ウサギの王国

usagi no oukoku

ウサギの王国
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神41
  • 萌×232
  • 萌27
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
26
得点
416
評価数
104
平均
4 / 5
神率
39.4%
著者
松雪奈々 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
元ハルヒラ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784344825925

あらすじ

泰英が迷い込んだ不思議な島には頭に兎の耳を持つ住人がいた。泰英を「兎神」と呼び、島の王と毎日Hをしなければならないと言うが。

(出版社より)

表題作ウサギの王国

赤井隆俊,ウサ耳族の王,25歳
稲葉泰英,兎神にされてしまったカメラマン,29歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数26

健気な執着攻め!

とってもおもしろかったです。
コメディですが、家族とのことなど考えると切ない場面もありました。

0

すれ違いが長すぎる気が

大好きな作品で何度も読み返してますがレビューがまだだったのと、ここ数ヶ月気力がわかずBLをちゃんと読めなくなってたので、大好きなこのお話なら楽しめるかな?と再読してみました。

相変わらず稲葉と島のウサ耳の人々とのかみあわなさ、人々のトンチンカンぶりに笑えます。
そして真面目で紳士なウサ耳の王隆俊にこちらもキュンときます。意外と嫉妬深くて独占欲が強くて、それを知らぬは当の稲葉のみと。

ただすれ違い、誤解、思い込み、深読みが長くて。
稲葉はいきなり毎日エッチしろと言われて戸惑い、抵抗があるのはわかるし、エッチは好きな人とするものだとの主張もわかるんですが。
お互い相手は自分を想ってないと思い込んで。切ないです。このすれ違いが長くてちょっと。

気持ちを確認してからの甘々をもっと読みたかったな。
でも異世界トリップで江戸時代くらいの日本みたいな世界というのも新鮮ですし、そこで根をはり自分にはこの島の為に何ができるか、島民の将来の為に役立てるか、国造りに参加できるのはワクワクしますね。

もう何回も読んでるので島民のトンチキぶりに慣れてしまいそこの部分については特には。何でも性的な事に結びつけて考えたり、変な風に聖人の言い伝えが信じられてきたり、とっても面白いです。よく作者さんはこんなに思い付いたなと、さすがです。

またきっと時間を空けて読み返すでしょう。

1

初めトンデモ、次第に切なく

異世界トリップものです。
カメラマンのゲイ男性・稲葉が、仕事で訪れたウサギで有名な大久野島で夜、目の前を横切った一羽の白ウサギに誘われるように獣道に迷い込み、足を滑らせて大きな穴に落ちてしまった、気付いたら今までいた島とは違う景色で、しかも助けに来てくれた人々は体がすごく大きくて、なんとウサギの耳を生やしていた…!
…という設定。
稲葉は慌てながらも頭の中で真面目にノリツッコミしたり、ウサ耳族とズレまくった問答をしたり、とギャグっぽい空気が漂います。
どうやら、稲葉の登場の仕方や色白な容姿がウサ耳族達の神話に出てくる「兎神」と合致しているようで、稲葉は完全に兎神とみなされて、災厄から民を守ってほしい、その代わり王が毎晩エッチして兎神を喜ばせますから、なんて懇願されてあれよと言う間に兎神としての生活が始まってしまいます。

うーん…
中盤まではウサ耳族とのズレた会話も面白くて、ほのぼのギャグを楽しんでいたのですが…
「王」として稲葉に支え、毎日毎晩エッチをしてくる隆俊というウサ耳族の青年との関係性がだんだん読むのがツラくなってきてしまった…
童貞処女だった稲葉は、初めてなのに神と間違われての儀式としてほとんど初対面の相手と、というのが少し悲しく、同様に王だからといって男の自分と寝なければならない隆俊に申し訳ない、という気持ちを持っているのです。
しかしウサ耳族は精力絶倫で、そんな相手と毎日毎晩エッチして、すっかり慣らされ、感じやすいカラダになった稲葉。
それと共に優しく抱いてくれる隆俊が好きになるのですが、2人の誤解によるすれ違いがひどくて完全に思い込みによる誤解、両片想いが延々続く。それでいてエロは激しいんです。
だからほのぼのを楽しんでいた心が重苦しくなってしまった…
結果的には誤解も解けるのですが、これはすれ違い・思い違い・誤解・思い込み等からくるモダモダやハラハラ、失恋などが好みの方にオススメします。
私は…総合的に「萌」で。

1

とにかく笑え、BLとしても十分萌える!

トンチキ系BLとオススメされていたので読んでみたところ、
想像以上にナナメ上を行ってて笑いがこらえきれませんでした。これはすごい。
かつ攻めは敬語従者系、しかも大男!たまりません!

ストーリーは、
広島に実在するウサギ島、大久野島に訪れていた主人公の稲葉が、
夜にうっかり足をすべらせ、異世界トリップ。
そこはなんと、ウサ耳を生やした大男だらけの、ウサギの国だったのです。
しかも名前が「イナバ」だったので、イナバの白兎神と間違えられてさあ大変。
もてなしたいから、どうか国の王と好きなだけセックスしてくださいと迫られる。

…ええー!?というびっくり展開です。
でも実在する兎島がモデルであったり、稲葉の大学の実学が生きてきたり、何気に現実的でSFチックな部分があったりと、妙に説得力があり、スラスラ読めます。
リアルな部分と、トンチキ設定と、国の王(無骨系敬語イケメン)との恋愛がうまい具合に混ざっています。また、ウサギの国でお世話をしてくれるウサギ人間たちの、なんとも素朴でかわいいこと。癒されます。ただしみんな2mくらいある大男です。

実は続編の「ナス」と「キュウリ」も一気に読んでしまいました。
ここまで読みやすい作品というのもなかなかないので、驚きです。
コメディ系のファンタジーが好きで、気になっている方には是非オススメしたい一冊になりました。

3

ファンタジー ウサギの国シリーズ1作目

丸ごと一冊、ひとつのストーリー。

ウサギの国のお話でシリーズ1作目。
ファンタジーですが、発想だったりちょっとした所が面白いです。
途中途中クスクス笑えました。

主人公2人の気持ちが擦れ違うのですが、それについては
読んでいる方は二人の気持ちが解っているので(当たり前ですが)切なく
ハラハラします。

うっすら涙しながらクスッと笑える作品で、
しかも重くなくさらりと読める楽しい作品でした。

0

途中で飽きることなく楽しめた

一気に楽しく読めました。単にそれだけで[神]評価なんですが・・・
エンターテイメント作品にとって大事だと思うので。

わたしのBL小説読み手歴はまだまだビギナーなのですが、この方の書く文章ってとても読みやすくて、設定の面白さや畳み掛けるようなウサギさん達とのとぼけた発言の応酬など非常に気に入りました。

ただ、イナバの「どうせオレのことなんか・・・」思考のしつこさはちょっと鼻についたかな。いい加減くどかった。
度を越したツンデレとネガ思考には、うへえ〜となります。
けどラブに溢れているし、なんだろう、日本昔話的な牧歌的な・・・この微笑ましい感じすごく好きです。
シリアスで練りこまれた話も好きですが、こういった軽くて楽しくて幸せな話にも、満足感で心が震えます。

人それぞれの好みもあるのでしょうが、超ファンタジーとにかく面白かった!
これから続編も読みます。

2

とんでも異世界トリップ

初読み作家さんです。
耳が生えているのでもふもふだろうと期待したんですが、これは(笑)
最初っからぶっ飛ばした感じのお惚けBLで、斜め上行きすぎてます。
随所で吹き出してしまい、飲み物系口に入れながら読むと非常に危険。
日本昔話のウサギ系をあっちからもこっちからも持ってきて、それがまた意味不明なんですけど、絶妙な具合に絡み合って味が出すぎてました。
心のすれ違いはもちろんのこと、生態系からしてすれ違ってます。

話は通じないのに妙にかみ合ってる……なんですか、この神技。

ただ気になったのが、文章中に『エッチ』と言い過ぎ。
一人称なんで、ものすごく目に付くというか、一文の中に3回も4回もエッチエッチ言ってると、ちょっと鬱陶しいです。
終盤の詰め込み感も凄く、走りすぎてましたので、その2点さえなければ神でした。

作中に出てくる大久野島は、ウサギ好きな方なら一度は足を運んで欲しい場所です。
廃墟と楽園が同居する長閑で綺麗な、でも少しうら寂しい感じの島で、戦争についても学べます。

4

設定面白い!

楽天Koboさんにて手に取らせていただきました!
電子書籍で今回、挿絵の方がなかったのですが(無念)クーポン券や割引があったので試しに使いました!

みなさんの評価が高かったので手に取りました
ウサ耳とかどうなのかな??と思っていましたが
設定がめちゃめちゃ斬新で面白かったです!
時たま面白設定には当たるのですが・・・自分で読んでいる度に
こんなことが!あんなことが!!といろいろあって
楽しく読めました!

受け様は本当に平凡な方ですが、そちらの世界では神扱いで
そして美しすぎてみんな鼻血ブーてきなみられ方ですw
攻め様はそんな受け様にメロメロで、ウサ耳ですがワンコ受け的な
気真面目な方です

異世界トリップものですが、設定がとにかくおもしろいので
こまごま突っ込まれない方wはお勧めです!

次回作が気になり始めたwwww

1

尻尾ないんだ・・・。

設定はおもしろいし、松雪さんの文章はコメディチックで読んでいて楽しいのですが、イマイチ萌えきれなかったです。
というのも、童貞攻めにこそ最大限の萌えを見出す私のやっかいな性癖にこそ問題があって、この本が悪いのでは決してないのです。

うさ耳攻め、萌えます。
乳首ないとか(笑)、萌えます。
なんかちょっと人間の常識とずれてる・・・、萌えます。
ただ、性に奔放なのだけがアウトなんです。
この奔放さが受けの方なら問題なかったんですが、攻めの方だと途端に萎えてしまうのです。面倒くさい性癖です。
あと、尻尾がないのが残念でした。
うさぎは、あの尻尾が可愛いのに・・・。

去年の6月にスピンオフがでていますが、それもまたウサギさんの方が攻めなのでいまだに購入できずにいます。

0

コメディの中にも切なさあり

主人公が、ウサ耳の生えた人たちばかりが住む島にトリップするお話。
ウサ耳族のトンデモ設定にツッコミを入れるのが楽しかった(笑)

主人公はその島では神とあがめられるのですが
主人公にとっては、それが不幸の元。
攻め様がお慕いしておりますと何度言っても主人公には伝わらず
あがめられているだけで恋愛の対象じゃないんだと思い、すれ違ってしまいます。

攻め様とその弟から贈り物をもらったときの
贈り物の違いは切なかったです。
トンデモ設定なのに、その切なさにやられました。

最後の展開も、2人の愛が感じられて満足でした!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ