既婚者ですけど、何か? (2)

kikonsha desukedo nanika

既婚者ですけど、何か? (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神64
  • 萌×239
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
505
評価数
117
平均
4.4 / 5
神率
54.7%
著者
桐乃まひろ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
シリーズ
既婚者ですけど、何か?
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861348020

あらすじ

ゲイでプレイボーイの部長・御門は、体育バカで超ピュアな新入社員の芹沢と出会う。政略結婚で失った欲望を刺激され、芹沢相手に妄想・セクハラし放題の御門。鈍感な芹沢もついにそれに気づき距離を置こうとするが、逆にスキンシップを期待している自分に気づく。御門への恋心と不埒な衝動を抑えようと思い悩む芹沢。一方御門も、そんな芹沢に次第にペースを乱され、ときめいてしまい…!?

表題作既婚者ですけど、何か? (2)

芹沢啓太,新入社員
御門玲,部長,既婚者

その他の収録作品

  • 今になって気になること(描き下ろし)
  • レモンシャーベット(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • 爪ひっかけたニャ(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

個性の強い作

ギャグが面白かった!笑った。心が動いた。続きが読みたい!
BLとしてではなく漫画としてのエンタメ力、今季最高です。
とにかくこのまま突き進んでほしい!
今いちばん続きがきになる作品です。

5

お気に入り!

ランクインするような派手さはないものの、お気に入りの作品です!
たくさんBLを読んできて、印象に残っていたり読み返そうと思える数少ない作品の一つです。
奥さんとはお互いお見合いで政略結婚で。天然同士、恋愛感情はないまでもお互いを大事に、ほのぼの夫婦をしていたけれど、奥さんが内面的に成長して自立することに。
2人ともほんとに、天然でかわいい人たちなので応援したくなります。

都合のいい話かもしれないけれど、奥さんと別れたところで、主人公と部下の気持ちが盛り上がってきました(*´艸`*)
はじめの方は主人公が攻めてセクハラしてたのに、気持ちを自覚した部下の攻めの本能が目覚めてきました(✧Д✧) カッ!!
襲いたいところを抑えてる部下がエロくていい!主人公の妄想も本格的に抱かれる側になってきててエロい!
個人的には電話のシーンが好きです。お互い気持ちがあるのに抑えてる、みたいな緊張感がいいなと思います。

次巻が楽しみです。

2

まさかの逆転?!

1巻でかなりドキドキなところで終わったので、鼻息荒く2巻を読み始めました。はい。……ですよねー。このパターンで前回何回騙されたことか!

でも、やっぱり期待を裏切らない面白さです。
芹沢がどんどん部長ラブになってきて、今にも押し倒しそうなのに呼応してか、部長の方も芹沢のふとした男っぽい表情にメロメロになってきて、あのバリタチの御門玲さまがまさかのネコ妄想?!

離婚もしたし、豚猫もいないし、あとは一気に口説きおとしてー。

1

恋に落ちて…

さて、1巻ラストのキスシーン。これは現実か妄想か…というところで2巻に続きましたが、やはり妄想でした(デスヨネー)。
ただ、これは御門ではなく、芹沢の妄想なんです!
御門で・は・な・く、芹沢の妄想なんです!!(大事なことなので2度言いました)。
毎日一緒にすごしていたせいなのか、それとも御門の妄想癖が感染したのか、セクハラ行為の意味を理解したからなのか、いつしか御門に恋してしまっていた芹沢。
そしてさすが体育会系。自分はバイかもしれない。自分は御門部長のことが好きなんだ!と、うだうだ悩まずはっきり自覚、肯定するところが素晴らしい。
しかし、既婚者であり、同性であり、自分の上司でもある御門に何かしでかすかもしれない今の状況は非常に危険。御門に何かやらかす前に退職願を準備する芹沢。
ところがそんな時芹沢の父が詐欺まがいの事件に巻き込まれ、パニックになった芹沢は御門に助けに求めることに…。
御門のお蔭で事件は解決。一度は御門の側を離れようと決意した芹沢でしたが、「君は俺にとってなくてはならない大切な存在なんだ」と言われ今まで通り御門の部下として働くことに。
しかし、御門に恋してしまった芹沢は、どんどん雄の顔になっていき…。

…あれ?そういえば御門部長?タチ専でしたよね???
それなのに芹沢の妄想に出てくる御門も、御門の妄想に出てくる御門も何故かネコ!!
今までは欲求不満の妄想のネタにしていただけの芹沢に本気で恋をしてしまった御門。
なんとか想いを振り切ろうとしますが、ある日、奥さんから、離婚を切り出されてしまいます。
一瞬落ち込みはしたものの、なら夜の帝王返り咲きとばかり夜の街に繰り出しますが、なんと勃たない…。

それぞれの少しだけ遅すぎた本気の恋が動き始めた2巻。
1巻に比べるとギャグは少な目でしたが、とても楽しく読めました。
特に、描き下ろしの「レモンシャーベット」。
お嬢様故何も自分でやってこなかった、何も教えて貰えなかった、
それを認め、一生懸命頑張る御門・妻を本当に応援したくなりました。
恋愛感情ではなかったけれど、御門と奥様の不思議な関係もとっても大好きです。

この作品、本当に嫌な登場人物がいなくて、それぞれが陰で一生懸命努力している姿も素晴らしい。
ともかく前向きな登場人物に元気をもらえる作品です。

エロ少な目でもこんなに満足出来るなんて…。

恋におちて、何もかもが変わって、新しい明日にチャレンジ出来そうになるこの作品。

ギャグだし、少々変態な部長も出てはきますが、大好きな一冊です!

1

芹沢ターンがきた~!

1巻で取り込まれてからも~夢中です!
御門と芹沢のキスで終わった前回…まさかの芹沢ターン!!!
一気読みだったので、振り返って楽しむ時間がなく、あのキスシーンの意味を考える余裕がなかった。

まさか芹沢の妄想だとは…一気にテンションがあがる面白さで、またまた夢中><
御門に劣情を抱いて葛藤する芹沢に、今まで通りセクハラ三昧な御門ですが、
既に御門への気持ちに気付いてしまった芹沢には堪らない拷問状態。
気持ちの持ちようが変われば、同じ行為も意味が変わっていく…心の声とともに、
触られる芹沢の心地よさそうな表情がエロくてゾクゾクする!表情描写の上手い作家さんだなぁ…。

上司で男性の既婚者に恋した芹沢が葛藤する描写が、コミカル、シリアスに描かれています。
他人様のものを横取りしようなんて…芹沢が想像する一コマに、
晴子が赤ちゃんになったバビーをおぶる場面は爆笑>< ブサイクなバビーに笑いました~バビー最高!

離れようとした芹沢は父のトラブルを御門に助けられ、
御門に必要とされていると知り、側にいることにした芹沢ですが御門への劣情が止まらない。

セクハラ部長御門ですが、毎度トラブル時の対応能力のカッコよさが抜群でギャップ萌えです。

そして、今までと違う芹沢の反応の変化に、御門も少し戸惑いを感じつつ、芹沢に抱かれる妄想を…。
タチ専の御門が受け妄想…1巻では受け感を出していた芹沢が、2巻では猛獣で明らかな攻め感。
やっぱり御門が受け?と、違う妄想で読み進めながらドキドキして楽しめました!このターン大好き!

活力の元でお気に入りのずりネタ相手と思っていた芹沢に、本気になっているかもしれない。
気持ちをなんとかごまかそうと晴子との時間を増やす御門が、
妄想だけでなく現実でも芹沢にかき乱されていく…。

働きに出てから晴子がどんどん元気になって、お嬢様だった晴子が社会に出て成長していく、
自信をもって輝く様子は見ていて元気になります。
離婚するだろうと予想はついていたんですが、この展開が一番しっくりくる。
御門は晴子を性的対象にはできなかったけれど、
パートナーとして支えあっていた事が解る描き下ろしで、御門が精神的に辛かった事が理解できました。

独身貴族に戻った御門ですが、夜遊びを開始しても以前のようにはいかず、しかもたたない。
芹沢だけに反応するカラダ、本気で好きになった相手はノンケ部下という現実に打ちのめされる御門。
独身の御門を狙う女子社員に焦りを感じた芹沢が、肉食になって動き始めるラスト…。
二人がお互いを観察しているような、なんとも言えないジレジレ感が堪りません><

きゃ~~早く次!
ですが、描き下ろしも見応えありでした。芹沢のニップルピアスの詳細から、
ニップルピアスを知った御門の妄想…実は出会いから何もない顔してニップルピアスをつけていた芹沢。
シャツの襟とネクタイ、スラックスはそのままに、上半身裸にニップルピアス…描写が最高ですよ。

0

やっぱ御門部長は受でしょう!

え!こんなとこで続くの⁉︎
というラストだった1巻から一年。
ほんとに待ってました!

ギャグ度は1巻のほうが上だけど、ふたりに恋心が芽生えた2巻は、萌えとか滾るところがいろいろありました。
なんといっても芹沢に本気でホの字になった御門がかわいい!
前巻では攻め受けハッキリしてなかったと思います、両バージョンの妄想があったので。
でも御門受を信じてやまなかったので、今回これでもう間違いないですよね!

前巻ラストのキスは芹沢の妄想で、芹沢はそれをきっかけに御門でよからぬ妄想をしてしまうようになり、自分の気持ちを自覚します。
ピュアっ子だった芹沢が、御門を組み敷く妄想をしたり、御門をオカズにオ○ニーしたり!

御門への恋心を自覚し、欲望を抱く芹沢のふとしたときの表情。
いままでコキネタでしか思ってなかった芹沢の変化に、御門の気持ちも変わって行きます。
離婚してよりどりみどりの状態なのに、何をしていても芹沢に迫られ、芹沢に抱かれる妄想になってしまう御門の真っ赤になった顔とかかなり萌えました!
芹沢に抱かれるのを想像してとか、芹沢の声だけでイッちゃうとか可愛すぎ。
ワンナイトラブ主義の男が、全くタイプではないノンケにハマるとこうなるのですね!

芹沢に本気だと気づいた途端、距離をとろうとする御門に対し、恋をしたら漢になった芹沢。
次巻、芹沢が野獣と化してくれるのでしょうか⁈
またもや先が気になるとこで終わってます…ホテルのダブルとって芹沢どーすんの?何しちゃうの⁈⁈です。

嫁の晴子とは離婚しちゃったんですけど、晴子とブタ猫の御門とのコントみたいなやりとりが好きだったので、もう出てこないのかなぁと思うとちょっと残念な気も…。
書き下ろしで、別れたふたりをうまいこと前向きな感じにキレーにまとめてあるので良かったと思います。

まぁこれで晴れて独身の御門をはやく芹沢がズコバコして、
「こんなの初めて」的な御門を見たいですね。

相変わらずテンポ良くギャグが組み込んであり、そこにさらに御門が可愛くなっちゃって萌えたし、ふたりの妄想でエロは補完できたし、満足の第2巻でした!
次巻もおおいに期待して待ってます。

16

恋に気付いて…編

1巻がとても気になるところで終わっていたので、
どうなるんだ!?と楽しみにしておりました~☆

今回の2巻では、恋を自覚したふたりの心の内とその葛藤が、
切なく…でも面白~~く☆描かれていて、
妄想Hも何度もあって(今回はすべて芹沢くん×御門部長)
とっても楽しく読みましたが、
またしても次巻が気になるよーー!!という本編ラストでした☆
はい、まだコチラの本は続きます。

1巻の最後はふたりのキスシーンで、
ん?これは現実??妄想??どっちなの!?という終わりでしたが、
あれは、芹沢くんの妄想だったようです☆
でも、
自分がそんな妄想を部長相手にしてしまったということで、
(しかも鼻血まで出しちゃったw)
部長への恋心を意識し始めた芹沢くん。
その後も、
度々ふとした時に自分が部長を犯す妄想が頭をよぎって、
真面目な芹沢くんは、こんな優しい人に…奥さんがいる人に…と、
激しく葛藤します。

そんな芹沢くんの胸の内など知らず、いつものように、
じゃれるように楽しむようにセクハラを繰り返す、御門部長。
(ホント、体に触るセクハラ方法って色々あるもんですねw)
でも、
もう恋する狼気質を内に秘めた芹沢くんは、
今までは違って、男っぽい視線や言動を一瞬するようになって、
それで御門部長も、
気付けば受け側で芹沢くんにヤられる妄想をするように…。
そしてそれによって、
自分は芹沢に本気で恋をしているのか…?と恋心を自覚するのです。

でも、どうしてタイプじゃない芹沢に?
そもそも自分は既婚者なのに…妻を大事にしないと…葛藤。
だけどその気持ちとは裏腹に、
芹沢くんに攻められる妄想は頭を占拠していって…
そんな時に、
妻の晴子さんに離婚したいと告げられて、部長はひとり身に……。


正直、タイミング的に、
晴子さんからの離婚希望はちょっと出来すぎじゃない?と思いましたが、
(お家のことは大丈夫なのかな?とかもね…)
晴子さんを悪者にすることなく、
生きがいを見つけて変わっていく様子が愛情を持って描かれていたり、
芹沢くんも部長も晴子さんを邪魔な存在とは全然考えていなくて、
円満な結婚関係を続けることを自分の恋より優先させて努力していた、
その姿勢にはとても好感が持てました。

さて、枷がなくなり、自分の恋心にも気付いたふたりは、
どうやってくっつくのかな?
まだちょっとひと波乱あるかな??
早く妄想じゃないエッチシーンも見たいよーー
3巻がと~~っても楽しみです♪

11

御門部長のかわいさが炸裂!!!!

衝撃のラストから一年。
待ちわびましたとも!!!

ぬぁぁぁぁぁぁっ。なんだこれは。
御門部長が激烈かわいいよぉぉぉぉぉぉぉぉ。(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

顔の筋肉が崩壊しそうです。にやけすぎて。笑

1巻の攻め、受けがはっきりしないところから一転。
御門部長の受け受けしいことといったら!!!(*゜∀゜)=3 ムハー
いや、受けだって信じてましたよ?笑
今回どこを切り取っても部長がかわいいんですよ。

2巻でも安定の妄想シーンの大盤振る舞いで。
1巻末での衝撃のキスシーンはやはり妄想、というオチですが、
御門部長、ではなく、芹沢くんの、なんですっ

2巻では芹沢くんがとうとう部長への恋心に気づいてしまいます!
恋慕に気づいた芹沢くんの雄の色香に部長も少しずつ知らぬ間に感化され
気が付けば、電話越しの声だけでイッてしまうなんてっ

御門部長の妄想芹沢くんは超押せ押せな雄で、仕事中もプライベートも
関係なく部長に迫りまくり。
それに身悶える部長がっ。はぁ、かわうい。(*´エ`*)ウットリ

一人エチ中の御門部長のバスローブのはだけ具合がまたいーんです。
腰ひもが残った状態で片方の袖は完全に落ちて、もう片方もぎりひっかかってるぐらいで。
もう、なにこのかわい子ちゃんは!ってはぁはぁします。(*´д`*)ハァハァ

個人的に好きなのは、芹沢くんが部長ラブに気づいたあとに
そんなことも知らずにいつものようにスキンシップする部長を
ネコじゃらしで遊んでるつもりが、ライオンに猫じゃらし使ってんだよ、と
「オレ的には ちょっとヤバかった…」
と妄想しているシーンですかね。みにちゅあ部長がらぶすぎる。笑

部長のド天然なとこもかわいさに拍車をかけるんですよね。
胸のどきどきを心不全か?とかさー。
芹沢は恋愛対象じゃなかったの?というところに衝撃を覚えましたが。
そっか、そういや芹沢くんはオモチャ、でしたね。
あまりの執着ぶりに部長→芹沢は当たり前だと思ってましたョ。笑
ただのオモチャだと思っていたのに、いつの間にか本気になり、
本気になったけど、手に入らないノンケの芹沢くんに対して
凹みまくる部長のせつなげな表情も激萌えです。(*´∀`*)ハァウ

奥さんがいて、上司で男で…と葛藤する芹沢くんもよかったなぁ。
でも結局晴子との離婚をきっかけに本気モードに突入する芹沢くんが
部長との出張を利用してダブルルームを予約!!!( ゚Д゚)ウヒョーvv
あぁ、またしてもこんなところで!なトコで次巻へ続くとなってしまい
また悶々とする一年が始まるんですね。。。orz
ぜひとも次巻では妄想ではない二人のらぶらぶシーンを拝みたいっ


描き下ろしの「今になって気になること」ではホント今頃になって…と
ぐふぐふしちゃいました。
新人挨拶してるときも、珈琲を用意してるときもYシャツの下にはニップルピアス!
そりゃあ部長の妄想はとまりませんって。笑

「レモンシャーベット」では晴子との馴れ初めから別れた後までを
部長視点で描かれていたけど、いい感じの終わり方でした~。
晴子にも幸せが訪れるように。。。っていい男だなぁ、ぶちょう。


ほっっんと、御門部長がかわいすぎる一冊でした。
妄想とはいえ、芹沢くんとまぐわるシーンの色っぽい視線はたまりませんっ
ぜひとも身悶え覚悟で読んでいただきたいです♪
(ホントは完結してから一気に読んで満足したいくらいですが、笑)

9

そうきたか!!

開いてすぐ叫んでしまいました。
そして2度3度と最初の数ページを読み返しては気持ちを収める努力をすることに。
不道徳な展開を期待していたわけではないのですが、妄想劇場パート2の始まりに昂ぶった気持ちの置き場がなくジタバタしてしまいました。
タイトルのような精神的には奔放でありながらも体だけは誠実でなければいけない。
そんなブレないギャグとシリアスにこちらまで妄想と現実の境目が曖昧になってしまいそうです。

あくまでも浮気をしないことが前提。
だからこそのオアシス。
そんな遊び心から始まったのに、だんだん気持ちが向き過ぎて思い詰めてしまう2人。
そして晴子の独立心。
都合が良いとは言え、それまでの2人の在り方をみると自然な流れとも考えられ、ご都合主義では片付けたくない作風に添った微妙なライン。
けれど、そんなあれこれを考えてみても心は動揺するばかり。

もう独身ですよ?
何やってんの?!
そんなこんなで3巻が楽しみです。

4

妄想を通じて自覚する恋

ネタバレしてます。&Renta!限定の書き下ろしについてもレビューあり


一巻の最後で芹沢のほうからキスをしてきて、これはいつもの部長の妄想なのか?それとも現実なのか??
というところでまさかの続く・・!でしたが、なんとこれは部長の妄想じゃなくて芹沢の妄想だった!!
芹沢も妄想するようになっちゃったとは。
これは予想していなかった!

本当にうまいですねー。この作者さん。

芹沢自身もそんな衝動を抱いてしまったことに衝撃を受けるんだけど、部長が好きだという事に気付くんです。
だけど、相手は上司であり、何よりも奥さんがいる既婚者という事から気持ちに蓋をしようと思うのですが・・芹沢も妄想が止まらない・・・。
そして相変わらず仕掛けてくる部長のセクハラを楽しみにしたりするどころか、軽く流せず本気モードに入りそうになっちゃうまでに。

部長の妄想は相変わらずなんだけど、妄想では自分が受けになっているんです。
いいねー、こっちのほうが好み。そして芹沢相手に感じている表情が色っぽい。
そして「好きだ」と妄想の中で芹沢相手に言ってた自分に気づいて愕然とします。

それからはもう大変!
妄想が部長を支配しそうになってしまい、なんとか芹沢の妄想から逃れようとあれこれするんだけど逃れられない。

一方奥さんの晴子は、当初は何も出来ないお嬢ちゃんとして描かれていましたが、手に職をつけ、人としても成長し、自信をつけたところで部長との関係を見直した結果、別れを選ぶんです。
奥さんを部長と芹沢の関係の障害=邪魔者として描かれていないところがこの作品の良いところです。

一巻よりもギャグは控えめになっていて、その分三人の気持ちが丁寧に描かれていました。

そして、まさかのまた続き!!
もー早く妄想が実現してほしいっ!!!

ーーーーー
Renta!限定の書き下ろしについて

あの、部長って・・・駅弁とか好きだったりしますか?と聞かれた部長。
駅弁か・・・ずいぶんと唐突な質問だな、まぁ若い頃はけっこうハマってたかもしれないな
あれは力だけではなくかなりのテクニックを要する難易度の高い技だから 今はもう前みたいに夢中になることはないが・・・
どっちかってというと好きな方・・・かな。どうしたんだ?そんなプライベートな質問・・・
と期待に満ちた表情で振り返ると、駅弁を手にして無言で佇む芹沢が・・・。
二人で並んで駅弁を食べながら「ためになる情報ありがとうございました。」という芹沢。
顔を真っ赤にして言葉が出てこない部長・・・というオチでした。


4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ