不可視の傷あと

fukashi no kizuato

不可視の傷あと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×236
  • 萌46
  • 中立14
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
361
評価数
113
平均
3.4 / 5
神率
11.5%
著者
倉橋トモ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784812487044

あらすじ

片瀬(かたせ)は大手広告代理店で業績トップの営業マン。
社内でもワンコキャラとして可愛がられる人気者。
やっかむ同僚からは「枕営業で仕事を取る男芸者」と噂されるが、歯牙にもかけない。
男女問わず人を惹きつける片瀬は自分の魅力に自覚的で、性にも奔放。
しかし、その裏には幼少期に負ったトラウマが……。
表裏の顔を使い分けていた片瀬だったが、そんな自信満々な彼に唯一振り向かない男がいた。
2つ上の先輩・渋谷(しぶたに)は、純粋で他人に媚びない、片瀬と正反対の存在。
しかし、あるアクシデントから、二人の距離が近付き――…?

表題作不可視の傷あと

片瀬 亮(会社員)
渋谷(職場の先輩)

同時収録作品Loose

眞一(大学2年生)
浅生 慶太(28歳・ライター)

その他の収録作品

  • 不可視の傷あと 番外編
  • あとがき

レビュー投稿数14

やっぱり素敵!でも物足りない

倉橋先生の作品は登場人物の心情が表情やセリフに表れていて、「サラッと読み終わっちゃうレンアイマンガ」で無いところが好き

本作は表題作以外にもお話が入っていて、一つ一つが物足りない印象ではありますが、心情表現の丁寧さは健在です

人畜無害そうなキャラクターも、人らしく自分勝手な面や何らかのこだわりがあって、振り回す側・振り回される側と単純な構図ではなく、複雑に絡み合っているところがポイントかな?すごく日常に近い感じ

一つ目は、マクラで営業成績を上げつつも、そこに疲れや虚しさを感じているサラリーマンが、好きな人と再会する話
いっそ忘れてしまいたいほどの想いと絶望が静かに描かれている

二つ目は、ネクラな大学生と性に奔放なオトナの話
純真さが心を溶かしていく様を描くにはちょっと性急すぎたかな?という印象

いずれにせよ倉橋先生の作品はやさしくて大好きです!
別の本ですが、アイドルたちの恋愛模様が描かれている『ハローモーニングスター』が最高!

0

ちょっと重たいテーマをゆるふわの絵で語る、倉橋先生の初コミックス。

最近の可愛い♡に特化した作品群とは違い、なかなかの切なほの甘い作品。
ちょっとした後ろ暗さみたいな、仄暗い精神的負債もあって。
それは男同士の葛藤、というよりも。
幼少期のトラウマとか、思春期の忘れてしまいたい葛藤だったりする。
実際に片瀬は、忘れた過ぎて、記憶を一部失くしている。
フラッシュバックする、義父からの虐待。それが詳しく描かれることは無い。
封印してしまった記憶を呼び覚ますという、ちょっぴりミステリーな趣きもあって。
それでも、そこを掘り下げる事は無く。
中編なので。表層をふわりと撫でる様な。優しく包む様な。
そんな感覚で持って、優しく着地させている。
そうして、倉橋先生の絵が、それに相応しく、優しくて。綺麗で。
不可視の傷あとは、不可視のままで。きっと癒してくれるのだ。

片瀬の目尻と口元にある黒子が色っぽい。一見なよやかに細身の彼が「攻め」というのも、
それはそれでエロい。
彼が、嫌な事もいい事も、丸ごと記憶を取り戻して、自分を取り戻すというお話しなんだけど、
こう書くとどうにも暗いんだけど、それを優しく読み聞かせる様な筆致なのは倉橋先生らしいというか。

同時収録は、童貞くんがビッチに振り回される、どうしたって「Loose」
このビッチの可愛さもまた、倉橋先生らしくて♡

0

あらすじは読まずに読むのがおすすめ

中編が2つ収録されています。
本当に絵が綺麗なのでそれだけでポイントが高い作者さんだと思うのですが、なぜか当たり外れが激しいのです、わたし基準ですが。

【不可視の傷あと】萌
あらすじを先に見てから作品を読んだのですが…。
片瀬は器用な腹黒人間という感じで、決してワンコキャラではなかったです。
ワンコキャラなら本人に聞こえるように黒い噂や陰口を叩かれないはず。
無理にワンコで言うならドーベルマン。ワンコ改めお犬様。
媚びないというと強いイメージですが、渋谷は気弱な引っ込み思案でした。
「ワンコキャラ」も「媚びない」もその人物に大きく影響するイメージを持った設定なので、この間違った情報に左右されると違和感が引っかかって、入り込むのが遅れるかもしれません。

トラウマ、現実逃避のための記憶の遮断からの再生がテーマでした。
作品の長さのせいなのか、トラウマの元となった父親のことは断片的な匂わせだけで、片瀬と渋谷を繋いだ片瀬の首の傷あとも父親がつけたものだとは思うのですが、その場面自体はありませんでした。
傷の位置も高校の時は詰襟で隠れる位置だったのが、社会人になってからは耳の下の後ろの、ちょうど襟足で隠れる位置になっていて、あれ?と。全ページ見返して傷を確認したのはわたしだけではないはず。出て来るのは3コマだけです。

タイトルの方の傷あとは「見えないこころの傷」の方ですが、片瀬自身が父から受けた傷、片瀬自身が渋谷につけたと思った傷、そのことで片瀬のこころに深く残った傷。渋谷の方が片瀬につけたと思い込んだ傷。いろいろな不可視の傷が出てきました。
見えないからこそ誰かに見つけてほしい、見えないからこそ本当はそんな傷はなかったんだと分かってほしい。そんなもどかしくも悲痛な思いが描かれた作品でした。

最初のあらすじによるミスリードがなければ、もっと素直に受け取れた作品だったと後悔しきりです。

【Loose】しゅみじゃない
まさにゆるい。
ノンケ喰いのビッチと隣に住む純情大学生の話でした。
この作品を読んで、もしかして小柄な可愛い系を描くのは苦手なのかなと思いました。
純情くんの妙なポジティブさに萌え要素が減ってしまった。こういう作品では本気になったのにビッチは遊びでしたと分かったあとの傷つくところが見どころだと思っているのですが、そこがスコーンと抜けてます。つばめを助けて若いつばめを手に入れたという話でした。

描き下ろしは表題作の後日談でした。
これは文句なしの萌2です。傷が治ったふたりをもっと見たかったと思わせる良い雰囲気でした。

1

絵が綺麗

倉橋トモさんの絵は綺麗で本当に好みどストライクです。
「不可視の傷あと」は倉橋さんの初めてのコミックなので、最近のものに比べたらまだ成長段階だなという感じもしますが、十分絵は綺麗です。

ストーリーについてですが、みなさん言われているように確かに展開が急だったり、理解しづらい部分もありますが、トータルで見たら面白いです。

同時収録のLooseは不可視の傷あとと毛色がだいぶ違うので、1冊買えば2つ読めるっていうお得感が増しますね←

2

絵がきれい

倉橋先生の初コミックです。 初コミックとは思えないほど絵がきれいですね!

ただ展開が唐突だったり、えっ?と思う箇所がいくつかありました。
攻めは一見明るくて人気あるイケメンタイプですがトラウマを抱えています。 受けは真面目であまり人と馴れ合わない感じです。

二人は実は学生時代にお互い好き同士だったのですが、片瀬がショックな出来事のせいで渋谷のことだけ記憶喪失になってしまいます。
ちょっとビックリです。 余程ショックだったのでしょうが記憶喪失になるほどではないんじゃないかと思ってしまいました。

ちゃんと思い出して改めて恋人同士として幸せになれそうでよかったと思います!

短編はアパートでお隣さん同士のお話です。
年上で童顔の可愛い顔をした受け(ビッチ)と引きこもり大学生(童貞)なのですが、受けは過去に悲しい思いを経験した事があるのか恋愛しないで身体だけの関係がいいと思っているようでした。

攻めが本気になってアタックしていくのですが、受けも絆されて希望の持てる終わり方でよかったと思います。

2

? なところがある


性に奔放な片瀬くんと天然で誰にも媚びない渋谷さん。

性格が正反対な2人ですが、くっついた後はとても素晴らしかったです....(笑)

過去に2人が知り合いだったことにおどろきました。
あのまま2人が何事もなく、幸せになっていれば
お互い大好きな人に捧げられただろうな....と感じました。
(それじゃあ話にならないかwwwww)

片瀬くんが渋谷さんに対していきなり「これは きっと恋だ....」というところに ん?いきなり?となり、

学生の頃、行為に及ぼうとした時 親に見つかってしまい罵られた片瀬くんが、
いきなり渋谷さんに襲いかかろうとしたが 渋谷さんに拒まれる。→記憶喪失

ここでも ん? となりました。

そこら辺の部分をスルーすれば、とってもいい作品だと思います。

2

過去現在、未来まで

何度出会っても、
たとえその記憶を失っていても。
繰り返し好きになってしまう。
ちょっと運命を感じる作品。

性には奔放。枕仕事だって朝飯前。
幼い頃のトラウマを振り払うように生きる攻。
そんな攻に何かとちょっかいをかけてくる相手がいる。
めんどくせー。そうつっぱねていたはずなのに・・・・!?
強がって粋がって。そんな攻が動揺しながら自分を見つめなおしていく。
過去好きになった相手。そして忘れていた相手とは。
少々シリアスな展開ではあるものの、一周回ってなラストにほっこり。
終わりよければすべて良いのです。

後半は、童貞×ビッチのエロ話。
前半戦がちょっと暗い感じなのでバランス的には良かったかな。
毎日とっかえひっかえ隣の部屋でアンvアンvアンv
最初は怒ってたはずなのに~な顛末がオイシイ。
変態?素晴らしいじゃないか☆

2

期待しすぎちゃいました。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。

キャラはいいのですが、ストーリーは、あんまりでした、、、。
ありがちなストーリーかなって思っちゃいました。
先が見えちゃって、(あぁ、やっぱり)という感想が一番です。
でもさすが、倉橋トモ先生!絵がとても綺麗です。
倉橋トモ先生の作品は作家買いしてしまいます。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。
ハズレなんて無い!と思ってたんですが、今回は私には合っていなかったようです、、、。
なにかのアニメで見たような〜と読んでて思っちゃいました。
似た作品はたくさんあるので仕方ないと思うのですが、倉橋トモ先生ということで期待しすぎちゃった自分もいます、、、。

2

絵が美しくてエロい

「トモダチ以上のこと、シたい。」と「sick」がすごく面白かったので、こちらの作品も購入しました。

どちらの作品でも共通して言えることですが、まず絵が本当に可愛くてエロくて美しいです(全作ほぼ表紙買いです)。

こちらの作品は、2つのお話が入っています。
一つ目は表紙のCP。広告代理店営業マン×その先輩のお話。業績トップだが枕営業をしており、小さい頃に大きなトラウマを抱えています。そして実は同じ職場の先輩とは昔恋人でー…

とても面白かったのですが、正直物足りなさがありました。無事再び恋人同士になり、結ばれてクライマックスを迎えて…え、これで終わり!?とびっくりして確かめるようにページを何往復かしてしまいました。。笑

短編は、引きこもり童貞大学生×ビッチライターのお話。本気な恋愛をするのがこわくて”セフレ”の関係を壊したくない受けと、そんなの関係なしにアタックする攻めです。ビッチな受けがとてもエロくて可愛くてたまりませんでした…!

全体的には、短編もとても面白くてよかったのですが、どちらのお話ももう少し描いてほしかったというのが本音です…!

3

トラウマ持ちの攻め

会社の後輩×先輩、年下攻めで、内容は結構重てくシリアスでした。

主人公の片瀬は会社の営業でNO1。ですが、枕営業でしか仕事をとれない…というのはちょっとどうなのと思いました。
営業のチーム全員に枕営業している(男とも女とも)とバレている上に隠していないことも、やめた時はやめた時ですぐ周りにばれてるってそんな職場あるのだろうかて感じでした。
同じ会社の人も利益のために簡単にベッドに引き込んで、その上バッサリ切っているのもなんだか疑問。
自分に有利になるように経理の部署の人らと寝るなら、社内で立場がわるくならないようにその後のフォローはするはずなんじゃ…。遊びたいだけなら全然関係ない人と寝るのが普通だと思います。
「もう話しかけんな」とか簡単に言ってるのが若干おかしいと思いました。

最初は腹黒く人を本気で好きになんてならないタイプの片瀬ですが、先輩の渋谷を気に入って本気になっていく様子はキャラが一気に変わったようでかわいかったです。
枕営業も設定はどうかと思ったのですが、片瀬の幼少期のころのひどいトラウマに基づいていて、受けでなく攻めに重いトラウマがあるという設定が好みでした。

ただ、片瀬が記憶喪失で、昔渋谷と恋人に限りなく近い関係だったのを忘れていた…というのはちょっと唐突な気がしました。

設定やお話そのものはいいと思ったので見せ方かなぁと思います。ぎゅっとつめこみ過ぎというか、ここでいきなり?みたいな展開がぽんぽん続くというか。
片瀬のトラウマにしても、はっきり解決したわけでなく、さらっと流してしまうには重たい内容だと思ったので中途半端にするよりはもっとページ数をとってじっくり書くタイプのお話だったんじゃないかなぁと思います。そこがちょっと残念でした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う