恋する駄犬はワンと鳴く

koisuru daken wa wan to naku

恋する駄犬はワンと鳴く
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
66
評価数
19
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
ナナイタカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
ISBN
9784040686165

あらすじ

ペット用品メーカーに勤める会社員・五十嵐葵。
真面目でクールな彼が心を許すのは、
実家に置いてきた愛犬ハヤトだけ。
会えない寂しさを仕事で紛らわす日々を送っていると、
ある夜、愛犬と同じ名前の大学生と出会う。
彼は初対面のハズなのに、なぜか過剰に懐いてきて!?

攻め攻めワンコのおしかけ求愛ラブストーリー☆
コミックス描きおろし1話分収録!!
溺愛魔王×美形勇者のいちゃエロラブコメ
「勇者ですが魔王にストーカーされています。」を同時収録!

表題作恋する駄犬はワンと鳴く

壮颯登 大学生,ホームセンターでバイト,21歳
五十嵐葵 ペット商品会社勤務,大の犬好き,25歳

同時収録作品勇者ですが魔王にストーカーされています。/ 魔王と勇者のその後の話。(描き下ろし)

魔王
勇者

その他の収録作品

  • 恋する駄犬のその後の話。(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバ―下:漫画

レビュー投稿数4

待てが出来る攻め

ふう、楽しかったです。
表題作と同時収録、どっちも楽しめる1冊。
両方とも「攻めが受けにめろめろ」という言葉だけでごはん1合はいけるという方にはたまらない作品でした。

「恋する駄犬はワンと鳴く」
ペット商品会社に勤める葵は大の犬好きながらも実家を出たため、癒しの存在・飼い犬のハヤトとは離ればなれでストレスばかりが溜まる日々。
あるとき、接待で行った店でハヤトの毛並みにそっくりな髪をした颯登に遭遇して…。
ハヤトが颯登パターンかと思ったら違いました。
颯登(イケメン)が葵(眼鏡)懐きまくります。イケメンが眼鏡にわちゃわちゃ。ごちそうでございます。
母に捨てられた颯登と、捨て犬を拾う葵。ひたすら懐いてくる颯登に慣れてきたところで、颯登がいきなり現れなくなった辺りの葵のモノローグが切なくて切なくて。
中編だけどバックグラウンドや心理描写がしっかり描き込まれていて、読み応えがある話でした。

「勇者ですが魔王にストーカーされています」
単純に面白かった!
ゲームの世界を描いた作品はちょこちょこ見かけますが、こちらは魔王が勇者にべた惚れです。観察日記つけてます。
イケメン魔王と見目麗しい美少年勇者を愛でて笑って、しあわせな気分になれました。

ちなみに表題作の方で、居酒屋の前に置いてきた葵の同僚と颯登の友人。
2人の翌朝の様子が描かれたページも衝撃です。

個人的な意見で恐縮ですが、ナナイタカさん、絶対こっちのスタイルの方がいい!
登場人物の設定がしっかりしているので、会話中心でストーリーを進める「僕のサーシャ」や「鈴付き猫ー」よりも、本作のようにモノローグをばんばん入れてくれるスタイルの方がぜーーーったいにいい!

と、生意気なことを言って去りたいと思います。

0

犬好きは絆されちゃう

 わんこが大好きなのでweb連載時から読んでいました。フルールさんで連載している方たちはみなさん画力が高くて、紙派の私でも目が疲れづらく読みやすい作品が多いです。


 営業スマイルが堅いペット用品メーカーに勤める葵は、営業先で触れあう犬との時間が癒しの時間なのですが、接待が忙しくそれも儘ならず、そんな時に偶然出会った颯登に強引に誘われて…。
 颯登はアルバイト先のペットショップで葵の犬デレ笑顔を見てからずっと彼のことが気になっていて、というか好きなんですよ。この人に飼われたら犬は幸せだろうな~って思ってるの。それには颯登の過去が関係していて…。
 葵は強引でずうずうしい颯登に振り回されながらも、実家で飼っている愛犬のハヤトと同じ名前で同じ髪色を持って手触りも似ていて、捨て犬みたいな顔をする颯登が気になってしまうと言うストーリーはよくある展開です。
 颯登はゲイもしくはバイってことなんだと思うので、葵に憧れていた気持ちはわかるとしても、ノンケ(たぶん)の葵がいくら犬好きだって無理があるでしょーって思うところなんですが、そこまで深刻なお話でもないので、わりとすんなりと入ってきます。むしろ犬好きとしては颯登が可愛く見えてくる気持ちが良くわかっちゃう^^;
 颯登の母親が蒸発してしまったエピソードが、これまたマンガとしてはよくあるようなお話なんですが、これは悲しいなぁ。子供の颯登が悲しいよ(T_T)
 完全なる絆され愛ですが、颯登に犬耳が付いているわけじゃないのに、耳がたれてるみたいに見える表情が垂れた眉とへの字の口でよく表現されていて、リアル犬デレの私も絆されてしまいました。世の中の可哀想な犬たちがみんな葵みたいな相手を見つけられたらいいのになと思います。ちなみに過去から現在に至る我が家の子たちも、迷子さんだったり虐待されていた子だったり、里親募集されていた子たちです。目を見た時に運命を感じました( ´艸`)クフ

 同時収録の『勇者ですが魔王にストーカーされています。』はフルールコミックアンソロジー『勇者受BL』に収録されていたお話です。黒髪長髪な魔王×美少年勇者。魔王様はとてもよかったのですが、美少年勇者が勇者にしては女の子っぽいです。もっと強そうなほうがよかったな。 

4

可愛い系わんこ攻め

わんこ攻め好きとしては、スルーできないタイトルと雰囲気ですね。
公式サイトで一話分試し読みしてから購入することをオススメします。

話の流れはベタでほのぼのしていて、大きな波や劇的なことはあまりなく日常を見守るような作品です。大恋愛を期待すると肩透かしと感じるかもしれません。
キャラクターも「あ、どこかにいるかも、こんな人」というような薄めの味付けだと思います。
攻めのわんこっぷりが最初から最後まで一貫してかわいかったので個人的には満足でした。
わんこ攻めとよくセットでついているのが腹黒や豹変展開ですが、その要素は今回ありません。終始かわいらしく年下らしく甘えていました。
受けは流され型の微ツンデレ、くらいかと。おそらく男同士の経験はないはずですが、攻めとの恋愛関係に対してかなり受け入れるのがスムーズだったのはちょっと笑えました。あと眼鏡ないほうが美人に見えるタイプです!\(^o^)/一話にごとに裸眼シーンがちゃんとあります。ぜひ見つけ出してみてください。

絵柄は好みによりますから置いておくとして、安定感はあります。大きく崩れる箇所や手抜きなども感じられず完成度は高いと思います。
ただえろシーンにはもう少し色気が欲しかったかなぁというところ。もっと気持ちよさそうにする受けにスポットが当たってもいいのでは!せっかく黒髪眼鏡微ツンデレなのだし!

冒頭でも書きましたが、絵柄の確認も含めWebでの試し読みをオススメします。
良くも悪くも試し読みで醸し出ている雰囲気のまま最後まで進むので、大きく期待を裏切ることも超えることもないかと。
試し読みの段階で興味がもてればそれなりに楽しめるでしょうし、萌えもあります。
試し読みの段階ではあまり興味をそそられないというのであればおそらく最後までそう感じて終わるでしょう。
ほのぼのしている作品で絵柄もかわいらしく展開も割りとベターで少女漫画チックなのでBL初心者さんにも薦められる一冊です。
その他豹変しないわんこ攻め、可愛い系年下攻め、眼鏡on/off あたりに触手が反応する方もどうぞ!

3

ワンコのようなワンコ攻め

読みやすかったです。
さらっとら読めました。
わんこ攻め×わんこ好き受けのCPです。

ペット用品の営業・葵は、笑顔が硬いのにペットにはデレデレ。
そんな葵をバイト先のホームセンターで見かけ、気になっていたという颯登。
母親に捨てられた過去を持つ颯登は、葵ならずっと大切にしてくれそうと思ったという。

この颯登の過去がサラっと流されてしまっている。
もう少し掘り下げてくれたら感情移入しやすかったかもしれません。
全体的には絵も可愛く読みやすかったのですが、あっさりしすぎていた感もあります。

同時収録作の魔王×勇者。
こちら設定が面白くて、なかなか好きでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う