男同士なのに、この気持ちって…何なんだろう――

大型新人の教育係 深夜残業中

oogatashinjin no kyouikugakari sinya zangyouchu

大型新人の教育係 深夜残業中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×214
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
122
評価数
32
平均
3.8 / 5
神率
18.8%
著者
晴山日々子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
ISBN
9784040684765

あらすじ

「男同士なのに、この気持ちって…何なんだろう――」
大柄後輩×ちび先輩。身長差28cm凸凹コンビのエロかわいいオフィスBL

ちびなことで新人に間違われてしまう教育係の室宮と背が高く、真面目で超優秀な新入社員の瀬良。

身長差が28cmもある凸凹コンビのふたりは、キスしたり、お互いの気持ちいいところに触れ合ったり……
いつしか同僚以上の関係になっていた。

「男同士でも気持ちいいのはきっと、瀬良と“相性”がいいから――」

そんな折、瀬良と同期の白井が営業部へ来ることになり――…。

描きおろしマンガも収録!

表題作大型新人の教育係 深夜残業中

瀬良孝一,玩具メーカー営業部,長身で超優秀な新人
室宮旭,同営業部の背の低い先輩で攻の教育係

その他の収録作品

  • 描きおろし~残業#5の初Hの続き~(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:初期設定イラスト

レビュー投稿数7

凸凹コンビ2巻!

初読み作家さんです。実は前巻は購入してなかったのですが、深夜残業中を電子で試し読みして『面白そう』と思ったので、2冊同時に購入してしまいました。
室宮は通勤電車の中で痴漢の被害にあっていたところを、若い男に助けられる。会社に着いて広報部から来た研修生の紹介を受けた室宮は、その研修生が今朝の男だと驚いて‥
研修生(白井)は瀬良の同期で、爽やかなイケメンだが実はゲイ、室宮に興味があるのかなぁ?と思っていたら瀬良狙いで‥ふたりの仲がギクシャクしてしまう。そんな折、瀬良の異動が決まって‥
白井が瀬良にアタックしている所を偶々室宮がタイミング悪く聞いてしまったんだけど、どうせ聞くなら最後まで聞いていれば拗れる事も無かったのにね〜 まぁ、この件がキッカケで室宮は自分の気持ちと向き合う事が出来たし、Hもして2人の気持ちが深まったのではないのでしょうか。
メインの2人は勿論のこと、まわりの人も良い人ばかりで、嫌な人がいないのは心穏やかに読めて良いですね。

7

あ、そっちだったの?という驚き

続編です。
絵がだいぶ「サイテー男と1ヶ月」の感じに近くなって、室宮がすごく可愛さを増してます。

一番最初のエピソードでおさらいをしてくれているので前作を読んでいなくても大丈夫だと思います。
思いますけど。
何かこの前作のダイジェストのような1話目、室宮の性格が変わってませんか?
これだけ読むとすごくテンパリキャラ。
前作でこの性格だったらテンパリパニック嫌いのわたしのレーダーにかかっているはず。
違和感を抱えたまま読み進めてみましたが、やっぱりテンパリキャラになってる…。うーん?そうだったかな。

ストーリーの方は当て馬的キャラが登場して、また瀬良のいい顔が見られるとわくわくしましたが、「あ、そっちだったの?」という展開でした。
ちょっと切ない展開もありつつ、最終的には満足な終わり方でした。

前作は瀬良の表情萌えでしたが、今回は作画で可愛さを増した室宮も良かったです。

3

温泉とか、当て馬とか。進歩する2人です!

前作からの引き続きです。

うわゎ~室宮と瀬良がラブラブ盛り上がってるっ…と感心しました。
ちっちゃいけど男前な室宮に、ほんとに瀬良がメロメロなんだなぁと思います。

社内恋愛の一大イベント!社内旅行。
温泉の浴衣姿の、一目を忍ぶイチャイチャとか、思わぬ当て馬の白井の登場も良かった。

白井が登場してこそ成り立つ関係の進歩ですからね。

もうね、瀬良と室宮の初えっち。
とても…良かった❤️
いーですね、体格差。室宮が感じちゃうのとか可愛かったです。そりゃ、瀬良がはまるわけですね。納得しました。

優しいキャラデザインからは、想像出来なかったエロさ。擬音も素敵でしたね~!
ぷちっとか。(ぜひ、読んでみて確認していただきたいです!)

次作がまだありますし、2人の恋を見届けたいと思います。

0

いい年下攻め

前作にて背の高い新人君x小柄で可愛い系の先輩、というリーマンBLに萌え、続編を待機しておりました。
さて本作。
試し読みで、Hシーンがあるぞ〜、と期待値も上がりつつ。
照れのせいかなかなか素直になれない室宮と、意外と?好意を隠そうともしない瀬良のオフィスラブ(!)に波乱が。
シチュエーション的にも「いかにも!」な社員旅行エピソードの中での、①みんなに隠れてのH(多分素股?)、②当て馬の宣戦布告、その上での③瀬良異動!
とハラハラを畳み掛けてきます。
結局は「ご安心ください」的エンディングがあって、描き下ろしにてガッツリとH描写もあって、という所です。前作+本作の2冊タップリの分量の割にはアッサリと読めたなぁという印象。
ただ、前作では「H最後までいかなかったなぁ」なんて感じてて本作である程度H目当ての部分もあったはずなのに、いざHシーンが出てきたら「こういうのじゃなくて。」的な気分なんですよね…自分勝手ですみません。私の期待はガッツリHよりイチャラブくらいで良かったみたい。
室宮くんのあんな大御開帳、見ちゃってゴメンね…瀬良。みたいな。キミだけの先輩のイキ顔、見ちゃってゴメンね…瀬良。みたいな。
あと、室宮は靴下脱ごう。瀬良はズボン脱ごう。私は全裸派さ。

7

先輩の可愛さが増していた…

『残業#1』で、
そうだ、世良は年下だけどとても余裕を感じられる後輩で
室宮はすぐ動揺する先輩だったと
前コミックスをすぐ思い出せたので助かりましたが
『残業#2』ですぐモブおっさんに痴漢されてるあたり、
先輩…世良とイイ感じになってから
そういうの表に出ちゃってたんじゃないですかね…??

助けてくれたのが研修の一環で営業部へ来た白井という世良の同期とか
雲行きが怪しく…!?と思ったら
まさかの白井くんはソッチ狙いでしたか!!!
ここはちょっと意外でしたけど
ライバル登場!?→社員旅行で温泉泊で
しっかりスルことをシてしまうのはご馳走様でしたww

室宮は流されてるだけには私は思えなかったですけどね…
ちゃんと世良に意思表示出来てるような気はしましたが。
それでもきちんと確かめ合わねばならない時もありますよね。
多少のすれ違いも嫉妬もスパイスでしかない甘い恋人たちでした。

晴山さんのお描きになる唾液感といいましょうか、
とろんってしててキスシーンもほにゃららなシーンも気持ちよさそうです!!
あと室宮のぷっくりしたえっちぃTKB!!!
質感も感度もめちゃめちゃ良さそうです…。

ザルの牧野…!!
白井はタイプじゃないって言ってましたけど(おまけで)私はやっぱり好きです!!
面倒見もいいし明るくて元気もらえそうじゃないですか…。
社員旅行の宴会ではカラオケ頑張ってたし、素面でも楽しいヤツ!
酔わないから、室宮のように酔った勢いでどうこうは出来なさそうですが
なんかこう…牧野を誰か落としてくれないかなぁ…。

3

当て馬くんが謎な役割…。君は一体⁈

瀬良とのエチを反芻したりして、エロ可愛い先輩が通勤電車でモブおじさんに痴漢に遭っているところを爽やかに救ってくれた白井。当て馬くんの登場です。パーソナルスペースの狭い彼に初見から敵意むき出しの瀬良。そんな折も折。社員旅行というお約束なエロ展開。温泉で、裸の先輩の腰を掴んで「先輩、細っーい!」と、これ見よがしに戯れる当て馬、白井。ところが、白井の目的は…。

白井の告白を聞いてしまった先輩は、瀬良とエッチした直後だったのに。何故か身を引こうとしてみたり、自分と瀬良との関係を悩み始めたりします。軽く何故?展開。
もう一つ謎なのは、白井は攻めっぽいなりなんですが、抱かれたいのか抱きたいのかもハッキリせず。かき回したいだけだったのかな。私は受けに夢中な当て馬が出て来て、攻めがハラハラ独占欲を出す!みたいな定番が好みなので。よく分からない行動をする白井が不満でした。
結局、1巻ではすっ飛ばしていた、ちゃんと「好きだ」と言葉にするという、関係をハッキリさせるというところで収まり。めでたし、後にエロエロエッチという終結です。1巻はほのぼのだったので、エロ増量したんだと思いますが、あられもない姿で乱れる先輩よりも、1巻であざと可愛い先輩の方が、今にしてみれば、逆にエロかった気も。
まだ続くのかな。1巻でとっくに恋人同士になったかと思いきや、本作でやっと恋人同士になった様なので、恋愛中はまだまだこれからかも。

1

当て馬に簡単に揺さぶられたその後は…

身長差28cmの後輩×先輩リーマンのシリーズ2冊目。

『大型新人の教育係』2015年
『大型新人の教育係 深夜残業中』2016年
『大型新人の教育係 社内恋愛中』2018年
が、シリーズの順番です。

デビュー作の1冊目より画力アップして、瀬良は男らしさを感じる男前に、室宮はダダ漏れちゃってる色気がかわいくなってます!


1冊目で、室宮の男同士でも大丈夫か踏み出してみよーな誘い受けがうまくいって、二人はもう恋人になったのだと思っていたのだけど、、、

キスしちゃう甘い関係なくせに、言葉の確約がなかったとは…
でもお互い意識しちゃってる甘い雰囲気が流れてますけどねー。


そこに瀬良の同期で、室宮を痴漢から助けてくれた白井が登場。
最初、白井は室宮を「かわいい」扱いしていたから、室宮狙いなのかと思いきや、ターゲットは瀬良だって…

白井に誘われた瀬良は、室宮がどおう思っていても、室宮のことを好きだって宣言しちゃうのがかっこいい!
瀬良は、かわいいだけじゃない、室宮の男気のあるところをちゃんとわかっていたのが嬉しい♪


ラブアフェアを楽しんでそうな白井だけど、瀬良に対しても、室宮に対しても、たいした揺さぶりはしてないんですよ?
でも瀬良と室宮は曖昧な関係のままだから、白井みたいなチョロい当て馬に嫉妬して簡単に揺さぶられてしまって…


個人的に白井みたいな男、観察対象として好きなので、もっと活躍して欲しかったけどなぁ。

一本気の通った瀬良はますます室宮に気持ちが向いて、室宮もしっかり自分の気持ちを言葉にできたから、今度こそ、恋人としての関係がスタートするんだよね?

次のシリーズ3冊目で完結。
二人がどんな関係に落ち着くのか見守りたいと思います^^
私は、室宮の小っちゃくても潔くて男っぽいところが好きなので、最後もかわいいだけじゃないところを見せて欲しいです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う