ミルクがでちゃう

milk ga dechau

ミルクがでちゃう
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×211
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
51
評価数
14
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大都社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864950848

あらすじ

家族にも誰にも言えないその秘密を、俺・悠希はずっとひた隠しにしてきたのに、幼馴染の斗真に知られてしまった…!

乳首の秘密と嘘から始まるエロティック萌えLOVEストーリー

表題作ミルクがでちゃう

斗真 大学生 悠希の幼馴染
悠希 大学生 斗真の幼馴染

その他の収録作品

  • 番外編・あの頃

評価・レビューする

レビュー投稿数4

超・敏感体質♪

男なのに乳首からミルクがでちゃうって、電子発ならではのとんでも設定なんですが、紙本化されて3巻まで続いたシリーズだけあって、ただの乳首責めじゃありません!

悠希はミルクがでちゃう体質なのが幼馴染の斗真にバレ、斗真におもしろ半分で味見されると、吸われた感覚が気持ち良すぎて、二人は濃厚なキスまでしてしまう。
そして斗真に吸われた気持ち良さが忘れられない悠希は「乳首が張って痛いから」と嘘をついて、日々、斗真にミルクを吸ってもらうエロライフの始まり…

乳首吸いってエロプレイも、超・敏感体質の悠希がめちゃくちゃ感じてるのも、ほんとにエロエロなんだけど、幼馴染が気持ちを伝えあうとことか、ちゃんと恋愛の部分も描かれていて、エロプレイも愛があってこその気持ち良さっていうのが感じられるんです。

シリーズは3巻完結。幼馴染が恋人になる1巻がいちばんおもしろいかな。
3巻とも乳首責めですが、作者さんが乳首を気合入れて描いてるし、乳首責めもあの手この手と工夫してるので飽きません。
乳首責めプレイもさることながら、悠希の超・敏感体質はなかなかの見物です♪

0

単なる乳首攻めでなく

タイトルがインパクトのある作品。
中身はライトですが予想を裏切らない感じです。

乳首からミルクが出るという特異体質の悠希。
その秘密を知ってしまった幼馴染の斗真に胸を吸われてしまいその快感にはまってしまいます。

あんまり今まで乳首攻めものですっごくえろいなあと思ったことがないのですが、この作品はすごくえろかった。胸だけでこんなにえろく描けるのはすごいと思いました。
新鮮というか、とてもインパクトがあります。
単なる乳首攻めでなく「ミルクが出る」という内容が面白かったです。

あんまりなぜこんな体質なのか?ということにフォーカスしないでこういう体質なんだよ、とさらっと流した方が楽しめるというか、ストーリーよりはえろ重視だと思いました。

後半は胸から出なくなって下(局部)からミルクが出るという内容に…しかし見ている方には下からミルクが出てても読み手には普通に精液に見えてしまうというか…^^;乳首攻めに一貫したほうがブレなくてよかったのではないかと思いました。

カップルは同級生で幼馴染です。
ややツンとした主人公が可愛かったのですが、えろから入った関係なので恋愛部分はややあっさりな印象。しかしだからえろに徹底したほうがよかったのかというとそうでもなく、このくらいが結局いいのかな、といううまくまとまった感じでした。
さらっとライトなノリを楽しみたい方や乳首攻めが読みたい時にオススメです

1

乳首攻め好きなら是非!

題名のミルクは下の方ではなく、なんと乳首の方。
ただ乳首からミルクが出て、それが幼馴染にバレて食われちゃうだけなら、エロおバカなギャグだなぁ、で終了なんですが。
それなりにストーリーもしっかりしてて(乳首からミルクが出る以外では、王道な展開なのは否めないですが)、恋人として甘々になって、その理由もちゃんと判明しそうな気配。
まだ続くそうなので、どのような展開が待っているのか、はたしてミルクは出なくなってしまうのか!?
先が楽しみです。

1

雄っぱいだらけ

うそみたいに笑っちゃうようなことを
私はよく「マンガみたい」と言いますが
まさに漫画なのにマンガみたいと言いたくなるような
ちょっとくだらないけど、笑えて萌える作品です。

ある日突然乳首から母乳が出るようになってしまったという誰にも言えない
秘密を持っている悠希。
そのことを幼馴染の斗真に知られてしまい・・・
ふざけて乳首を吸う斗真に最初は抵抗するも、なんだか気持ち良くなって
吸われることが快感になり、だんだん病みつきに・・・

最初は興味本位から始まったことが
だんだん二人の気持ちに変化が起きて
お互い体だけでなく気持ちも必要としていることに気づきます。

最初から最後まで、乳首乳首乳首のオンパレード!
乳首好きにはたまらない1冊だと思います。
ほぼ全ページに乳首が出てきます。
そしてSEXシーンこそほとんどありませんが
全体の半分は乳首攻めのシーンでいっぱいです。
ありえないような笑っちゃうお話なんだけど
憎めない主人公の二人が頑張ってるのを見ると
まあこんな話もありと言えばありなのかな・・?
話の流れとしては、有りがちな展開だと思います。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ