山田くんと田中課長

yamadakun to tanakakachou

山田くんと田中課長
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神37
  • 萌×241
  • 萌22
  • 中立8
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
30
得点
423
評価数
109
平均
4 / 5
神率
33.9%
著者
夏水りつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784832289352

あらすじ

ある日突然、手乗りサイズになってしまった田中課長と
お世話係に指名されたクールな部下・山田の
ときめきサラリーマンラブコメ
大幅「未収録&描き下ろし」収録で遂にコミックス化!

表題作山田くんと田中課長

(攻め受け未定)山田(会社員・部下)
(攻め受け未定)田中(小さくなってしまった課長)

その他の収録作品

  • はじまり編/番外編
  • 出社編/クリスマスSP
  • 鈴木主任編/番外編
  • 猫カフェ編/眼鏡編
  • 買い物お着替え編
  • 大阪出張編
  • おまけの山田くんと田中課長
  • もぎたて作家フェア❤︎宣伝漫画
  • 犬も歩けば山田にあたる・番外編
  • 山田くんと田中くん(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数30

昭和と平成

あまり上手に読めないのでコミックを物色しません。なので、本作を知ったのがつい最近。今更なのですが色々と思う所があったため、感想を書きます。

本来、レビューに他の作品を持ち出して比較するのはあまりよろしくないと思っています。ただですね、私がこの本を読んで感じたことを『古の貴腐人』のみなさまに吐き出したい欲望を止めることが出来ません。お許しください。

昭和の女である私にとって『主人公が小さくなる話』としてまず思い出すのは、4度もドラマ化された『〇くんの〇人』というあの話なのです。
私はあの原作が大好きで。
まず、何と言っても小さな体はエロ可愛らしい。
それと、恋人と2人だけの秘密の暮らしというのもよろしかったんですよ。
でも、結局そんな暮らしは続けていけなくなるのですね。小さいから。
このラストの悲しさがリアルだと思っていたんです。
かわいいままで、エロいままで、そして大人にならずに生きていくのは無理だと思っていたんです。

それなのに田中課長は何ということでしょう!
かわいくてエロくて、子どもの様にピュアなまま生きている!
読み終わって思いましたね。
そうか、これが平成か。

そもそも、会社内では田中課長が小さくなったことは秘密でも何でもない。
取引先の皆さんも♡を飛ばして商談が上手く行ったりする。
昭和の時代にはこっそり自分の手元に隠さなければならなかった『エロ可愛い小さなマイノリティ』は、平成の終わりには『社会のアイドル』になっちゃった。
もう隠す必要はないし、物語の終わりには必ず悲劇を以てして大人への階段を昇る必要もありません。

激しく爽快な気分です。

1

買うには注意が必要

作者買いした先生の作品で、この本も購入しました。

ですが、先生の通り抜けシリーズ既刊に乗っている話が六割位あり…。
まとめの本と思えば良いと思いますが、新しいお話が少なくて淋しい印象です。

正直、この話だけ単行本に纏めるなら、他の通り抜けシリーズの本に入れる必要があったのかと思ってしまいます。
そのページ数だけ他キャラの話が読みたかった。
大変失礼ですが、無駄買いした印象です。

このお話が好きで、一気に読みたい方にはお勧めします。

0

「大好き!」それは魔法の言葉。

『やまたな』シリーズは、「ブルボン家」や「ナッツ学園」と同様に、オチが無く、延々と「萌え」だけを綴っていく物語だと思っていました‼︎ なので魔法(?) が溶けて、課長が元の大きさになるなんて⁈
とても驚いたし、そもそもの理由はわからないままですけど、とにかく‼︎ この物語にオチが着いたというのが驚きの他ありません‼︎

なーんとなくエッチな妄想を読み手側にもたらしてしまう、小さな課長の一生懸命さ。
私は、バックから攻められているかの様な、赤らんだ顔と喘ぐ様に上向いている課長が、実はクリスマスのクラッカーを引っ張っている、というシーンが好きです。
このワンシーンが『やまたな』の全てを物語っている様で。
課長にとっては何気無い一コマが、エッチな妄想をかき立てるといいますか、
実に夏水先生らしい、妄想癖とファンシーさ。
鈴木主任の「×××とか×××に使っちゃったのか?」なんていう不穏当な言葉もエッチくさい。
しかし×××って、何を妄想してるんだろう?
エロシーンを描かずして、これほどエロい漫画もそうそう無いかと思われます。

物語はいずれも「犬恋」に掲載されていた短いものを一挙に公開しているので、「犬恋」を読み進めて来た時間の経過と共に、山田くんと田中課長が共にした時間の積み重ねが感じられる様で。
2人の気持ちが寄り添っていく事が、無理も無い気がするんですよね。
互いに意識し合って無い様でいて。していて。
なので、私にとって、課長がゲイである事を山田くんに告白したのは衝撃でした。
このファンシーな世界観の中において。いきなりのシリアス展開をブッ込んでくるとは‼︎‼︎
月あかりの中で、一瞬、元の身体に戻ったかの様な幻影と。愛を囁いたわけでは無いけれど。
確実にそれはロマンティックで、映画ならきっと。キスシーンになる様な。
このシーンも泣きたくなるほど好きです。山田くんはこの時、何かを感じてくれたでしょうか。

「大好き!」という、花の王子様に貰った魔法の言葉も効いていて。
あの王子様がやたらと可愛く「大好き!」を連呼していて、ものすごくファンシーなんですけど、
それがここに繋がるんだ‼︎ という、心憎さ。さすがです!
何だかんだ言って、シンプルな言葉が一番。それが心に届く魔法の言葉。
大人である課長が、山田くんが、それを放つ時はもう少し先になってしまうと思うんだけど、
きっとそれは。恋になると思うから。彼らのその後を見てみたいと思ってしまう。
宜しかったら、それは夏水先生らしいエロ増量版で‼︎ 全くの別物になってしまうと思うけど‼︎

山田くんの、肩幅と胸板は厚そうなのに、キュッとしまった細腰が好きです。そそられる。
キリリと小さなヒップも。「一瞬でメロメロになるか、試してみます?」という、山田くんのセリフが気になって仕方が無い‼︎ むしろメロメロになるのは山田くんであって欲しい‼︎ 低温男子の山田くんがメロメロになっているところを見たい‼︎ 熱望します。

同僚の皆さまの「わおわおわお」と課長を取り巻く様子も好き。「仕事しなさいよ〜」と、優しく注意する部長も。小さくなっても、元に戻っても。皆んな課長が好きなんだろうなっていう温かい職場なのよね。

1

可愛い。。。

うあん可愛い。。。。。可愛いって言いながら読んだw
でも二人がもっとエッチなことやらないかなって期待したかも。。
小さくなったから、なんかいやらしいことばっか考えちゃったw
大きくなってからの次の話が読みたい~

1

まさにホッコリ!ほのぼの!

夏水先生の「ヴァンパイア課長」を読んでホンワカっぷりに癒されていたところを
『山田くんと田中課長も同じタイプだよ』と教えてもらい、今更ながら読ませていただきました!

なぜ今まで読んでいなかったんだって反省するくらいに田中課長の可愛さと山田のクールっぷりにハマっちゃいました♡

お人形さんサイズになっちゃった課長のお世話を無表情で淡々と熟す山田が可愛かった!!!
同僚たちに羨ましがられつつもちゃっかり独占欲的なものも気付かないうちに身に着けやがってぇ~このこのぉ~っ♪

描き下ろしを読んできっと二人はこれからもこんな感じで続くんだろうなぁとホッコリなりました!

2

BL版、親指姫だわ。

評価が高いので読ませていただきました。
個人的に[アーモンド…]が好きです^m^

1冊になるまで6年間を経ているとの事ですが、気が付かないくらい作画に変化はないし、絵柄が安定してらっしゃるのだな、とホントに!びっくり!感心いたしました。

BLはファンタジーと言われてはいますが…主人公たちがサラリーマンという思い切り現代のリアルな設定でありながら、ストーリーは親指姫の如く童話のような背景、二つの世界観を上手く融合されており、面白かった。

fairyのようなかわいい課長さんに対し、黒髪、寡黙の山田君も好みのタイプでした。飽きる事無く最後まで楽しく読む事が出来ました。

がっつり!BがLのお話を読みたい方には物足りない一冊かと思いますがっ…

読み終わった後の思いは…課長さんが元に戻ってからの二人のラブをがっつり見たい気持ちと、このまま二人の淡い恋心を想像してほんわか綺麗に終わるのもそれはそれでよろしいのか…と思う気持ちとの葛藤で…。むむむ…

まだ読んでいらっしゃらない方は、是非、読んでこの気持ちの葛藤と戦ってみて下さい。


1

一冊も満足です!

とうとう一冊の本になりましたね!
読み返してみて、あれ?最後に大きくなった課長と山田のラブがあったような?と思ったのですが、今後を予感させるような終わりでしたね。

課長の世話をする山田がクールででもマメに世話してて良かったし、課の皆さんがとても面白かったです。みんなが課長の世話をしたがってても山田は譲りません。
課長が可愛くて!いろんなイベントや撮影会、山田がボコられたり楽しかった。

大阪で迷子になったときのメルヘン展開はヤラレタ!でも山田の事を強く思ってましたね。山田も必死で課長を探して。

これはこれでこの終わりかたでいいのかな。
一冊の本にしてくれてありがとうございました。

0

反則的可愛さ

BL感というよりも童話やファンタジー感がある作品だと思います。可愛らしい小さくなってしまった課長・田中の冒険日記のような・・・ でも田中課長が可愛すぎて可愛すぎてBL感がなくても全然OKです。お世話係で部下の山田君はツンデレですね。なんだかんだいって課長のことを甲斐甲斐しく面倒をみて、ちょっと山田課長に癒されているし!この話自体にどんな終着点が待っているのか分かりませんが大きく元に戻った課長と部下の2人がどうなっていくのか気になってます。そこからはBL的展開が待ってますよね!期待してます。

2

はぁ、好きだなぁ。。。こういうかわいいお話。

何かに収録されていたこのお話をちらりと読んで気にはなってたけど、まぁいっか~的にスルーしてました。

しかし!
一つ下のみみみ。さんのレビューにある「「しょぼしょぼマン」と萌えの種類はそっち系」というのに、ピピッ!とセンサーが反応しまして、読んでみることに。みみみさん。どうもありがとうございます♪
(あ、「しょぼしょぼマン」は一般でBLじゃないけど、心優しきイケメン君やらヤンキー君やらが登場してめっっっっちゃ癒されます。)

リカちゃんサイズに突然ちっちゃくなっちゃった課長とお世話係として任命された山田くん。
課長のことは以前から小煩いなぁ…と思ってたのにお世話係になっちゃって、ったく、しゃーねぇなぁ…ってな感じでお世話をしていくことに。

恋愛萌え方向ではなく、かわいいものを愛でる系の萌え。ほんとそのとおり。かわいい。癒される。
だけど、気乗りしなかったはずの山田くんがなんだかんだとお世話して、クールな態度は全く崩さないのに微量な独占欲を滲ませるところにも萌えます。

ウールのスリッパを寝床にしちゃったり、ペットボトルの蓋で乾杯してみたり…っていう描写も、小さい頃のお人形さん遊びを思い出させてくれてなんだかいいんです。

はぁ、好きだなぁ。こういうかわいいお話。

2

なにこれ!めっちゃかわいい

この表紙、色使いがすごく好みなので発売時から目には止まってたんですが、リーマンはいいや〜とでも思ったのか、試し読みをすることもなくこれまで全然スルーしていまして。
表紙買いしとけば良かったね。

この表紙の絵ってデフォルメされてる訳じゃなかったんだ!
課長は実際にこのサイズ感なのね。
今BL以外でドハマりしてる「しょぼしょぼマン」っていう漫画があるんですが、萌えの種類はそっち系ですね。
BL的な萌えではないけど好き。
山田くんと田中課長のやりとりにほんわ〜〜〜と癒されます。

ある日突然小さくなってしまった田中課長を、部下の山田くんが肌身離さずお世話するお話。
ラブ要素はないです。
でも萌え萌え( ´ ▽ ` )
課長が可愛くて萌えるのはもちろんのこと、低温イケメンな山田のキャラもいいんだ。
ふたりのやりとりに気を抜くと顔が緩んでしまう。
外で読んでも安心な内容だけど、読んでる自分の顔確実にキモいから外では読めない。笑

BL展開して欲しいけど、BL展開しない2人の関係が萌えな気もするからこれはこれで◎かな。
課長可愛いよ〜

【電子】booklive版:修正-、カバー下○(漫画等ではなく絵柄)、裏表紙○

2

みみみ。

フランクさん、コメントありがとうございます!

フランクさんもお好きでしたか!嬉しいなー。
良いですよねー!読むたび癒されまくってます。
勝手に「イソフラボンBL」と銘打って読んでて、私の中ではしょぼくんとわるくんはリバカプです。笑

フランク

みみみ。様

突然のコメントで失礼いたします。
この本を買おうか迷ってレビューを見たところ、まさかの「しょぼしょぼマン」のキーワードがあったので、いてもたってもいられなくなりコメントさせていただきいました。
「しょぼしょぼマン」いいですよね!!!私もツボって仕方なくてどハマりしてます。
そしてこの本も買います。参考になるレビューどうもありがとうございます。

フランク

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う