アイツを見てるとイラついて、なのに目が離せない――

sick

sick

sick
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

12

レビュー数
2
得点
58
評価数
14
平均
4.1 / 5
神率
35.7%
著者
音楽
川中ゆかり
脚本
椎名理生
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
マリン通販初回特典:キャストトークCD (キャストトークCD出演者:鳥海浩輔、村瀬歩)
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

好きな子ほどいじめたい――こじらせ病な………恋。
俺様な須藤は、何事にも無気力な岸にイライラしてしまう。
なのに、気づけば目で追っていて…かまいたくって…自分だけを見てほしくて…!?
不器用な恋模様をご堪能あれ

表題作 sick

須藤圭人 → 鳥海浩輔

岸祥太 → 村瀬歩

その他キャラ
岸秋人[山中真尋]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

「BLCD初心者向け」という言い方はできるが…

まず、鳥海さんの出演に感謝を。

傲慢な鳥海さん×無愛想な村瀬さん。
原作の絵の愛らしさに相当するだけのキャストの魅力がある。
キャラに好感しか抱かせない。
しかし。
キスされて以来、受けちゃんがどんどん可愛くなっていく!
こんなにやさしい「レイプしていい?」が存在するんですね?!
…これくらいしか、感想が出ないほど、
ここでしか聴けない演技はない。

絡みはBLファンタジーですね。
どちらもノンケで男は初めてのはずですが、非常にスムーズ。

子供が泣き叫ぶ声は、電話越しに少し遠くで聴こえるように配慮してある◎

ライトな話なので「BLCD初心者向け」という言い方はできるが…
どこで満足感を得るか難しいCD。

フリト18分。
鳥海さんがやさしい…。
トークは不発。

1

想像より、ずっとほのぼの。

原作が好きで、描き下ろしブクレット目当てでアニメイト限定盤を購入。鳥海さん初聴きです。

描き下ろし含め、原作がまるっとCD化されています。読み比べながら聴いたわけではありませんが、手書きの文字まで かなり忠実に音声化されていると感じました。BGMも行為中のSEも最小限に抑えられているので、声優の方々の演技を心ゆくまで堪能出来ます!

冒頭の須藤(演者:鳥海さん)のモノローグでは「大学生というかリーマンぽいかも…」と ほんの少しだけ不安になったのですが、岸君(演者:村瀬さん)との掛け合いが始まると、しっかり人生おーいにナメてる風の年下攻め大学生に「しか」聴こえなくなっている不思議。
「レイプしていい?」の台詞や、岸君に「続き、今度するから」と囁き ちゅっとして去るシーンでは、須藤のナチュラルたらしぶりが遺憾なく発揮されてるなぁ…と、鳥海さんの演技にため息が出ます。
村瀬さんは相変わらず、可愛らしくてエロくて。
お兄ちゃん(演者:山中さん)との場面では、安心しきっていて庇護欲をかき立てられる様な可愛い岸君。一方 須藤との場面では、彼が居ても落ち着かないし居なくても物足りない続き…といった、訳のわからない感情に翻弄→後にグズグズという振り幅のある演技に酔いしれさせられます。
山中さんのお兄ちゃんも、この物語には欠かせません!原作の時はそれ程感じなかった、存在感とブラコンぶりが素敵です(笑)

岸一家との団らんタイムのイメージが原作より強く残った為か、聴き終わった後は何だか ほのぼのとした気分になりました♪

評価は萌×2寄りです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ