「ひどくしてって お願いしたの 太郎さんだよ?」 ――ついに完結。

美しい野菜(3)

utsukushii yasai

美しい野菜(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神67
  • 萌×233
  • 萌35
  • 中立14
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
24
得点
586
評価数
153
平均
3.9 / 5
神率
43.8%
著者
松本ミーコハウス 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
美しい野菜
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784396783815

あらすじ

学生時代の因縁の先輩に再会した太郎。
先輩は、昔から太郎のMな性癖に気づいていたSっ気な男で、
現在は大手文芸出版社の編集者になっていた。
先輩からの〝ツボ〟をおさえた加虐的なちょっかいに
興奮を隠せない太郎だったが、
体が「いじめてほしい」と求めるのは
治樹だけでーーー。

「だめだよ
ご主人様をやるなら俺だよ
先輩じゃないよ」

年下さわやかS×地味系ど淫乱Mの
エロティックラブ、
完結の第3巻!

表題作美しい野菜(3)

藤田治樹,レストラン厨房で働く受の恋人
永井太郎,小説家,副業でライター,31歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数24

やはり、な心情描写

1~3巻を通してのレビューです。
※レビューの最後にセリフネタバレあり

本日全巻通して読みましたが、ものすごい心情描写だった。
長期間続いている迷いのようなものがあるときに読んだら、こっちまでぐちゃぐちゃになってしまうような...ある意味パワーがあったと思います。個人的に一番盛り上がったのは1巻の終わりから2巻だった気がしますが、読み終えてみればやはり彼らにぴったりなエンディングだったように感じます。自分のなかだけでの葛藤を、やがてふたりでも分け合えるようになってー。治樹から太郎に向けて発せられる言葉がどれも、すごく好きだったんです。最終巻では、彼らの危機に心を動かしつつもどこか安心して読み進めておりました。誰もジャマできないだろうなーと思うようななにかが、もう、できていた気がして。自分はそれを確認するように読んでいたのかも。

治樹は、とてもしっかりした年下くんだったように思います。太郎からの愛情を実感して、トースト食べながら泣くあの顔…いいなぁ。だけど、治樹贔屓としてはこの先のことが気になりますね。家族とのこと、放って進めるわけがないだろうし。これからの彼らが気になりつつもひとまず、「あぁ、読めてよかったなぁ」と感じた作品でした。S×Mのエロティックラブには触れないレビューですみません(そこが大事なのに!)。SM作品あまり興味ない...という人も、読んでみてもよいと思いますよ。ちゃんと甘いので。

「俺……
妬くのがまんできるよ」

こんなこと言うんだなぁ...
というか、こんな言葉があったんだ。

9

甘いしエロい

3巻にして完結編。
2巻の終わりで出てきた太郎さんの先輩が当て馬感を満載に醸し出していてどうなっちゃうのかな、と心配しつつ読み始めました。

序盤に太郎さんと先輩の過去のお話が少し出てきます。
高校生の時の、太郎さんの恋のお話。
先輩のことが大好きで、先輩の事なら何でも言うことを聞いてしまう。
そんな太郎さんと、そんな太郎さんの気持ちを知って、体の関係だけ持っていた先輩。といっても、「男は気持ち悪い」と言い放ち、さわりっこまでの関係だったのだけれど。
ああ、なんというクズ男なんだろう、こいつ。とか思いつつ読み始めたのですが、先輩のおかげで治樹への想いがしっかり固まったのかなあ、と。
太郎さんの性癖を知り尽くした先輩ならではの、太郎さんのM心をくすぐるちょっかいに少し興奮しながらも、それでもご主人さまは治樹しかいないと一途な太郎さんが可愛すぎでした。

先輩は実は大手出版社に勤める編集者さん。彼に仕事を依頼されますが、納期が厳しかったことに加え先輩とのことを少し嫉妬していた治樹の気持ちを慮って仕事を断ります。

先輩との関係を嫉妬する治樹と、治樹に嫉妬されたりして自分を縛ってほしい太郎さん。
SとMの二人なので、初めはうまくいきそうに見えるのだけれど、本当は先輩に声をかけてもらった仕事をしてみたい気持ちもあって。

治樹に激しいプレイをしてもらうことで現実逃避してみたり、現実から目をそらしていた太郎さんですが、周囲の人のやさしさや思いやりに触れ、そして治樹の想いを知って、自分から一歩踏み出すようになっていく過程はとても良かった。

エチの方もエロ満載でした。
バイブやらブジーやら、放置プレイやら。
もしかしたらSMが好きな方には物足りないのかもしれませんが、個人的にはおなかいっぱいでした。
お互いを信頼しあう恋人たちのSMプレイは非常においしかったです。

このお話は太郎さんがメインだった気がします。
人嫌いで、仕事はスランプ、恋人とはうまくいかない。
そんな太郎さんが治樹に出会い、少しずつ成長していく。
なので、あまり細かいことは言っちゃいけないのかなと思いつつ、治樹の方の話ももう少し突っ込んで書いてほしかったなという気はしました。
結局実家のお父さんとはどうなったんだろう…。

途中、不穏な空気が流れることもありましたが、それでも全体を通して甘い空気が流れ、特に最後の、太郎さんが「ずっとそばにいてくんない?」というシーンは激萌えしました。繋いだ手、という絵もとても良かった。
表紙も良い。
1・2巻はそれぞれ一人ずつ描かれていたのに、3巻は二人一緒。甘いお話にぴったりでした。

ほっこりした気分で読み終わったのに、ミーコハウスさんが描かれたあとがきで爆笑してしまった。
太郎さんがキュウリじゃなくてなすを選んだのはやっぱり太さ?でしょうか?

甘々・エロエロなお話が読みたい方に、お勧めの1冊でした。

7

ハッピーエンドです

完結しましたね。
すごく平和なエンディングで、しみじみうれしい。
太郎がちゃんと愛情を受け入れられるようになったのって、やっぱり治樹のおかげでしょうね。
高校生の頃からずっと太郎に影響を与え続けた「先輩」が結局太郎を手に入れられずに後から現れた治樹にかっさらわれて、太郎の羽化(恋愛面でも仕事面でも)の相手にもなれなかったのは、治樹が持っていた「健全さ」と「愛」の力に負けたって事なんでしょうね。
この作品、確かに道具を使ったセックスなどの描写は多いけど、根本的には、素直で優しい愛の力で茨のお城に囚われていたお姫様を救い出すようなロマンティックなラブストーリーで、古典的少女マンガ好きとしては嬉しい終わり方でした。

5

『美しい野菜』というタイトル

 2巻ではっきりと顔を出し、嫌な予感しかしなかった太郎の先輩に「松本先生は、この先輩をどんな風に動かすんだろう?」と心配と楽しみの相反する期待を持っていたのですが、その先輩とのまったく思いもしなかった攻防に、松本先生すごいっと思いました。
 あの頃のように太郎を追い詰めて、困らせて、翻弄する先輩ですが、治樹というご主人様を得て成長した太郎は、あの頃のように戸惑う顔を見せても、もう先輩の雛鳥ではなくなっていました。
 2面性を持つ太郎ですが、先輩もまた2面性を持つ男でした。この二人に限らず人間って誰でも2面性があると思うんだけど、多くの人は先輩みたいに上手く隠して一つの顔しかもっていないような振りして生きているんだと思う。多分私もそう。不器用な太郎はそれが出来なくて長く鬱屈した人生を送っていたけれど、治樹との出会いで自分を解放することが出来ました。
 そんな太郎と再会して、太郎の前ではつい裏の顔が出てしまう先輩は、本当は太郎の前でだけは解放されていたのかもしれませんね。誘いをきっぱりと断る太郎にヒステリーを起こす先輩は、これまでのイメージを覆す弱さが見えて楽しかった。
 スランプを脱して書きたい気力がみなぎっている太郎は格好良くて、SEXで甘える太郎は可愛くて、布団の中で手を取り合って「ずっとそばにいてくんない?」と、真っ直ぐに治樹を見つめる太郎は、とても美しかった。『美しい野菜』というタイトルがしっくりとハマった瞬間でした。

5

ほのぼのお仕事SM

完結したので3巻まとめて入手&読了。(シリーズものはできるだけまとめて読みたいタイプです)
シリーズものなのであらすじは割愛。


SMだということは聞いていたのですが、あまり痛さはなく、可愛らしい話でした。小説家の受けと、実家の八百屋の手伝いをしていた年下の攻め。
ある日受けが八百屋の前を通ったときに、店番をしていた攻めのセールクトークに流され、ほうれん草と人参を買っちゃう。まったく料理をしないのに野菜なんて買わされて困っていたら、後日銭湯でホモと揉めた際に偶然出くわした攻めとも揉めちゃった。
「野菜なんか要らなかった!」「じゃあ金返すから野菜返せ!」とのやり取りは受けに対しても攻めに対してもちょっとイラつきましたが、まあそれで攻めが受けの部屋を訪れ、なぜか一緒に酒なんか飲んだりする2人。そしたら受けが思いのほかエロくてそういう関係になっちゃった、ノンケのくせに受けはノリノリで、しかもMだったのでがっつりSM展開に…というのが出会いです。

受けは人見知りで人付き合いが嫌いなコミュ障で、コミュ障気味無愛想からのエロエロドMのギャップがものすごかった。ワンコ年下な攻めがSなのに思い切り振り回されているのが可愛くて、いろいろ堪能しました。基本大きな諍いも問題もなく、割と順調に関係は深まっていくので、ドキドキハラハラは少なく、エロキュンが主でした。
受けの人格の根本を築いた先輩がなかなか良いキャラでした。この人の揺さぶりに受けが負ける展開になったらどうしよう、と思いましたが、そちらはあっさりでちょっと先輩が気の毒だったような。

かなり楽しめる作品でした。個々の巻では萌×2かな、と思ったんですが、3巻までまとめて一気に読んでの評価は神かな。

4

巻を増すごとに好き度が増した作品でした

1巻より2巻、2巻より3巻、巻を増すごとに好みの方向へと転がっていってくれた、文句なしの「神」作品です。
評価は1巻から神をつけていたのだけど、最終的にここまで好みのものが読めることになるとは思ってなかった!

1巻のイライラトゲトゲした太郎さんの顔がどんどん変わっていくのを追うのが幸せでした。
ごはんのシーンとエッチのシーンで表現される“幸福感”は読んでるこちらの気持ちもほぐしてくれました。

この作品においてのSMは、メインではなくあくまでツールだと思います。
太郎さんを解き放つために必要だったツール。

こんな風に誰もが自分を解き放てたらいいけど、現実はなかなか難しいね。

3

暖かいSM

1-3巻まとめての感想です。ソフトでも普段SMには興味がないのですが、根底が太郎と治樹の気持ちから成り立っていて、プレイを読んでいる気がしませんでした。太郎の心の氷が徐々に溶かされていくのも読んでいて暖かい気持ちになれてよかったです。

1

SはサービスのS

その昔、とある売れっ子女王様は言いました。SはサービスのS、MはワガママのM。

それを、正しく表しているこの作品。ハルキくんの尽くしっぷりたるやご主人様と言う名の下僕です。

だってSMプレイのSて、ホンマに面倒くさいです。Mは何をされても逆らわない=マグロなので、全部こっちでやってあげなきゃいけない。
言葉責めにしたって台本があるわけでなし、次はアレやってコレやって、ここでこーして、加減を間違ったら壊れちゃからギリギリを探して、とにかく緊縛マグロ…もといMに気持ちよくなって貰う為にSは頑張るのです。

ワガママで甘ったれなドMの太郎くんは、潔癖な中二病を拗らせたまま大人になったよーな30代。ハルキくんにこじ開けて貰った性癖が、なくてはならないデトックスになっています。

Sのハルキくんも、尽くすのが好きで甘やかすのが好きで、ダメンズメーカーの素質があって泣き顔や怯え顔にゾクゾクする所なんかご主人様の素質は十分。ヒーヒー泣きながら身悶える太郎くんを見ながら「これで癒されるんだもんなあ」と感心してる当たり、流石よく分かってらっしゃる。

考えてみれば、ペットと飼い主の関係も、ペットの方が上ですもんね。猫とか特に。

快適な生活空間と、栄養管理、適度な運動でストレス解消。どれもご主人様が用意するもんですよね。

で、お猫様が満足されたらモフモフとか抱っことかさせて貰えるんですよね。

この2人も、プレイと愛情交歓のセックスが別れてる当たり、そんな感じがしますよね。

ドSと言えばオラオラ系俺様攻がBLの定番ですが、ワタクシこの尽くすご主人様って大好きです。

0

いやらしい野菜(違)

とてもエロい。だがそれがいい。

この作品は、Twitterで紹介されていたのを見て購入しました。
3巻分、まとめてレビューさせて頂きます。

絶賛スランプ中の小説家の太郎(M)と、イケメンゲイで父親に勘当されている八百屋の治樹(S)がエロエロしながらこころを通わせるお話。

身体優先で気持ちがついて行かない話、わたしはとても好きなんですが、SMを題材にしたBLは初めて読みました。
SはMを虐めるのではなく、尽くすものと知る。なるほど、奥が深い。

太郎は激しいセックスによって自身を解放し、いい子の自分と溶け合うことができて創作意欲を取り戻します。
新作を上梓して、過去のオトコに虐められて、しかもちょっとときめいたりして。
では治樹は?
Sの治樹は、甲斐甲斐しく食事を作り、お道具を使って太郎を虐め、ただただ可愛がるのです。愛です。
太郎の顔が徐々に変化していきます。3巻通すとよくわかります。
治樹に可愛がられて、どんどん可愛くなる太郎はご主人様である、治樹の愛でふんわりとMとして開花するのです。
いや、生まれながらドMなんですが(苦笑)。

あと。
1、2巻のジェットコースター並のドキドキから、3巻は少しだけ大人しくまとまった印象でした。
あと1巻分でも連載が延びていたら、先輩の登場が生きたかも?と思ったり。

閑話休題。
年末年始ヤリまくっている描写に、担当さんと先輩のモノローグが被っていたので、エッチの現場に鉢合わせしそう!とドキドキしていたのは、恐らくわたしだけでしょう。



作画がぐんぐん良くなって、3巻目には太郎も治樹もめっちゃ可愛くなっていって、作者である松本ミーコハウス先生が楽しんで描いていらっしゃるのだろうなと感じました。

2

太郎の葛藤と恋の成長

先輩は本当に太郎に書いて欲しいんですね。
回想であんなことやこんなことを先輩としてたとは!

治樹が焼きもちやきます。だから先輩の仕事は受けません。
でも創作意欲がわいてきたり、ビッグチャンスだし、でも治樹の方が大切だしで太郎はセックスに依存するように。

やっと治樹が事実を知って太郎に仕事するように言います。

そしてどれくらい経ったのでしょう。どうも引っ越して戸建てに住んでいるようですね。
お仕置きセックスじゃなくて普通のセックスがしたいと言う太郎。治樹にずっと側にいてって。
二人の絆が深まりましたね。
セフレから恋を自覚して失いたくないからずっと側にいてくんない?って。

3巻は太郎が中心でしたね。あの二人がここまでしっかり恋人同士になるとは感無量です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う