月下美人

gekkabijin

月下美人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
30
評価数
9
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
日高あすま 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344838437

あらすじ

平田は親友の深山と心中した男女の霊がでると噂の旅館に泊まった。徐々に女の霊が憑いたように妖艶になる深山に平田も惑乱し…。

表題作月下美人

平田 , 20才の大学生で深山の親友
深山 , 大学でミステリー研究会に所属

同時収録作品積もる恋、雪の記憶

葉鳥清一 , 旅の途中の小説家
藤ノ宮白水 , 軽井沢の洋館に住む青年

同時収録作品君静か、春爛漫

ヒロ , 金田先輩に片思い中
ハル , ヒロの親友

その他の収録作品

  • 月の下じゃなくてもいい
  • 記憶のかけら
  • あとがき

レビュー投稿数1

不思議な雰囲気に包まれた作品集

表紙の美しさよ…。
本編は線の細い少女漫画的タッチの中に、オリジナルの味も感じます。

【月下美人】(前後編+後日談) 萌2
ミステリー研究会に所属する親友の深山の付き添いで、幽霊が出ると噂のある温泉宿にやって来た平田。
旧家の令嬢と使用人が心中した部屋に命日に泊まった2人は、夜が更けるにつれて…。
幽霊に取り憑かれているのか、雰囲気に飲まれただけなのか。
深山の態度に違和感を覚えつつも、自分自身も衝動的な感覚を抑えきれず…という話で、平田目線なので読者も平田と一緒に不思議な感覚を味わうことができます。
深く突っ込もうとしたり、解釈しようとするのは困難だし無粋なのかな。
主人公と一緒に狐につままれたような気分で、芽生えた気持ちに戸惑う主人公を楽しむのが良いのかも。

【積もる恋、雪の記憶】(前後編) +【記憶のかけら】(描き下ろし) 萌2
旅の途中で吹雪に倒れ、呪われた不思議な屋敷で保護された小説家の話。
屋敷に住むのは麗しい主人のスイと執事、それにスイの叔父。
見たものは現実か、それと幻か。歪んだ関係や執着が絡まって…。
こちらも不思議な話です。
なぜ屋敷を出ると記憶が失くなるのか、ループする家庭教師と恋や、叔父のことなど、ベースにあるのが「母の呪い」なので、こちらも解明しようとしても難しい。
だけど屋敷でいつ戻ってくるか分からない家庭教師を待つ以外の選択肢を選んだスイに、明るい未来を感じるラストでした。
描き下ろしでは、呪いはもう解けたという雪解けを感じられました。

【君静か、春爛漫】 萌
ずっとひそかに片思いしてきた親友に、好きな男ができた。
無邪気に恋を語り浮かれるヒロに、ハルは…。
短い作品ですが、作画の繊細さも相俟って切ない。

最後の短編を除いて、幽霊だとか呪いという「不確かなもの」に翻弄される人々が描かれているので、はっきりすっきり白黒!というよりも余韻を楽しむ感じかな。
作画と雰囲気が合っていました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う