俺と部下の恋の先

ore to buka no koi no saki

俺和部下的恋爱之路

俺と部下の恋の先
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神124
  • 萌×249
  • 萌12
  • 中立8
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
23
得点
860
評価数
203
平均
4.3 / 5
神率
61.1%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537130416

あらすじ

部下の高梨と付き合い始めたゲイの徳永。それから半年。
ノンケの男、しかも人生初めてのお付き合いにいつも以上にツンデレ爆発の徳永だったが、次第に高梨の大切さを痛感するようになる。
そんなある日、高梨の異動の話が持ち上がり…!?
「俺と上司の恋の話」の続編が大量描き下ろしをひっさげ登場!!
不器用なリーマン二人の恋の行方は…!?

表題作俺と部下の恋の先

リーマン 受の部下で彼氏 高梨智明
リーマン総務課 徳永親

その他の収録作品

  • 俺と彼氏の祝日の話(描き下ろし)
修正依頼一時停止中

評価・レビューする

レビュー投稿数23

切ない...

すごく胸が締め付けられました。1巻よりも大分シリアスになっています。徳永の過去が少し出てきます。自分のせいで高梨の人生を邪魔したくないっていう徳永の気持ちが随所に見られて、切ない...。徳永の笑顔が切ない...。少し不安症なところがある徳永を大きな心ですべてを受け入れる高梨、かっこよすぎです!!私もこんな人と恋愛したい!!この作品は、攻めと受けのポジションがぶれないというか、それぞれ役割がはっきり分かれているので、変に混乱することなく、スムーズに読めます。私はリバが結構好きなんですが、こういう風にはっきりわかれているのもいいな~と思いました。                             

1

かわいい!のですけど

「俺と上司の恋の話」の続編。主人公カップルはあいかわらず可愛く、上司の徳永さんは乙女化しています。そんなふたりに、この本ではちょっとしたトラブルが降りかかります。
ゲイであることを理由に仕事上の不利益を被ったり、そのことを受けて徳永さんが「もとはノンケだった高梨くんをゲイにしてしまった」ことで悩んだりとか。色々悩んでしまう徳永さんの卑屈なところは、幼いころの体験も影響しているようなことも描かれたり、前作よりシリアスなトーンです。

話をふくらませるためだとは思うのですが、個人的には、むしろ前作のように抜け感のあるコミカルなタッチで進行する方が、この作品としては良かったようにも思います。いっそ全て4コマで展開するとか…。

1

前巻より萌えた

シリーズ2冊目です。
今回は一冊丸ごと表題作のカップルのお話。
高梨君が入社して2年目からの春からお話が始まっています。
恋人同士になってからの2人ですが、徳永さんは相変わらず会社では徹底して上司の顔を崩しません。
そんな中、高梨君が営業部へ異動。そして成績を上げるのにかなりの苦戦を強いられます。
舞台がほとんど社内というのもあって、大人な恋という感じの1冊です。
予想外の弊害が生じて、それによって2人の仲も苦境に陥れられるのですが、年下の高梨君が男前でした!
その苦境の中、二人の本音が深いところまで描かれていて、前巻より萌え度も高かったです。
描き下ろしは2人の甘々ぶりが堪能できます。
徳永さんはほんと、これが同一人物?と思うくらい、仕事中とは打って変わってデレるのが可愛いです。
本編の方がかなりシリアスだったので、こういう幸せな2人を見るとホッとします。

2

リーマンものの最高峰

相変わらず好き好き攻撃の高梨くんと、素直に甘えられない徳永さん。営業職になった高梨くんが取引先でゲイだとバレて契約を白紙に戻されるとか、かなり切ない話もありましたが、とにかく人間のできた古谷社長と温かい仲間たちに支えられて、二人の恋は育まれます。

仲直りして、甘い生活を送っているときに徳永さんの何もかもがかわいく見える高梨くんが思わずいってしまった一言、

「あー、もうなんか、全部口のなか入れたい」

そうなんですよねー、かわいくてかわいくて食べれるもんなら食べて一緒になってしまいたいって、思うときありますよねー。

一巻に引き続き、リーマンものの最高峰なんじゃないかと思った作品でした。

なのに、神じゃないのは、単に私が学生好きだからです。

1

続編。

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

「俺と上司の恋の話」の続編ですね。
前回同様面白かったです!

今回は、前回よりもずっとホロリ度合が高まってました^^

ゲイの自分が、元ノンケの彼氏を引き込んでしまった・・・と
苦しんで身を引こうとしてしまうんですね。
BLにはよくあるお話かもしれませんが、
読んでいると胸が苦し~くなるような展開となっていました。

それでも、彼氏である高梨くんがオトコマエ!
ひとつひとつ、言う事がオトコマエです。
徳永くんじゃなくってもホレボレしちまうな~と
思ってしまいましたw

最後はちゃんといちゃいちゃ姿をたっぷり見せつけてくれました^^

1

一番欲しかった言葉は・・・

赤い表紙の2巻は、付き合い始めた2人の半年後から始まります。初めの4コマ漫画で、1巻で語られていた徳永の入社面接の時の『うっかり』エピソードが読めて楽しめました。高梨は入社してちょうど1年目。つまり付き合い始めたのは入社半年後ですよね。高梨はすごい大物ですね。私の会社の新入社員には、半年でこんな社内恋愛出来そうな余裕のある新人は皆無です(笑)
 春になって高梨に営業への辞令が下ります。離れたことで徳永はぐるぐると不安なことばかり考えて別れることを想像したり、子供の頃の辛かった日を夢に見たりしますが、その夢の中にまで高梨が助けに来てくれて、彼を心から大切に思う自分に気が付き、初めて積極的な行動をとります。合鍵で深夜に高梨のベッドに潜り込んで「夜這い?」と恥ずかしがる徳永が可愛いです。
 仕事で成果を上げたい高梨ですが上手くいかず落ち込む所を、不器用に慰めてくれる徳永に癒されて、とうとう契約に漕ぎつけます。お互いの大切さに気付き、夢のような会社で夢のように浮かれて過ごす二人に立ちはだかる現実。
 性的志向を理由に契約を白紙にされた高梨に、別れを告げる徳永と、好きだから一緒にいたい高梨のやりとりが泣けます!自分だけならどんな目で見られても頑張ってこられたけれど、高梨までそんな目で見られるのがいやだ、高梨を「不幸にしたくない。」そういって涙する徳永に「あんたが苦しいなら2人で逃げる?」と言う高梨。契約反故の一件で、これまでの徳永の頑張りを、身にしみて実感した高梨だから言えた言葉だと思いました。高梨は色んな覚悟が出来てるようです。もう一人で頑張らなくていいんだよ、徳永!

1

4コマに癒されます

同じ会社に勤める上司と部下のお話の2巻です。2巻は、シリアスで切ない部分と、二人が付き合って甘々なところが楽しめます。

ばれないように、高梨の寝顔を写メする徳永が可愛いです。それを待ち受けにするなんて…!気付いた高梨は、さぞや嬉しかったことでしょうね(笑)

と思いきや、二人の付き合いが高梨の営業に関わる問題になってしまいます。それが原因で、別れを決める徳永が切なかったです。
でも、そんな傷心の時に一番に(成り行き上だけど)頼ったのが社長だった徳永に、高梨じゃないけど、ダメだよ~と思っちゃいます。
だけど、それらをひっくるめて、徳永を受け止めた高梨がカッコ良くて萌えます。おまけに、その後に大口の契約を取って来たのも、男前度が上がって良かったです。
そして、仲直りした二人の甘い雰囲気にニヤニヤします。
カバー下の4コマも、徳永が可愛くて癒されます。

5

マジョリティが好きなマイノリティの話

1冊目とはずいぶんトーンが変わっています。
シリーズ通して「中立」評価を付けていますが、1巻目を読み終えた時点では少女マンガにありがちなラブコメ風BLって印象でしかなかったのですよ。
でもこの巻で一気に「しゅみじゃない」に変わりました。

作家さんの「こういうのが女性は好きでしょ?泣けるでしょ?」ってのがそこかしこに見え隠れするのがダメでした。
徳永の卑屈な考え方をゲイのせいにしてるのもなんか嫌だ…
絵に描いたような悲劇のヒロイン思考です。
同じくマイノリティな恋愛のしんどさを描いたヨネダコウさんの「どうても触れたくない」は巧いなーと感心したのですが、それとストーリー的には似てるように見えて読後感は真逆でした…(´-ι_-`)

ただ他の皆様のレビューを読む限り、こういうのが支持されるだろうという作家様の狙いは当たっているわけなので……迷いましたが「中立」にしました。

1

理想的なリーマンものBL作品

2013年に開催された「ナナメにメグる右肩上がりフェア」で初めて知り、
いつもの書店で独自の企画があり、その機会に購入しました。
この作品は書店のフェアで初めて知ったのですが、
つい先日、発売されたばかりで、
いつものように新刊チェックをしていたにもかかわらず、
新刊チェックで見た記憶が全く無くて不思議に思いました。

まず表紙を開いて目に飛び込んできたカラー口絵が
とても綺麗で惹かれました。
手前に描かれた桜が、まるで写真のようです。

前回は、どちらかというと攻めの高梨くん視点の割合が多かったですが、
今回は殆ど受けの徳永さん視点でした。
そのため、徳永さんの小さい頃の話や入社したての頃の話で
辛い思いをしてきたことが知れて、今度は攻めの高梨くんの仕事で
高梨さんに理不尽な思いをさせてしまったと強い責任感に苦しむ
徳永さんの描写がとても素晴らしいと思いました。

また、ほんの些細な擦れ違いから徐々に溝が大きくなってきてしまい、
最後には徳永さんが追いつめられたところに高梨さんが説いて、
擦れ違いを修正させる描写が、臨場感があって良かったです。

第5話の18~24ページにかけて、
まずは徳永さんの涙と台詞に、徳永さんの想いがとても伝わってきました。
「あんたが苦しいなら2人で逃げる?」など、この場面での高梨さんの
様々な台詞が心に響きました。

徳永さんが入社したての頃は嫌がらせや不当な扱いを受けていたけど、
昔、徳永さんに嫌がらせをしていた社員たちが、今では反省して、
徳永さんのことを理解して受け入れているのが、
とても良い職場だと思いました。

描き下ろし『俺と彼氏の祝日の話』の14ページ目、
「とけるかと思った…」と思わず言った徳永さんの心の中の台詞が、
今の状況を凝縮していて、的を射ていると思いました。
溶けてしまうほど高梨さんに(精神的に)とても愛されているのが
とても伝わってきました。
何だか、こちらまで十分に心が満たされた感じになりました。
人生を早まってしまった伊勢崎さんの分まで、
二人には末永く幸せに関係が続いていってほしいと思いました。


今回の評価は、「萌×2」と「神」で迷いました。
前作に比べて物語の展開、心理描写や表情の描写など、
様々な面で洗練されていると思いました。
また、やはり、現実的で真実味があり、BLならではの様々な問題を
リアルに描写しているところが、これぞリーマンものBLだと思い、
私の求めている理想的なリーマンものBLだったので、
前作と同じ評価にしてしまうのには物足りなさ過ぎたので、
今回は「神」評価にしました。

4

仕事しているBLは好きです。

このお話は地味で派手な萌えは正直自分にはないのですが、何となくいいなあと思えてしまうのは登場人物たちがちゃんと仕事しているからかもしれません。
恋愛だけにかまけているリーマン物は、どうも苦手なので。
それに必ずありますよね、ゲイである事の弊害。特に営業でこういう事になるのはかなりリアルです。
私もBLには夢を見ていたい派なので、あまりにリアルな話は苦手なのですが、こういう葛藤のある話は好きです。誰もが全く何も思わないのだったら、わざわざゲイである必要がない訳ですし。
苦しいだけなら嫌ですが、私はこの話はバランスいいと思うので、読みやすかったです。
この二人には幸せになってもらいたいですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ