キュートな茨城弁男子×まじめっ子の不器用で温かい恋愛ストーリー。

きみにうつる星

きみにうつる星
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×227
  • 萌16
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
18
得点
305
評価数
80
平均
3.9 / 5
神率
36.3%
著者
小嶋ララ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
ISBN
9784778113957

あらすじ

東京から茨城に引っ越してきた七瀬和也は、クラスメイトの人懐っこい沼尻健二に困惑気味。けれど気がつけば一緒にいるくらい仲良くなってしまった。そんなある日、沼尻の祖父が突然亡くなってしまう。大きな体を丸め和也に縋って泣く沼尻の姿に、和也の心は痛く甘く疼きはじめて……。

*小嶋ララ子先生3社合同フェア開催!
●対象作品
1/15発売予定
『花畑と別れ話』エンターブレイン:刊
2/26発売予定
『ゆめゆめ心中』大洋図書:刊

(出版社より)

表題作きみにうつる星

おじいちゃん子の同級生 沼尻健二・16歳
都会から茨城に越してきた高校生 七瀬和也・16歳

同時収録作品七度目のごめんね

双子の弟で高校生 サトル
ひきこもりの兄 トオル

同時収録作品恋の淡いの

同時収録作品あふれたら最後

その他の収録作品

  • 2人の間の青
  • 夜空の果てまで
  • 描き下ろし

レビュー投稿数18

大人に振り回される少年たち。

表題作は田舎でであった2人の少年のお話。
同性という壁にぶち当たるまだまだ子供の2人が、甘酸っぱくも切ないそんなお話です。

表題作以外にも同時収録作品が3作品入っています。どれも、シリアスで読後感としてはチクッと胸が痛い、そんなお話です。

全体を通して、少年たちが、色んな壁にぶちあたったり、まだまだ大人に振り回されたりする作品でした。大人に振り回されるも、2人でどうにかこの先乗り越えていくのかな...と思えるエンドではありました。幸せになって欲しい...

0

感動した

表題作のきみにうつる星は、おじいちゃん子の同級生、沼尻健二くん×都会から茨城に越してきた高校生、七瀬和也くんのカップリングです。
東京から茨城に引っ越してきた七瀬くんは、クラスメイトの人懐っこい沼尻くんに困惑気味です。
けれど気がつけば一緒にいるくらい仲良くなってしまいました。
そんなある日、沼尻の祖父が突然亡くなってしまいます。
大きな体を丸め和也に縋って泣く沼尻の姿に、和也の心は痛く甘く疼きはじめたのです。
ゲイだった沼尻くんのたった1人の味方がおじいちゃんで、そんな人が亡くなってしまった辛さって本当に計り知れないです。
しかも、恋の動くタイミングが大切な人の死だなんて、なんだか残酷ですよね。でも捉え方によっては、おじいちゃんからの贈り物というか、幸せになれよというメッセージにも見えます。
同時収録は、2人の間の青、夜空の果てまで、七度目のごめんね、恋の淡いの、あふれたら最後でした。
本作は短編集となっていて、著者の小嶋ララ子さんの可愛らしい絵柄や繊細なタッチの描き方によってはぐらかされていますが、精神的に残酷な描写も多々あります。
どの物語もオチに救いがあるから、最後まで優しい気持ちで読むことができるのかもしれません。

0

可愛い、痛い、苦い

うわー
なんか痛かった……
ララ子先生の作品は、
甘さの中に苦さがあります。
あの可愛らしい絵で描かれるからこそ、
余計に切ない……

表題作は、幸せな二人が可愛かったです。
ただ、それだけじゃないんです。

攻めの沼尻は、田舎の無邪気な男の子……
と思っていましたが、時々ちょっと怖かったです。
少し意地悪で独占欲が強かったり、
家族と喧嘩して機嫌が悪かったり。

対して、受けの和成は一貫して情緒穏やかだったような気がします。
ノンケなのにゲイの沼尻が本当に好きで、
ずっと一緒にいたいという気持ちが伝わってきてグッときました。

二人が田舎の偏見に苛まれることなく、
ずっと仲良くいられることを願います……


同時収録作は、どれもクセが強かったです。
特に、『七度目のごめんね』は凄かった。
ほんとに、七つ目のごめんねの内容が……
辛すぎたーーー
忘れられない作品になりそうですTT

どの作品もドキドキして読んでしまいました。
表題作さえ、もしかしてバッドエンド⁉︎
なんて心配してしまった^^;
とにかく、読み応えのある短編集でした!

0

救いがありますように願わずにいられない

小嶋ララ子先生は可愛いらしい絵に可愛いお話だけじゃなく、時に痛くて残酷なお話や要素もありますね。

今回のお話も田舎の高校生のお話ですが可愛いだけじゃなく、どうしようもない逃げ場のないやりきれない部分もあって。

「きみにうつる星」
沼尻と和也の可愛らしい恋のお話かと思いきや。
沼尻は両親にゲイバレして唯一の理解者だった祖父を失い。
和也が初恋で好きで好きで。
恋は実っても前途多難な余韻があります。
和也は父に受け入れられましたが転勤の可能性もあり。
ほのぼのしつついつこの均衡が崩れてしまうのか危うさを感じさせるお話でした。

「七度目のごめんね」
母親が酷いですね。トオルが気の毒で人生を狂わされた上にいつまでも責められ続け。
とうとうサトルが母親の所業を知って…。
双子の禁断の関係、部屋に引きこもるトオル、こんな世界からトオルを連れだそうとしたのに。救いはあるのでしょうか。

他の短編2つも報われない恋に必死な男の子が辛い目にあってしんどいです。せめて友達が彼らの救いになりますように。

0

初めて購入したBL。

初めて購入したBL本。
BL初心者にとって読みやすいのか読みにくいのか未だにわからない作品。
個人的にはさらっと読めたけど、わりとシリアスな感じがする。 結構特殊なんじゃないだろうか。
小嶋ララ子先生らしさがある。
色々なBLを読んでもう一度読み返すと、自分はそこまで好きな物語&設定ではなかったし、印象にも残らなかった。
上級者には向かないと思う。刺激が足りなくて

1

可愛いのにシリアス

初めて買った小島ララ子さんの作品です。
「きみにうつる星」「2人の間の青」「夜空の果てまで」は話が繋がっていてとても可愛くてほんわかしました。切ない場面もありますが幸せを噛みしめる2人に心が温まります。攻めは田舎弁を話すのですがそれもまた可愛らしくて素敵です!
「七度目のごめんね」は他の方もおっしゃる通り悲しい内容の話です。可愛い絵なのにシリアスな内容で良い意味で裏切られました。私はシリアスが好きなのでこの中では一番好きな話になりましたが、そうでない方には不向きでしょう…。
そして「恋の淡いの」「あふれたら最後」ですが、この二つは正直印象に残りませんでした。ストーリーやキャラも薄く感じましたし何もかもが微妙です。一度読んだらもういいやと思えてしまいました。

トータルとして最後の2本以外は好印象です。「きみにうつる星」〜「夜空の果てまで」は甘すぎず切なすぎず可愛い絵とマッチしたストーリーやキャラでした。そのほんわかとした気分とは逆にシリアス内容の「七度目のごめんね」。私はこの4本が好きなので買ってよかったと思いましたが、本当に人によるかと思います。「可愛い田舎者攻めが気になる」「とりあえずシリアス読みたい」という方にはオススメしたい作品です!

2

う~ん

あまりいいストーリーではなかったような感じがします。
全体的に暗くて重いような感じがしちゃいます。

同時収録の「七度目のごめんね」はバットエンドな感じになってるし。
「恋の淡いの」は中途半端な感じで終わってるし。
はっきりいってしゅみじゃないです。

表題作の「きみにうつる星」はハッピーエンドだったのでまだよかったです。
受けキャラの和也の父親が健二と付き合ってるっていっても反対もせずに応援するのがいいかんじでした。。

2

意外と重い・・・

前々から気になっていた小嶋ララ子先生の作品をはじめて読んでみました。それがこのきみにうつる星でした。絵の感じからしてほんわかしたかわいいお話なのかな~と読み進めていきましたが・・・とんでもないです。最初の話も所々胸にチクリと刺さるものがありましたが、特に2つ目の話には本当に驚かされました。

予想もしていなかった展開に思わず目が点になりました;

何個か話が描かれていましたが全体を当して心にドシーンッとくるものがありました。(シリアスな意味で)でも全然嫌いじゃないです。違う作品も読んでみたくなります。

私はわりとほのぼのカップルが好きなので星4つにさせていただきました。シリアス好きな方にはおすすめの一冊です。

0

最後が…

ララ子さんの単行本の中では一番好きなお話「きみにうつる星」
高校生らしさの中に潜む、男同士であるが故に理解してもらえないという苦しみ。しかもそれが自分の親だなんて…。しかし最後の七瀬のお父さんの言葉に読者としては救われました。まだ望みはあるよ、諦めないで、負けないで。そんな気持ちになって涙してしまいました。

自分は普段ならエロ多めの本を好む傾向にあるのですが、ララ子さんのお話に限ってはエロよりもストーリー重視で読みたいですね。ストーリー重視派の方にはぜひオススメしたいです。

1

まるで恋愛小説のような

小嶋ララ子さん。大好きです。
ほとんどの単行本は読みましたが、この作品が一番好きです!チルチルではララ子さんの代表作は「君とパレード」となってるのでこの作品から入る人が多いんじゃないかと思うんですが、わたしは断然「きみにうつる星」をオススメします!!

ララ子さんについての感想ですが、絵はすっごくかわいいんです。男の子の絵にしてはちょっとかわいすぎるくらいにかわいい。でもかわいいだけじゃなく表情がうまい。とくに切ない表情!!彼らの心が痛いほど伝わってきてこっちまで顔を歪めてしまいます。
そして展開のスピードが遅すぎず早すぎず、ちょうどいいのでストーリーがすっと染み込んでくる。やっぱり恋愛ものってリズムが大事だと思うんですよね、BLに限らずとも。
なにより一番のポイントなのが、台詞回しがうますぎること。言葉のチョイスが素晴らしいんです、ほんとに。台詞だけで泣けちゃう。少女漫画に近いものがあるかもしれません。

表題作の中でとくに好きな台詞を。
「底から感じるジリジリとした熱の音は まるで恋に落ちていく音のようだと思った」
「こわくないなんて嘘だ 一緒にいるだなんてそんな約束無責任だ それでもオレは オレは 沼尻の傍にいたいんだ」
これらの台詞にすごく素敵な絵が合わさると破壊力凄まじいです。

ララ子さんについて語ってしまいましたが表題作について掘り下げます。
沼尻やばいです!!!かわいい!!!(興奮)
明るく振る舞うその内側には暗いものを抱えています。
ネタバレになりますが沼尻はもともと同性愛者なんですね。それが原因で親と不仲になり、唯一好きに生きろと言ってくれていた祖父まで亡くなってしまって。
BL漫画の世界ってなぜかホモ公認だったり、本人たちはさして気にしていない様子だったりというものが多いので、こうして同性愛特有の悩みが語られているのは珍しい気がしました。
和也は和也でとても魅力的なキャラクターなのですが、わたしには沼尻のインパクトが強すぎてあんまり語れないです。すみません。(笑)

同時収録作品の「七度目のごめんね」は痛々しいお話でした。衝撃的すぎて泣いたなあ……。読み返すのを今でもちょっと躊躇うくらいにはショックを受けました。この絵柄でこんなに酷で悲しい話をかくのかと。
誰が悪いわけじゃないと思うんです。もちろんお母さんは許されないことをしたし、サトルも罪を犯してしまう。それでも、お母さんは元はトオルを無条件で愛していただろうし、ただどうにもならない感情が抑えられずおかしくなってしまった。一度崩壊すると戻ることは難しいですから、ずるずるとトオルの存在を黙殺し、そして虐待…。そんな背景があったのではないかな、と。
願わくば、サトルが釈放された後はトオルと幸せになってほしいです。

その他「恋の淡いの」「あふれたら最後」に関してはわたしはあまり印象には残らなかったかな〜という感じです。
設定が好みじゃなかったからかも。不倫とか、ハッテンバとかはあまり趣味でないので…。

ララ子さん、これからも期待しています。
かわいらしい絵と繊細なお話と台詞回し、全てが合わさってララ子さん特有の世界観がつくられていて、それがドンピシャにわたしの好みなので心酔せざるを得ないです。
かわいらしい絵柄が好みで、柔らかくどこか切ないお話が好きな方でしたらきっとララ子さんの虜になると思います!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う