ドクター・コール【新装版イラスト入り】

doctor call

ドクター・コール【新装版イラスト入り】
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
春原いずみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
竹中せい 
媒体
小説
出版社
Ai digital publishing
レーベル
ジュリアンノベルズ
電子発売日
ISBN

あらすじ

医者として互いの実力を認めつつも素直になれない桐原(きりはら)圭史(けいし)と橋場(はしば)尚巳(なおみ)。彼らのそんな微妙な関係に尚巳の留学が波紋を及ぼす。すれ違う二人の前に緊急患者が運び込まれわだかまりを残しつつオペは開始される。人の命を預かる最前線で交錯する想い――。感動のホスピタルラヴ!!

表題作ドクター・コール【新装版イラスト入り】

橋場尚巳,内科医
桐原圭史,外科医

その他の収録作品

  • いつか、星になっても
  • 陽のあたる場所

レビュー投稿数2

「海外留学が医療界ではキャリアにならない」

医療BL。
BLの恋愛小説としては、面白みが乏しいかもしれない。
エロス少な目。

恋人が、相談なく海外留学を志願していた。
留学に反対をするけれど、恋人は反対を押し切っていってしまう。

反対する理由は、「海外留学が医療界ではキャリアにならない」から。
行ったら、元のポジションに戻ることが難しい。
・・担当医が英国に留学し、帰国後大学病院に戻れずいまだに地方の治療所に勤務している訳が分からず、不思議に思っていたのですけど、この作品で病院の仕組みを知って納得。

日本の医療界、改善が必要ですね。
どうやって海外の最先端を学ぶんだろう?
医療従事者である著者の作品を追って読んでいるのですが、
著者のTLやBLのストーリーは、ほぼ定番型で必ずハピエン。
それより、医療界の不思議を知ることができるのでとても楽しい。

★著者の作品には香水が良く登場します。ストレスが多い人は無意識に香りで癒しを求めるらしいです。
作中に出ていた水仙の香りの香水。
オーデ・ロシャス:
1970年発売のフレグランス。「ロシャスの水」はシプレー・ノートの傑作 と言われている。
トップ:マンダリン,グレープフルーツ,ピーチ,アプリコット
ミドル:ナルシス,ワイルドローズ,バーベナ,シナモン
ラスト:サンダルウッド,バニラ,アンバー

0

ケンカしつつ仲良し

それぞれ医師としての実力を持った二人の男の物語。元は90年代に出版された作品の新装版になるようです。
同級生でもある内科医の橋場と外科医の桐原は、医師として忙しく働きつつ互いに相手を大切な人だと認識しています。しかし、どちらかが女々しくなりすぎることもなく、自分のプライドを持って対峙している様がとても好きでした。お互い自立した関係だからこそ、素直になれなかったり相手の気持ちを慮って余計なことを考えてしまったりすることってありますもんね。

少しだけ出てきた桐原の兄も気になる人物でした。

対等な関係性の恋人たちがお好きな方にオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う