目病み男

meyamiotoko

目病み男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
サークル
パライソ<サークル>
ジャンル
銀魂
発売日
ISBN

あらすじ

各地で相次いで発生する爆破テロ事件。真選組の活動により民間人の被害は無かったが、 現地に赴いていた土方を含む数名が怪我を負ってしまう…。

ニュースと近藤(の話を聴いた新八)からの情報で土方の入院を知った銀時は、 様子を見に病院へと赴いた…。

骨折の重体+目が見えない状態の土方とそこに迫る銀時の二人を描いたコチラ!
いつものギャグテイストとは違う薄暗い雰囲気のギャップにドキドキハラハラしてしまう一冊。

表題作目病み男

坂田銀時,ド鬼畜ドS
土方十四郎,ドM開眼

評価・レビューする

レビュー投稿数2

萌えた

これ、とても好きです。
簡単にいうと、足を折って目が一時的に見えなくなった土方さんが銀さんにレイプされる話



絵のタッチが全体的に暗いんですよね、このとき。
あと線が細くてすごい繊細にみえる。
ただ背景がほぼ書き込まれてないのはなぜだろうか…私はパライソ全部を読んだことはないので、よくわからないのですが、もしかしてパライソ晩期のはらださんの絵は背景が少ないのか…?

まぁ絵はそんなに気にしないでいきますと、
作品はエロいにつきますね。

銀さんは確かにひどいけど…。
まぁパライソの銀さんはこういうの多いし、そこは全然気にならなかったです。

まず萌えポイント
お団子食べさせるところ
お見舞いといって来た銀さんが土方さんに団子を差し入れるんですが、なかなか銀さんが渡そうとしない笑
それにキレた土方さんに「見えないと不便だな」といいながらそのお団子をベロベロ舐めます。
そんでそのベロベロ団子を土方さんに渡すという…笑
アホみたいに書いてるんですが、エロいんですよ、ここ。
見てる読者ともちろん銀さんはどんなお団子か知ってるのに、全く知らずに食べる土方さん。
こういうの好きです。


そして場面は変わって遂にレイプの日になるわけですが、そこに至るまでの土方さんの不安がね、決して心情がかかれてるわけじゃない、でも絵ですごく伝わってきた。

まず銀さんは土方さんを車椅子にくくりつけて場所を移動させるんですが、そこの絵の背景は真っ黒。車椅子を引く音だけが聞こえて、やがて着いたのか、ピタッと止まる。
銀さんはいるはずなのに、物音をたてずに黙ったまま。
車椅子にくくりつけられ、足は折れて、目隠し状態。今ここで誰かに襲われようものなら一瞬で死ぬ。

ここのときの土方さんの不安は
最高潮じゃないでしょうか。
こういうとこです、萌えるのは!
プレイもよかったんですが、こういう精神的な面でほんとに素晴らしかった。

そこで土方さん「オイどこだ……どこに…」
ここ、既にちょっと依存し始めてますね。
まぁ銀さんは結構計算済みでしょうね笑

そしてどういうつもりだと聞かれたあとの銀さんの応答。これはすごい。
めっちゃ長いので端的に言うと「見えてないから隙だらけなお前を犯したい」でしょうか。
銀さん、まじで土方さんを犯します。
そこときの土方さんの蕩け顔、最高でした。
はらださんはほんとに絵がお上手で…!

そしてフィニッシュ、銀さんまさかの顔射です。
そう、土方さんの目が一向によくならないのは顔射のせいなんでしょうね笑


なんやかんやで結局怪我はなおりますが、
ラストは銀さんに依存してしまった土方さんがわざと大怪我をし、また病院に銀さんが訪問したときに土方さんが「花が咲いたような顔」をして終わります。
この土方さんの顔は少し怖い。
狂気に満ちてますね。

鬼畜が大丈夫という方、精神的苦痛みたいなのが好きな方には是非おすすめしたいです。

1

鬼畜度MAX

うわ~・・・
気を付けないと銀さんのこと嫌いになる本だと思うので、
鬼畜OKな人だけ読んだほうがいいと思います。

人情味のある銀さんが好き!
面白い銀さんが好き♡
みたいな人は読んじゃだめです。

表紙からしてやばい雰囲気満々です。
あれ思い出しました。
ホラーゲームの零~刺青の聲~ 。

ヤだよ~。

内容は、
土方が爆弾テロに巻き込まれて怪我して、
目に包帯して足もギブスで固定しているのに、
車いすの土方さんを銀さんが襲う話です。

土方さん最後にMになってしまう話なんだね…。
無理やりされてMに…。

いつもの土方さんなら銀さんを目潰ししただろうにね。
逆方向に開眼しちゃったんだね…

甘いの、激辛、甘いの、激辛、
みたいな感じで薄い本、出されてますな。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?