。こういうお話は最後までシリアスな展開で読みたかったし、椿にもずっと耽美な美少年のままでいて欲しかったです。
最後に修正について比べてみました。私が買ったファットキャット版の電子では、2話が丸ごと白抜き修正されているのに、4話と5話は細い白線があったりなかったりとかなり修正が薄いのです!(1話3話はエロなし)。過激になるにつれて修正が薄くなるなんて、修正基準がまるでわかりませんが、薄くなる分には大歓迎です(*゚∀゚*)イイネ!!
こちらの紙版はすべてのエロにいつものピアス修正が施されています。
このお話の続きは電子版の『密花』で読めますよ。

5

あじあさんありがとう、ちるちるありがとう!

実はこの作品はこちらのサイトがきっかけで自分の好きなジャンルを調べていたら出てきた作品なのです。
あじあさんの作品はそんな理由で知ったのが多いですが、すっかり虜状態の私です(笑)
おかげでとても素敵な作品に出会えたと思ってます。
これは勿論神作品としか言えません!!

私はあじあさんの作品はアホの子が出てくるコミカル系を読むことが多かったのですがこの"鈍色の花"は昼ドラのような展開ですごく良かったです。

年の離れた義兄弟、三角関係、シリアス、昼ドラ・・・

素晴らしいですね、本当に。

また、本編とは別にギャグ(とまではいかない)要素のある番外編のようなものや、あじあさんの独特な感じで描いてある次話の予告的なものを間に挟んであるのでずっと重い内容を読んでるという感覚にもならないんですよね。
飽きることなく読めると思います。(自分は全く飽きないですが)

レビューを見てるともうちょっと読みたいとありますが確かにと思います。
完結はしているものの、もう少し内容をじっくりと掘り下げたりもしくは続きの話しがちょろっとあったり。

ただこの作品に出てくる登場人物が他のあじあさんの作品に出ていたのである意味続いているのかもしれないですね。なのでもしかすると今後の作品にも鈍色キャラが出てくるかもしれないし、その後が見れたりするかもしれないのであじあさん作品を今後も注目していきたいと思います。

6

もうちょっと読みたい!

 久々にBLコミックを読んでしまいました。
 今回のBLコミックは「わたなべあじあ」先生のコミックスでした。
 久々に読んだ作品は、近親相姦+3P……ショタ要素有りで、さすがのわたなべ先生!! 倫理観のすべてを丸無視してしまっている!! 尊敬します!(違う)

 しかも代々、近親相姦を繰り返していた一族の人間で、その結果として、血の繋がりの濃い人間しか愛せない体質になってしまった。
 その一族の末裔として最後に残された人間は、男が3人。
 その3人は一緒に生活をしているけれど、何やら一番下の弟に対して、兄たち2人は何やらよからぬ想いを抱いているようで、様々なちょっかいを彼に対してしかける。
 当然、弟にもその呪いは有効で……

 というちょっと薄ら寒いような言い伝え込みのお話でした。

 面白い、面白くないで言えばそこそこに面白かったと思うんですけど、どうせならこれ一冊に納めずに、もうちょっと長くしてドロドロ感を増量させてもらってもいいかもしれない……と思ったり(ただの個人的趣味ですが)。

 なんだかいっぱい萌えれる要素はいっぱいあったはずなのに、イマイチ火がつかないまま終わってしまったような感じがして、ちょっともったいなかったなあ……と思いました。
 悪くは無かったんですけどね。

2

3話目までがめっちゃいい。

血で惹かれあう三兄弟の淫靡な禁断愛のストーリーを、あじあさんの美麗な絵がより一層妖しく美しくに魅せてくれます。
咲き乱れる花の絵が美しい三兄弟によく似合うこと!
異母兄弟の近親相姦モノなんですが、ただそれだけではないタブー過多の設定が良いです。

椿(つばき)・赤穂(あこう)・槐(えんじゅ)は、その昔、狼と交わった宮司の末裔で、一族に残された最後の三人。
血を濃く保つために近親婚を繰り返した結果、彼等一族の血は呪われ、愛情を抱ける対象は血族のみ、さらには親等が近いほど相手に対して激しい愛情を抱くという宿命に。
一族の女達は皆短命で、最後の女性だった椿の母親が死んだことで血の呪いは終わるかと思われたが……

BLですからもちろん終わりません(笑)
二人の兄達は自分達と同じ男の椿を「対象」として認識してしまいます。
三人の中でも特別に血の繋がりが濃い赤穂と椿がより強く惹かれあうのですが、その近さ故に二人だけで閉じた世界に入ればお互いへの執着が暴走して最後は相手を殺しかねない。
尚且つ、槐も椿を対象として認識してしまっているので、この先二人で椿を奪い合うことにもなりかねない。
ならば二人で椿を共有して、死ぬまで三人でいようじゃないか、と。

ゾクリとするようなイケナイ妖しさと美しさの漂うお話です。

ただし、3話目まで(/Д`;
4話目で絵のタッチが急に変わって、最終話に至っては美麗ささえもどこへやら……特に麗しかった椿ちゃんは完全に別の子に(泣)
内容も一気にエロBL化して、折角の妖艶な世界観が置いてきぼりになってしまったのが残念。
でも3話目まではホントすごく良いんです!!
そのままもっとブッ飛んだ方向に突っ走って欲しかった…!
勿体ない~~~

あ、でも最後の3Pシーンは萌えた。
赤穂(拘束されて身動きとれない)の腹の上で、椿がバックから槐につっこまれて可愛いショタ顔で喘いでるんですよ。
槐、どんな鬼畜よ。赤穂、どんな拷問よ。

ちなみに私はピアスから出ている紙書籍ではなく、ファットキャットってとこから出ている電子書籍で読んだのですが、こちらには皆さまが鼻血を出されている皮を剥くシーンは入ってなかったです…
レビュー読んで知りました。ナニソレ読みた過ぎる…
(描き下ろしも未収録)
今のところ電子版はこれしか出ていないようなので、電子派の方はご注意を。

続編「密花」で、彼等の後日談(コスプレエッチ)が読めます。

3

禁断の愛に萌えます

わたなべあじあさんにハマるきっかけになった、記念すべき1冊です。腹違いの二人の兄と引き取られた弟たち3兄弟の許されない想いと、エロエロが堪能できて大好きです。

とにかく、二人の兄の槐と赤穂がカッコ良過ぎで。それなのに、弟の椿にメロメロで。どんどんケダモノになっていく様子に萌えます。

そして、何と言っても、椿の可愛さにもやられます。子供の頃のエピソードなんて、逆に、よく兄たちはこの椿の可愛さに我慢できたな~と思います(笑)
「おくちでしてお兄ちゃん」なんて言われた日には…(鼻血)

ホント、あじあさんの描かれるショタっ子は可愛くて悶えます。
お話も、呪われた血筋とか、身内にしか惹かれないとか、面白くて兄弟の禁断さを楽しめます。
密かに、お兄ちゃん二人の絡みも見たかったのは黙っておきます(笑)

8

萌えた~

初わたなべあじあさん。
この方の作品って、なんだかとってもエロい気がして手に取ることはなかったのですが(特にこれはピアスレーベルだし)、さわりの部分を試し読みしてみて、すごく読みたくなり購入してみました。

内容はほかの方が書いてくださっているので感想を。

実は個人的にショタや近親相姦モノって地雷なんです。なので恐る恐る読んでみたのですが。
萌えたああ!
何だろう、この萌えは。どこから来るのかしら。と考えてみました。

槐・赤穂・椿、この3兄弟の根底にゆるぎないお互いへの愛情があるからなんだな、と思ったわけです。
槐も赤穂も理性では椿に手を出すのは良くないとわかってるんですね。事実、椿が本当に子どもだったころには手を出していない。椿の七五三で女の子に間違えられて女の子用の着物を着せられてあまりの可愛さに理性が飛びそうになった時も、「おちんちん、病気になっちゃった…」の件で「お口でふーふーして…?」と椿に言われた時も、ちゃっかりおしりに指を入れちゃったりしながらも事に及ぶということはしていない。
この時に手を出してたら私的にはアウトでした。

一方で椿の方もお兄ちゃんにこんな感情を抱くのはおかしいとはわかっている。けれど槐と赤穂に触られて、これでいいんだ、と言われて安心して二人に気持ちをゆだねる。

優しくて冷静な長兄・槐。肉食系で野獣な次兄・赤穂。どっちも素敵。タイプが違う、イケメンの兄ちゃん(恋人か…?)がいてうらやましいよ、椿ちゃん!

ただ、だんだん椿がショタ化してる気がしてちょっと。初めはしっかり男の子なのに、最後の方はちょっと幼くなってませんか?絵柄の変化なのか、わたなべさんが意識してるのかちょっとわかりませんが、個人的にはもう少し男の子っぽい方が好きかな。
でも、事の最中に「だめ~」を「らめ~」と言っても嫌じゃない受けちゃんはこの子が初めてでした。だって可愛いんだよ…。

同封されていたアンケートはがきを出そうかと思ったのですが、切手を貼るところに『50円切手を貼る時は、ウラを濡らしてからおくちでふーふーして…』って椿のイラストと一緒に書いてあるんですよ。。。それを見ちゃったらはがきを出すのが惜しくなって、出せなくなったダメなワタクシでした…。
ちなみにわたなべ先生、ワタクシは槐派です。クールなふりしてかなりの変態ですよねv

これってまだ同人誌で続編があるみたいですね。同人誌って手に入れづらいので、ぜひとも商業化してくだされ~。切望中です!

14

シチュ萌え、キャラ萌えには最高

 血が近ければ近いものほどに対して強い感情を抱くようになるという、近親のみにしか愛情を抱けない血統の末裔の槐、赤穂、椿。 
 男三人のみしか産まれず、これで血の連鎖は断たれた様に思えたが、やはりこの三人も血に抗えずに激しい恋に落ちてしまう。腹違いの兄たち二人から、弟の椿は激しい愛情を向けられ、椿も兄たちを深く愛し、三人は自分たちだけの世界に浸っていく・・・。

 といったお話です。

 同人界で超人気作品が読者の声に応えて、単行本化したようですね。
 美人な高校生椿とワイルド系男前・赤穂おにいちゃん、エリート風優男イケメン槐おにいちゃんの織り成す執着とエロの世界です!絵も超美麗ですので、三人のそれぞれの美しさが際立っております~。よかったよ・・・。

 私の雰囲気や顔の好みは、どっちかっていうと槐おにいちゃんですので、ずっと赤穂おにいちゃんのターンが続いたのは(それはそれでよかったんですけどw)、かなーりじれったかったんですが・・・槐さん、最後持って行ってくれましたねw
 最初に赤穂お兄ちゃんと椿ちゃんが関係を持ってしまったのは、しょうがないことなんですけどね。家系から考えてみると、この二人は腹違いの兄弟なのでめちゃくちゃ血が濃い。血が濃ければ濃いほどに強烈に魅かれあうっていうのが起きやすいらしいですし。
 
 ぶっちゃけますと、近親萌え、キャラ萌え、シチュエーション萌えが先行したお話ですので、ストーリー萌えの方にはあんまりオススメできません。僅かでもキャラ萌えやシチュ萌えがある方なら、この作品に引っ張り込まれると思います。それだけの魅力、吸引力があります。ですが、ストーリーがないとどうもなぁ・・・という方には『お兄ちゃんがかっこよくて、弟が美人で可愛くて・・・だから?それで何?』ということになるかと思います。




6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ