甘い恋の手ざわり

amai koi no tezawari

甘い恋の手ざわり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
29
評価数
10
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344824539

あらすじ

革職人を志し、今はバーテンダーとして働く恵。店の客・柏木の煙草入れが自分の作品だと気づいてうれしくなるが、強引にキスされ…?
(出版社より)

表題作甘い恋の手ざわり

クラブ常連の実業家 柏木篤弘・31歳
元革職人で高級クラブのボーイ 向井沢恵・25歳

その他の収録作品

  • 甘い愛の告白
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

もっと変態に

主人公の恵をもっと変態にして欲しかった。そしたら、もっと個人的に楽しめた。

職人さんの手てエロいんですね。(そんなこと言ったら怒られそうだから、これはBLに出てくる職人さんだけです)

柏木に俳優である兄と比べられ、兄は腹黒で弟はポヤッとしてると言われ、恵が「腹黒じゃないし、ポヤッともしてません」と反論したのが萌えでした。

革を撫でる手付きがエロいとか、じじいタラシだとか言われて恵は否定。その、無自覚な恵と柏木の突っ込みが面白い。

恵が作った革のシガレットケースを柏木が使っていて、それがきっかけで始まる恋愛だけど。
恵にしたら、柏木が自分の作品を使ってくれているという認識があるから、そっから始まる思い込みとか勘違いの好きですよね。

そういうのも嫌いじゃないけど。むしろ、理解できる。でも、恵は最初に合意ではないセックスもさせられていて……普通なら怒るところだけど、ポヤッとしてるから仕方ないね。

柏木も恵もちょっとズレてる。

柏木が恵とそうなりたいと少しからかい気味だけど伝えてるのに、恵は柏木が兄に気があると思っていて、柏木は恵が兄の方に気があると続き思っている。
兄の身代わりで抱くとか抱かないとか、身代わりでも良いから柏木に抱いて欲しいとか……変な駆け引きして遠回りしてる。

柏木に懐いても良いかと聞き、自分の事を鬱陶しいと言った恵に拍手したい。

1

革フェチvv

最初、この子(恵)アホの子なのかと心配しましたが
ただのブラコン革フェチでした(^^;)

革と兄の事意外は本当にどうでもいいのか
生まれながらの性格なのか、こっちまで心配してしまいそうなほど
ポワポワしてる子なんですよね。
その態度が被虐心を揺さぶるのか、
攻様に苛められてるというか、振り回されてるというか
とにかく恵にお兄さんよりも自分を見て欲しいんです!!(笑)

その兄ですが、ブラコンになるほどなんだから、
どんなに良いヤツなのかと思っていたら、えっ何この態度
すごい恵に対して俺様なんですよね。
だけどその態度も自分を愛して欲しいが為の裏返しみたいな?
まぁもうちょっと素直になりなよお兄ちゃん。
でもそんなお兄ちゃんの内面を知ってか知らずか
マネージャーの鈴木がそんなお兄ちゃんを支えてる気がvv
この2人で1本読みたいかなぁ(^^)



0

ほんわかなお話

ブラコンの(元)革職人の受けが、
攻に翻弄されながらも、攻の手助けを元に
革職人として、取り組んでいくお話。

いきなり、強姦があったりとかするんですが、
受の天然?具合のあかげか、全く軽い事故扱いです(笑)

個人的には革職人ということで、革小物が物語に出てくることが
面白かったです。
革の小物は、使っていることで、味が出てきたり、愛着が出てくるからこそ、
職人の受も、革に変態的「愛」を感じてるのかもしれません。

ほんのりしたいときに、お勧めです。

0

ぽやぽやしてる天然タラシ

数ページ読み進めるとこれは、受け様が被虐の対象で苛められるお話なのか?
虐げられて可愛そうな感じ?なんて思ってたら・・・天然炸裂のタラシ受けちゃま
兄弟揃ってタイプの違う美形なんだけど、兄は俳優で弟の受け様は革職人なんだけど
働いていた工房が潰れてしまったので独立資金を得るために母の友人のクラブで
ボーイのアルバイト中なんです。
兄が大好きでブラコンだけど、その兄は受け様には冷たい態度、これは兄が弟に対する
コンプレックスがあるからなんだけど、受け様はその天然の色気がある美貌で
幼い時からかなり可愛がられ愛されるタイプなんです。
逆にその美貌の為に女性トラブルに巻き込まれてしまう事も
そしてかなりポヤポヤの性格で押しに弱く、怒ったことがないんじゃ?ってタイプ

そんな受け様と攻め様はクラブで出会うのですが攻め様が持っていたシガーケースが
受け様作成の革製品でそれを見た受け様は感動で思わずその攻め様が持っていた
シガーケースを撫でさするなんて事を無意識でしちゃう。
攻め様はそれを自分が誘われていると誤解しちゃうくらいです。
そして受け様はその美貌でトラブルよ続きけの為にクラブのママがゲイだと公表してて
店の女の子にしたらライバル的な感じなので攻め様を相手にしてた女に騙されて
売りをしていると思い込んでる攻め様に犯されてしまうのです。
攻め様も店の子に騙されていたことに気が付きますがその時はヤッた後・・・
出会いは最悪で受け様にとっては災難なのです。
でもそこから攻め様の受け様に対する口説きが始まる、ブラコンを利用したデートや
受け様が大好きな革製品の見学ツアーみたいなノリで受け様を手なずける。

攻め様は本気の恋愛は過去の出来事が影響してするつもりがないのですが
受け様にどんどんハマって行きます。
でも素直なタイプでは無くて、いじめっ子的な天の邪鬼さんなんですが
受け様を自分に振り向かせる為に、結構裏で頑張って暗躍するのです。

中盤くらいからは全体的にデロ甘なんです、受け様の愛されなくても愛したい的な
考え方が逆に天然で愛され上手みたいでしたね。
甘々に愛される受け様を堪能できる極甘な1冊です・

1

あっまーい♪

ええー!?これが李丘さんの作品なんですか?って思うほどに甘さを感じた本作は
天然気味でほわ~んとした何となく浮世離れした受けちゃんが、僕といいながら、革フェチだったりブラコンだったりもして、健気な様が何かツボった作品でしたw

子供の頃に両親を亡くして、現在俳優になっている兄に高校をだしてもらい、その後革職人としてやっていたが、工房が潰れ、知り合いのツテでクラブのボーイをしているのが主人公・恵。
見た目はとてもいいのだが、不器用なのか緩慢なのか、あまり使えなくてボーイとして優秀というわけではない。
そんな彼が、ホステスの策略にはまり、自分の作ったシガレットケースを使っていてくれた柏木という通販会社の社長に献上されてしまう。
半ば強姦されたのに、自分の作った作品をつかっていてくれているからか、憎めない。
兄の類も絡んで、ブラコンとトラウマと憎しみと愛と、そんなものが見え隠れしながら
恵は柏木のバックアップで頑張るという感じ。

恵はお兄ちゃんの類が大好きなんです。
だけど、小さい頃のエピソードとか現在のエピソードを見るにつけ、兄は弟が嫌いなのか?とも見える。
だけ続きど、弟に干渉していて、ひょっとして愛情の裏返しの密かな執着なのか?
兄は弟を愛してるんでは?と禁忌を連想してしまったのですが・・・
何と!!柏木がそこについてズバリとついていて、何だー!そうだったのか?
でも、、、やっぱり弟が本当は好きなんだよね?とは思うのですがww

この恵が実にイイ子で、ほわわ~んとしてる。
アホの子というわけではないが、憎めない人柄だと思うのです。
でもだから逆にそれを嫌う人もいたりするんだね。
そう言う点で、柏木は恵の姿に嗜虐心を思わずそそられてしまうんです。
ちょっと意地悪。
でも大人だからジャイアンではないかな?(w)
ちょっと意地悪な、愛情って感じです。

恵が柏木を気になったのは、革がきっかけ。
自分の作品が愛用されているのを見て、思わず自分が愛されているような気分になって柏木が好きになってしまう。
柏木が意地悪で、他のシガレットケースを持ってる時に、失恋した気分になる。
その下りがなんとも、恵、いいな~っておもえたのですヨ。
きっかけはなんであれ、混同部分もあるかもしれないけど、なんかツボりました♪

『甘い愛の告白』で柏木は恵の事を変態って言ってるけど(爆)
柏木のほうが変態じゃないかwww

いつもとちょっと違った李丘作品、楽しめました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ