大人しそうに見えて結構大胆だよな

となりのワカゾー

tonari no wakazo

となりのワカゾー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神45
  • 萌×246
  • 萌25
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
19
得点
484
評価数
118
平均
4.1 / 5
神率
38.1%
著者
沢マチコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
ISBN
9784047301009

あらすじ

真面目が取り柄のゲイの新木は若い男が苦手。
好みのタイプは誠実な年上の男。
それなのに引っ越したばかりのアパートの隣人は
新木が最も苦手な若くてチャラそうな干潟という学生だった。
その干潟に「あんたといると癒される」と
突然口説かれキスされてしまう。
好みじゃないのに新木の胸は高鳴り――!

表題作となりのワカゾー

干潟鈴20歳・美容専門学校生
新木充30歳

同時収録作品ワンデーコンタクト

レビュー投稿数19

あるある~

チャラい年下×生真面目な年上

攻めのやる気なく横柄な態度があまり好みではなかったんですが、しろひげ(猫ちゃん)を介して干潟の人となりを知るうちに惹かれく様子やちょっとした優しさ、実は真面目な姿が見えて良いこやん…カッコいいやん…ってなりました。

新木もおどおどしてるかと思えば、潔いとこもあって!うぶな雰囲気なのに腹が座れば積極的なのもギャップにやられちゃいます。

あるある展開も可愛いが散らばってました!

とにかく、しろひげも可愛くって、とっても癒されました。ふてぶてしさと可愛さが絶妙~
一番身近な猫ちゃん視点の2人って仲良さが倍以上に伺える気がします!!

もう1つの短編は睨まれてると思ったら…の目が悪い人あるある!
攻めがちょっと身勝手だけども、DKにほっこり?

どちらもあるある展開、さらっとしてました。

0

ほんわかだいすき

連載で読んでましたが、とても気に入って単行本を購入。
タイトルが内容をよく表していますが、ゲイのさえないおじさんの隣にこしてきたチャラいワカゾーとの恋の話。

全体にテイストがほんわかしていて、でもその中に、ワカゾーの純情やおじさん(ごめん、30はおじさんじゃないよね)のずるくもかわいい逡巡があってキュンとします。

マンションだから飼えないけど、こっそり二人で猫を世話するところから始まります。くっついた後もご主人様達のいちゃいちゃをあきれつつ見守る猫がかわいい。

0

男カップルと猫…幸せ

猫が取り持つ男と男の縁。うーんチロちゃん可愛い、描き下ろしは何と猫目線ですからね笑〜だにゃ〜するにゃとかほのぼのして癒されました。丸々表題作だったら神でした。

ペット不可のアパートで猫を飼ってる理由を知り、得体の知れない怖い若者ってイメージが変わって隣同士行き来するようになります。
ぶっきらぼうでチャラく見えるワカゾーの求めているのは癒しだったんですね〜年上の隣人へ向ける好意丸出しの表情が良くてキュンとしました。

酔った流れでキスしてからはお互いの事を着実に意識し始めるのですが、元カノの登場やペットの存在が大家にバレ出ていく事になったりとハードルがありました。
ワカゾー君が根はとても素直だし、年上の受けもきちんとダメなものはダメ!と優しく諭せる大人なのも良かったです。

一冊の中で割と色んな出来事が起こるのですが、終始ほのぼのとした雰囲気が崩れないのがスゴイなと。優しい絵柄とキャラのマッチングの妙でしょうか、とにかく癒されました。

2人のその後が描き下ろしで見られるのですがそちらも良かったです。お互いを尊重しながら穏やかなお付き合いが続いてる事にじんわり…そしてチロちゃんにほのぼの、でした。

2

ちょっとずつ詰まっていく2人の距離

表題作シリーズと短編が1作品収録されているのですが、私はたまたま短編の方を雑誌が電子配信されているときに読んで、ヤンキー物だったので記憶に残っていた作家さんでした。
単行本として読むのはこの作品が初めてです。
表紙の色と雰囲気が日常の一コマで優しい雰囲気で和みます。
手すりを猫ちゃんが歩いていますが、この猫ちゃんもこの作品の重要なキャラ。
たまたまアパートの部屋が隣になったなんの共通点もないような2人ですが、あることをきっかけに2人の距離がだんだん縮まっていく過程が良かったです。
お互いのいい所を認めて自分もそれを見習って2人とも成長していっています。
派手な出来事は起こらないのですが、日常の平凡な出来事が描かれていて身近に感じられる作品でした。

同時収録作品は学生モノで、優等生とちょっとヤンキーの学生のお話。
優等生が人が良すぎるのですが、ぽわ~とした子で可愛いです。

3

三十路男と、シロにゃんこがかわいい!

やさしい感じの絵で、
サラッと読める一冊です。

表題作は、
年上地味眼鏡黒髪受けが
ときどき垣間見せるギャップに、
年下美容系チャライケメン攻めが
キュンキュンムラムラ堪んねぇ!
でもって非常に癒されるっ!
と、いうようなお話でした。

年上受けは物静かなタイプだし、
年下攻めはそれほど強引なタイプではないし、
擦れ違いはありますが、激しさなどなく、
穏やかに時間が流れていく感じがしました。

その空間にシロヒゲと名付けられた白猫が、
愛らしい姿を見せてくれるのですから、
攻めだけではなく、読者も癒されるんじゃないかと。

駄目なことは駄目としっかり言えて、
大人な考え方ができる年上受けの魅力が
光った作品でした。

チロちゃんこと、シロヒゲ視点の
描き下ろしには、仲の良いふたりのご主人
が描かれていて、頬がゆるみました。


同時収録の「ワンデーコンタクト」は、
BL未満な男子高校生の初々しさが
とてもかわいかったです。
(ここにもいました!お弁当男子!
 後輩君は、先輩君に胃袋つかまれちゃいました。)

1

三十路男に癒される若者

今時のチャラい若者が地味で真面目なオッサン(失礼)に惚れて変わっていく様は可愛いですな。
といってもまだ30歳で割と童顔なのでオジサンではないかな。

ワカゾーこと干潟くんはポーカーフェイスのイケメンですが、女性関係が適当で新木曰く何を考えているのか分からない。

でも根はいい子なのでタバコのポイ捨てを注意されたら素直に拾うし、将来に向けて頑張っていたりします。

元々若者への苦手意識もあり最初はぎこちなかった新木ですが、干潟の飼い猫シロヒゲの可愛さにやられいつの間にか頻繁に家に行くようになり、干潟もそんな新木に癒しを感じ···

新木に不誠実だと言われ女の子ときちんと方を付けて来る所や、苦手な敬語を使おうとしたりと新木の為に変わろうとしている姿はキュンとします。 
告白シーンはシンプルな台詞だからこそ自分の言葉で伝えなきゃという思いが伝わってきて良かったです。

一方新木も“若者"というひと括りで捉えていた物が干潟と接するうちに自分が思っているような若者ばかりではないと考えるようになります。
そしてやっぱり若者は苦手だけど、干潟
の事は好き、と返事。

しかし新木さん「大人しそうな顔してけっこー大胆なんだな」の言葉通り、盛り上がって来たらそのまま台所?玄関先?で始めちゃいます。いきなり口でご奉仕ですよ。(しかもうしろも準備して来たとか···)
ここはちょっと駆け足だったかな~
立ったままとか。
せっかく2人の初めてなんだからもう少し丁寧でも良かったと思いました。

その後すぐ引越し屋さんが来てバタバタと取り繕う感じは可愛かったです。

同棲してからの話はすれ違い···と思いきや結局ラブラブでした(笑)

飼い猫のシロヒゲ目線の話も面白かったです。こちらも甘々です。
ごちそうさまでした♡

1

三十路を舐めちゃダメです

「となりのワカゾー」ってタイトルだったのでどんな頑固親父が出てくるのかと思いきや、普通の地味メガネさんでした。

受けの荒木さんはワカゾーという言葉を使うキャラには見えないので最初は少し違和感あったのですが(職場が年配者相手にしてたのでうつったのかな?)真面目で料理上手で情に脆くて優しくて、表紙イメージままでした。

攻めの干潟は、あー!いるいる!って感じの若者。地味目な人に対して上から目線な話し方とか気怠く喋るとことか。最初はチャラいし捻くれた子かなーと思ったけど、普通に素直で可愛げがあってイイ子でした。猫好きで可愛がってる姿は可愛い。

そんなこんなで興味本位で干潟からグイグイ来られて、苦手なハズのワカゾーに絆され始めてたらチューされて、干潟の真意が分からずグルグルしてる新木さん。そのまま流され受けかーと思いきや、スイッチ入った時のギャップが!!!\(^o^)/

いつまでも若いモンにイニシアチブ取られてばかりじゃないよ?
おっさん舐めてちゃダメだよ?
と言わんばかりのお口でしてー乱れてーって美味しい+゚。*(*´∀`*)*。゚+
思わぬ新木さんのエロさに干潟がたじろぐ姿も良かった……!

お付き合いが始まった後も、干潟の方がハマってる感じにニヤニヤ。
新木さんは大人の余裕が見られてイイですね!
だらしなかったノンケ年下ワンコが年上の男に嵌るのを美味しく頂けて萌えを楽しめました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

3

受けも攻めもどっちこイイコ

ゲイで年上好きの主人公が隣に住むチャライ若者と恋に落ちるというストーリー。

若い奴は性にだらしないとかすぐ切れるとか、つらつら書き連ねる様子は面白い。
確かに攻めキャラの干潟は見た目はチャラく、えらそうでちょっと女の子にだらしないけど、動物に優しく根はまじめでひたむきです。
二人とも「いいこ」なので無難にまとまったお話だなぁという印象。
癒しを求めて読むには、かわいくて優しくてあったかくてよかったです。
年下攻めが好きな人にもオススメだと思いました。

そこまで起承転結の大きな作品ではなかったのでさらっと読めてしまうのですが、短編でなくじっくり出会いから恋に落ちて同居するまでを追っているのが丁寧です。
主人公の新木がかなり地味な外見で、途中で干潟にヘアセットをしてもらうシーンがあるのですが、それでもかなり地味。
個人的には美形よりも地味顔に萌えるので、攻めがチャラくて受けが地味という外見のギャップもよかったなぁと思いました。

2

ふわっと読む分にはいい感じ

優しい色づかいの表紙に惹かれて購入。
表題作(全4話+α)と読み切りの短編が入っています。

表題作は、「誠実」で「真面目」な「年上の男」が好きで若者に対しては偏見を持ってる30歳地味男〔新木〕が、自分の心とは裏腹に、タイプとは正反対のチャラそうな隣人の20歳学生〔干潟〕と恋に落ちるお話。

ふわっと読む分には良かったです。
ただこれ多分作家さんご自身の心の中が無意識に投影されちゃってるのかなって思うんですけど、新木さんの発言がどうも全体的に上からなんで、そこが読んでて気になっちゃう。というかもにょる。若者に対して十把一絡げに偏見を持ってたけど、ちゃんとした子もいるんだなぁみたいな。そういう考え方で他人を見ちゃう人。
実生活では仲良くなれないタイプの人なんで、干潟君はこういう人が好きなんだね~ふ~んって感じになってしまった(^^;
攻めに同調して受けキャラを愛でながら読むことが多いんですけど、この作品はそれが出来ずでした。
なので私情を入り込ませない程度でふわっとさらっと。
ストーリーは安心して読めるテンプレものです。

しかしこの地味男、やるときはなかなかエロい顔します。
性的な匂いが一切しないのに、なかなかの魔性キャラだわー。
このギャップ嫌いじゃないなぁ♡( ´艸`)

萌評価は干潟が飼ってる子猫のシロヒゲちゃん(♀)に捧げます。
最後のシロヒゲ目線のショートストーリーが可愛かった♪
これもある意味女子目線?(笑)

同時収録の『ワンデーコンタクト』は、目が悪い人あるある的なお話でした。

2

嫌いが好きになる瞬間

好みのタイプは
誠実、真面目、年上の男
そんな真面目な新木さんが、隣に住んでいる苦手な年下のワカゾーに一言言ってやりたくて玄関の前で文句の練習をしています。いざ、出陣。ピンポーンと押して出てきたワカゾーにやっぱりドギマギして上手く言えなくなる新木さん。そしたらワカゾー笑うんです!!5分前から覗き穴で様子伺ってたって。あんなに練習してたのに実際言えないなんて~と笑うんです。その時点で本当こんにゃろってなりますよ。ワカゾー姿が、凄い鮮明に書かれてて、この二人がどう結ばれるのか…とワクワクしながら読んじゃいました。
きっかけはにゃわい~猫ちゃんのしろひげ。しろひげをきっかけに交流を持ち家に上がりお酒まで飲むようになり…キスもセックスも全部遊びと言い切る干潟。
不誠実、不真面目、若い男
好みと全く真逆な男にキスされて やっぱり最低と思いつつも心臓のドキドキが止まらない。新木さん、それが恋ですよ~!!きゃ~!!
夢に向かって一生懸命な普通の学生、将来に向けて勉強していて、猫が大好きな普通な子。そんな思いに変わっていき…恋自覚。そこからも山場があって最終的にハッピーエンド。
嫌いなタイプを好きになってしまう姿が凄く丁寧に、自然に描かれています。エチ最中にしろひげに見られて○×△~~と目を丸くする新木さんめちゃかわええ。最後のしろひげ目線のご主人二人の姿も可愛くて 最後まで楽しめた一冊でした~♪

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う