運命の中華シンデレララブ?

龍王の花嫁~青帝の華燭~

ryuou no hanayome

龍王の花嫁~青帝の華燭~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
56
評価数
21
平均
3 / 5
神率
0%
著者
秋山みち花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
石田惠美 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
レーベル
B-PRINCE文庫
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784048867023

あらすじ

見つけた! おまえこそが長い間探し求めていた美しい光――! ひとりぼっちの子供・瑛鈴は、突然現れた高貴で不遜な男・延揮により花嫁として育てられる。自分の存在に悩みながらもやがて美しく育った瑛鈴は初夜、延揮に激しく愛され、抱かれ、貫かれる痛みすらも快感に変わる熱を注がれて幸せの絶頂に…だが自分に望まれているのは命と引き換えに延揮を護ることだと知って!? 瑛鈴が二人の王に求愛される書き下ろしあり!

(出版社より)

表題作龍王の花嫁~青帝の華燭~

延揮,龍王
瑛鈴,18歳

その他の収録作品

  • 龍王の宝玉
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

宝玉と龍の中華風愛情物語

中国の四神のひとつである、霊獣の青竜を題材にした中華風ファンタジーで、
尚且つ、龍とくれば宝玉がセットみたいな、かなりお馴染み感がある設定からの
ストーリー構成になっているようでした。

失ってしまった宝玉を探し求めて数百年、やっと探し当てた宝玉は人の姿。
そして、捨て子として拾われ人間として育ち、貧しさゆえに10歳で養父母に捨てられ
雪山の中で今にも凍えて死んでしまうのではないかという時に、天空から現れた龍の
攻め様に拾われ、未来の花嫁として、仙女たちの宮で大事に育てられ18才になり
攻め様の元へ嫁ぐことに、しかし、慕っていた攻め様と一緒にいれる事は嬉しいが
本来は人間では無く、宝玉が転化した姿だと皆に言われているが、受け様には
10年経っても何の力も無い自分が宝玉を手に入れる事で力を得ると言う攻め様の
役には立たない事が気がかりで悩み、女体に転化も出来なくて、人間としての
常識がある受け様には、同性との婚姻自体も受け止めきれない事態なのです。

さすが、龍王、人間ではないので恋愛的な機微が全然無いので、受け様には
出会った時から怖がられ、でも、物言いが冷たくても本当は優しい人だと受け様は
理解するのですが、婚姻してからは、宝玉として役に立てない受け様が攻め様の態度に
誤解を受けて、すれ違う事になります。
受け様の本来の能力は攻め様の傷を癒し力を与える事なのですが、攻め様が戦で傷つき
瀕死の時に傷を癒す為に傍に行こうとしますが、攻め様に拒絶され、更に攻め様から
役に立てない者だとして離される・・・
誤解の上に再び誤解を重ねるような展開ですが、受け様が気が付かないだけで、
攻め様の思いはかなり深いのです。
攻め様を守れなくても、転化出来なくても愛しくて仕方ないって感じます。
でも、受け様は、自分が宝玉としての転化も能力も発現しない事から自信が無くて
悪い方に考えて落ち込む、しかし、攻め様の危機を知り、命と引き換えになっても
攻め様を守ると・・・
二人の深い絆を感じさせるファンタジーで、書下ろし部分を読めば更に深まる思い。
攻め様以外の四神である、朱雀、白虎、玄武も出て来て、特に白虎が二人の仲を
引き裂こうとする事態が発生する書下ろしでした。
そして受け様と攻め様の愛情の試練編でもありますが、最後は円満ですから楽しめます。

3

絶対2回読んで欲しい作品

ファンタジー・人外・擬人化と大好きネタ満載な作品です。
秋山先生は初読み作家様ですが、しっかりとした文章を書く方で
ファンタジーですが、世界観が想像しやすかったです。
攻様が龍王で受様が人の形をなした宝玉です。
宝玉ですよ!みなさん。あの、よく龍が手に持っている珠です。
もう、このカップリングの発想が面白いというか。
受様は自分が宝玉であるという記憶がないまま人間界で育てられていたのですが、
口減らしの為に冬の森に捨てられてしまいます。
あとは死を待つだけというところに龍王が現れるのですが・・・
受様はまだ子供なんですよ。この、子供の頃から龍王のことが大好きで嫁になる為に
けなげに修行をするんですよね。
本当は攻様の国に受様を連れて帰りたかったのですが、攻様の国の気が強すぎて受様の身体では耐え切れず大人になるまで人間界の気に誓い桃源郷で過ごすんですね。
その辺は読んで頂くとしてですね。
正直1度、読んだときには星3つくらいかなという感想でしたが
最後まで読んで、受様の本当の正体がわかってから、もう1回読むと攻様の台詞が
全然違った意味あいで感じるんですよね。
攻様は受様の本当の正体を知っていたので、2回目読むといかに攻様が受様を大事に
していて、優しい言葉をかけていたのか!というのが良くわかります。
基本あまあまなお話なので続編とか読んで見たいですね。
只、受様が本当の力を取り戻せは、女体にも男体にもなれるみたいですが
何故、取りあえず男として生まれてきたのかというエピソードがあればよかったなと、思いました。

2

予想外の収穫

タイトル、イラストの受の顔や様子からして、
自分の好みとは外れていることから、全く期待していませんでした。
それでも、買ったのは、作者さんが秋山さんだということと、
本当に今積本が無かったので、とりあえず本を買いたかったという
理由でした。

ところがどっこい、結構、心をしっかり捕まえられてしまいました(笑)

村の口減らしのために捨てられた子供、瑛鈴は、
龍王である延揮に連れられ、将来は自分の花嫁だとして
育てられます。
延揮が瑛鈴に惹かれて、娶った理由は、ちゃんとあって、
それがストーリーの肝になります。
受はこういったストーリーに有りがちな
外見女の子、長い髪、性格も健気で・・・といったものなのですが、
キャラクターどうこうよりも、ストーリーが面白いといえると思います。
きれいに完結しているので、納得。

龍王がちゃんと龍であることも、良かったです。
これは、シリーズになっても、是非読みたいなと思います。

1

次回作が楽しみです。

中華風のお話ということで、これは買わねば!と思いました。
しかし買うタイミングがなかなか合わず、何とか特典ペーパー付きの
新刊を購入することが出来ました。

いつも読んでいるような中華風というよりも、仙人界、四神獣の世界を
中華の要素を取り除いた状態で書いたような印象を受けました。
しかし、登場人物の名前や挿絵など、中華の要素がきちんとあるので、
中華風ファンタジーを堪能することが出来ました。

読み始めた時は、神獣と人間だったので、人外モノは苦手なので大丈夫かな?
と少し心配しましたが、瑛鈴の前では普段は延揮が人型に転化していてくれたので、
あまり気にすることなくスムーズに読むことが出来ました。

攻めで龍王の延揮や受けの瑛鈴の印象は、あとがきで秋山先生が
書いていたことと殆ど同じ印象を受けました。
何百年も待ち続けて、今も昔も変わらない愛情を注ぐ延揮と、
甘やかされても甘えすぎず自分を律して延揮を守ろうとする瑛鈴に、
とても好感を持ちました。
これからも末永く幸せになってほしいと思いました。

書き下ろしの『龍王の宝玉』の話が無ければ消化不良のままでしたが、
この書き下ろしで全て解決が出来て、読み終わった後は とてもスッキリしました。

書き下ろしを読んでいて、青龍のお話だけでは物足りなくて、
白虎、朱雀、玄武の話も読んでみたいなと思うようになりました。
そしたら、何と あとがきで、秋山先生が「シリーズ二作目を書く予定です」
と宣伝としておっしゃっていたので、とても嬉しいです。
今から楽しみで仕方がありません。

今回の評価は、迷うことなく「萌×2」です。
中華風、仙人界、四神獣などの舞台設定、人物設定、
ストーリー構成が良かったです。
物語の完結が納得いくもので、大満足した作品です。

1

龍王と宝玉

秋山さんの中華風ファンタジーです。人外です。その上花嫁です。
どれをとっても私の好みの範疇です。

秋山さんは『中華風ファンタジー』が多いですが、こちらはいつもとはちょっと違って『仙界』が舞台になっています。神話風?

ラブ面では、これも『育て系統』というのか(実際に面倒を見るのは本人じゃないんだけど)、幼い頃に拾われて育てられ、大人になったら花嫁にっていうヤツです。
一途な純愛ですね~。

レーベル的にも、適度な切なさはあっても結局は甘~い王道ファンタジー。でも、そこがいいんです。
秋山さんのこういう路線が堪らなく好きな私。


龍王(青帝)・延揮(攻)のキャラクターがなかなか見え難いので、表面的には感情のなさそうな何とも掴み所のない男のようにも思えてしまう。

でも、こういう武骨なキャラクターは決してキライじゃないんです。むしろ好感が持てました。←『わかりにくい』けど、別に乱暴働くわけじゃないしね。いかにもじゃないかもしれないけど優しいいい男だと思う。

それよりも瑛鈴(受)のほうが好みは分かれそうな気はします。

これはイラストの印象も大きいとは思うんですが、かなり『女性的』に感じられるかも。
『BLのキャラクターは男らしくないと!』という方には向かないでしょう。

ちなみに、私はそういうのはまったくこれっぽっちも気になりません。瑛鈴はとにかく健気で可愛くて、こういう子は好きです。


まあ確かに『あまあまファンタジー』ではあるんですが、単なる雰囲気だけではなくストーリーも読み応えあって面白かったんですよ。

とてもよかった。好みです。

スピンオフ・白虎編『白虎の花嫁~白帝の恋着~』も出ています。

0

龍王さまの紫の上育成ストーリーでした

石田要さんの美麗な龍王さまと、愛らしい瑛鈴のイラストががとってもきれいでした。
モノクロの挿絵も多くて一層楽しめました。
いかにもな可愛い女の子みたいな瑛鈴のイラストやキャラ設定がだめという人には受け入れられないかもしれませんが、私は好きな方なのでとってもよかったです。

その昔、失った宝珠を探し求めていた青龍が漸く見つけたのは、極貧の中雪の森に捨てられた少年の姿だった。
幼く健気な瑛鈴がもうかわいくてかわいくて、延揮でなくても腕の中に囲いこんで離したくなくなります。

特別な力があるから求められたのか不安になったとき、宝珠だから嫁にしたのではない、もし宝珠としての力がなくても大切に思っていると再度のプロポーズが感動です。
めでたしめでたし。

龍王さまのライバルというか敵将となる白虎と、仙界に迷い込み瑛鈴と出会った少年 琥珀の恋物語がスピンオフの『白虎の花嫁~白帝の恋着~』です。

0

健気で可愛い

好きそうな内容だった為に思わず手にとりました。

秋山先生の作品は、ストーリー的には私のツボなのですが、いつも少し物足りない感じがしていて…いつも残念に思っていました。

しかし、この作品は比較的満足出来るもので、次回作も出るとの事でちょっと期待しています。

なんと言っても瑛鈴が可愛いです。健気で延揮の事を一途に思っていて…花嫁にと言われて凄く嬉しいのに、望まれたのは秘められている力の方だと勘違いして落ち込んでみたり…

延揮がピンチの時は命すらかえりみないで助けようとする姿には胸をうたれます。

延揮の方は、初めては瑛鈴への気持ちがわかりにくいのですが、結局は可愛いくて仕方がないのです。瑛鈴が命をかけようとするが為に、わざと突き放したりして…愛情の深さを感じました。

深く突っ込まれなかった部分があって、?と思う事もありましたが、トータルでみて満足でした。

本編の後のお話もあって、ラブラブぶりが読めたのも良かったです。

1

つよい絆の物語

中華風宮廷恋愛劇?と思っていたらがっつりファンタジーでした。

冒頭から、吹雪の山の描写、龍の描写がとても美しく物語に引き込まれます。
秋山みち花さんの作品は数点しか読んでいませんが、とても読みやすく美しい文章を書かれるなとおもいます。
主人公の瑛鈴は、口減らしで捨てられた山中から龍王に救われる。「お前は天から墜ちたものだ」
仙女たちに預けられるが、その身はいずれ龍王の番となる運命だという。
「自分はただの人間の男の子、なんのちからもないのに・・・」と瑛鈴は悩む。

まるで、ひよこの刷り込みのように龍王を慕う瑛鈴がいじらしい。

物語はわりにあっさりと進む。天界におおきな戦が起こるが、罠だの、陰謀だの裏切りだのがあるわけでもなく、龍王の危機に瑛鈴が本性を取り戻し駆けつけることで片付いてしまう。そこは少し物足りない。
が、物語の主題を二人の絆と捉えるなら、瑛鈴の思慕も龍王の言動もすべてすんなり納得できる。

カバーイラストは瑛鈴があまりに女の子してて「趣味じゃない」と思ったけれど、挿絵はとても美しい。
綺麗なイラスト、綺麗な文章。なかなか楽しめる一冊でした。

1

女の子ですぬ。

表紙の受けはタレ目のせいか女の子にしか見えません。
石田要先生のイラストは好きなんですけどね。

10日に1度は瑛鈴に愛に来ていたのに、急に何年も来なくなったのはなんで?
戦などで忙しいとしても、いきなりだなと思いました。

好きなシーンは瑛鈴が生まれ変わる前、宝玉だったころの記憶ですね。
戦いで傷が付いてく宝玉に延揮はもう一緒には行けないみたなことを言うですが、宝玉も堅くなで宝玉と龍王は一緒にあるべきだという考え。
宝玉が玉の形ではなく、龍の姿だったら一緒に飛ぶことが出来た、人間の姿だったら睦み合うことを出来たと宝玉を失いたくないそれが、延揮の望。

宝玉が消え去って300年、宝玉は瑛鈴として生まれ変わったんです。
最初、瑛鈴は宝玉だったころを覚えてないですが。

宝玉のままの性格だったら萌え萌えだったかも。

寡黙な玄武が気になる。

0

攻めが受けに惹かれた理由をもっと下さい

中華系ジャンルのお話です。視点は受け三人称。
挿絵は石田要さん。
表紙の色味は青龍を意識してか濃い色目なのですが、口絵は淡くとても美しい。
うっとりいたしました。

**********************
受けの瑛鈴は、天界から人間界に落ちた宝玉。
人間の中で育ったせいもあり、己の本性に自信が持てない奥ゆかしい性格。

攻めは青帝と呼ばれる仙界青東国の龍王、延揮。
長いこと失った宝玉を探し求めていた、不老不死の美丈夫。
**********************

養い子だった瑛鈴はその年の不作と戦により、口減しで山へ捨てられた10歳の子。
そこを延揮に救われ桃源郷で女仙の指導の元18歳まで育ち、その後延揮へと嫁ぐことに。
しかし宝玉と期待されていながら実は何の力も発揮できない瑛鈴は、己が紛い物ではないか、宝玉だからこそ延揮が求めているのではと疑心暗鬼になっていきます。

確かに玉ですから性別がないわけで、本来は龍王が男性なのでその相手となる玉は女体へと転化する。
こういう設定は中華物では時々あるのですが、BLともなると女体を求められるというのが好き嫌いがありそうです。
実際は女体へと瑛鈴は転化出来ないで終わりますが、その可能性があるのは嫌だと感じる方もおられそうです。

個人的にはこういうジャンルですと、受け視点の中でももう少し俯瞰した方がファンタジックな世界に入っていけるのではないかと感じます。
加えて本編は160ページほどということで、雑誌掲載に加筆されているようなのですがかなり駆け足。
ファンタジーですと設定に説明が必要で、その分ページを食うのでよけいかと。
そしてそのせいか、序章で延揮が瑛鈴を見つけた際には完全に宝玉として発見したことを喜んでいたはずが、いつの間にやら宝玉だから側に置きたいわけでないと延揮の心中が変化したことについてあまりに触れられず違和感が。
宝玉でなくともということになると、書き下ろしで語られる瑛鈴の過去が不必要になってしまうというのもあります。
ですので、もう少し幼少時を削って成長してからの部分を多めにして貰えた方が、大人の人間としての瑛鈴に惹かれていく様が伝わってきたのではないかと思います。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ