恋するエゴイスト

koisuru egoist

恋するエゴイスト
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
44
評価数
12
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

高校生の橘初夏は、親の都合で叔父の久世貴明に預けられた。貴明は30歳独身で売れっ子の官能小説家。かつては憧れていたが、今の初夏は貴明を嫌っている。そんな初夏に、貴明はエロ作家らしいHなおしおきをしかけてくるのだが…!?

表題作恋するエゴイスト

久世貴明,初夏の叔父で官能小説家,30歳
橘初夏,高校生で貴明の甥

評価・レビューする

レビュー投稿数2

可愛いお話

小説家の攻め、ってかっこよくて好きなのですが、本作は「官能小説家」の「叔父」なので。
なんとなく……叔父にエロエロ地獄に落とされて快楽落ちする受け、みたいな話ではないかと予想していて、敬遠していた作品でした。

でも読んでみたら、受けの甥はプンプン怒ってはいるものの、そこそこ楽しそうに同居生活をしていて、叔父の攻めも、エロいことを多少はするものの、基本は甥を構って遊んでいて、エロエロしさはありませんでした。
むしろ、コメディタッチで明るい作風。
でも同時に、なぜ攻めは官能小説家になったのか、昔は仲良かった二人が何故仲違いしたのか、二人の心のすれ違いが明らかになっていく展開はさすがの凪良先生、おもしろかったです。

過去の、攻めの思いはとても切なくて胸が痛くなりました。
この二人がハッピーエンドを迎えられて本当によかったと思う。
短めだけれども、とても可愛い、良いお話でした。

2

可愛いお話です。

幼い頃、大好きだった叔父の貴明が官能小説家になり、それを嫌悪して避け続けていた初夏。二人が一週間限定で同居するところからお話が始まります。
ポンポンと弾けるように、コミカルにお話は進みますが、後半、貴明の処女作「恋」という作品を初夏が読むシーンで様子が変わります。
初夏がずっと昔に抱いていた淡い思い、それを思い出して再び貴明に向かい合う初夏がとても可愛らしく、いじらしいです。
凪良先生の作品は何作か読ませて頂きましたが、他の作品にある、心の裏側を描くようなシーンは少ないかもしれません。
それでも、擦れ違っていた思いが重なるシーンはグッときました。
可愛らしいお話だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ