BLおとぎ話~乙女のための空想物語~

bl otogi banashi otome no tame no kuusou monogatari

BLおとぎ話~乙女のための空想物語~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3
平均
2.7 / 5
神率
0%
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
F-Book Comics
発売日
価格
¥848(税抜)  ¥916(税込)
ISBN
9784861232336

あらすじ

表紙カバー:カスカベアキラ
ピンナップ:暁かおり/小嶋ララ子

壱コトコ/かたぎりあつこ/マグネシウム/春野もえ/友野かさ/佐倉リコ/おわる/迷

(出版社より)

表題作BLおとぎ話~乙女のための空想物語~

同時収録作品壱コトコ『【手袋を買いに】手袋を買って、』

帽子屋
子狐

同時収録作品おわる『【白雪姫】白雪姫の災難』

王子
白雪姫

同時収録作品佐倉リコ『【長靴をはいた猫】きみがいちばん』

父親を亡くした青年

同時収録作品春野もえ『【ラプンツェル】初恋』

王子,クラス委員/他複数の生徒
ラブンツェル,学生

同時収録作品マグネシウム『【王様の耳はロバの耳】ふれあうきもち』

理髪師
ロバの耳を持つ王子

同時収録作品迷『【アリとキリギリス】アリとキリギリスの子守歌』

同時収録作品かたぎりあつこ『【オオカミと七匹の子やぎ】よい子のおるすばん』

その他の収録作品

  • 友野かさ『【赤ずきんちゃん】赤ずきんとオオカミさん』

評価・レビューする

レビュー投稿数1

原作からもう一歩何か攻め込んでいただきたい

以前BLおとぎ話系(「本当はあ~んなBL日本昔ばなし」)にえらい目に合わされたんで買うかどうか迷ったのですが、表紙が下品じゃなかったので購入してみました。

内容が・・・薄いなあorz

主人公を男の子にしてちょっとエッチをパラッと振りかけましたというさっぱりしすぎな絵柄や印象の作家さんが多くて、一読の印象が薄いのです。
(まえに濃すぎの本を読んでいた悪影響もあったんですが・・・)
手袋を買いにの壱コトコさんは子狐→ショタっ子がかわいかった、それだけのかんじ。同じ下の名前のみろくことこさんにテイストが似てるなと思いました。

おわるさんの白雪姫ものは「もう一寸!」な感じでした。せっかく7人もいる小人攻めという面白い切り口を引っ張り出したんだから、もう一寸肌分が多めなら・・・

長靴をはいた猫の佐倉リコさん。ストーリーはそんなに何かひねったわけでもないんでしょうけど、目つきに惹かれる感じ。

ラプンツェル・・・学園ものにしてくれてましたが、ラプンツェルのビッチモードを復活させて、これはむしろ「原作に戻った」んでしょうね。

「王様の耳はロバの耳」は・・・なんだろう、このエッチスパイスをざっくりふりかけただけ感覚。
「アリとキリギリス」はもともと男同士のお話で結末をハッピーにしただけ、なので最初の一読では印象に残らなかったんですが、何度か目を通すとキリギリスがイケメンに見えて不思議。

そして後半におおかみさん受難な物二つを連続してくれたのが構成の妙。
女装して末っ子仔山羊君を美味しくいただこうとした「狼と七匹の子ヤギ」のおおかみさんは逆に騙された振りをした仔山羊君に襲われちゃうし、
「赤ずきんちゃん」のおおかみさんに至ってはおばあちゃんを助けておうちに上り込んで仲良くしてるのに赤ずきんにライフル突きつけられちゃうし。
この二つはやっぱり「男の子になった」という事が大きく話はばたかせてるかな・・・?

やっぱりこういう本は原作知ってないと面白くないけど、原作を知ってるともう少し攻め込め、とか行きすぎだ!とかいろいろいちゃもんつけたくなるので難しいですね。
中立か萌えか迷った末の萌え、という事にしておきます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ