本当に好きだから「すき」とは言えない

君に触れたら

kimi ni furetara

君に触れたら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×227
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
23
得点
284
評価数
74
平均
3.9 / 5
神率
36.5%
著者
松幸かほ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小椋ムク 
媒体
BL小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥890(税抜)  
ISBN
9784773086058

あらすじ

大学生の真咲は、艶やかな笑みを浮かべ夜の街を歩く小悪魔。
ある日入ったバーで、中学時代から想いを寄せていた貴尚に出逢う。
思わせぶりな態度で彼を誘う真咲。
貴尚が自分に興味を持つのはわかっていた。
今の真咲は、彼の心に棲む「あの人」のコピーだから。
本当の自分では絶対に好きになってはもらえない。
貴尚に愛されるたびに悲鳴を上げる自分の心に真咲はそう言い聞かせた。
しかし、仮初めの幸せも長くは続かない。
「あの人」が帰ってきてしまったから……。

(出版社より)

表題作君に触れたら

藤居貴尚,25歳,学校の先輩でバーのオーナー 
新堂真咲,20歳,ずっと片想いしていた大学生

同時収録作品忠明の受難

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

あらすじのイメージと違いました(嬉しい誤算です)。

これ、すごく面白かったです。まさしく私の好みド真ん中って感じですね。松幸さんは、もともと好き作家さんではあるんですが、たま~に大きく外してくださいます。それでも今回のように、まさにピンポイントに『私の個人的なツボ』をつく作品があるから、やめられないんです(もうひとつ、自分でも知らなかったツボを連打されたのが、『ぎゅっとして、そばにいて』)。

真咲(受)は、中学の時からずっと思っていた貴尚(攻)と、偶然彼が経営するバーで再会します。真咲は貴尚の恋人だった碧をずっと真似ていて、素の地味なままでは無理でも、碧の擬態をした自分なら貴尚に好きになってもらえるかも、と貴尚の前で常に『碧ならどうするか』を思い描いて振る舞い、念願かなって『恋人』の座を手に入れます。
でもそうなればなったで『貴尚が好きなのは、あくまでも碧の擬態をした真咲』であって、素の自分を見せたら嫌われるのでは、と思ってるんですね。

真咲が、ネガティブで自分に自信がなくて、でも陰気じゃないんです。まったくうじうじしてないわけじゃないけど、必要以上に悩み過ぎないんですよね。変に明るくさえある。
それは、相談できて愚痴も吐き出せる親友の忠明がいて、1人でぐるぐるスパイラルに陥る前に、まあ安易に頼っちゃうからっていうのもあるんですけどね。おかげで、ネガティブなキャラクターのわりに、陰気なうっとうしさがなくて、作品のトーンも結構カラっとしてるんです。書き方によっては、すごく暗~いぐるぐる受になりかねないんですが、逆にコメディテイストに感じることすらありました。

なんでだろう、ストーリーを要約したら切ないとしか言えない内容のハズなのに(実際、あらすじではそうとしか思えませんでした)、実際読んでると面白いんですよ。何度も笑っちゃいました。特に、初Hに向けて~のあたりが!真咲が必死であればあるほど、もう笑いなしには読めません。こんな相談された忠明の立場を思えば、親身になってなんかいられないでテキトーにあしらっちゃうよね、うんうんわかるよ、と共感しちゃったり。それにしても、あのアドバイスは内容的にどうかと思いましたが(と笑いながら言ってみる)。

実は、真咲のキャラクターの印象も、私があらすじから受けたものとはまるで正反対と言っていいくらいでしたし、ストーリーももっとドシリアスで、しっとり切ないトーンなのかと思っていたら、それもまた違っていたのですが、こういう誤算はいいですね。この方がずっと好きです。最初に思い描いてたのでも、それはそれで悪くはなかったとは思いますが。
とにかく、真咲がただただ後ろ向きなだけのキャラクターではなかったのがよかったんですよ。

後半登場した碧が、それまで真咲のフィルター付きの目を通して(読み手にも)伝えられてきたイメージとは違ってて、真咲が思ってるのとはまた別方向に魅力的なキャラクターでした。ヘンに当て馬に使わなかったことで(真咲が2人の仲を誤解しちゃうのはお約束ですが)、碧の存在もストーリーそのものも、いさぎよく感じられてよかったです。

しかしお互い素の状態では、甘えたがりの真咲と束縛して甘やかしたい貴尚と、まるで誂えたかのようにお似合いの2人ですね。きっと、この先はバカップルまっしぐらなんでしょう・・・

そして、本編後のSSがまた最高でした!いいよ~、碧。こういう明るく突き抜けた『女王様』はイイですね。忠明が振り回されるの見ても、まったく嫌悪感なかったですからね。こういうタイプに狙われたら最後、まあ諦めた方がいいよ・・・と忠明には言っておきたいです。

10

小悪魔に化けたあたふた小ネズミの愛と涙の物語

少し甘く切なくお話が読みたいなと思って手に取りました。

そんな気分の時に松幸かほさんはぴったりな萌をよく私に贈ってくださるので、カバー絵が素敵だったのと評価が高かったので読んだのですが、ほんとにいいお話でこんな話が読みたかったんだと思えるような作品でした。

真咲は中学1年の時、ガラの悪い先輩に襲われていた時に助けてくれた生徒会長の貴尚に一目惚れし、その3日後綺麗な女王様のような碧先輩が恋人だと知って失恋するという淡い初恋の思い出がある。
寮で同室の友人忠明に碧に似ていると言われたことから、半年間しぐさや表情を観察し言動を予想するまでになりいつしか碧ならこうする、こういう言い方をするという真似事が通常の姿になっていった。
貴尚には何したって適わないような恋人がいるのはわかっていても彼の思い人のような表情をしてふるまいをして少しでも近くに感じたいという想いが健気すぎます。
真咲の素の性格は『ネガティブスパイラル機能が標準装備』された地味で地味で超地味と自己評価しているのですが、いつか出会った時に碧に似た自分に振り向いてくれるかもしれないという儚い思いに精一杯無理をして頑張っている姿が浮かんで切なくなりました。
それからずっと碧のコピーとしてふるまい、周りも気ままなお姫様として扱うことに慣れれていき20歳になったとき偶然入ったバーのオーナーの貴尚と再会します。

程よい頻度を計算してバーに通ううちに貴尚から付き合わないかと誘われ初めてのキスの後、嬉しさと恥ずかしといろんな長い間の想いが入り混じって姿が見えなくなってから座り込むほど動揺してしまう場面でホントにワーどうしよう~っという気分になりました。

顔はクールに知らぬふりしながらも忠明に焦ってあたふたメールするところがかわいらしいんです。
笑えるのは、初めてなのに初めてじゃないと思わせる方法を相談された忠明が面倒になって「キューリでもバナナでも長ナスでも……でもゴーヤはやめておけ」というあたり。
日ごろから真咲の愚痴の対処や凹んだ時のフォローで慣れているんでしょうね。

クールで遊びなれた猫を装って、演技し続け嫌われないように付き合おうとする真咲の心情にきゅんと締め付けられる思いでした。
そして、3年前に渡米するときに別れたという碧が急に帰国し、貴尚のマンションに泊めてほしいとバーにやってくるのです。
何で泊めたりするかなあー元カレを、楽しみしていた遊園地デートもキャンセルするし…
事後に碧と2度も呼び間違えた前科もあることですし、このにぶちん男に制裁を与えないことには許さないぞという気分になります。

”本物”が戻った今、メッキが剥がれ用無しになったのだからと自分から離れることに決めた真咲はよく頑張りました。最後まで碧ならこうするというきっぱりとした高飛車な別れことばを吐き出して連絡を絶つのです。

泣きながら別れを受け入れようと必死で頑張る真咲。
あとからその裏で、いつしか今本当に好きになったのは真咲だと気が付いた貴尚の苦悩が碧によった語られるのはちょっとすっきりしました。

それにしても、クールで大人の恋愛がしたいのだと思っていた貴尚が実は独占余が強く恋人は溺愛したい人だったなんて…。お互い相手のことがわかっていなかったんですね。
真咲のためのスペシャルお子様ランチが素敵。溺愛彼氏の本気を感じました。

後日談の『忠明の受難』では、碧を綺麗でちょっと怖いと評した忠明が、真咲たちの間をかき回してまた面倒なことになるのを防ぐため、碧の言いなりに付き合うのがおかしかったです。
忠明をすごく気に入ってしまったらしい碧がどんな手を使って堕とすのかと思ったら…。
裸で同じベットで目覚めた忠明の慌てぶりがおかしくてこちらのカップルの行く末もみたい気がします。

9

あたふた子ネズミ

憧れの人に好きになってもらいたい一心で擬態する真咲を可愛いと思うかどうかでストーリーの印象が変わってくると思う。私は可愛いと思った。
あたふた子ネズミが、一生懸命クールな女王様を装ってても、時々漏れる本来の姿、甘いもの好きだったり、好きな人に手作りの料理を食べてもらって喜んだり、そういうのが可愛かった。
貴尚も実は溺愛系で、本当は素の姿で相思相愛なのに、二人して擬態してたわけなんだけど、自分は碧の身代わりで、本当の自分に価値はないと思い込んでる真咲がせつなかった。
きっかけは擬態した姿だとしても、溺愛系の貴尚には、あたふた子ネズミの真咲がお似合いで、甘い雰囲気の後日談とか読めて嬉しかった。
友人の忠明が、そっけなくも的確な?アドバイスとか、最後の方の爆弾投下とか、いい仕事をしてて、番外編で碧に捕まってしまった後日談が気になる。忠明にはぜひ、真咲に頼られ、貴尚に睨まれ、碧に取り憑かれ、彼にとっては想定外であろうアクティブな人生を送ってほしい。

3

ツボをついてくれてます!

もう、個人的には、神に近いです。
私の好きなツボをぐぐ~~っと押してくれています。
こういうときの評価は難しすぎます。

大学生の真咲は、中学時代からの片思いの相手で、
今はバーを経営する貴尚に偶然見つける。
真咲は、貴尚が学生時代から付き合っていた相手である
碧の身ぶりをマネることで、地味な自分を消して過ごしてきました。
貴尚と再会することで、碧に似たそぶりの自分であれば
好きになってくれるかもしれない!
と、貴尚に近付いていきます。

も~~~。真咲、健気です。しかも、ジメジメしてない。
読んでいるこちらとしても、健気な真咲に乗り移った気分です(笑)

しかも後半、碧が帰国します。
貴尚と別れていたとしても、まがい物である自分など滑稽で、
慣れぶった形で貴尚の元を離れようとする。
そんな姿がたまりません。

是非是非、続編を!!!

6

見せかけ小悪魔の可愛い正体

年の離れた先輩後輩で、後輩である受け様の長い片思いの末に多様な
調査と実地を確実にこなしながら攻め様好みの人物に擬態して恋人に納まる。
なんて書いちゃうとかなり計算高い受け様像になってしまいますが、この受け様は
まるっきり反対の子ネズミさんみたいにネガティブで繊細なタイプ

中高一貫の学校に入学した時に上級生に襲われそうになった時に攻め様に助けられ
それから、憧れを胸に秘めて、片思いまっしぐらって感じの純粋一途さん。
でも、攻め様には既に同性の恋人がいて、受け様は3日で失恋状態に・・・
受け様は親友に、攻め様の恋人に似てるかも発言で、受け様は美人で華やかな
オーラのある攻め様の恋人を手本にしぐさや雰囲気をまねし始めるのです。
正味8年間もそんな風に過ごしてきた受け様は、ある日偶然入った店で攻め様発見
そこから、受け様の涙ぐましい努力が始まるのです。

攻め様の元カレならこんな時に・・・っていつも考えながら攻め様と接する。
健気過ぎて涙を誘います(笑)それに受け様の親友もかなりいい味出してるんですよね。
受け様が唯一素をさらけ出せる相手なんですが、ガチで親友、それ以上でも以下でもない
始めは、この親友が何かあるんじゃ?なんて思っていたけど、ホントに傍観者
書下ろし部分でこの親友の受難も読めるので楽しさ倍増でした。

恋人同士になった二人ですが、受け様は常に元カレを意識しなければならない
そして、受け様は知らないのですが、攻め様もまた、失敗を恐れるような・・・・
お互いに結果ベタボレ状態なんだけど、意地っ張りな感じですれ違う
受け様の天然一途な感じは、コミカルと切なさを良い感じでミックスされてます。
後半で攻め様の元カレがアメリカから帰国して、思いがすれ違ってしまうのですが
ラストはバカップルにまっしぐらってくらいのハッピーラブで楽しめる作品です。

6

♪好きだったのよあなた胸の奥でずっと~もうすぐ私きっとあなたを振り向かせる~♪

長いタイトルですみません!このお話を読みはじめて「まちぶせ」の歌詞が頭を流れはじめました(汗)
「待つわ」みたいに暗くありませんw「まちぶせ」みたいに意外にも積極的なのです。

中学一年の時、上級生に襲われた所を助けてくれた高等部の上級生。
だけど、彼にはずっと恋人がいて。。。
ずっとずっと彼を好ききだった主人公は、学生時代から付き合っていた彼氏と彼が別れたのを知り、彼の経営するバーへ、その元カレの雰囲気を真似て気を引こうと通いだすのです。
そして、望み通り好きになってもらえて念願の恋人になることができます。
しかし、自分が彼に見せている姿は、元カレを精一杯真似た本当の自分じゃない。
素の自分は、彼には好きではないのではないかと、思っていたところ、元カレが帰国して、主人公は勝手に自分のこの恋愛が終わったと思うのですが・・・

という大筋なのではありますが、全体を通してとてもかわいらしい(何故か)お話でした。
この主人公真咲の必死に一生懸命な姿がw
本文中で真咲のことを「マイナス思考大回転」と表現する場面が前半で何度か登場するのですが、読者にとってはさほどそれは感じません。
バーでは慣れた雰囲気を作って遊びなれている風を装ったり、ちょっと女王様的な雰囲気を演出したりしていて、
素の部分では親友に相談しまくっている甘えん坊さんという印象は受けるものの、それがマイナス思考かどうかは?
むしろ彼のそのヘタレる姿も、好きな人に好きになってもらいたいと努力する姿も、彼にとって不相応ではなく、充分に恋する人の範疇におさまっていたと思います。
方法は色々どうであれ、努力だと思いますよ♪

そんな真咲の念願の恋人になったのは5級上の藤居。
彼はまんまと騙されたという風には見えません。
恋人同士としてしっくりきだすと、結構やきもち妬きなのかな?という風に見えます。
それは後になって元カレによっても証言されることになるのですがw
その部分を真咲が、自分が偽っているという負い目を思っているから、勘違いしちゃうんですね(かわいい☆)

真咲が、初めて藤居とエッチする時に、慣れている風を装おうとした努力、、、(爆)
良い結果に出たけど、これ勘違いされたら振られるかもしれなかったから結果オーライでよかったよw
結局は、自分を飾っていようが何であろうが、所詮二十歳のずっとずっと一途で思ってきた健気な心の持ち主ですから、きっかけはそうだったかもしれないけど自分の思い込みばかりが先走っていたというところかもしれませんね。
これが本当にマイナス思考の主人公だったらもっとお話はシリアスになって病んだ展開になって主人公がグルグルしまくってかもしれません(という別バージョンも考えられる)
藤居は独占欲が強いというし、真咲は甘えん坊のようだし、ちょうどいいじゃないですか♪

そして番外に『忠明の受難』という、真咲の親友で相談相手でもあるとても男前ないい奴のお話が♪
これがまた面白い!!
藤居の元カレである碧にロックオンされちゃうお話です!
本編を読んでいる時に、忠明は真咲を好きにならないのかな?なんておもっておったのですが、こんなおいしいオチ話しが用意されていたら、真咲を好きでなくてよかったvって思っちゃいましたよ(爆)

5

小悪魔を演じるかわいい健気受!

小椋ムクさんのイラストでしたので♪表紙買いです。
ここのところ小椋さんのイラストの作品で外していないです。

やっぱり良かったです。
真咲は貴尚のことがすごい好きなんだなぁというのが伝わってきて
私も相談されたい!って思ってしまった。(相談されていた忠明はいやそうでしたが)
過去の失恋から真咲を縛らないようにしていた貴尚目線の話も読んでみたかったかも。

番外編「忠明の受難」が元で忠明と碧の話につながっていくことを期待したいです。

5

ストレートな話なのにツボに嵌る

真咲は中一の時に偶然助けてもらった5つ先輩の貴尚に恋をします。貴尚が卒業してしまってもずっと彼を忘れられずに貴尚の付き合っていた綺麗な先輩、碧の真似をする事に。真咲は本当は地味でウジウジした性格なのに碧の小悪魔的な態度を真似します。そしていつか貴尚と再会した時に自分に興味を持ってくれたら・・・という希望の元にずっと碧を演じ続けます。そして20歳になった真咲は貴尚の経営しているバーを見つけ貴尚が自分に興味を持つように仕向けて・・・

ストレートなBL小説です。なのに何故ツボに嵌るのでしょうか?

まず真咲が碧を真似ているところがポイントだと思います。真咲の性格で碧を真似る事は無理があるのが分かりきっているのに頑張るところがなんともいじらしい。そして貴尚が本当に真咲が好きなのかどうかよく分からないところもツボです。真咲は碧の真似をしているのだから、貴尚が好きなのは本当は碧じゃないの?というのは真咲じゃなくても思うことです。だから真咲に読者は共感できるんです。

でも結局貴尚は独占欲が強くて小悪魔的な碧とはうまくいかなかったとことが判明し、貴尚と真咲はとても相性が良いというのが読者的にも納得で読後感が爽快です。

ちょっと気になったのは、真咲の親友の忠明は全く真咲に興味がなかったのかなー?と思いました。そんなに仲良くしてたらちょっと気になるのが普通かな?と思ったんですが。なんともクールでドライな人ですね、彼は。だから碧に狙われてしまうのか(笑)

5

小悪魔を必死に演じた可愛い片想い

片想いの貴尚(攻)の恋人に少しでも似せて気を引こうと頑張っている真咲(受)が可愛いかったです。美咲はとても共感をもったのですが、攻である貴尚の魅力がイマイチよくわからなかった(すみません) 攻ってあんまり好感が持てないキャラかも。元彼の碧に似ている真咲を気に入って付き合ったが、元彼がひょっこり帰ってきたらそっちを優先した感じだったし・・・フラフラした感じがしたので(苦笑)
攻の高尚よりも真咲の愚痴や弱音をちゃんと聞いて軽口を叩きつつも親友を大切にするサブキャラの忠明に好感をもった。主カプより忠明と彼を振り回す碧の恋愛を読んでみたいかも。真咲の愚痴や弱音をちゃんと聞いて軽口を叩きつつも親友を大切にするサブキャラの忠明に好感をもった。主カプより忠明と彼を振り回す碧の恋愛を読んでみたい。

4

小椋ムクさん買い

凄く可愛いお話です。ムクさんのイラスト効果もあるんでしょうけど。

真咲は、容姿が華やかなだけではなく不遜な態度を取っても許されるような小悪魔。
でもそれは、貴尚の好みのタイプになるべく
女王様のようだった碧のものまねを続けた結果で、
本当は臆病なほど慎重な性格と、ネガティブスパイラルを引き起こす思考回路の持ち主。

とにかく、真咲は貴尚に対して必死で碧演技を続けますが、
その外面と、その後一人で動揺しまくり大会を脳内で開催している時とのギャップが、
もうむちゃくちゃ可愛いです!
本人は、素の自分は地味でダサくて絶対貴尚に相手にされないと思ってますが、
私はこの真咲の素のキャラの方が愛らしく感じますね。

貴尚も、真咲の化けの皮が剥がれた事で自分も本来の姿を全開にしちゃいます。
独占欲が強く、溺愛タイプで、束縛願望がある・・・
もう、真咲が可愛くて可愛くて仕方がないという気持ちを隠さなくなります。
このタイプの攻めには萌えます~!


真咲が碧の身代わりで居る事が少しずつ辛くなってきた頃、
お約束の様にアメリカから戻ってきた碧。
その碧の出現で2人の関係が動いて、結果ハッピーエンドとなります。

碧、かなり強烈なキャラです。完全に主人公の2人を食っちゃってます。
さすが女王様!
番外編の「忠明の受難」はこの碧と忠明のストーリーですが、面白かったです。
この後いったい2人はどうなるのか?!すっごく気になります!
そして、碧が真咲に授けた、貴尚との夜のことへの密かな作戦。
どんな内容だったのか、これも気になる~!

忠明もすごくいい味出してました。私の好きなタイプです、彼も。
「初めてだけど、初めてじゃないように見せる方法」のアドバイスには爆笑。
今度はこの忠明の話が読みたいです。スピンオフ希望~!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ