孤島の鬼

kotou no oni

孤島の鬼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
6
平均
5 / 5
神率
100%
著者
江戸川乱歩 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
竹中英太郎 
媒体
小説
出版社
東京創元社
レーベル
創元推理文庫
発売日
価格
ISBN
9784488401016

あらすじ

密室状態での恋人の死に始まり、その調査を依頼した素人探偵まで、衆人環視のもとで殺された蓑浦は、彼に不思議な友情を捧げる親友諸戸とともに、事件の真相を追って南紀の孤島へ向かうことになった。だが、そこで2人を待っていたのは、言語に絶する地獄図の世界であった…!『パノラマ島奇談』や『陰獣』と並ぶ、江戸川乱歩の長編代表作。

表題作孤島の鬼

諸戸道雄・帝大医科大学卒科学者
蓑浦金之助・商社員・25歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

レトロさが素敵

ちるちるで紹介されてたNHK特番を見て、絶対読まなきゃ!と思っていました。その番組でも読まれてたこの創元推理文庫版は当時のレトロな挿絵も付いていてとても素敵です。文章や表現も大正・昭和ロマンって感じで恋人とカフェに行ったりとか当時の風習もわかって面白かったです。

これはBL小説ではなく推理小説ですが、不気味なホラー的要素もあり、男性の同性愛も間違いなく重要な要素のうちの一つになっています。腐女子目線で読むと最後の二行は切なすぎて涙を誘います。そして壮大なお話のラストをこの文章で締めるんだ…という感動もあります。

主人公の箕浦は25歳の会社員でノンケ。6歳年上の諸戸は帝国大医学部卒のエリートですが、ゲイで学生時代に一緒の下宿だった箕浦に当時からずっと恋しています。2人共容姿端麗です。

箕浦は同性愛者ではないけど、諸戸が知的で見た目もいいので男に好かれてもそんなに悪い気はしていなくて、学生の時も諸戸の気持ちを知りながら銭湯で自分の体を丁寧に洗わせていたりちょっと小悪魔的な所のある人です。40代の深山木という独身の探偵からもモテていて、それにも気づきながらわざと甘えてみせたりしています。

箕浦のそんな天然小悪魔ぶりに翻弄される諸戸が本当に可哀想。諸戸は腐女子が大好きになるキャラだと思います。箕浦も生まれて初めての恋人を殺されてしまって可哀想なんですけどね。

事情があり体の不自由な人達もたくさん出てくるのですが今なら差別用語になってしまう単語もたくさん出てきて、それぐらい古くに書かれた話だというのを実感しました。

2

ちるちる風に言うと「この同性愛文学だけは読んでおけ!」

前半の『この美貌の青年は、わたしの夫であるという異様な観念が、わたしの頭をかすめて通り過ぎたのである』といい
洞窟の中で体温を感じるシーンといい、そこらへんのセックスシーンよりも官能的です
感情移入させるのも上手い
なんだか狂おしさすら感じさせます

ああ小説家の書いた同性愛小説がもう少し増えないかなあ……
異性愛でも卑猥語オンパレードの官能小説なんかより文豪がさらりと書いた一文の方がエロティックだったりしますよね
やっぱり段違いなんですよ、筆力が

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ