奥津城村の愉快葬

okutsukimura no yukaisou

奥津城村の愉快葬
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×223
  • 萌18
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
20
得点
174
評価数
49
平均
3.6 / 5
神率
10.2%
著者
池玲文 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス HertZ Series
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784813053255

あらすじ

圭司の育った奥津城村には珍しい風習がある。
数えで33左歳になると行われる生前葬だ。
ある日、圭司は従兄の白雅の生前葬に呼ばれ、5年ぶりに帰郷する。
圭司にとって、白雅は片思いの相手だった。
5年前、圭司は白雅と一線を越えそうになるが、この恋が一方的なものだと思い知り、故郷を離れる。
本当は帰ってきたくなかった。
想いをひきづったまま、圭司は白雅の生前葬に出席するが…

(出版社より)

表題作奥津城村の愉快葬

村にいる従兄弟 多々良白雅(31歳)
東京で一人暮らし 圭司(23歳)

同時収録作品お巡りさんと狐

同時収録作品雨のトリセツ

同時収録作品月に一度のお召し上がり

杉本臣次(27) リーマン
菱谷眞貴(27) 焼肉屋

その他の収録作品

  • 奥津城村の不愉快な思い出
  • 狐さんのお巡りさん

レビュー投稿数20

かわいいっ

池先生欲してる病、相も変わらず発病中。

こちら、表題作の他【お巡りさんと狐】【雨のトリセツ】【月に一度のお召し上がり】の3作と、表題作の描き下ろし【奥津城村の不愉快な想い出】とお巡りさん~の描き下ろし【狐さんのお巡りさん】の2作です。

今回のこちらは、池先生の作品の中でも割とソフトと言うか柔らかいと言うか、「うん可愛いじゃない」と思える物が多くて、平和に過ぎた気がします(笑)

特に…特に!【お巡りさんと狐】【狐さんのお巡りさん】に出てくる、キョウくんが本当に可愛らしい!!
普段はバレないようにしているつもりでも、何かにつけてお巡りさんの前では耳も尻尾も出ちゃう。
お巡りさんが好きで、頑張って振り向いて貰おうとする姿が健気ですよー、ほぼ色仕掛けで頑張りますけど(笑)
まぁこのお巡りさんも変わった人で、取り合えずナルシスト。服装とか外見の事ばーっか頑張るから、中身のナイ人間だと思われてしまうんです。
そしてソコに現れた狐のキョウくんは、
「お巡りさんは優しい人」
だと言うのです。

お巡りさんと狐さんは一切致すシーンがありませんので(キスで終わり)、もしいつか続きを書かれる事があれば、是非…是非!ケモミミ・キョウくんとお巡りさんのイチャコラが観たいです!(切実な願望)


表題作にしても、淡い恋心で不確かだったものが、突如降ってわいたかのように自覚させられた好き。
ずっと変な誘い方しかされなくて、考えて居る内に自分も相手をと自覚してしまう好き。
それに気付いてからの、攻めの開放感ったらないですね。

「池先生のエロは苦手だけれど、何かやわい物がいい」という方には是非オススメです♪

2

なんねもぉ~かわいかねぇ~♪

「奥津城村」の不思議な風習に惹かれて買った作品でした。
まさかこんなに可愛か内容だと思わんかったけんが、ギャップにキュンキュンきたばい!
受けがもうなんだこれ普通に可愛いすぎます。

過去に白兄にアレを抜かれて、その時白雅が謝ってきたことから二人にわだかまりが出来ます。
謝られたことに対して、圭司は「ノリでやってしまったのであって、好きだからしたわけじゃない」のだと勘違いをしてショックを受けます。
でも実は誤解だったことが分かり、二人の気持ちが通じ合います。

そして圭司の東京宅に白雅が来るんですが、圭司の反応が可愛いすぎる!!
二人きりになると緊張しますよね~初々しい~♪
ロストヴァージンの胸の高鳴りが聞こえてくるようでした。

他の同時収録作品も池先生らしい不思議系、だけどほんわかしたお話が入っていました。
「月に一度のお召し上がり」で攻めが電柱にしがみついて「ウソだ!絶対男なんかとヤれねぇって言ってた!」と叫んでいる所が笑えました。格好悪いのが可愛いなんて、ずるいんだからッ!!

2

池さんの描かれる龍の絵が好きです

ファンタジーものと現代ものがバランスよく収録された一冊だと思います。
しかも1作を除いて日本の田舎を舞台にしたお話で、テーマがよく纏まっています。
全体的に可愛い雰囲気のお話が多いです。特に受けのツンデレ具合とか素直な所にキュンとします。
思い返してみれば、池さんって結構ファンタジーが入ったお話を描かれてるんですよね。
余りそう思ったことがなかったのですが、気づかされなかったということは違和感なく読めてるからなのかもしれません。

池さんの都会的でスタイリッシュな絵柄も大好きなんですが、和装でちょっと懐かしい感じのするお話も素敵です。^^
単行本ではまだ持ってないのですが、「たつのおとしご」を読んでから、池さんの和装の絵を見れるお話をもっと読んでみたいと思っていたのですが、本作品でその願いが叶いました。
しかも…龍も出てくる~!(笑)
龍神の舞のシーンは美しくて何度も見返しました。はぁ~
日本の民話とか伝説がお話が好きな方にはお薦めだと思います。

2

方言と田舎萌えの1冊

表題作が方言BLです!
西日本(中国〜九州)の方言だと思うんですが、池さんが九州出身ということを考えると九州かな?

4作品中3作品が、今も神話や伝承が当たり前のように根付いているような日本の田舎を舞台にしていて、少し変わった風習があったり、人を化かす狐がヒト社会に紛れていたり、不思議な力をもった水神(龍神)の子孫が同級生だったりします。
池さんの作品にしては全体的にエロ度は低めで、主人公達の可愛さ、純朴さにきゅーんとさせられるお話揃いでした♪
タイトルと表紙だけ見るとギャグ色が濃そうな雰囲気ですが、おふざけなノリはむしろ他の池作品より低めです。

どれも好きなんですが、一番好きなのは「雨のトリセツ」。
BL未満なお話ですけど、ストーリーそのものに池玲文節が効いてて惹かれるものがあるんです。
舞台は雨乞いの儀式がお祭りとして残っている村で、水神の子孫として生まれ不思議な力を持つ少年と、彼を守るクラスメイトのお話です。
経済が発展して神様なんて要らなくなった現代じゃ“神様の子孫”なんて奇異な肩書きは無用の長物でしかなくって、罔象は「普通の人間に生まれたかった」と悩んで泣きます。
ファンタジーだけど、自尊心をテーマにしたお話にはリアリティがあって、罔象の悩みを解ってあげられる罔象のお父さんの言葉の優しさにはジーンとさせられました。
厳島神社を参考にされたんだろうなと思われる水面にせり出した平舞台で罔象が龍神の格好をして神々しく舞うラストシーンがすごく素敵なのですよ。

1編だけ入ってるファンタジーじゃない作品は池さんお得意のヘタレ攻めで、これがまた萌え♡
池さんの描かれるヘタレは愛おし過ぎます!

何を描かれても萌えるのはファンの贔屓目かもしれませんが、これもやっぱりお気に入りの1冊です。

2

ユーモア重視かと思いきや。

萌えました~♥♥
キュンキュンしました!

優しいユーモア重視かと思いきや、切なく甘いラブストーリーでしたよ!(笑)

33歳になると生前葬を行うというなんとも変わった慣習の村に生まれた主人公。
今日は幼馴染のお兄ちゃんの生前葬が行われるということで帰郷するわけですが、
彼には、幼馴染と再会しにくい複雑な事情があって…

ようは両想いだったんですけどね!!爆
お互い想いを打ち明けるのに時間がかかったというわけです。
その後の話で兄ちゃんが遊びに来てくれる話があったんですが、
急に恋人同士になったので、まあ気まずいやりにくいwwww
そんな初々しいところがまた可愛かったり♥笑
まあ、そんな恥じらいも捨てて甘える主人公の可愛さは、
読者も危なくなるほどのかわいさでした。襲うぞこのヤロッ!!

サブの化け狐と人間のお巡りさんのお話はもっと見たかった!!
お巡りさんを色仕掛けで落とそうと、女性に化けたりパンツ一丁になったり(?)
いろいろするんですが、まあお巡りさんの方はお巡りさんの方で
「キスしたらしまいだ落ちる。」と思っていて…w
まあキスして落ちます♥www
ただそんなところで終わっているのむず痒いです。もっとその後がみたーいー!
もっといちゃこらな二人が見たかったなあというのが本音です。

1

あらすじも読まずに

池玲文先生の作品を集めているんで、あらすじも読まずに購入しました。
最初は、本当に幽霊とのお話なんだろうなぁ~って思ってました。
けど、違った!嘘のお葬式をするお話だった。
生前葬、私はやりたくないし参加もしたくないなぁ(^-^;
素直になれない照れ隠しの圭司が可愛い!
昔、玄関先で白雅に弄られて「白 兄ちゃ…!」なんて言ってる圭司も可愛いですが2話の白雅に「重かったろ……?」って聞く圭司も可愛い。
和風ファンタジー系も良かったです。
どうにかお持ち帰りしてもらおうと奮闘する狐のお話とか水を操れたり雨降らせたり出きる水神の子孫とか。
書き下ろしの狐のお巡りさんを読んだ時はどっかの安っぽい風○みたいだなって思ってしまいました(^-^;
可愛いお耳のある狐くんが「あっ お巡りさ~ん」ですからね!
なんかのプレイかと思いますよねー(笑)

1

可愛い話が多かった(*´艸`*)

■奥津城村の愉快葬/奥津城村の不愉快な思い出■
多々良 白雅(従兄弟・32歳)×圭司(東京で一人暮らし・会社員・23歳)

圭司の育った奥津城村には珍しい風習がある。
数えで33左歳になると行われる生前葬だ。
ある日、圭司は従兄の白雅の生前葬に呼ばれ、5年ぶりに帰郷する。
圭司にとって、白雅は片思いの相手だった。
5年前、圭司は白雅と一線を越えそうになるが、この恋が一方的なものだと思い知り、故郷を離れる。
本当は帰ってきたくなかった。
想いをひきづったまま、圭司は白雅の生前葬に出席するが…。

奥津城(おくつき)について調べてみました。
墓を指す語として用いられる。
・「おく」とは、奥深いことの「奥」や海上の「沖」また「置く」を意味する。
・「津」「都」は現在よく使われる「の」と同じ格助詞で、上代に用いられていたもの。
・「城」は棚・壁などで四辺を取り囲んだ一郭の場所。「柩(ひつぎ)」という意味もある。
↓↓↓
全体で捉えると「奥深い所にあって外部から遮られた境域」という意味合いがあるそうな。

(ノ*´∀`)ノ☆ヲォォォォ!!!
楓花の知性が1upした(`・ω・´)キリッ←

ってことは置いときまして、圭司くん可愛すぎるだろ!!
特に2話目。
思いが通じあった後、圭司のところに白雅が遊びに来るんですけど有給とって部屋の掃除してみたりー。
何より、白雅に手を出されないまま眠りにつこうとされて目に涙浮かべながら小声で「…白ニイチャンのアホォ……」って呟くところ可愛い。
でもそれ以上に別れ際に「…白兄ちゃん 超愛しとる。寂しい…離れたくない」の威力は凄まじいものがありました(〃艸〃)ムフッ♥
あんな可愛らしい表情でそんなこと言われたら帰れん!!!

あと圭司がヽ(´Д`;)ノアゥアゥしながら「入れたりとかしたいの…?」って聞いたら「…んな痛そうな事せんよ」って…白雅さんなんつー精神力!!!と思った。
穴ペロペロしたり指入れたりはした模様。
少しずつ慣らしていくのですね、おにいさま(*´Д`)ハァハァ♥

「いっちょん」「好いとうよ」などの方言から九州方面をイメージして描かれたのかな?と。

■お巡りさんと狐/狐さんのお巡りさん■
長岡 豪(お巡りさん)×古森キョウ(狐と人間のハーフ)

服が大好きすぎて田舎に飛ばされた長岡は、村長の息子である古森キョウに何故か気に入られてしまった。
毎日待ち伏せては化かそうとされ…?!

色っぽい女狐のお母さんと村長さんの間に生まれた人間に化けるのがちょっと下手なキョウくん╰(*´︶`*)╯♡
耳やら尻尾やらがフワフワしてて可愛い。
お母さんの呼び方が「母さま(カカサマ)」なのも可愛いー。
ってかキョウくん、「お嫁さんになって」って…!
(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?
将来的にリバ宣言?!←

■雨のトリセツ/■
結(高校生)×雨降 罔象(高校生・水神の子孫) ※受けの名前の読み方…アメフラシ ミズハ

村では毎年夏になると雨乞いの祭りが行われる。
雨降の家は代々その祭主をやっていて、今年からは罔象に受け継がれる。
今も多くの家が稲作で暮らしているこの村にとって雨はすごく大事だ。
けれど罔象は学校でいじめられていて…。
「僕 大丈夫だよ?結くんいてくれるし…」というが…。

なんだかんだ言いながらイジメっ子たちも罔象が初めてとりもつ舞を見に来てるというねw
もうあれだね、気になる子いじめちゃうあれだね。

側溝に落ちてるお菓子の袋を見つけて「キレイになれなれ…」ってささやきかけて水を操ってゴミを宙に浮かせる姿がなんか可愛らしいなーっと。
神様の力しっかり受け継いでいるのになんか言い方が可愛くて。
イジメっ子と結くんが殴り合いの喧嘩みたいになっちゃったのを止めようとして感情爆発させてしまった時、プールの水をぶわわわわぁって浮かばせてバシャッって掛けるシーンと祭で舞うシーンが印象的でした。

■月に一度のお召し上がり■
杉本 臣次(経営コンサルタント?・27歳)×眞貴(弟と焼肉屋を共同経営・27歳)

臣次とは高校も別だし、家も遠い…なのに月1で食事に誘われる。
もうずっと…。
臣次は俺のことが好きだ。
けれど他の男をとっかえひっかえしている話をよく聞かされ…最近その話を聞く度嫉妬しているのに気がついて…。

眞貴が他の男の話を嫌がると自覚しながらもビクビク(←)と話題にし、「今日も来てくれてありがとう」って言うヘタレ。
…正直、眞貴の方が漢前ですw
「今すぐお前と寝たい 裏切ったりしないから」って手を差し伸べられるのに電信柱にしがみついてジタバタしながら「ウソだっ!!」ってパニクるようなヘタレ攻めですwww
正直ページめくって噴いたwww
「…るせェ!!ゴチャゴチャ言うなっ」って拳骨くらうというねwww

1

4つの短編集・ほのぼの系

全部で4つの作品が収録されており、そのうちの3つは土着の風習やファンタジーが現実世界とうまく共存したような独特の世界が描かれています。エロ低め、もしくはエロなしのホノボノした話が多めです。

【奥津城村の愉快葬】
従兄弟同士。33歳になると生死関係なく一区切りとして生前葬が執り行われる村の風習のために郷里に戻った圭司。そこで再会したのは兄弟同然に育ってきた従兄弟の白雅で。今回の生前葬の主役。
ずっと白雅のことが好きで一線を超えそうになった事もあった二人だけど、白雅の気持ちが判らなくて郷里を去って以来、5年ぶりの再会…。

生前葬という面白い風習を取り入れているので、互いの思いを語り合う重要なシーンなのに、片方が頭に三角頭巾なんかしちゃってるもんだから、どこか微妙にしまらなくてそこが何ともいい味わいになってます。

思いが通じあったあとも今までの距離感と恋人の距離感の違いにドキドキしたり戸惑う圭司が可愛い。そして何より西日本?九州地方なのかな?方言で話す二人が可愛い。

【お巡りさんと狐】
人間と狐のハーフに好かれてしまった田舎のおまわりさんの話。田舎のおまわりさん=純朴系ではなく、オシャレ・ファッション・ブランド大好きなおまわりさんで都会から田舎へ飛ばされちゃってという設定が面白かったな。
エロなしほのぼの系で書き下ろしが面白かった。
あれこれ身体を張っておまわりさんを落とそうとしてるんだけど、実はそれは母である女狐の教えだったという…さすが女狐!

【雨のトリセツ】
毎年夏になると雨乞いの祭りが行われる村が舞台です。
水神の子孫である雨降罔象は一見普通の高校生でありながら、水を操る力を持っているのだけど、昔と違って神様だからといって大切に扱われる訳ではなく、不気味に思うあまり同級生から邪険にされる事もある。
そんな罔象を見守る同級生の存在もいいし、罔象の父親も素敵。普通の人が良かった…と呟く罔象に対してお父さんが諭すんだけど、それが何とも肩の力が抜けた回答で奥さんを大事にしているんだなぁ…って事が伝わってきて素敵でした。
罔象が神様として立派に舞う姿は彼が一皮剝けたものを印象づけるものであったし、それを同級生が見守るラストも良かった。

【月に一度のお召し上がり】
小学校からの付き合いで一ヶ月に一回食事をしている二人のお話。ドヘタレ攻めです。

1

面白かった

表紙を見たときに内容が想像できなかったために購入しました

愉快ってついているくらいなのでシリアスではないだろうと思って安心はしていたのですが
違った意味で裏切られました

非常に面白かったです
故人との話しの設定だと思っていたのですがそうではなく、風習の話でした

どこにあるかもしれない田舎って魅力的です

そして白雅兄かっこよすぎです
好みじゃないですが、いちいち男らしい
圭司じゃなくても惚れる間違いなく

・お巡りさんと狐
これも、よくある設定ではありますが話の着眼点が他の作品はとはことなっていて、楽しかったです
余計な事情は描かれていないからこそ、普通に受け入れられました

初めて読んだ作家さんだと思いますが展開が面白いので
次があれば読んでみたいです

0

ケモミミとふさふさ尻尾は可愛いから仕方ないv

私の中で池さんはエロい作家さん認定されているんですが、
この作品集はそれを覆す可愛さでありましたv

全体的にファンタジー色の強い作品が多く、
更にそれに可愛さがプラスされているので、
読後感はほっこりでありますv

正直表題作よりも、
後半のファンタジー、二作品の方が印象が強いです。
ケモミミとふさふさ尻尾強し!v
「雨のトリセツ」も、
ファンタジーと恋愛が上手く絡まってバランスがいいv
こういう優しいお話、好きですv

ファンタジーではない現代ものも、
なんか攻めの杉本さんが可愛いv

最近ではハードボイルドなお話が多いですが、
過去の作品にはファンタジーであったり
可愛いかったりする作品が多いので、
ちょっと認識を改めなくてはと思いました!
(でも思えば媚シリーズの韮沢も本編外れると急に可愛くなるv)

池さんの魅力再発見で、評価は「萌×2」!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う