恋愛射程圏外のカレ

renaishateikengai no kare

恋愛射程圏外のカレ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
42
評価数
14
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
鷹丘モトナリ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784199606786

あらすじ

「抱かれないと不安なら、いくらだって抱いてやる」
リア充イケメンが、非リア充くんに恋をした⁉︎

「俺が誰よりもお前を大切にする」
ノンケのリア充リーマンが、生真面目な同僚の恋人に立候補⁉︎
恋はこんな近くにあった⁉︎
リア充x非リア充の本気の恋探し♡

地味で生真面目な同僚が、実はゲイで男と色恋沙汰!?
ある晩公園で、同僚・高屋(たかや)の意外な一面を目撃してしまった有働(うどう)。会社でのスマートな仕事ぶりや隙のない雰囲気からは、男に縋りつく姿が、どう見ても同一人物とは思えない!? 今まで関わりがなかった高屋が見せるギャップに、興味をあおられて……!?

表題作恋愛射程圏外のカレ

有働徹,サラリーマン
高屋潤,同僚

その他の収録作品

  • 描き下ろし番外編 二人の休日
  • おまけイラスト
  • あとがき
  • おまけマンガ(カバー下)

レビュー投稿数5

そこまで卑屈にならなくても

ゲイでネガティブな高屋が最初はあんまり好きになれませんでした。いくらマイノリティだからって、自分は好かれる価値がないから選んでくれるだけで有難いという考えがピンと来なくて。女子社員に至急でやってほしい仕事も指示できない男というのも、困った顔してれば誰かが助けてくれるという感じの男って、「そのくらい自分で言え!」とか喝入れたくなっちゃう。

でもねー、そんな人にも優しく見てくれる人っているんですねー。有働くん、優しいです。出会い方が突拍子もなかったから気になってしまったとは言え、よくぞ新しい世界まで踏み込んでくれましたね。なかなか信じてくれない高屋をゆっくりと距離を詰めて口説いてくれる有働くんが素敵すぎます。

それに引き換え、スーパーモブ、平井。こんなに人の気持ちに気づけない人っているのでしょうか?いるのでしょうね。普段はやられっぱなしの高屋が柔道の技で投げ飛ばしたときもスッキリしましたが、カバー裏で更なるお仕置きをしてくれてほんと、すーっきり!!

1

キラキラのシンデレラストーリー

継母や意地悪な姉たちにいじめられて、どんなに理不尽な目に遭っても、「仕方ないんだわ…」と項垂れていたシンデレラに王子様が現れます。

これで終わりだと単純にシンデレラの紹介をしただけになってしまうので、こちらの作品のことを。

幼い頃に無邪気に発した一言から「ホモ」と虐められ、周囲と馴染むことを諦めて、誰かに優しく愛されることすら諦めていた高屋。
そんな高屋とは正反対で、誰からも好かれる同僚の有働に、ゲイであることがバレてしまい…。

DV男と付き合っている女の子を放っておけない、みたいな始まりです。
彼氏の平井の顔色ばかり伺って、殴られても「あの人しかいないの!」とばかりに縋っていく高屋は憐れ以外の何者でもなくて、見ていられません。
とにかく自己評価が低くて、「生きててすみません、二酸化炭素排出してごめんなさい」というレベルなので、「自分なんかと付き合ってくれるだけでありがたい」なんてことを大真面目に言ってしまうような子です。

だけど考えてみてくださいよ。
小学校からいじめられて、中学でも話が伝わっていていじめられ、母親にも寄り添ってもらえず、大人になるまで誰一人として理解を示してくれる人に出会えずにいたら、「自分ごときが生まれてきたのが間違いなのかも」と思っても仕方ないような。
そもそもいじめられるか、避けられるか、疎まれるか以外の他人の反応を知らないから、「好き」と言ってくれるだけで、抱いてくれるだけで、「こんな素晴らしい人には2度と出会えないかもしれない!」って思ってしまうんだろうな…。つらい。
今までDV男から離れられない人の気持ちが全く理解できなかったのですが、高屋を見ていたら、完全にではないけれど納得できた気がします。

DV彼氏のいる女の子を放っておけなくて、相談に乗っているうちに…というのは聞いたことがあるような話ですが、有働の場合はそれともまたちょっと違うような。
この子は完全な理想的な王子様。架空の生き物なんじゃないかと。
今まで誰にも正面から向かい合ってもらえなかった高屋への、神様からのプレゼントなんじゃないかと。
そう考えると、後半で執着してきた元カレと対決した場面の驚きの展開も、「あ、そういう装備を持ったお姫様なのね、カッコイイ!」と読めるし、萌えました。

そんなわけでいじめられても、DVを受けても「仕方ないんだわ…、ヨヨヨ」と項垂れていたシンデレラが、王子様に助けられて、悪者を成敗する話でした。

レビューを書き始めた時点では「萌2」だったのが、この作品の魅力を余すことなく伝えたくて、考えに考えて文章にしていくうちにだんだん「ん?萌2?萌?」になってきてしまった…。
頭が冷えるのも問題ですね。
頭が冷える前の評価をそのまま入れたいと思います。

0

大事にする人を間違えない事が大事。

同じくらいの立派な体格の男同士が睦み合うのはまぁ、迫力あります。

ゲイだし。こんな自分を相手にしてくれるだけマシ。と、対等に付き合うという事や自分を大事にすることを諦め、自分は愛される価値がないと、どこか卑屈に生きてきた高屋。面倒見の良い有働は「どうしてあんなに自己評価が低いんだろう」と、だんだん高屋の事を気にして行きます。そのうち高屋の真面目で可愛いらしい部分に魅かれても行くのですが。有働と過ごす事で、高屋も人と付き合うという事、職場での人間関係の築き方を考えて行動するようになります。
「大事にする人をずっと間違えていたのかもしれない。」
恋人同士になるにつれ、人としても成長する高屋が可愛いです。そんな高屋が可愛いくてたまらなくなって、有働はもぅ最終的にはメロメロです。

高屋に暴力を振るっていた元カレにはちゃんと天誅が下りますので、ぜひおまけまでしっかりご覧下さい。

0

ノンケx卑屈ゲイもの

1冊全部表題作です。
カップリングは、健全思いやり男子(ノンケ) x 卑屈ゲイ。
で、2人は同じ会社の同僚です。
同僚とはいえ接点は特に無かったのですが、ある夜、ハッテン公園で男に殴られてる高屋を助けた有働。そこがハッテン公園という事も何も知らずに偶然助けたのだが、その事で高屋がゲイで、付き合ってる男にDVを受けている事を知り、力になりたいという気持ちを抱き始める…
…という冒頭。
この高屋は、とっても卑屈なんです。
誰も自分なんか選んでくれないんだから殴られても我慢しなくちゃ、みたいな。
そこを、明るくて健全なモテ男・有働が、その思考回路をそんなのおかしい、俺が大事にする、と。
ここは正直随分飛躍するなぁ…と思いました。それはともかく、自己主張のできない卑屈男・高屋が少しずつ変わっていき、有働も本気で高屋を求め…遂に2人は結ばれます。
その後は、ラブラブの2人。有働はとても健全で誠実だし、高屋は卑屈さが無くなって一途で可愛らしい面が出てきます。
屈託ない有働は、あっけなくカムアウトして高屋の事もさらっとみんなに認めさせちゃいそう。

0

苦手な受けでした

ノンケでリア充イケメンとゲイの非リア充の、サラリーマン同士モノで、1冊丸々表題作です。
題名通りの、恋愛射程圏外の2人がゆっくりと恋に堕ちていくお話でした。

自分なんか誰からも選ばれるはずがないとDV男と付き合ってる受けの高屋と、そんな高屋を幸せにしたいと思った有働。

この高屋が卑屈でネガティブすぎて、どうしても好きになれませんでした。DV男には暴力を受け入れて(本当は柔道をやってて強い)機嫌を取りまくってるのに、心配してくれる有働には怒鳴って当り散らしたり。口癖はどうせ俺なんて…だし、有働がどこに惚れたのか全くの疑問でした。
対して、有働は本当にカッコ良くて素敵な人でした。DV男から守ろうとしたり、紳士的にプロポーズしたり。高屋に対する包容力とか、すごく好みでした。
だからこそ、高屋が違ったタイプだったら萌えれただろうな~と残念でした。
そして、カバー下で酷い目に遭わされてたDVの当て馬くんが、意外と不器用で可愛くて憎めなかったので幸せになってほしいと(スピンオフ希望)思いました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う