スーパー攻め様が受ける!!

僕のハイスペック彼氏様

boku no high spec kareshisama

僕のハイスペック彼氏様
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神68
  • 萌×241
  • 萌20
  • 中立8
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
26
得点
572
評価数
151
平均
3.9 / 5
神率
45%
著者
よつあし 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865891850

あらすじ

妄想力逞しい凡人リーマン×ハイパーセレブリティな男前社長。王道をブチ壊すハイテンション・ラブコメディ!

表題作僕のハイスペック彼氏様

横道勇,入社2年目の凡人なリーマン,Ω
烏丸厚,攻の会社のセレブリティな新社長,α

同時収録作品番外編

田中一郎,リーマン,横道の友人で同僚,24歳,β
マリク・ビン・サッタール,石油王の息子,α

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数26

Ω(男の子)だから、攻めたい。

前から気になった作家さまです。初読みは確かアンソロジーの「攻め喰い男子」だった気がする。その時からずっと気になって気になって、単行本まだかなまだかな?と待ちつつ...初単行本おめでとうございます!
腐女子歴二十年の私ですが、もうフツウ(いわゆる王道)の作品から萌えとか、面白さとかが感じられなくなりました。よっぽどの設定じゃなきゃ、読もうとも思わなくて、読んでも「へぇ、やっぱりこんな展開、またか...」とガッカリするだけです。
最近お流行りのオメガバースを、地雷だと思ってるお姐様は意外と多そうですね。オメガバースの設定は個人的に割りとオッケーなんですが、カップはね、これを読んでもあれを読んでも(雄々しい)α×Ω(メス顔)ばかり、これじゃほかの王道作品とはあんまり変わりはないじゃないですか。番だのと、運命の相手だのと、クソ喰らえ!Ωだって攻めがしたい!エリートのα様を押し倒したい!という妄想を抱いているお姐様向けの作品です。まさにこの私にピッタリの一冊です。家宝として大事に扱っておりますとも(笑)
しかも逆体格差。細マッチョの上に長身なハイパーセレブのαさま受け、ちっちゃくてかわい子ちゃんのΩ攻め、これ以上そそられる設定はないとも言えますwww
ストーリーに戻ります。以下ネタバレ。
帯にプリントされてる、「ハイテンションラブコメディ」には偽りはなし。ラブは中盤からじわ~と湧いてきたが、始めから終わりまで、テンションは異様に高いです。トーンはほのぼのギャグです。
冒頭、モブと抱き合うΩの横道勇くん(ちっちゃくて可愛い)。Ωだから抱かれるのも当然だと思われるが、逆に相手を押し倒して、「え、ちょっと待って、君Ωだよね?」と困惑している相手にニコニコしながらこんな一言、「でも僕バリタチなんで!」
で、いきなり振られたwww当たり前ですよね。
同僚兼友達の田中くん(策士)との対話からみると、横道くんは格好いいセレブのαが好きそうで、でもセックスの時の役割に不満を抱いている。Ωがネコみたいな風潮ってなんなんねん、僕はαを抱きたいですぅ。と傷心している時に、
—暴れ牛が現れました!
といきなり横道くんに襲いかかってきた!横道くん危ない!
ピンチの時、颯爽に登場するαの人、烏丸厚(長身、ハイパーセレブ、カバーの人)が身軽にかつ華麗に身を翻して彼を救った。でも結局この暴れ牛、セレブさんのペットだって、なんてことやwww
運命の出会いだと信じ込んで、烏丸にひと目惚れした横道くんが、あの時助けてくれた人は実は自社の社長だとわかった途端、彼を手に入れようと決めた。α・セレブ・イケメン(しかもウブ!)の彼を落とすために、田中と同盟を組んだ。もしお前がバックアップしてくれるなら、僕が社長夫人の座を手に入れた暁に、お前の望む地位を与えてやる、と約束までもしたwwwそこまでしなくてもいいよwww素直に告白してこいよwww横道くんもシャイですな。
その後、謎のアラブが登場して横道を拉致する。この事件をきっかけにやっと(合意上の)セックスへ突入。「もう社長のケツの穴ぐっちょんぐっちょんに犯す妄想して何回もヌいてんだよ」の横道くんが、自分の気持ちをうまく伝えられなくて
—「でも僕、本当は、タチがしたいです!」
—「それはつまり、立ちの姿勢でしたいということか(照れ)」
誤解を解いたあと(日本語の壁をぶち壊したあとwww)、潔く自分の手でケツ穴を拡張してから、騎乗位で横道を受け入れる烏丸くんは真の男前!処女を奪われた、のではなく、俺の処女もらって、みたいなシチュエーションは美味しすぎwww社長さんの筋肉のラインも美しすぎて眼福。ありがたやありがたや。合掌
あとの内容は省きます。始終ハイテンションな二人のやり取りをどうかご自分の目で確かめてください。いろんな意味で貴重な逆王道作品です。Ωだから抱かれろと?ノーノーノー、僕は男の子だから、いつだって攻めたいもんね!
最後に、絵は綺麗です、作品自体にはとても丁寧な仕上げがほどこされています。逆王道作品をもっと!オネシャス!

15

男前受けの極み(スパイスつき)

私のオメガバースの食わず嫌いの原因は
「いかにも受け(苦手)がフェロモンに逆らえず(苦手)に一方的にやられる(苦手)」
というもんなんですが、この話はオメガバースの発情の使い方が応用的過ぎたために自分にザクッと刺さってしまいました。
Ω側がα側に自分の発情を生かして発情させて、余計にメロメロなエロに持ち込むという形で・・・
もちろん烏丸さんは典型的αらしい体格もあるし発情も激しいのにそれ以上に優しく、Ωとしては珍品なタチ志向についていくし最後にはつがいにもなっちゃいますし。
よく考えりゃあα同士で結ばれる事が多いとかそんな時点でα受けはありなんだよ。

そうか、αとかΩとかは単に雄性(受精率)の高低だけでストレートに受け攻め固定フェロモン系は嫌い、と切り捨てるのは大間違いだったのでした。

9

田中ぁ!

オメガバース設定だと知らずにギャグ臭がすごい表紙だ!と表紙買い。
オメガバース設定があまり好きではないので、最初にオメガバースの細かい設定が書かれてるのを見て「ゲ…騙された。表紙にオメガバースて書いといてよ…」と軽く後悔。
しかし、買ってしまったからには読まないと気がすまないたちなのでぺらぺらと読み始めると、数ページでオメガバース設定なんてどうでもよくなるほど笑わせてくれるインパクト!
笑いの中にもどっちが攻め受けになるのかな悩みもあり、セックスシーンもなかなか濃厚。いっぱいいっぱいで余裕のない攻めにノリノリで余裕の受け、少し余裕のできた攻めと余裕なしでめろめろな受けと楽しめたのも良かった。
最初の軽い後悔が嘘のようにすっと読めてしまいました。
ハッピーエンドで綺麗に終わっているのもとても良かったです。
一つひっかかる点はリバが平気な私としては、攻めの子がなんでそんなにバリタチに拘るのかが気になりますが。本当に愛してるならどっちでもいいんじゃないの?って。まあそれを言い出すと攻めぽい人が受けるという本のテーマを潰してしまうのでしょうけど。

そして、私は主人公CPより脇役CPがいつも気になってしまうのですが、こちらもまさにそれでした。
田中!お前一体何者なんだ。お笑いのツッコミポジの脇役だと思ったらとんだ下克上でそっちのツッコミもするんですかと。
二巻目でることがあれば田中周りの話をまた入れて欲しいです。

8

ギャグ色がとても強い

ハイテンション・ラブコメディ!まさにそのとおり!!
ギャグ色がとても強いです、牛とか像とか出ます

オメガバースの設定を知ってからずっとα受けが読みたかったので
大変満足しています。
Ωだって攻めたいだって男の子だもん!みたいな
童顔可愛い系の×体格の良いかっこいい系でえろいシーンも見ごたえが有り大変良かったのですが、ただ受けへの前戯シーンが短かったりほぼ無いのがちょっと残念
冒頭にオメガバースの設定が解説書のような解り易いイラスト付きで
載っているので、オメガバースは詳しく知らないけど読んでみたいって人でも大丈夫だと思います。

スーパー攻め様のα受けといっても、お金持ち箱入り系天然キャラな受けに良くある雰囲気というか、ハイスペックで男前な包容力も持ち合わせているタイプのαなので
自分を攻めだと思ってる強気高飛車男に下克上
みたいなノリを期待している人にはオススメ出来ません。
番外編のカプにその要素がほんの少しある程度です
その番外編はイケメン褐色石油王αが金に汚いどS眼鏡βにえろいことされる話でこの組み合わせのスピンオフをもっと読みたくなるくらい良かったですが、
一番好きなのは書き下ろしの主人公ペアの話、ふたりともとてもかわいかったです。

6

なにものにも囚われない、格好良さ

田中の魅力に尽きる、と思います。

本編で脇役を務めている時から、面白さが光っていた彼が、番外編で主役に躍り出て、ぐいぐいと物語を展開させてゆく様に、夢中になりました。

名は体を表す、とのことわざのままに、平凡な容姿、ありふれた経歴で、どう転んでも「ハイスペック彼氏」、とはなり得ないように思われる田中。

メガネのために、その表情さえも読めないモブ顔で、本編初盤では、金や出世のためなら何でもする小物ぶりまで、披露してくれました。

ところがその田中が、徐々に本性をあらわにし、番外編では傲慢な王子マリクを、隠し持っていた性技と正論で屈服させるのですから、これが痛快でなくて何でしょうか。

さらに、彼が金を集めるのは単にそれが楽しいからに過ぎない、ということが明らかになり、その、なにものにも支配されない自由な心に、マリクも私も、すっかり魅了されてしまいます。

マリクが、惚れた男に言われるがまま、SM修行に励んでいるのを知っても、「適当なこと言っちゃったけど」「ほんとはSMとかあんま興味ねえんだよなぁ」「まぁ本人楽しそうだしいいんじゃね?」と、ひょうひょうと紫煙をくゆらす様は、紛うことなき一つの「ハイスペック彼氏様」の姿でした。

5

めっちゃ笑ったw

気になってはいたものの、イロモノ色が強そうでどうしようかと思っていたこの作品…。
意を決して読んでみると、ごいギャグ過ぎて読みながら何回も笑ってしまいました。面白かったw

なんかもうオメガバースの「かっこいい雄様×かわいい雌受け」というよくある概念をすべて覆す破壊力がすごい。
純粋にこの作家さんのギャグセンスがすごい。

かといってラブが少ないわけではなく、きちんとキスやセックスといったBLならではの展開もしっかり楽しむことができます。
毛魂一直線さんみたいな作風が好きな人におすすめしたいです。
(毛魂さんみたいに勢いとインパクトで笑わせる!って感じじゃなくてギャグが万人向けにちゃんと練られているところが私は好きです)

これからもいい意味でBLの固定概念を覆し続けていただきたいです。

5

明るいオメガバース。

Ωというだけで疎まれ蔑まれる運命だったり、フェロモンに翻弄され苦しんだり、辛い過去を背負って生きてきた受けの前に運命のαが現れて過酷な環境から救ったり…というのがオメガバースの王道かなと考えていたし、そんなところが萌えポイントできゅんとくるのですが、この作品のΩ・横道はそんな暗さがなくて、底抜けに明るい!かなり暴走気味でメチャクチャ笑えます。
横道の幼なじみの同僚・田中がさらにイイ味出していて、ギャグ満載ですごく面白かった~!

しかしながら、能天気な横道でもさすがにハイスペックなαをガンガン攻めたいという望みはなかなか厳しくて、付き合っても身体の関係で破局してしまうのが悩みの種だったところに、理想の彼・烏丸の出現。これがまたハーレクインかってくらいにハイスペック過ぎて、かなりのズレに笑えます。

そんな二人ですが絡みはなかなか濃厚で、烏丸の襲い受けにはドキドキしました。ステキすぎ…。αが受けだっていいんだなぁ~と改めて実感。むしろ図体の大きい方が受けに萌える私としては、こっちの方がバクバクするかも(笑)

このカプもなかなか見応えあったのですが、田中の金の執着ぶりと冷静沈着さが、世間知らずでおこちゃまなアラブの石油王御曹司マリクを骨抜きにしちゃうあたりは緊縛、調教好きな私にはたまりませんでした。田中〰️なかなかやるなぁ~。

ハイスペックのαを受けにしちゃうという点は同じながら、全く逆をいくカプなので一冊で二度楽しめてお得感満載の作品でした!文句なしで面白かったです!

5

奇をてらっていながら綺麗な着地

どうしてもタチになりたい可愛い系Ω×ハイスペックなイケメンα
本来受けになる性別のΩでありながらタチじゃないとダメ!な攻めは可愛らしい容姿に似合わず童貞臭い妄想癖と暴走癖の持ち主で、
受けは超絶金持ちでスーパー攻め様の素養がありながら天然&誠実で可愛らしいところがある人物。
攻めは全然かっこよくないし暴走癖もあるけど人を思いやる気持ちがあって、水族館で子どもに声をかけるシーンはぐっと来ました。
受けはハイスペックなのに傲慢なところがなく、好きになった相手がΩだけどタチをやりたい!と言い出しらネコの経験もないのに快く受け入れるような人です(自分がない、というわけではないので主張すべきところではちゃんとします)。汚れたところがないというか、素直で誠実で心もハイスペックでした。
ギャグセンスはちょっと合いませんでしたが、この二人が最高過ぎて気になりませんでした。
このカップル大好きです。かわいい。そして締めのやり取りはじーんと来ました……。

ところで金にがめついβ×アラブ系自己中αというまた意外性のある組み合わせの脇カップル(?)はこれからどうなるんでしょうか……気になるようなこれ以上追わない方がいいような(笑)

ぜひまたα受けでよつあし先生の作品を読みたいです。

4

ギャグ基調のオメガバース。

恐らく、商業BLで初めて「Ω×α」及び「β×α」つまりは「α受け」のオメガバースを描いた作品だと思います。(違ったらすみません……)
ギャグ調で読みやすく、それでいてαとΩの地位の格差を、オメガバースの基本形を抑えた作品(但しα受け)だと感じました。
オメガバースの基本形を抑えつつも、ドロドロとした設定ではない為、大変読み易い作品だと思います。
「Ωが受けだと誰か決めた!?」という方に、是非読んでほしい作品です。

2

新しすぎて唖然としました

斜め上の面白さとは聞いてはいたのですが想像以上でした。これを描かれた先生・・・天才だと思います。

最初は、このキャラデザでΩ×α?イメージじゃないわ〜。と、思っていたのですが・・・。読んでみたらおもしろすぎて全く退屈しませんでした。

というか、新しすぎます。
不用意に闘牛が出てきても違和感のない漫画ってすごいです。

最近は、他の出版社からもオメガバースは出てきていますが、やっぱりオメガバースと言えばふゅーじょんぷろだくとだわ・・・と、思わざるを得ない作品でした。

気になるのが、ページを追うごとに冴えて来る田中。石油王のハートを射止めた恋物語も読んでみたいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う