「女だったらど淫乱になってるねこれ……」

美しい野菜(1)

utsukushii yasai

美しい野菜(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神208
  • 萌×295
  • 萌43
  • 中立18
  • しゅみじゃない19

--

レビュー数
59
得点
1567
評価数
383
平均
4.2 / 5
神率
54.3%
著者
松本ミーコハウス 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
美しい野菜
発売日
ISBN
9784396783402

あらすじ

小説家くずれの太郎は、自炊ナシの不健康生活を送る31歳。
ある日、ハツラツとした八百屋・治樹と出会い、家呑みをすることに。
酔っぱらった太郎は無自覚にエロ発言を連発し、ゲイの治樹の理性は崩壊。
ノンケだというのに、太郎は
「挿れられる」セ●クスにいやらしく乱れる。
その後も肉体関係を続ける2人だったが、太郎のMっ気を察した治樹は
甘くサディスティック責め始め――。

表題作美しい野菜(1)

八百屋 藤田治樹 25歳
小説家くずれ 永井太郎 31歳

その他の収録作品

  • bonus track(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数59

なんだか読んじゃう

この作品は、攻めが野菜屋の息子であるゲイの治樹、受けがノンケで小説家の太郎です。年下攻めでもあるのがミソですね。

がっつりSMものです。私はSM系をもともとそんなに読んだことがなかったのですが、電子書籍サイトにて一巻無料で読んだあとに勢いで全て購入しました。

ただのSMじゃないんですよね。たしかに太郎さんはもともとマゾ資質は持ってるんだと思います。だけど、2人はSM大好きマンという訳ではなく、こうなんていうか、安直に聞こえますが、愛を感じるんですよね。そういうプレイをすることでお互い埋めあっている、みたいな。

夜中に読むのがおすすめです!

1

自分の知らない自分

ただのSMじゃなくて、その背景が素敵。

最初の場面では同性愛に否定的なのですが、酔って本性をみせるとホントの自分は同性愛に肯定的で、かなりのM属性。

でもただMなだけじゃなくて、悪い自分を”お仕置き”して欲しいという願望なのかな…?と思わせる描写がちょくちょく、、、

3巻あるから、読むなら全巻読んで欲しいと思えるストーリー性。
平和すぎない平和な世界。

攻めの理想的なSも、すごく素敵です…。

夜明けの腐女子の方や、SMが好きな方、スパダリ過ぎない攻めくんが好き方はぜひぜひな作品です。


1

えちえちなのにくどくなく幸せさが漂う

なんというか...えっちでエロくてはわわわ...って思うけど、エロ本のようなこってり感が全くないんですよね。
この作者さんの作品を初めて拝見しましたが、ストーリーに引き込まれてるのか、えっちから目を離せないのか、絵柄に引き込まれてるのか...日高ショーコさんや明治カナ子さんのようなあたたかさのある線を描かれる方ですね。
とても好みでした。

1

奉仕精神のS

松本ミーコハウス先生の中でもかなり好きな作品です。引きの強いラストがたまらない。
理想のSM!ゲスい言葉責めとか乱暴してるとか、あるいはギャグに走ってるわけでもなく、Mの求めるものを探して奉仕するS。
年下で、エッチの最中たまに雑な言葉遣いになる治樹(攻め 八百屋 ゲイ)も、人付き合いが苦手で子どもみたいな太郎(小説家)もいい。エロが非常にエッチです。美しい野菜ってタイトルまで官能的に思えてくる。手錠にローターに紐にと道具も使ってますが、暴力的ではないのがとても良い!

1

視点が新しい

実は表紙の絵が苦手だったので買ってから読むまで何ヶ月も放置していました。でも、読み始めたら一気に読んでしまいました!

タイトルの「美しい野菜」については何かの暗喩かなと思っていたのですが、思いっきり八百屋さんが出てきて野菜も出てきます。八百屋さんが本気で出てくるBLってあまりないような気がしたので新鮮でした。

内容は幸せSMで、ストーリー性もあるので普段はSM苦手な人でも問題なく読めるのではないかと思います。

人と関わりたくないから恋愛をしたくない太郎ですが、治樹が自分に恋愛の駆け引きをしている事に気づくところはさすが小説家だなと思ったし、そこに気づいた時に嬉しそうだった事が印象的でした。

治樹は治樹で、言葉の上では太郎に拒否される事があったのですが、突然敬語になった事を察して「スイッチ入ってるなー(その気になっている)」と、判断できるところはすごいです。

物語前半のお風呂屋さんで苛められたこぐまちゃんも今は楽しくやってるみたいで良かった・・・。

そして、最後は非常に気になる終わり方をしています。
これは続きを読むしか・・・!

描き下ろしには学生時代の太郎も登場しててすごく良かったです!

2

しがらみから完全に解放された受けが見たい

 恋愛の過程としてはまだまだ序盤の2人。SMプレイのシーンがほとんどで、受けのノンケである太郎が常識とか世間体みたいなものを全然捨てきれていないので、相手に対する心の動きがたくさん見られるのは次巻からが本番かな?という感じです。それでも、ついMを発動させてしまって淫らに悶えまくる太郎は可愛かったですし、今まで女性としか経験がなく、相手にあまり関心を持てなかった彼が恋愛らしい恋愛をすることができるようになるのか、今後の展開が気になる作品でした。濡れ場が多いものの、一応太郎の物書きとしての仕事面も描かれていたり、攻めの治樹が父との関係が上手くいってない描写があったりもしたので、2人の関係が進むことでそこにも何か進展があれば良いなと思います。

1

求めに応えるのがSなのかな?

表紙がなんか怖くてそれが印象的でした。どんな話?と。

エロいですな。出会ってエロ、エロエロ。

太郎さんのホモはダメ、清く正しくってのは何か理由があるのかな?

治樹がどうしてそこまで太郎さんを可愛いと思うのか謎です。きっとズキュンと来たのでしょう。理性の樽が壊れてましたしね。

治樹がいつのまにか来なくなって太郎さんは元カノと同じ事を繰り返したとハッとします。
どうなるんだろう。

太郎さんは淫乱のMなんですかね。女目線でするって言ってたし願望があったのかな?
今までで一番の淫乱さんでした。治樹があそこまでやるとは。それも愛情なのかな?
口説かれてると思ってドキドキする太郎さんが良かったです。

1

野菜あんまり関係なくなってく

エロいという評判だったので、ドロドロ系かな?と思っていましたが、基本的にはラブラブな中に、SMチックなプレイが入っているというお話でした。

最初は戦闘で黒髪短髪ゲイくんが永井さんにちょっかいをかけるので、ボーイズラブみたいに3Pなのか?と思ったら違いました。
八百屋の明るい藤田くんが、かわいくウブだけどエロい永井さんを優しくいじめてあげる、1対1のカップルに。
野菜を、押しの強い藤田くんに売りつけられてしまって、困るという設定から入るのですが、その後八百屋であることはほとんど出てこず、藤田くんがシェフを目指して料理の腕をあげ、永井さんの胃袋をつかむ、っていうくらい。

キャラ設定と、Hの関係性にギャップがあるのが、akabekoさんの蝶と花の~を彷彿とさせます。



0

秀逸!タイトルと表紙で損してる気がします

前評判を一切見ずに購入。
こんなにいいとは……!
表紙とタイトルで損をしている気がします。

フレンドリーで料理のうまい年下八百屋攻め
×コミュ障対人にトラウマありの31歳作家志望受け

設定だけみると、なんこれ?、なんですが、
話のテンポや受けのスイッチオン/オフでの
表情のギャップ、ソフトSMなプレイにぐいぐい
惹きこまれます!!

かなりのコミュ障で「つき合う気はない」というけど
ヤりたい淫乱受け。スキモノだね、といわれて
スイッチ徐々に入ってくM加減。秀逸でした!!!

3

ギャップ萌え

可愛らしい絵から想像できない内容と展開にギャップ萌えです。太郎さん可愛すぎます。31歳なのに子供みたいなところがあって治樹さんが守ってあげたくなる気持ちが分かります。でも、あんまりにも可愛すぎてちょっといじめたくなるのよねぇ~そんな二人が今後どうなっていくのか気になる一巻でした。本当に治樹さんは太郎さんのことが好きだということが分かるのでいじめてもOKです。もっといじめて下さい。いじめられている太郎さん、素直でいいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う