好きになってごめん

馬鹿で愚図は大嫌い

baka de gusu wa daikirai

馬鹿で愚図は大嫌い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×218
  • 萌22
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
232
評価数
65
平均
3.7 / 5
神率
27.7%
著者
湖水きよ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784813030638

あらすじ

春は幼いころから兄の親友・蒼大が大好きだった。兄よりも蒼大のあとを追って、真似をして高校の部活も同じだ。
いつも一緒に入られないし、蒼大が振り返ってくれないと不安になるけれど、素直になれない春には言えない。けれど、蒼大の大学進学が決まり、蒼大は地元を離れ帰ってくることはなかった。拒絶されても忘れられない。苦しいのにやめられないのは――?

表題作馬鹿で愚図は大嫌い

牧 蒼大,兄の親友,大学生,22歳
香椎春,陸上部の高校生→若手俳優,20歳

同時収録作品こう見えて純愛

喜一(きーちゃん),強面の居酒屋大将
陸,失恋続きのゲイ

その他の収録作品

  • 嘘も百回、恋は一回(描き下ろし)
  • カバー下:おまけ漫画&イラスト(描き下ろし)

レビュー投稿数11

あっちもそっちも馬鹿で愚図

◾︎蒼大(春の兄と同級生)×春 歳の差幼馴染
表紙のインパクトが強い!表紙のインパクトの割に…と思ってしまうのがちょっと悲しいところ。
とにかくグズグズしてます。あっちもそっちもグズグズしてるので、さっぱりした兄ちゃんに興味を持ってしまう程。
グズグズしてるな〜と思いながら読んでいたので、思いが通じるシーンにも解放感を得られず、やっとか〜ぐらいの印象になってしまって残念。高飛びしてるあたりや、岩田(春にアプローチしてた蒼大の友人)がちょこまかしてたときは、画面に動きがあって好きでした。

◾︎こうみえて純愛
攻めの強面ぶりと、ふたりの仲の良さ、描き下ろしの犬のくだりみたいなほのぼの愛しい描写が、本編でもっと描かれていたらさらに良かった!

0

ややこしい恋心

春が健気で一途で不器用で素直になれなくてでも蒼大を好きで好きで仕方ないのが切ない。

高校卒業後数年ぶりに連絡が来て会おうと誘われ行ってみたら…。

蒼大の春を嫌う気持ちもわかる。追いかけてきて鬱陶しくて真似ばっかりしてきて、挙げ句に高飛びで自分より高く飛ばれて。もうヤル気なくすのも仕方ないですよね。でも年上なんだからあのまま終わりにしていたら、いやでも話が終わってしまうしなあ。

春を呼び出して大学の友人達に自慢して見世物にして最後はトドメにどれだけ嫌いだったか話す。
何年たっても収まらないほど嫌いだったのかな?
それともそれは好きの裏返し?

蒼大の友達が春を落としにかかるとほっとけない蒼大。デート場所まで駆けつけて手を引いて連れ出して、そして手を離す。

ここで春は蒼大を追いかけるか帰るか選ぶんですがついてっちゃうんですよね。

そして抱かれて。いきなり?ええ?ですよ。
そしてどんな春でも好きだみたいなこと言って。なんだろ、あの時の春をえぐった言葉を言った同じ口でよく言えるなというか。

難しい。二十歳と二十二歳の話なのに。いや、これまでの十数年があるからもつれて拗れてややこしくなったのかな?
攻めに好感を持たせるような最後の短編でも攻めの事を好きになれませんでした。
でも優しい蒼大は確かに存在したんだろうな。

あとお兄ちゃんがちゃんと大人になってましたね。なんで東京にいるの?大学?ちょっと疑問でした。

0

三つ子の魂百まで的な愛ってやつか

「馬鹿で愚図は大嫌い」
インパクトのあるタイトルに惹かれて手に取りました。

・意固地でちょっとコミュ障ぎみの春(受け)がずーっっと兄の親友であるを蒼大を好きでいるお話。

登場人物のどちらも豊かに感情を示すわかりやすいタイプではないので、とっつきにくく感じるかもしれません。
全体通して甘々で癒されるという作品では決してなくて、途中まで登場人物の気持ちを推し量りながら&疑問を持ちつつ読み進めて、最後と描き下ろしでようやくキタ!って感じのストーリー。

特に蒼大。一回目読んだときは、正直なんでこんな男がいいんだろう?と思いました。
途中まで蒼大の考えが見えにくくて感情移入しにくい人物だったけど、彼が臆病である事と、その理由がわかったらストンと腑におちました。
自分のやる事なす事、真似をしていたくせに、何でも自分を上回った挙句トントン拍子に芸能人にまでなってしまった春は一緒にいるとコンプレックスを刺激される。正直男としておもしろくないのも事実だけど、認めるのもなんだか悔しい。
そんなすごい春が何で自分のことが好きなのか理解できない。

でも春にとっての好きは、○○がかっこいいから好き、とか○○がやさしいから好き、のようなそんな安易なものではなく、理屈抜きで無条件に好きで、ひよこの刷り込みに近い強固なレベルだからこそどうやってもどうやっても諦められないんです。

春と岩田くん(当て馬でいい人・彼に幸あれ)がデートで結構楽しんでいて、こういうのもいいかな・・・と思い始めているところに登場した蒼大に、春が泣きながら言うんです。
「蒼ちゃんなんか大嫌い」
この時のシーンが表紙の泣き顔と同じです。
タイトルの「馬鹿で愚図は大嫌い」は、こんなに蒼大を好きな春を好きにならない、こんなにこんなに蒼大のことを愛する春に気付きもしない蒼大の事を指していった言葉です。

馬鹿で愚図でしかも臆病な蒼大は大嫌いなんだけど、どうしようもないくらい大好きで大好きで大好きで。
一方の蒼大は、そんな春の本当の気持ちまでは解らず、どうせ手に入らないものを欲しがっているだけで手に入れたら飽きてしまうんだろうと思って、怖くて逃げてしまった臆病男。

ほんとは春のことが鬱陶しかったと言って傷つけたあと、キスしたのも、「俺の事が好きなんだろ?」と言ってから一度もこちらを振り返らずに駅に向かった時、春のほうから「そうだよ!好きだよ!」と追いかけて欲しかったんじゃないかなぁって思うんです。
なんでこんな行動したのか最初理解できなかったんだけど、ヘタレ故の試し行動だったんじゃないかなぁって。

その後、蒼大の部屋へ向かう途中、最初は力強く春の手を掴んで引いていたのに手を離しちゃって、春がついてくるか彼自身に選択を任したのもヘタレだなぁって思いました。
ただ蒼大、どんだけ春のことが好きなんだか?
蒼大>><<<<<<<<<<春 に感じたのも事実。

でも描き下ろしの「嘘も百回、恋は一回」では 春の愛がだだ漏れ状態で蒼大に伝わって蒼大も春のことを同じくらい好きな様子が見てとれて嬉しかったです。
蒼大もヘタレから脱却して、自分が黒のものを白と言って春もそれに従うような事はいけない、といった内容を諭すいい男になってました。

その他
・「一回ヤッたくらいで彼氏面・・・してもいいよ!」「するよ!」のやりとり 良かったです。

3

怖い顔のきーちゃんが可愛い。

表紙が苦手で避けていたのですが、前に読んだコミックスの絵は好きだったので購入。
中は綺麗でした。インパクトはあるけど、もう少し抑え気味でも良かったような。
話はちょっとわかりづらかったです。
いや話は明快なのですが、キャラの表情から読み取れないので入り込めない感じでした。春ちゃんが常に不機嫌顔すぎて、もう少し柔らかくてもいいんじゃなかろうか。
メイン二人より、兄のなっちゃんが可愛いなあ。

そして、表題作よりももう一つの怖い顔のきーちゃんの話の方が好みです。
二人とも可愛い。

もう少し素直でわかりやすい子が主人公の話が読みたいですなあ。

0

タイトルと表紙にインパクトあり

初見の作家さん。表紙の絵が若干苦手でしたが中身は綺麗な絵でした。随所に素敵な台詞がありタイトルの意味も良いです。

元からの怖がりか、本人は意固地と言いますが、お兄ちゃんも言う所謂、コミュ障な主人公です。思い込みが激しい。才能に恵まれ兄ちゃん蒼くんがいたから、蒼くん以外に深く悩んだり考える事がなかったのでしょうか?蒼くんが中心の世界です。そこまで好きなのは何故…子ども心から続くゆえ?他の誰にも変われない程の存在なのでしょうね。

蒼くんは年齢相応の人です。進路や才能や劣等感に悩み自信がない状態です。ゲイではないと思いますが、恋愛よりも自分の事に精一杯で、春の気持ちは何となくわかっていながら、春に当たってしまう。

しかし、岩田に揺さぶられて、春の深刻な気持ちや[好き]ってどういう事かに直面する。自分が春を好きな気持ちを見つめ直し言葉や行動をして成長しました。

春は、最後まで性格ゆえ周囲を見えてない状態ですが、素直に言葉に出せて少しずつ成長、恋人世話役:蒼ちゃんが面倒みてくれますね安心。可愛い恋人同士、とってもお似合いです。

1

顔ドーンのタイトルバーン

表紙とタイトルにかなりのインパクトを感じつつ手に取った本書。
馬鹿で愚図は大嫌いって、
どっかのドーラおばさんを思い出したじゃないか。

とにかく受けの性格が「意固地」!でした。
自分の気持ちを言葉にしない、
というかできない、ちょっとしたコミュ障。

でも受けが意固地な性格になってしまったのには訳がありました。
「意地を張ってすねてたら振り向いてくれるかな?」

好きな人に対してそう思って行動しているうちに
そうなってしまった、そんな感じの印象でした。

第一次反抗期をこじらせたまま育ってしまったような。

好きなのに好きって言えず、
じっと相手が自分に手を差し伸べてくれるまで待つ。

自分の気持ちを言葉にすることもなく、
ただ相手がこちらに振り向いてくれるまでと、
ずっと後を追いかけていたけれど…

攻めは受けが自分の後を追いかけてくることをうっとおしく感じていたようですが、
それが「好き」という気持ちからだということを確かなものと感じれるようになった時、
受けの事が逆に愛おしくなってきたようでした。

やっぱり「なぜそんなことをするのか」っていう理由が分かると、
ガラっと印象が変わって見えてきますよね~。

ツンデレ・クールというよりは意固地・コミュ障という印象の受けさんでしたが、
その核にあるものは、小さいころに形成されたものだったという部分には納得でした。

こういう意固地な子も扱いが分かると可愛いもんです。

2

惜しい

話を読んでいるだけなら、この頑なに真っ直ぐな子がナゼこんなヘタレ野郎にそこまで!となりそうなところを。あぁー…。何故だかスペックの高い人に手放しで好かれる微妙な居たたまれなさが分かるだけにツライ。このなかなかに動かしにくい2人を何とかまとめただけでも功労賞かもしれません。が、メインの2人と兄がしっかり出来上がっていただけに、背景がもっと詰まってたらもっと嬉しかったなぁと思います。仕事部分とか、兄との共同生活部分とか。何だかシンパシーを感を感じる自由な兄の生態ももっと見たかったです。

3

なんとなくな

実はこの一冊、帯のデザインが面白かったりします。
視点を変えてみると帯とカバーの組み合わせからも
なんとなく内容を類推できる様な気がするので不思議です。
敢えてこの配色にしたのか、それとも何となくか。
作品自体が言い知れぬオーラを纏っているので
そう思い込まされているだけなのかも知れませんが。

表題作も併録作も、起点と着地点を結ぶ線の
ブレを感じる事はないでしょう。
そう言う点では割合に安心して読めるかと。
ただ登場人物の気持ちに入り込み辛いと
少なからず難航するでしょう。

1

ぐだぐだ恋愛

湖水きよ先生のコミック、初読です。

超ネガティブなタイトルにびっくりしましたが、面白かったです。

「馬鹿で愚図は大嫌い」
幼なじみで兄の親友、蒼大(攻)が大好きな春(受)は、高校生になっても蒼大の真似ばかりしている。追えば追うほど離れていく蒼大を想い続ける春だが、大学に進学して久しぶりに会った蒼大から「鬱陶しい」と言われてしまう。

チビッコ時代から始まる幼馴染同士の刷り込み系ぐだぐだ恋愛。

傲慢ヘタレ攻×ワンコ受。蒼大が面倒見の良いお兄ちゃん→苛めっ子→卑屈ヘタレ攻と見事な進化(退化?)を遂げます。まともな攻が落ちぶれる様を見るのはどうしてこうも心踊るのでしょう。

登場人物達のズレてる会話が可笑しかったです。

「こう見えて純愛」
強面イケメンのきーちゃんはふられてばかりの陸をいつも慰めてくれる。

臆病なゲイに顔の怖い彼氏ができる話。最後のきーちゃんのセリフが胸きゅんでした。

「嘘も百回、恋は一回」
蒼大は、自分に合わせようと嘘をつく春が可愛くて仕方ない。

イチャイチャえっち。春のお兄ちゃん、夏喜が最後にちょっと再登場。出来の良いイケメン弟を持つ夏喜がおバカに振る舞いながら、何を考えていたのか気になります。「馬鹿で愚図は大嫌い」は、実は夏喜の言葉。そんなセリフが出てくるくらいだから、ゆるいおバカキャラと見せかけて相当な激情家?と疑ってます。ノンケっぽいけど、夏喜メインのスピンオフ希望!

6

大嫌い、大嫌い。だけど、それ以上に。

兄の親友、蒼大のあとをついていた春。
蒼大の真似をして高校、陸上部に入った。
しかし、いつも蒼大の真似をしていた春の方が陸上での成績も上回っていた。
後に蒼大は東京の大学へ、春はスカウトされモデルに。
音沙汰のなかった蒼大から会わないかと、誘われた。
そこで春に言い放ったのは、嫌いだった、という言葉だった。


自分より年下が真似をして付いて回るのは、可愛いものです。
親友の弟、なんてね余計に。
しかし、自分の方が先にしていたものを可愛がっていた子に
追い抜かれてしまうとや嫉妬に似た複雑な思いが生まれてしまいますよね。
このあたりの描写はリアルで、蒼大の気持ちが伝わります。

しかし、好きという気持ちは偉大です。
時として嫉妬や、それ以上の感情にも勝るのです。


もう一作、収録されていたこちらも、とてもよかったです。
やさしいのに顔が怖めで損しちゃう居酒屋の店主と
どうも男運が良くない子とのお話。
顔は怖いのに、でもめちゃやさしい人が好きです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う