愛に不器用な不遜カメラマン×従順で一途な青年、淫らなイノセント・ラブ

無色透明

mushoku toumei

無色透明
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
64
評価数
20
平均
3.5 / 5
神率
20%
著者
タクミユウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784796405898

あらすじ

雨の日、カメラマンの手塚隆一は、膝を抱えて濡れそぼっていた青年を拾う。彼を拾ったのは顔が好みだっただけ…単なる気まぐれだった。行くあてのない彼を飼い、被写体として、性の捌け口として、その無垢な身体を気が向くままに貪る。そして、従順に自分を慕う彼への支配欲はいつしか――。

表題作無色透明

手塚隆一,カメラマン
祐仁,アシスタント見習い

その他の収録作品

  • scene.5(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

じっくり味わって読む事、おすすめします。

初めて読んだ時は、
あまりひとつひとつが印象に残らず、
話があまりよく解らず、
そんなに面白かった印象が残りませんでした。
本当、無色透明。
絵も派手ではない分、こんな感じ〜の世界で終わっちゃった。
でも今回、続編購入にあたり、
改めて読み返した時に祐仁を中心に読んでみたら、
こんなに面白くて、丁寧に書かれてる漫画だったのかと。
この無色透明な世界を壊さずに、
自分でもどうにもならない、貪欲で虚しいやるせない恋愛の世界が広がってました。

翻弄していくつもりが翻弄されていく隆一と、
彼に翻弄される事をけなげに受け入れながら
成長していく祐仁の関係が、面白いです。
最初は嫌な奴だった隆一の虚しさや焦り、
また、最初まったく魅力を感じなかった祐仁の
無意識な内に出てくるなんとも言えない魅力が、
じわ〜っと無意識の内にこっちの胸にも広がってきて、
最後、なんか悲しい恋愛をしてる時の、
なんとも言えない感じが出てます。
別に悲しさを感じる背景がない関係なんですけどね。
別に相手も自分の事好きだし、周りに隠す必要もないし、
隆一の我儘が通る関係なのに、なんでだろ。
結局は自分のものにならない虚しさがある。
こういう感覚を感じる恋愛って実際にある。
理屈ではよく解らないこの感覚。
それが見事に書かれてると思います。

正直絵もお話も派手ではないので、
ぐいぐい引っ張っていくタイプの作品ではないと思います。
でも無色透明な世界に見える中、
翻弄されていく隆一が面白いです。
じっくり味わって読む事、おすすめの作品です。

2

もうひとつの「下衆とあばずれ」(S×Mのケーススタディ NO.2)

先月発売の「下衆とあばずれ」の特典が「無色透明」の小冊子、今月発売の「無色透明」の特典が「下衆とあばずれ」の小冊子。
これ、「2カ月連続発売記念フェア」なんだそうで。
まーたまた随分とあざといフェアを、と苦笑い気味だったんですが、実際「無色透明」を読んでみると、この2作、敢えて対比させながら読んでみるのも面白いなと思い始めました。

というのも、「下衆とあばずれ」と「無色透明」とは、一種対象形の物語なんですよね。
「無色透明」の本来の意味での関連作品は2009年発行の「恋っていうのは」ですが(この作品にはその後の祐仁が登場しています。)、登場人物や舞台背景は全く違っているものの、どちらもS×ビッチMのカプを描いているという意味で、「下衆とあばずれ」と共通項を持つ作品でもあります。
ただし、「下衆とあばずれ」がMにリードされる関係なのに対して、「無色透明」はSがリードする関係。
一対として読むことでそれぞれの面白さが引き立つ、という一面は、確かにあると思うのです。

カメラマンの手塚は、恋愛に囚われたくない、あるいは、恋愛感情というもの自体を拒絶して生きている男。職業柄女性関係は華やかですが、すべてセックスフレンドの域を出ません。
そんな彼が、ある日、雨の中ずぶぬれでうずくまっている少年・祐仁(ゆうじん)を拾います。
祐仁の無垢な(「無色透明」な)瞳に惹かれ、彼を汚したいという衝動にとらわれる手塚。
祐仁を「飼い」、支配していく手塚に、祐仁はされるがままに従属していきます。
SとMと言っても、「下衆と~」のような正真正銘のSMカップルではありませんが、手塚が望んでいる関係が支配・独占と所有物としての従属であることを考えると、2人の関係はやはり一種のSとMなのだと思います。
しかし、祐仁を支配し独占すればするほど、囚われ、支配されていくのは自分自身の側だということを思い知り、その事実に戸惑う手塚。
祐仁が、愛すること、愛されることの喜びを知っていくのに対して、手塚は愛情を自覚しながらも、一方でその感情に縛られたくないという想いも抱いています。
もし愛に縛られてしまえば、手塚の支配者=Sというアイデンティティーは崩壊してしまうわけで・・・
手塚にとって祐仁への愛情が重みを増すにしたがって、逆にそれが2人のバランスを壊す要因になっていく――そんな二律背反の悲しい顛末を予期させるラスト。
2人のその後は、「恋っていうのは」を読んだ人は既にご存知でしょう。
読後に附属の「下衆とあばずれ」小冊子を眺めると、何故同じS×Mでありながら「下衆~」の2人は安定した関係が保てるのかがよく分かります。

個人的には、祐仁を独占し支配したいはずの手塚が、何故彼に写真家を目指すことを許したのか、という部分に納得のいく導線が欲しかったり、絵の粗さがかなり気になったりという面はあったものの、ストーリーは大当たり。トータル大満足でした。
先月、「下衆とあばずれ」の附属小冊子を開いたら「無色透明」だった時には正直怒りしか感じませんでしたが、今や、たまには特典商法に釣られてみるのも悪くないな、なんて思ってる私。
御しやすい読者ですね(笑)

7

Krovopizza

yoshiakiさま、おはようございます!

セコい特典商法を逆手にとっての対比レビュー、大変興味深く読ませていただきました(*^.^*)
ユージンって誰?から早一ヶ月。
ようやく彼の素性が分かりましたねw

自分のアイデンティティを曲げてまで愛を優先できるか?
関係が対等に近づくことは本当に二人の幸せに繋がるのか?
など意外と深遠なテーマを含んだ作品だったように思います。

ほんと、もう少し絵や展開が書き込まれていたら良かったですね。そこがちょっと勿体ないな~と思いました。

私も両カプを比較しながら読み直してみます(’-’*)♪

無色透明の強さ。

 傍若無人なカメラマン・隆一が、行き場を失った裕仁を拾って飼い始めます。
気まぐれで拾ったけれど懐かれて怖くなり、捨てようとしますが捨てきれず。
自分の心の闇と向き合わざるを得なくなり、深みから抜け出せなくなっていく隆一。

 精神的・肉体的暴力をふるわれながらもまっすぐに隆一を見つめ返す裕仁。
虐待されても親を慕う健気な子どものようにも見えましたが、言いなりになるだけではなく、強い意志を持って隆一を愛していきます。

 自分は他の女を渡り歩きながら裕仁の事は束縛し、傲慢な言葉を吐く隆一の事は許せませんでしたが、「最低」と思われた人間が愛されて少しずつ変わって行く様子、誰からも愛されないであろう隆一を愛してくれる裕仁の姿に心打たれました。

 「プライドが高い人は無条件の愛を知らず自分を愛せないので他人を傷つける事で自分を護ろうとする」という説が隆一にも当てはまるのであれば、裕仁が無色透明の強さで与えてくれる「無条件の愛」に癒され、今後も快方に向かって行けるのではないかと思います。

 シリアス&ダークな雰囲気でしたが、間に挟まれている同人誌発表作品の「interval1&2」と描き下ろしの「scene5」は甘く切ない雰囲気。
まだ自信が持てない様子の隆一ですが、きっと大丈夫。自信を失くした時に読むと癒される、そんな物語でした。

3

そっかこの2人は

「下衆とあばずれ」と比べるのもなんだけど、こっちの攻めも結構最低ね…。 だけど自分の気持ちに向き合って、イライラしながらも認めてる分まだましかな。 受けに気持ちが支配されてるって自覚があるもん。まっ、自分勝手なところは変わらないけどね。でもこの2人は結局…途中から思い出したんだけど、この2人って「恋っていうのは」の人だよね。だからこの2人の未来は既に解ってるんだけど、この2人のカップリングですきなんだけどな。 ペーパーの方は雨の日の1日。 何でも雨の日は普段より優しいみたいですよ。 どうせなら毎日とは言わないけれど、特別な時間をもう少し与えてやれよ~っ。

0

攻にイライラ

最初はなんだか、攻にイライラしてました。

抱いちゃった後なのに認めたくないってどういうことって感じでした。

祐仁、先生に拾われた時はまだ子供だったらしいんですけどいくつだったんですかね。
母親と暮らしていて、母の男に暴力振るわれる、夜になると布団に潜り込んでくる、高校生?でも、学校の話はなかったなと。
残念ながら最初から私には大人にしか見えなかったです。

後半は良かったです。

途中、個展で出す出さないの写真がありましたが勝手に出した女の人にイライラしてました。
大嫌いだ。この女の人。

で、出したくなかった写真を見てそりゃ出したくないよねと思いました。

祐仁の裸の写真です。下半身ギリギリで布がかけられてる際どいやつ。

出したくないなら、さっさと持って帰れば良かったのにと思うけどね……。

祐仁が後ろから突かれてるのが2回あります。
四つん這いと立ちと2回です。
バックからってエロいよなって思います。
(BLに限ります)

0

無色透明=自分色にならない。だから…

「恋っていうのは」の祐仁と、彼の最初の男・手塚の過去。

傲慢で俺様なフォトグラファー・手塚が、雨の日に男の子を拾った…
…と始まるこの物語。
あれこれ女を連れ込んでもあくまで仕事(写真)優先だった手塚が、祐仁と出会って、何もかも支配的に振舞いつつ、祐仁の透明な従順性に絡めとられる様が描かれる。
いつでも手塚に従い、手塚しか見ていない祐仁を理不尽に「淫売」と罵り、誰かの目に止まる事さえも嫌がる手塚。
手塚は祐仁の存在に、というより祐仁に執着する自分、祐仁に依存する自分の姿に怯えるのだろうか。祐仁の所有を確かめるように殴ったり、暴言や無理矢理な性交、それでいてどこにでも祐仁を連れて行き、有能ではないのに助手にし、写真の撮り方を教え、関係を隠さなくなり…
ただ、自分の中で何かが変わり、それに自分が適応できないであろうことを手塚は予期している…

…とここで「無色透明」は終わります。
執着して支配的な手塚と、健気で従順な祐仁の、少しいびつな関係性。
ただ、この2人がのちに「恋っていうのは」の再会に至るまでに、どんな恋情のこじれ、または一方的に捨てられたのか、手塚しか見ていなかった祐仁が男にも女にも誠実に向き合わなくなった過程、手塚にも別れの後何があったのか、祐仁を黒歴史にして封印していたのか、別れを後悔したのか、そんな事を考え始めるとこの物語が一気に面白くなる。
ぜひ「恋っていうのは」とのループ読みをおすすめいたします。

0

フェイズ(Phaze)

既刊「恋っていうのは」の関連作(過去編)ですが
本書は本書で独立した話になっており
あとがきでも前作については全く触れられていないので
パラレルとして読んでも問題ないかと思います。

【あらすじ】
カメラマンの手塚が、雨の日に拾った美しい青年・祐仁。
その無色透明で何にも染まっていない目が気に入り
汚してやりたいという欲望のまま無垢な身体を貪るが
何をしても祐仁は無垢なまま。
そんな彼にいつしか溺れている自分に気づき…。


【感想】
タクミユウさんの作品には
いつ別れても不思議ではないギリギリのところで求め合っている、そんな刹那的な魅力ある作品が多いように思う。

この二人も、いつか手塚が祐仁を手放す未来が想像され
幸せそうなのにどこか不安が残るラスト。
(描き下ろしがクセモノなのです…!!!)

プライドの高い手塚が、祐仁に溺れている自分を果たして許せるのか?
本当は誰の目にも触れさせたくないほど執着しているのに
祐仁にカメラを教え、自立させることは結果的に手塚の首を絞めるのではないか?

また祐仁も、これから仕事で手塚以外の人と関わっていく中でいやでも成長し、今のようなピュアさは失われていくのかもしれない。
ハッピーエンドのその先も示唆する描写に何とも切ない気持ちになります。


終わる可能性もあるからこそ
今ここにある二人の想いが切実で愛しく思える。
長い人生における一段階、フェイズを切り取ってみせたような、どこか冷めた視点が印象的でした。

雨粒が流れていく様を淡々と追っているような
一見地味で盛り上がりに欠ける雰囲気なのですが
色々考え出すと深みにハマる魅力ある作品です。

8

yoshiaki

Krovopizzaさま\(^o^)/

私の先走り&上滑りなレビュー、読んでくださってありがとうございます(照)
こういう話は大好物なので、つい勢いで暴走してしまった感が(;^ω^)
この作品の中では、2人はまだラブラブなんですよね・・・
後でこっそり軌道修正しよう(*ノωノ)

>祐仁にカメラを教え、自立させることは結果的に手塚の首を絞めるのではないか?

そうなんですよね(*'ω'*)
この手塚の行動は、他の箇所で見せる彼の祐仁への態度と傍目には矛盾してるような。しかもこの先2人の関係を変えていく分岐点にも見える。
この辺の手塚の矛盾をがっつり突いた描写があったら神!でした。

「下衆とあばずれ」の小冊子も良かった(≧▽≦)
でも、あの2人やや馴れ合ってしまった感が・・・2人の、ギリギリまで追い込んだSとMとの攻防が読みたくなってきました。
ああ~はげしく続編希望です。

視覚的特別感が欲しい

先月出た「下衆のあばずれ」のコミックに、
この「無色透明」の小冊子が付いてきたのですが、
その小冊子だけだと謎が残りまくりで、
とても気になってしまったのでこちらの本も買ってみました~
うまく乗せられるタイプです(;^ω^)


ある雨の日に、
行く当てもなく濡れながらうずくまっている青年(受け)を、
気難しい性格のカメラマン(攻め)が拾う。
無色透明で何にも染まっていない受けの目が、攻めの感情を揺さぶる。
女好きで男に興味などないはずなのに、
衝動的に攻めは受けを抱き、出て行けと言いながら、結局家にも置くことに…

その後も、
攻めは家に女を連れ込んで抱いたり、他の男に受けを抱かせようとしたり…
そうやって自分から受けを手放そうとするも、攻めの心は受けから離れられず……

傲慢でプライドの高い攻めが、
受けに酷い扱いをしつつも心はしっかり囚われていて、だからこそ、もがく。
その攻めの「もがき」を可愛いと思えれば、楽しめるかな。


日頃わたしは甘々な本を読むことが多いので、
一緒にいて幸せを感じつつも、攻めの顔色を伺いビクつく受けが不憫な気がして、
(もっと違う人に拾ってもらった方が幸せだったんじゃ…とか思ってしまって)
もうちょっと分かりやすく最後くらいは攻めにデレて欲しかったような、
もうちょっと受けを人として尊重してほしかったようなーーってのが正直な感想です。

あと、
ストレートだった攻めの心を捉えて離さないほどの、受けの無色透明さが、
視覚的に感じにくく、他の脇キャラと比べて受けの特別感がイマイチ伝わってこなくて、
(写真のカットはとてもよかったと思ったけど、他が)
それがちょっと残念に感じてしまいました~~

絵の好みの問題もあるかなと思うのですが、自分的には萌えまではいかず…でした。

6

ちゃんと確認

これって、これって、「恋っていうのは」の関連作だったのかぁ、、、、
ちるちるさんのレビューと情報って言う有益なソースがあるのに、、、
どうしてもっとちゃんと確認してから買わなかったんだ、私、、、(泣)

手塚がね、
攻めの手塚のことがね、
残念で、かわいそうな奴だなぁって、
うっかり変な物(祐仁)拾っちゃって、道を踏み誤った。
普通に女食い散らかしてるだけなら、自分がただの傲慢なつまらない男だっていうのに無自覚でいられたのに、「無色透明」な「男」なんていう魔物に関わったばかりに、今まで意識しないでやらかしていた自分勝手な行いの本当の意味に直面せざるを得なくなる、で、八つ当たりする。
ほんと、残念でかわいそうな奴だよね。
祐仁の方も、祐仁の方で、仕事を覚えることで徐々に人間として成長していくという流れ自体はいいんだけど、拾われてきた元の状態が悲惨というか、なんというか、、
そんなわけで、このメインキャラ二人に感情移入できないまま読み終えて、
そしてあらためて、ここへ来て気づいたの、ああ、アレの二人の話だったのねって。
どおりでアレなわけだわって。
ちゃんと確認してから買えばよかった、、、。


0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ