前世は龍のツガイだったようです。

zense wa ryu no tsugai datta youdesu

前世は龍のツガイだったようです。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
7
平均
3.1 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
角川ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041032947

あらすじ

昴には子供の頃から何度も見る夢がある。しかも、その中で自分は男で人間だったにも拘わらず「龍の雄」の恋人だったのだ。そんなある日、目が覚めるとそこは夢でみたことがあるようなファンタジーの世界で…?

表題作前世は龍のツガイだったようです。

レグナ,龍神
立花昴,大学3年生,20歳

その他の収録作品

  • 前世は龍のツガイだったようです。〜後日談〜
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

前世は異世界人

3部構成で表題作+後日談+スペシャル漫画となっています。

大学2年生の昴(受け)は前世の記憶を持って生まれてきていて、毎日前世を追体験する夢を見ます。そのため今は自分の居場所じゃないような気がして馴染めていません。夢の中では自分は異世界の人間ルカで竜のレグナ(攻め)と恋仲で、番になる儀式を3日後に控えているところまで体験しています。その次の夜昴はレグナのいる異世界へ召喚されま、ルカの生まれ変わりの昴と再会したことを喜ぶレグナに歓迎されます。

表題作は特に波もなく平坦な感じでした。横恋慕する竜がちょっと出てくるくらいで特に山はないです。生まれた時から前世を追体験しているからか、レグナに無理矢理抱かれてしまっても大して怒らないし、あんまりあっさりとレグナのことを好きになってしまうので、前世の記憶に引きずられてるだけか、前世のルカが死んでから100年一途に思い続けていたレグナに同情するというか感銘をうけたかどちらかで、そんな感情を抱いたのかなと思いました。
昴が、レグナは自分の前世がルカだから番にしたいといっているだけだと思って悲しくなったりするのは切なかったです。昴とレグナそ続きれぞれがお互いをちゃんと好きになった理由がどうも曖昧に思えて、えー!これでくっついちゃうの?と思ってしまいました。ルカだけじゃなくて昴の20年も含めて好きだと言われてそんなにあっさり信じちゃっていいの?って感じです。それを証明することは難しいと思うけれど、そこはもう少しなんかあっても良かったんじゃってのが率直な感想でした。なので、表題作はあまり入り込めなかったです。最後の方は???と思いながら読んでました。

後日談はレグナの友人地龍のバハナの息子ラグナを20日ほど預かることになって、昴が張り切ってお世話してるうちにラグナに好かれてしまう話で、こちらは出来上がったカップルというところから始まるので純粋に話に集中できて面白かったです。
竜は見かけと年齢が合致してないので、かわいい子どもと思って色々世話を焼いていたラグナが実は昴よりも年上だってのがちょっとびっくりでした。

スペシャル漫画は陸裕さんの漫画で、あの美麗な絵が漫画になって読めるのはとてもうれしかったです。内容もレグナが嫉妬から四六時中盛ってしまう話で楽しかったです。

全体的に後半二つがおもしろかったので、前半をこれ以上長くしてしまうと後半が入らないんで考えるところですが、表題作がもう少し説得力あるくっつき方であったらもっと良かったなと思いました。

0

びっくりするほどアッサリ

天野かづきさんの小説は、以前に読んだ作品が少し突飛な設定ながら心理描写が面白かったので、この作品もファンタジー設定が上手く活かされていると期待して読んだのですが、まぁ何もかもがアッサリ片付くお話で驚きました。なんというか…好きな設定を小手先だけで書いたような印象を受けました。

主人公の昴は前世の記憶を持っていて、前世では美貌の龍・レグナ(男)と愛を誓い合う仲。ゲイでもないのに毎晩レグナとの記憶を夢に見て戸惑う昴は、ある日、その前世の世界…異世界へと召喚されてしまいます。召喚したのはレグナ本人で、昴の前世であるルカをその死後百年も待っていたと言うのです。ルカに対するレグナの愛に触れるうち、昴はレグナへの想いを自覚していき――というお話です。

昴に元の世界に戻れなくなることに対する葛藤がほとんど無いし、龍と人間と妖精という色んな種族が出てくる世界観の割に書かれているお話は昴の半径10mぐらいの密室で展開するし、散々ひっぱったルカの死因があまりにも肩すかしだし…で、設定負けしていて残念でした。

0

異世界の龍にモテモテです

大学3年生の受けには、毎晩のように夢に見る、自分の前世の記憶がある。前世の自分は異世界の人間で、龍である攻めと恋人同士であり、つがいになる約束をしていた。しかしあくまで前世の話だと思っていたのに、スーパームーンのある夜、急にその世界へ召喚されてしまい、龍のつがいになるように言われる。その龍・レグナ(攻め)は、恋人であるルカが死に、100年間その魂を探し続けて受けを見つけたと言い、受けを押し倒してきて…。


いわばよくある異世界召喚BLです。受けに前世の記憶がきっちり残っているのが特徴で、そのおかげで言葉もちゃんと話せます。
受けの昴は、現代日本では普通の学生だったのですが、なぜか龍にはモテモテです。
攻めは最初こそ強引にコトに及ぶものの、レイプというほどのことでもなく、始終受けを甘やかすあっさり甘々な異世界ものでした。攻めと受けの性格もあるのでしょうが、穏やかに話が進むので、ほのぼのといえば言葉はいいですが、ちょっと物足りないかんじもありました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ