千年の蜜愛

senen no mitsuai

千年の蜜愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
5
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥713(税抜)  ¥770(税込)
ISBN
9784592851325

あらすじ

千年の時を生きる芳典。余命幾ばくもない柾木を助けてほしいと依頼され、向かってみれば、彼はかつての想い人と瓜二つだった。

表題作千年の蜜愛

神原柾木、神原家当主、31歳
香坂芳典、千年生きる不老不死の男

評価・レビューする

レビュー投稿数1

美麗な挿絵だが、ストーリーは駆け足か。

秋は紅葉、艶やかな表紙。
稲荷家さんの表紙につい惹かれて購入した一冊。

千年の昔、人魚の肉を食べてしまったがために不老不死となり
どんな病をも治せる体液の持ち主となった芳典。
時は流れ、ある日末期ガンに冒された柾木と出会う……

この柾木は、かつて愛し合った義憲の血筋で
一目見た瞬間に息が止まるほどにそっくりなのだが、
彼が拒む治療を強引に施したことから憎まれ
拉致監禁されて酷い目にあわされる。

永遠に生きる男、平安時代の運命の恋、
かつての恋人の生まれ変わりとの再会、
というなかなか面白いストーリーなのだが
花丸ブラックというレーベル故か、エロ場面に分量を割かれ
ストーリー自体は駆け足の説明調になってしまっているのが惜しい。

生まれ変わりと思われる柾木がなぜ治療を拒むのか?
それなりに人望もある人物の拉致監禁強姦といった極端な行為、
そんな関係の二人が、どうして惹かれあっていくのか
(生まれ変わりだから……と言ってしまえばそれまでだがw)
この先はどうなっていくのか……(普通にイチャイチャ?)
そのあたりの説得力が乏しいので、
続き気持ちが乗り切れないまま飛ばし読みになってしまった。

挿絵は、文句無しに美麗。
それだけでも手にとってよかったかも……と思い、評価は萌。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ