ロマンスの鐘が鳴る

romance no kane ganaru

ロマンスの鐘が鳴る
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×28
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
42
評価数
12
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784778121136

あらすじ

会社員の江見は、買ったエロ雑誌の付録が破り取られていたことに文句を言うべく書店に踏み込む。だが綺麗な顔立ちの男性店員・山口を見た直後、世界が薔薇色に染まった。はじめて男に欲情を覚えた江見は、蛇の道は蛇とゲイ専用SNSで相談し恋を確信。彼を落とすため行動し始める。一方、山口はセクハラ野郎のクレームでのストレスを発散しようとSNSにログインするが、ゲイ初心者の恋愛相談に乗ることになり……。

表題作ロマンスの鐘が鳴る

江見陽介,会社員,28歳
山口晴樹,書店員,24歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

恋に翻弄されるイケメンを覗き見るお話

電子書籍で読了。イラストはフルサイズでしたがカラーイラストは表紙のみでした。ひょっとしたら紙書籍よりイラスト枚数が少ないのかもしれません。

内容はみなさまが書いて下さっているので感想だけ。
いやー、とっても楽しく読みました。何が楽しいって江見クンの「恋に落ちた時の薔薇色感」の描写が楽しいんです!好きな人が出来ただけで毎日が楽しくキラキラして、自分に好意を持ってくれているかもしれないと思っただけで病気と勘違いされるほど夢見心地になる。そしてその人のために必死になる。良い攻めですねー。すべてが解った時の山口クンの動揺ぶりも可愛らしい。クールビューティーだったのに。とても良い受けですねー。
最初から最後まで恋に翻弄される男性を、うふうふしながら見るというBLの醍醐味を味合わせて下さったお話でした。

0

恋愛相談と実践が交互に来てどきどきしまくり

攻め受け両視点のLoveコメでした。
江見(攻め)が一目惚れしたのは最悪のシチュエーションで出会った本屋の店員山口(受け)

最初の出会いは大人としてどうかなぁと思いました。いくら楽しみにしていたDVDが破られて無かったとしても、それってその店員のせいではない可能性が高いってことぐらいわかりそうなもんなのに。いきなり怒鳴りつけるなんて、子供か。そのせいで、印象は最悪。
でも、江見は潔くて肉食ですねぇ。いままでノンケだったのに、いきなり男性に一目惚れしてしまって葛藤もせずに受け入れて、速攻で関連のSNSに会員登録して相談相手探すんですから。ただ、ちょっと軽率。お約束の相談相手が受けでしたっていう展開じゃなくて悪い人に当たってたらどうなってたんだろう。
信頼できるかどうかわからない相手に真剣に相談持ちかけるのはちょっと危ない。

で、相談相手が落としたい相手だって知らない江見はひたすら相談し、山口は自分がその相手だって知らないで一生懸命応援するんです。

江見は凄いポジティブな人で山口視点では嫌がらせだとか我慢してるとか思っていることを、「触るのをゆるしてくれるようになっ続きた」とか「告白されたー」とか喜んでるし、今まで仕事のできるやつって感じだったのに、山口に落ちてからはすっかりおバカになってしまって、本気なんだなぁと感じさせられました。ただ、一歩間違えれば勘違い野郎になるわけで、こんなあて馬時々いるなぁと思ってしまいました。それだけにお互いの正体がわかったときが心配でドキドキしながら読みました。

山口は江見との出会いが最悪でそれ以降も自分の同僚が好きなんじゃないかとか誤解していましたが、さんざん相談されていたSNSの相手が江見だってわかったことで、今までの相談が自分に対するもので、江見が本気なんだってことが理解できて、結果的によかったです。
ただ、きちんとした告白なしにヤっちゃって、その後告白という流れはちょっとな。それもそこでおしまい。えーっ!ここで終わり?って感じで、甘い雰囲気ちっとも無かったのは残念でした。きちんと恋人になった後日談が読みたかったな。
その辺は特典ペーパーにあるようですが、手に入れられない私としては本編に入れて欲しかったです。


二人のこのすれ違いのような掛け合いを楽しいと思えればとても面白いと思います。私個人としては、いつばれるんだろうとか酷い誤解があるんじゃないかとか心配ばかりしてしまったせいで、最後までドキドキして疲れました。なのであまり楽しんで読めませんでした。いつもなら一気に読んでしまうのですが、何度も中断して心の準備をしてしまいました。

イラストはとても良かったです。特に口絵のカラーイラストは美麗で超エロいです。うっかりお店とかで見えちゃったら、恥ずかしいかも。

0

尻尾ふりふり大型犬×爪を出さないツンツン猫

サクサク読めるラブコメディで、とても楽しんで読めた1冊(^^)★
最後まで甘々な感じにはならない2人でしたが、何かと現実でもあっておかしくない設定が多々あり、妙にリアルだったので読み手としては妄想が止まりませんでした笑。

出会いのシーン。
受けさん(山口)に文句を言おうとした攻めさん(江見)さんが、一発で一目惚れしてしまうのですが、教会の鐘が聞こえたり、山口の周りだけ尋常ないキラキラ感があったり(江見の妄想です。)と、冒頭からくすっと笑わされる可愛いとこから始まります。
それまでノンケだったにも関わらず一発KOだった江見が相談相手に選んだのは…。

ようこそ、ゲイの世界へのシーン。
何も分からないままSNSで出会った親切そうな「セイ」に、とにかくテンパりすぎていきなり相談を持ち掛けるのですが、そのセイこそが受けさんの山口で。
山口は根っからのゲイで、綺麗な見た目とは裏腹にゲイ修羅場を経験した事のあるヤンチャに遊んだ過去があるなどの意外性を秘めていて。
そんな山口だからこそ、ノンケにも関わらず男に一目惚れし、真剣に悩んで本気で惚れてる「ヨウ」(SNS上の江見のHN)続きに興味を示し、本気で相談に乗ってあげていくようになります。
2人は、お互いがリアルでも面識ある人だとは分からず物語終盤まで2つの世界で交流が始まっていくので、そこがなかなかの見どころポイントかと思います。

めでたく鐘が鳴る(幻聴)最後のシーン。
本当に本当に最後まで山口の心情がよく分からずに、江見と一緒に私までやきもきさせられました。
ヨウと江見が同一人物だとやっと分かってからの2人の関係が江見→→→→←?山口のままなかなか動かないので、ページもうすぐ終わるよ!?と勝手に不安になりましたが、そこは江見がガンガンにギラギラと迫っていくので、なんとか収まる所に収まったという感じ。

なので、この先の2人がこれからどう変わっていくのかそこからがまた楽しみなので、出来ればまたこの2人に会えたらいいな…と、会いたいな…!と思える、満足のいく1冊でした( *´︶`*)

0

恋愛相談にニマニマが止まらない…!

ラブコメディです。可愛くて、キュンキュンもさせてくれ、更にギャグで笑わせてくれるという、とても読みやすい作品。あとがきで、愛情と性癖を詰め込んでいったら…と書かれてますが、独りよがり感は全然ありません。私は大変楽しく読めました!(*´ω`*)

内容に関しては、もう素敵なレビューがあがってるので、感想だけ。


まず訴えたいのが、イラストの素晴らしさ! 表紙はポップで可愛らしいのですが、その表紙をめくると悶絶ものの口絵カラーが!! かなりエロいです。本編でとても萌えたシーンが描かれていますが、そのシーンをカラーで見られて大変幸せです(//∇//) 表紙は可愛らしく、中の口絵はエロいというのは個人的にとてもありがたいのです。

そして内容はというと、シチュエーションがとっても好み。攻めが受けに一目惚れをする場面や、チャットでの恋愛相談…とニマニマしちゃう場面が満載です。

更に登場人物が非常に魅力的。攻めはイケメンなのにかなりズレてる…と残念な感じなのですが、そこが可愛げにもなってます。受けはキレイ系の見た目に反して強気で男前。オマケにツンデレ。更に面倒見の良さも発揮と続き、受けとしての萌え属性をこれでもか!と備えてます。

あと、絡みがとても好みでした。受けは以前、やりたくなると一夜限りの相手を見繕い…という設定なので、エッチでは積極的な所を見せてくれるのです! そこに男とは初めての攻めという事で、教えを請いながら…というのが萌える。更に少し余裕の出てきた攻めが、教えを請うという体で受けに羞恥プレイ的なものも。他にも自慰シーンがかなりエロいです。一応、ネタバレは避けといた方がいいのかな?という事で、詳しくは書きませんが、この時の受けの色っぽさは、ほんと悶絶ものなのです。

少し気になったのが、文章に読みにくい部分がある事。ホント、たまに少しだけなのですが、書き慣れてない感じの読みにくい文章があります。小学生の作文みたいなレビューを書いてる私が言うのは申し訳ないのですが…。お前が言うな!とお叱りを受ける前に謝っておきます。すみません! ただ単に自分の読解力の無さが原因でそう感じただけでしたら、更に申し訳ありません…。m(_ _)m

主役二人を除く登場人物達も非常に魅力的ですが、彼らの名前に法則があるそうです。気づいたら笑ってやって下さいと書かれてますが、私は一応気付いてニヤリとさせてもらいました。

ラブコメディが大好きなので、大変楽しく読ませてもらいました(*´ω`*)






1

ワンコとツンデレ猫の勘違い系ラブコメ

あらすじ:
会社員の江見(攻め・28歳)は、アダルト雑誌の付録DVDが破り取られていたことに文句を言うため、書店へ。
そこの店員・山口(受け・24歳)に一目惚れし…

攻め受け両視点あり。双方の勘違いが笑いを誘うほのぼの系コメディです。

アダルト雑誌大好きなドノンケだったのに、山口に一目惚れして以来、どんどん新たな扉を開いていく江見。
ゲイ向けSNSでゲイのユーザに恋愛相談し、彼に言われるがまま裸の画像を送ったり、山口の店に通いつめ、お近づきの印にとアダルト雑誌を貢ぎまくったり…と、残念なイケメンぶりが面白いです。

山口は見た目は可憐な美人ですが、中身には結構ギャップあり?
風呂上がりにビールをグビッとあおるのを日課にしていたり、ゲイで不特定多数の相手と一夜限りの関係を続けていたりと、なかなか豪快なキャラクターです。

そんな山口、ゲイ向けSNSで初心者のゲイ(=江見)と知り合い、彼の正体を知らぬまま、相談に乗ってやることに…
という勘違いコメディな展開。

店に江見が現れるタイミングと、画面の向こうの相手の一喜一憂ぶりとがあまりにシンクロしており、気続きづかない山口は相当ニブいなという感じですがw、そこも含めてコメディとして楽しめます。

山口の(ネットでの)アドバイスの甲斐もあり、少しずつ山口と打ち解けていく江見。
山口もちょっと言い過ぎるとすぐ反省する等、根は優しいツンデレキャラなので、ワンコな江見とのやり取りが大変微笑ましいです。

ネットでは、ゲイの先輩後輩としてひとりエッチを見せ合う二人。
これが単なるエロシーンではなく、後々の展開の伏線にもなっているところが良かったです。

物語終盤で互いの正体がバレますが、ネットでもリアルでも良好な関係の二人なので、さして大事にはならず。
その点が盛り上がりに欠けると言えばそうですが、ネットでのやり取りで恋が芽生えるのでなく、あくまでリアル世界で関係を築いていく二人の様子は読んでいてなかなか楽しかったです。

ラストにはしっかりHもあり、甘い雰囲気を堪能。
サラッと読めるラブコメとしてオススメの一冊です☆

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ