忘れた夏まで会いにいく

wasureta natsu made ai ni iku

忘れた夏まで会いにいく
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×217
  • 萌11
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
251
評価数
62
平均
4.1 / 5
神率
46.8%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799727577

あらすじ

中学の頃、大河は担任の先生に恋をした。キスは拒まれなかったが、ある日突然手酷く振られてしまう。数年後、大河は先生と再会し―。

表題作忘れた夏まで会いにいく

小野大河,田舎の中学3年生~
町田浩哉,中学校の理科の教師,攻の担任,26歳~

同時収録作品誰にも言えない恋が咲く

友晴(とも兄),大学生,昔一緒に住んでいたいとこ
侑貴,高校生,攻にすごくなついていたいとこ

その他の収録作品

  • 忘れた夏まで会いにいく 幕間(描き下ろし)
  • 忘れた夏まで会いにいく エピローグ(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト

評価・レビューする

レビュー投稿数10

ほんわかと切なくあったかく

年の差、生徒と先生、数年後のふたり、過去の柵、年下攻めとわたしの好みそのものでした。

先生の大河への気持ちがどっちの方向か最初わからなかったんですが、中1で止まっていたこの町での先生の過去の懐かしさとか、ファーストキスの相手と大河が重なって苦い思い出と共に再現しそうになる淡い気持ちとかが、読み進めるうちにじわじわと伝わってきました。この町で出会ったからこそ大河へ恋をしたような気がします。
別れを決断したのも、面影を重ねていた大河への気持ちが、大河自身への本気になって行っている不安もあってからこそ。
当時は父親の死によってどうしようもない別れがあったのを、大人になった今、結婚という形でこの再現に無理矢理終止符を打とうとした先生。ファーストキスの相手と同じように大河も忘れるだろうと、ここでも過去を再現して逃避しようとしたんですよね。
違ったのが再会した大人になった大河の「先生の話してた奴とはちがう」って言葉。
これで先生の初恋も大河によって昇華されたんじゃないかとホッとしました。

大人だからこそ、それも相手が生徒だからこそ無理にでも精神的に大人にならなきゃいけなかった先生だけど、本人も気づいてない昔から変わらない幼い逃避の仕方がとても切なくて…

一回りも年下の大河がその幼さを包み込んでこれから生きていくのかと思うとキュンとします。

2

夏の気配・田舎の空気感が好き

夏を堪能したくて「夏」がタイトルについた作品を集中的に読んだり、読み返したりしています。
梶ヶ谷ミチルさんの「成長痛」がとても好きでして、あちらも田舎の夏祭りなど小道具や何気ない背景での雰囲気作りがとてもお上手な作家さんだと思っていますので、この作品もさぞや夏を楽しめるかと期待を胸に読みました。

さてこちらは田舎の中学校が舞台です。
中学3年生の大河と東京からやってきた担任の先生という組み合わせ。最初は先生に対して良い印象を抱いていなかったのだけど、校舎の片隅で野菜作りの手伝いをしたり、一緒に釣りをしたりするうちにどんどん気になって仕方なくなってしまう。
中学生の若さをそのままぶつける大河を一度は受け入れてくれたかのように見えた先生だけど、突き放して先生はまさかの婚活。傷ついた大河は家を出て都会の高校へ進学とそれぞれ別の道へ進むことになります。
そして6年後に再会するというものでして、ストーリーは正直平凡に感じるのですが、成長痛に通じるような梶ヶ谷さんの描かれる田舎の雰囲気が好きだなぁと再認識しました。
それにトマトの青臭い香りや土の香り、草いきれなど夏の情緒が画面を通じて放たれている感じが好きです。

先生の気持ちが見えづらいところや再会後に大河をあっさり受け入れてしまったところが少し残念に感じるので、そこがもうちょっと丁寧に描かれていたらなぁ。まるまる表題作で読みたかったです。

0

キュン!!!となります

作者様初読み作品の、「おはようからおやすみまで」が私好みのお話&雰囲気だったので、他の作品も読んでみることにしました。
この作品は、割と思った通りの展開ではあったのですが、(一度は心が通じ合った気がして高校生は浮かれる→色々恐れた先生の方は関係を拒否する→高校生落胆→紆余曲折の末結ばれる)、その当たり前な展開がとても私は嬉しかったです。展開としては当たり前でも、描き方には個性があって、私は甘酸っぱさに胸キュンになりながら、楽しく読む事ができました。
受けである先生が、面白くて(いよいよ受け入れる時の気合の入れ方がgood!)、可愛らしくて、色気もあって、良かったです。

0

田舎ラブ最高~中学生若い~( ̄▽ ̄)

男子中学生と先生っていくら何でもエグ過ぎるだろー!!と思ったけど、とても爽やかな透明感のあるお話でした。攻めの大河(たいが)は真っすぐで自分の気持ちに素直な中学三年生。内容は、生徒の好き好きー!を先生が振り払って突き放す「先生×生徒」の王道ストーリーです。キス止まりだった2人は6年後に地元で再会して、大河は再び猛プッシュ!めでたく結ばれます♡エロは描き方がサラッとしてるし量も少な目と言えば少なめですが、ちゃんと合体まで行きますよ♪ 一度は諦めた恋が、2人の思い出の場所でメラメラと熱を帯びて燃え上っていく感じがすごい興奮しました。中学校の教室での先生と生徒ごっこも可愛かった♡ 「先生、俺のこと好き?」って当時の自分の席に座って聞く大河。教壇に立ってる先生は真っ赤になって「こ、こんな神聖な場所で言えるか!」って。教師という仕事を愛してる町田先生もカッコいいです。

同時収録作品は兄弟みたいに育ったいとこ同士の恋ですが、こちらも小さい頃の淡い恋が再会して爆発~みたいな感じです♪受けのゆうきはとっても素直でかわいい!!手でされながら「自分でしたりする?」って聞かれて「うん。とも兄のこと考えてしたこともあるよ。へん?」だって。全然変じゃないわ!萌えーーー!!!

と、いうことです。買ってよかった\(^o^)/

2

ネタバレ注意

先生もの大好き、あと年上受けも大好きな私には良かったです。

中学時代に大河からキスをして先生が流されかける、後日大河が詰め寄るも大人のキスをされてびっくりする大河。先生は大人のキスをすることで中学生の大河をわざと遠ざける。そのシーンにきゅんとしました。

大学生になってキス→えちもあるけどさっぱりです

中学生と先生の年の差で普通恋愛にならないと思うのですが、。
だからこそ互いにどこに惹かれてるのかハッキリして欲しかったなぁ。大学生と先生なら理解出来るけれど。
設定と絵が好きなのでそれだけで萌2です

3

エロ少々、キュン上々、体温上昇

定番といえば定番だけど梶ヶ谷ミチルさんの描く思春期暴走男子可愛い。

中学3年の大河が新任教師:町田に恋をする話。
初めは町田に苦手意識を持っていた大河が次第に意識するまでが季節の移り変わりと並行するように丁寧に描かれていて、大河と一緒にジワジワ熱が上がる感じです。

好奇心から強引に仕掛けたキスをキッカケに大河は盛り上がりますが町田の結婚の噂を聞き不安を覚えます。
進路指導の時に町田に真意を問うと、そこで担任として線を引かれてしまいます。

突然の拒絶に怒り傷ついた大河は高校進学を機に地元を離れます。
そして6年ぶりに夏祭りの夜、帰省した大河は町田と再会して…。

初めての恋に熱が上がるばかりの大河と熱は下がる時がくることを知っている町田。

思春期男子って説明とかまったく聞かない妥協しらずの危なっかしい年頃。
あの世代を通りすぎた町田だからこそ大河に眩しい思いを抱いていても、それを出さずに大河の熱を冷まそうとします。
町田の判断に年齢差ってこういうことだな、と妙に納得する道筋です。
もっとも町田は自分のその年頃の思い出から防御率上げているんですが…。

再会したとき、町田は大河を大人として認めたから過去のことを話したんだと思います。
当時の話を聞いて確実に時間はたっているのに、ふたりの思い出の畑で昔と変わらない笑顔を見せる町田に恋心を再認識する大河にキュンとなります。

そんな大河にまたもや攻めこまれ、恥ずかしがりながらも応じる町田がすごく可愛かったです。
裸見られるとか勃つとか公→私への変更になれてない(笑)

描きおろしの【エピローグ】でやっと合体できたふたりですが、どっちが受けるか、どう呼ぶかジタバタと相談してる姿がまた可愛い!
先生呼びの方が私は好きだ←
年の差は縮まらないけど、精神的な差は少し縮まるようです。

脚とかで上手に隠すアングルなので無粋な修正は見当たらず、ついでに乳首も見当たらず。
※角度によっては突起はありました
ゆるい線でなまめかしさはあるもののエロいまではいかなかった。

でも、ほしくてたまらなかった町田を手に入れた大河の囁きやせつなく見つめる目線が感情たっぷりで読めば読むほど良いなあ~と思う作品でした。

【誰にも言えない恋が咲く】
家庭の事情から一時期、同居をしていた従兄弟同士の大学生:友晴と高校生:侑希。

10年ぶりに会えることを楽しみにしていた侑希に対し、そっけない友晴。

子どもの頃の唇の感触の気持ちよさそう…というエピには萌えず。
ふたりとも子どもだからか、まったく萌えセンサー反応せず。

侑希がちょっと抜けた感じ(アホの子風味)なんですが、自分の外見にコンプレックスを抱いているらしく「女の子みたいだから?」と友晴に食い下がり「お前だから可愛い」と言質をとるところが、ちゃんと男子で良かったです。

2

めちゃくちゃ好き!

画風に会った話とテンポですごく引き込まれました。
先の方とは印象が自分はまるで逆。
すごくゆったり心地よく話はすすみ、優しい雰囲気をまとった画面作り、とくに背景が魅力的でした。
主人公も、実際の高校生男子ってこんなもんだよねと思わせるかわいい子供らしさだし、要所要所のセリフはとてもよいチョイスですごいなとお思いました。なんといっても80枚弱にこれだけのお話を、少な目のセリフで転がしたのは素晴らしいと思います!
私は主人公が先生を好きなるのはすごくよく分かったし説得力あったなって思いました。
すごい癒されました。思わずありがとうと土下座しちゃいました^^

1

【微ネタバレ?】サクッと青春年の差!

梶々谷先生の作品は初読みです。

今回、ちるちるでも好評価だったので購入してみました。

最初は生徒×教師とゆう年の差に惹かれたのですが、んー…キャラはみんな可愛くてほんわかしていてほっこりちょっぴり切なさ…といいう感じでしょうか。
ただ、ちょっとあっさりしすぎかな?と思ったり…。
心理描写が薄いというか…なぜ大河が、町田がお互いを好きになったのかいまいち読み取れませんでした。
あとは時間軸の流れが速く、え?!もうそんな経ったの??みたいになってしまいました。
大河も成長したんだろうけど正直あまり感じにくく…うーん…ってかんじでした。”明”の存在もいまいちはっきりしてなくて。
セックスシーンもさっぱりと。
もう義兄弟(?)物も収録させていましたが自分はそちらのが掘り下げていただきたいw
でも、大河って名前呼びの特別感はたまらんですw
私は濃いストーリ好みなので物足りなさを感じました。
もう一話…読み足りなさ…といった感じです。

でもほっこりするしサクッと読みたい方にはおすすめかもしれません(^◇^)
何だかんだ芽衣ちゃん推しでした。

3

中学生×教師、田舎町で。

1冊丸々表題作をじっくりと描いてくれるのかと思いきや、
後ろに短編が1話入っていて、2作品が収録された本でした。

それぞれもうちょっと読みたかった!というのが、一番の感想かな。
若干物足りなさを感じてしまいましたが、
梶ヶ谷さんらしい若者の瑞々しさが随所にちりばめられた1冊で、
読めてよかったです。


■表題作「忘れた夏まで会いにいく」
3話 + 描き下ろしで幕間2Pとエピローグ24Pが収録されています。

生徒が少ない田舎町で、
遊び相手の同級生が引っ越してしまってぶすくれていた中学3年の春、
攻めの大河(表紙右)の新しい担任として目の前に現れた、
26歳の移転してきた教師、町田(受け・表紙左)。
女子たちは、イケメン♪と騒ぐ中、
攻めの大河は一緒にキャッチボールもできない教師なんて…と、
テンション低め。
だけど後に、実は先生も昔ここに住んでいたと分かり、
親しみやすさや頼もしさを感じたり、子供っぽい一面も知ったりして、
グングンと先生に引き寄せられるように仲良くなっていって…

中学生の攻めが、
最初は興味がなかった先生に心惹かれて、夢中になっていく様子が、
とても生き生きと描かれていて、素敵です。

最初は好奇心だった攻めの、
先生への想いはやがて独占欲になり、恋を自覚。
だけど、攻めがキスをしても、拒むことのなかった先生が、
結婚する予定で、これまでのことは忘れるようにと言ってきて…

その後、突き放された攻めは、
中学卒業と同時に田舎をはなれ、彼女を作り、童貞も捨てたけれど、
でも6年後、先生に再会するとまた、恋の熱は再燃して……


再会後を、もっと丁寧に描いてほしかったし、
先生が意外とあっさり攻めを受け入れるんで、そんなもん?
教師なのにもっと葛藤とかなくていいの?と思ってしまったけど、
でも、先生や昔を愛おしむ、
成長した攻めの眼差しや雰囲気は、とてもよくてじんわり…。
本当に、もうちょっとじっくり読ませてほしかったなぁ!


■「誰にも言えない恋が咲く」1話
13年前に一緒に住んでいた従妹同士が、親戚の結婚式で再会。
会えるのを楽しみにしていた受けに対して、攻めはそっけない。
それは、攻めの受けへ密かな想いと、過去のある出来事のせいで……

その想いは真剣なのか~~?とちょっと思ってしまったので、
もう1話くらいあったらよかったのにな。
でも、昔のチビッ子の受けが「ちんちんあるもん!」と言って、
ズボンをひっぱって見せるところは、すっごく可愛かったな♪

萌え×2寄りです☆

7

ちとだけネタバレ注意!

なんだろ。もう神です。
好みびったし。
攻めが真っ直ぐで常識範囲内の程よい攻めってのがいいのかな。
学生のとき思い出す。なーんか、苦くてキューってなるやつ。
大人になってわかる…、大河にとって必要な時間。
仕草とかコマ割りとかでキュンキュンくる。

読んでみて、とにかく。王道だけどね、いい。

6年も経過してやっぱり忘れられなくて♡
大人になってわかるっていうところ、さらーっとしてたけどさ。
いや、潔すぎるくらいすぐにくっついたよーに感じたけどさ。
もうちょい先生が大河を好きな理由知りたかったけどさ。
全体的に話も絵もさらーっとしてるけどさ、先生エロさは最初からあってよかった。

わたし好きです、梶ヶ谷先生♡

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ