あと、もう少しだけの恋

ato mousukoshidake no koi

あと、もう少しだけの恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×26
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
121
評価数
35
平均
3.6 / 5
神率
31.4%
著者
峰島なわこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784403665455

あらすじ

ゲイであることを隠している高校生・船戸は教師の佐久間が
トイレで自分の名を呼び自慰しているのを知る。
船戸は佐久間に交際を迫るが……。

表題作あと、もう少しだけの恋

船戸純 高校3年生〜劇団俳優
佐久間直己 高校教師

その他の収録作品

  • long long, good days.

レビュー投稿数5

相手と自分を受け入れるまで

書影を見て、絵柄が変わったのかとドキドキしましたが、中は変わってなくて安心しました。

ちっさいドタバタはあっても、じっくり、しみじみとしたトーンのお話が多いので、今作も突き抜けた明るさとかエロは期待できません。しかし本作ではその路線を敢えて狙っていたようなので、作家さまのこだわりというか作家魂をヒシヒシと感じます。

これは自分を騙し、相手を騙し、相手を傷付けることによって自分も傷付くという、ちょっとややこしい遠回りな心理を描いているという印象を受けました。詳しく書いてくださっている方がいるので筋書きは割愛しますが、ゲイであることを自覚しつつ、肯定的に受けとめられずにいた二人が出会い、抑圧してきた思いを相手にぶつけ合うことで、自分の素直な欲求を探り当てていく道のりなんですね。

二人の不安定さは、やはり隠している性癖からきているんだろうな。そこを彼らの年齢差で対比を見せるところが上手く生かされています。経験してきたからこそ狡く、より頑なにさせる臆病さとか(佐久間)、逆に初めてだからごっこにして遊んでもらえば割り切れるとか(純)…どちらにも共感できるように描かれていると思います。

ラスト、昭和世代にはちょっと泣ける。脇キャラも温かい人たちでした。セリフとモノローグがなかなか幅を利かせてる感は否めませんが、恋愛モノというより、恋愛を通して人間理解を描いてるのかなと感じたわたしには、心の深いところにまで届いてきたお話でした。その点に萌一つプラスで。

1

叙情的に描き上げられた青さと大人の狡さ

いやはや、ためいき。
胸に「読み上げた!」という充実感が広がっています。
素晴らしい。

ゲイと自覚したのは中学の終わり。
ふつうの高校生が楽しむような生活は送れないと諦めていた船戸。
そこに産休代員の佐久間が現れて…。

1学年に4人もいるような名字のせいで起こった悲劇なのか、何なのか。
この作品、できる限りネタバレしたくないんですよね。
読んで感じてほしいのですが、ちょこっとだけ。

船戸は文化系、綺麗な顔立ちのおかげで女子にモテるのに、女子には一切興味がないという皮肉な状態です。自分の性癖をひとに言うわけにもいかず何の思い出作りもできないのに、自分は周囲の「青春」に巻き込まれる矛盾や閉塞感。諦めからどんどん冷めていってしまうのも分かります。ただその諦観が余計に「クールでカッコいい」ように見えてしまうんだなあ。悪循環です。

船戸が縋ったもの、佐久間のエゴ。
表面上は均衡が取れているように思えていたものが崩れ去った瞬間に、船戸に残ったものが虚しさや恥ずかしさだけではなかったことが救いです。
佐久間は唯一、船戸の抱えているものを理解できる存在なのに大人の狡さで逃げてしまう。それでも船戸にとっては佐久間の掌の温かさがかけがえのないものだったという事実に胸が締め付けられます。

良い作品でした。

産休や傷病などの臨時採用教員は担任になれないよ、特に高3の途中なんてありえない話というレビューを今日は既に一個書いていますが、この作品もでした。
ちなみに現実の教育現場では3年の担任を打診される前に妊娠の可能性の有無を問われます。それでもどうしてもと言う場合は副担が担任に上がります。蛇足でした。

0

ゲイのDKと臨時教師の話

自分がゲイだと自覚し、その秘密を胸に学生生活をやり過ごしている高校3年生と、そのクラスに代理教員としてやってきた教師のお話です。
最初はどちらにも何の気持ちもなく、ただの教師と生徒の関係です。それがある日、放課後のトイレで、教師が自慰をしているのを高校生が聞いてしまいます。
自慰をしながら呼んでいたのは、高校生の名前でした。


以後、カップリングのネタバレありますので、どちらが攻めだか知りたくない方はお気をつけください。

カップリングとしては、高校生攻め×教師受けです。
受けが呼んでいた「船戸」という名字は自分のものでしたが、学校に同じ名字が複数いるので、自分のことだとは思っていない攻め。でも、それをネタに、嘘の関係でもいいから自分と恋人になって、と脅します。

攻めの、自分がゲイであることの諦め、それを発散させるための脅迫や、それを受け入れた受けの思惑などが切なく、全体的に少し痛めのシリアス、という作品でした。
ちょっと受けの印象が定まらず、最初は明るくゆるふわなのに、学校での自慰を知られた時の絶望がちょっとびっくりで、なのにそのあとまたゆるふわな感じに戻っていました。あんなに絶望していた受けなのに、数日後には積極的にうきうきデートしている描写があり、何だか攻めが弄ばれているような錯覚を覚えてしまいました。
攻めは、演劇部でイケメンでモテモテなのに隠れゲイ、という鬱屈したキャラですが、子供らしい我の強さや青さにリアリティがありました。

本編ではエロなしで、描き下ろしの短編で本番あり。攻めがちょっと成長して余裕が出てきたふうなのは良かったけれど、お初ではなかったので、お初エッチが読みたかったなーと思いました。

2

予測できないのが恋

特に執着せず熱くもならず
女子に告白されても断るだけの卒業までの日々、
担任代理の先生の弱みと主導権を握りたかったはずが
そんな思い通りになるわけも無くしっぺ返しをくらってしまう船戸純、
若さと愚かさが愛おしかったです。
人には抱えている過去も想いもそれぞれにあって
例え暴いたところで当事者にはなれない悲しさ、
本当はどうしたいのか戸惑うのも
もう佐久間先生には最初からきっと心を奪われていたからなんでしょうね。
佐久間先生自身も過去を曝せるくらいには純はやっぱり特別だったんだと思います。
思春期にゲイだと自覚してしまった苦しさを年は違えども経験したふたりが
表面上平静を保っていたいのにそうはなってくれない波立つ内側。
自分でさえもコントロールできない心が切なかったです。
大人ぶってみても所詮付け焼刃、そのもどかしさが純愛と思えました。

ただ、佐久間先生の過去の想い人の言動がそれで良かったのか…??と
申し訳ございませんが個人的にモヤりました。
友情の延長でして良かったのか……難しいな。
情は情なんでしょうけども。

磯貝ちゃん、純に片想いはつらかっただろうなぁ…。
彼女のような理解者がいてくれるだけで
純も随分生きやすかったのではないでしょうか。
きっと男女間の友情も成立する!

想えば届く、そんなラブストーリーでした。

0

高校生×高校教師

しっかり描かれてるし、もっとレビューが付いてもいいのになー

両方受けっぽいというか百合っぽいというか、表紙でなんとなく受け攻め分かりますが、描き下ろしまで読んで「あーやっぱりそっちなのね」とやっと確証を持った感じ。

よくできたお話でした。脅して擬似恋人関係に持ち込む王道の展開をうまく使って独自のストーリーにしていて面白かった。ただ、船戸(表紙左 高校生)にとって佐久間(表紙右 臨時高校教師)が初めて見たゲイで、刷り込みのように好きになってしまったのではないかともやもやしました。そんな早々と人生決めてしまわなくても、まだまだ世界は広がっているのに。運命的出会いに縛られ過ぎなのでは、と娯楽作品に言うのも無粋なのですが。

吾妻コーチ(船戸の所属する演劇部の外部コーチ)と佐久間の関係も、それで良いのか?という気もする。
他の方が指摘している、教員の産休、臨時諸々のとこも、プロットがしっかりしている分気になるところですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う