男子寮の王子様

danshiryou no ouisma

男子寮の王子様
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
46
評価数
19
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
田知花千夏 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高星麻子 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥570(税抜)  
ISBN
9784199007514

あらすじ

大人しくてか弱い圭を、騎士(ナイト)のように守るのがおれの役目だ――。
大好きな従兄弟・圭を追いかけ、全寮制の博修学院に入学した翔太。
昔のようにラブラブな生活に戻れると思っていたのに、
再会した圭はどこかよそよそしい。おまけに、目立たなかった圭が、
今やキラキラの王子様のような美貌で人気者に!!
さらに、中性的な美貌の先輩・葵と付き合っているという衝撃の噂を耳にして…!?

表題作男子寮の王子様

一ノ瀬圭, 高校1年生 15歳
玉井翔太, 高校1年生 15歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数3

お姫様から王子様に

前に読んだ田知花さんのお話がとてもダークだったので、明るいものも読んでみたくて、おまけに寮ものが大好きなのでこちらを購入。
読む前は評価が低いのかしら?と思っていたのですが、読んでみたら設定、カップリングともにとても好みでした。
攻めは二面性があり、受けはワンコ系という組み合わせ。

大好きな従兄弟の後を追いかけて同じ高校に入学したのに、「うっとうしい」とフラれてしまうという出だしです。
冒頭からそんなまさかな展開なのですが、フラれて大泣きして、でも諦めない主人公というのがよかった。
最初は守ってあげなきゃなお姫様タイプだった圭の変貌ぶりも面白く、酷い従兄弟だと思ったものの、うっとうしいといいながらもを助けてくれる様子からそんなに嫌な感じもなかったです。

寮ものらしく、翔太に対して嫌がらせをしてくる人物も表れますが、そんなにきつい感じもしなくて、全体的に可愛らしいお話でした。
オチというか、ストーリーはなんとなく先が読めてしまうんですけど、それを踏まえてよかったと思います。
また、どっちが攻めなのか分かりにくい構成もよかった。

受け攻めをはっきりさせたい!て方にはもしかしたら受けないかもしれないんですが、個人的にはこの二人、将来的にはリバーシブルカップルになりそうで、なったりしたら楽しいな…と思います。
その後の二人がもっと見てみたい作品でした。

2

本当の顔?

いとこ同士のラブで、見た目も態度も大人しい圭を自分が守らなければという思いから
ずっと側にいて、綺麗ないとこのナイトをしようと心に決めていたが何の相談もなく、
圭は中学から全寮制の学校へ一人行ってしまい、圭が大好きな翔太は必死で勉強し
高校から圭を追って全寮制の高校へいき、念願の圭の側に居ることに成功。

でも再会した圭は翔太よりも背が高くなっていて、学院でも王子様といわれるくらい
イケメンで頭も良くて特待生になっていたりします。
翔太は子供の頃から圭を守るのは自分だと思っているけれど、
いつからか圭は守られる存在ではなくなっているのですが翔太は気がつけない。

圭の側で誰よりも圭のことを知っているのは自分だと思っていた翔太は
それが間違いだと学園に入って知ることになりますその手始めが圭と先輩の葵との噂。
それを圭に問いただしのが運のつき、翔太は圭に思い込みの思いは迷惑だと拒絶され
子供の頃から知っていたはずの圭が別人になってしまったと落ち込む訳です。

3年離れていた間に変わってしまった圭の行動や言動が信じられなくてショックを
かなり受けてしまう翔太はそのやんちゃな性格もあって可愛さ余って憎さ百倍に。
全寮制の学校に入った1番の理由が翔太から離れたいからと言われたら、
必死で追いかけてきた翔太にとってはかなりへこみ過ぎて逆切れかます内容です。

もっともそんなことも出来るはずもなく、翔太は圭への気持ちを諦めきれない。
嫌いだとウザイと言われても好きな気持ちをなくせない。
圭にも色々あるわけで、亡くなった実母のことが心の奥でこだわりとして残っていて
翔太が気がつけなかったことで心を悩ませていた結果の翔太との距離なんです。
誤解とすれ違い、過去のこだわりと優しい先輩の本当の顔、幼馴染の学園モノは
思っていた以上に楽しめました。

8

ウザいのが嫌な気持ちも分かる

2014年刊。
幼い頃にそれぞれ親に先立たれた為、祖父母の元で育った従兄弟同士の圭と翔太。
全寮制男子校に進学した圭の後を追って、翔太は猛勉強して同じ学校に進学した。
3年ぶりの再会に舞い上がって何かと世話を焼きたがる翔太に、遂に「ウザい」と豹変した圭は本心をさらけ出して…

幼い頃から「圭は俺が守るんだ」と意気込んでいながらも、翔太の一方通行だった訳だ。
手のひらを返されて相手にされなくなった圭に逆ギレした翔太は「周りの奴らに圭の本性をばらしてやる!!」と怒りまくる姿がガキ臭い。
まぁ高校生だから仕方がないけれど。

しかし翔太に対して、苛つきがちになるだろう気持ちを抑えてじっくり読めれば、圭も早いうちに本音を吐き出せたからいいんでないかい?、という心境に落ち着くかと思う。
圭も幼い時に母親絡みの噂で、ご近所さんや子供達に中傷を受けた苦い経験があるから、当たり障りのない穏やかな雰囲気を纏う子になってしまった訳だし。
そんな苦労をせずにのびのびと育った翔太に対しての、好き嫌いの表裏一体が高校生らしい感情に乗っていると思う。

そう感じると圭も翔太も可愛いものだが、葵先輩みたいな華奢で可愛い見た目に反して、腹黒くてあざといタイプは駄目だな。
あれじゃあ意中の相手にあからさまに避けられるのも無理ないわ…

翔太を上手くフォローする寮長の櫻田先輩が何気にいい脇役だったが、彼の挿絵が無かったのが残念だった。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う