• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作sick

須藤圭人,大学2年生,同じゼミの後輩
岸祥太,大学院生,コミュ障

その他の収録作品

  • 須藤くんちに行ってみた(描き下ろし)
  • あとがき

あらすじ

顔良し、要領良し、家柄良しの順風満帆な人生を送る須藤。
もちろん彼女にも不自由したことはない。
気の置けない友人も多く、まさに花のキャンパスライフを謳歌中。
……そのはずなのに、同じゼミの岸先輩(コミュ障)に嫌がらせをすることが、楽しい日課になりつつあって・・・・・・。
俺はいったい何をしているんだ―――――!?

作品情報

作品名
sick
著者
倉橋トモ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801952263
3.8

(560)

(178)

萌々

(214)

(99)

中立

(38)

趣味じゃない

(31)

レビュー数
58
得点
2081
評価数
560
平均
3.8 / 5
神率
31.8%

レビュー投稿数58

拍子抜け

院生の岸が後輩の須藤に嫌がらせを受けているところから始まります。

白衣のポケットに飴を詰めたり足を引っ掛けて転ばせたりと岸に嫌がらせをする須藤に対して急に警戒を解き、須藤の車に乗って家に呼ぶ理由が分かりませんでした。

須藤が小学生の頃に振られた女の子が岸っぽいですが確かめることなく終わり、岸が周りを避ける理由も岸が勝手に避けていただけで拍子抜けでした。

DMMは白線ぐしゃぐしゃ修正でした。
須藤の車でのカーセックスや岸の家でのえっちはえっちはでしたが、好きだと言い合うことがなかったのは残念でした。

2015年の作品だからなのか今だったら許されないであろう発言もあり、時代の移り変わりを感じられました。

0

No Title

スパダリイケメン×何事にも無関心なコミュ障

攻めの小学生みたいな嫌がらせから続いていくお話
全体的にぽわぽわしててかわいい
あと、受けにガチモンペの兄がいる

0

かわいい

ふんわりさくっと

0

攻くんがなかなかにクズい

ちるちるの記事(言葉攻め特集?的な)を読んで、めちゃくちゃ好きな攻め方のめちゃくちゃ好きな先生の作品なのにレビューしてない・・・!と気づいて再読。

2015年の作品なので、だいぶ今とは空気間が違ったのだと思いますが、今のコンプラ激強時代的な考えで読むと、須藤くんがなかなかにクズい。85ページの台詞とか、、物議を醸しそうです。

個人的に、強引な攻くんはわりと好きなのですが、受ちゃんにはガッツリ対抗してほしい(対等な関係で嫌なことは嫌と言える受)タイプなので、受け身な岸くんとの関係性にヒヤヒヤ、ときにモヤっとしながら読みました(岸兄に共感・・・)

0

思った以上にあっさり

レビュー評価に期待して購入しましたが、両思いになるまでの過程や登場人物の背景などが結構あっさりしていました。きゅんとしたり、ぐっとくるポイントはあまりありません。もっと引き込まれるストーリーを期待していました。絵は可愛いです。

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP