小説家先生の長かった恋

shousetsukasensei no nagakatta koi

小説家先生の長かった恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
36
評価数
11
平均
3.4 / 5
神率
9.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
EYE'S COMICS BLink
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784834262766

あらすじ

家政夫である三島の新しい派遣先は、人気小説家・松戸冴央の自宅マンション。
仕事初日に松戸宅を訪れた三島の前に現れたのは、なぜか中学時代の担任教師・麻生だった…! 
麻生という人物に興味を持った三島は、彼の小説を読み進め、ある一節に目を止める。
主人公の女性教師が恋い焦がれてしまう教え子の少年…それは、中学生の頃の三島そのものだった。
当時の麻生は、教え子である三島に恋をしていた。それからも、ずっと…。

表題作小説家先生の長かった恋

三島 元生徒
麻生 タモツ 元中学教師

その他の収録作品

  • その後の話

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

めちゃくちゃじれったい…。

まるまる一冊同じカプです。

家政婦派遣に勤務している三島は新しい派遣先である人気小説家・麻生の家に出向いたところ、中から出てきたのは中学2年生の時の担任「キョドセン」だった。

教師をやっていた当時も、そして人気作家となった今も相変わらず挙動不審で自信がなさげな麻生。
ふと興味が湧き彼のデビュー作を読んだところ、その作品を通じて麻生の三島への恋心に気づいてしまい…。

再会後、三島が驚くほど早い展開で麻生を好きになってしまいビックリしました。展開の早さにこれって短編集だったっけ??もうおしまい?!と思わず目次を確認しちゃったほどです。
担任時代の麻生を「ああいう大人にはなりたくない」と思っていたような三島です。10年ぶりに再会して挙動不審は相変わらずだけど、思っていたよりも表情豊かだったり可愛いという点を知りって事なんだろうけど、さっさと好きになって驚きました。三島がゲイだとしても(ゲイかどうかは不明)早いと思う。

麻生もずーっと三島のことが好きだったし、両思いでおしまい!かと思ったら違うのです。このお話は。ここからがとっても長いのです。タイトルにも「長かった恋」とありますけど、じれったい。

麻生の中で返事はイエスしかないだろうに…と思ったのですが、三島が気持ちを伝えた翌日から妙に避けるし、小説家らしく返事を手紙で書こうと決めたのはいいとしても3ヶ月間も返事をしないのです…。
その挙句に、「まだ僕は中学の頃の君を好きなんだ」と言うのです…。おぅ……。小説家としての麻生と23歳の青年としての関係を持ちたいと望む三島だけど、麻生は23歳の三島じゃなくて13歳の三島に恋をしたまま…。

三島が麻生のことを好きになるくだりが自分の中では判らなかったので、麻生の返事を20年も待てると言う三島に対して、どうしてそこまで麻生に入れ込む事になったんだろう…と思ってしまいました。麻生がグジグジしてて厄介であまり私から見て魅力的なキャラではなかったので尚更。

連載中の小説と重ねて麻生が自分の気持ちに気づいて行く展開は小説家らしくていいなと思いました。
おまけで中立寄りの萌で。

1

長い冬って感じですね

表題作+描き下ろしで構成されていました。
家政夫をしている三島の派遣先は小説家のマンション。三島の前に現れた小説家の先生は中学時代の担任の麻生で‥
切ない系がお好みの方にはいいと思います。ラストは勿論ハッピーエンドなので安心して読み進めることができますが、私には少し切ない(暗い)かなぁ‥所々切ないなら全く問題無しなんですが、麻生が暗くて(笑うと可愛い)‥
主に三島目線で語られていましたが、2人の
心情がわかりやすく描かれていたと思います。
この本の中では麻生の従甥の快君が明るくしっかり者で好感度抜群でした(あんまり登場しないけど) 逆に悪感だったのは三島の中学時代の友人の立野、最後に麻生に謝罪して和解?したからいいですけどね。
カバー下や1話と2話の後ろに描かれてた四コマ漫画は可愛く面白かったです。次は明るいお話が読みたいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ