僕だって君がいなけりゃたぶん。

bokudatte kimi ga inakerya tabun

僕だって君がいなけりゃたぶん。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神41
  • 萌×240
  • 萌13
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
410
評価数
103
平均
4.1 / 5
神率
39.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801957114

あらすじ

転入早々、小学校のスクールカースト最下位に納まってしまったシオン。
そんなシオンを助けてくれたのは、クラスメイト達にいじめられ、
服を脱がされたシオンの下半身に欲情したド変態・レオだった。

「そいつさぁ俺にちょーだい」

それ以来なんだかんだでずっとニコイチなふたり。
大学生になっても当たり前のようにルームシェア。
子供の頃からずっとシオンの"勃起していない下半身"に興奮し、
独占欲が人一倍強い俺様なレオに、進んで身も心も独占されるシオン。
しかし、この関係を恋人だと思っていたのはシオンだけで――…?!

興奮するのは"勃起してない"僕の姿だけ!?
蔓沢つた子ワールド全開でおくる、
マジメ系俺様×寡黙なひっこみ思案クンのド変態ふにゃ●●フェティシズム★

表題作僕だって君がいなけりゃたぶん。

赤沼獅子(レオ)
比奈田汐音(シオン)

評価・レビューする

レビュー投稿数13

美人ではなく、美女過ぎます!

蔓沢つた子先生の作品初めてです。

ふにゃちんフェチ・・・またマニアックなフェチで、健全男子には酷な設定だよね。


恋人なんかじゃない、と攻めは頑なに言い張るのに、どうみても仲睦まじいバカップルそのものの二人。
攻めに「もし誰かとつきあったら?」と受けが聞くと、殺気立った様子で「相手を殺す!」と言い切ったり、
好きなところ10個はすぐに挙げられるのに、頑として恋人だと言ってくれない攻め。
恋人はダメだけど、結婚ならしてもいいかも、と理解不能なことを言う攻めに対し、当然受けがぐるぐる、悶々悩みます。

なんで恋人だとダメなのか、の理由が、えっ?これ?親の言いつけ?
親の言う事を守ろうとしていた攻めが思っていた以上に真面目で、若いなぁと。
この回答を聞いたあと、今までずうっと俺様攻めに従っていた受けが主導権を握って攻めを組み敷いたところがいい!!
ナカに入れたいなら、言わなくちゃいけないことがあるよね?わかる?
みたいな感じで、今までの言いなりになっていた受けはどこへやら、かなり強気に攻めてるところがいい!!


気になった点は、受け(黒髪)の感じている続き顔がなんだか女性にしか見えなくて、途中で読み進める手が止まることしばし・・。
電子の試し読みではそこまで解らなかった・・・。
最初はこりゃ美人さんだなぁって思っていたんだけど、美人さんではなく美女に見えて仕方ない。
睫毛が長くて、睫毛の先がクルンって上がっているからかなぁ。睫毛がかなりポイントかも。
髪の毛もツヤツヤで、顎から肩くらいの中性的な髪型だから尚更。
エロエロが多いだけに、そこが気になって作品全体に集中して読むことができませんでした・・・。



0

えちの点数の高さ


ノリに乗っているつた子さん!美味しい変態攻めかぁ〜美味しいなぁ〜と(笑)思いましたがデキる俺×デキる僕感が強過ぎて……ちょっとあざといな〜と疲れてしまいました。; 勉強デキる〜だとしても攻めが勉強している受けにちょっかい出して→嫌がっていたけど→なし崩し…みたいなのは好きなのですがそうじゃなかった。

でも、流石のえちシーン。

擬音のオンパレード。◎
そして受けが精神的に攻めを攻める件…!が素晴らしい。

あと面白かったのが僕が誰かと付き合ったら?って受けの質問に、自分は恋人じゃないと言っておきながら相手殺す言った攻めがまさかで。笑
受けも攻めも今回前髪が目にかかる長さだったので、彼らの友人たちのビジュアルに惹かれました。特にオールバックのこ!攻めとして登場しないかな〜// 二人出てきた友人はどちらも攻めがいいです…(希望)
地味に、攻めが母似なのも何だかほっこりするものがありました 受けが他作の受け新妻くんに時折似ていたのは惜しい…!


兎に角、ピアスさんでも出してもらいたいくらいよきえちを描かれるつた子さんでした。

0

心が温かくなる話?

受けのこと大好きだけど余裕ぶっこいてる攻め、レオくんと最初は攻めに押されての関係だけど猛烈に攻めにハマってしまう受けのシオンのお話です。

他の蔓沢さん作品よりはエロが少なかった気がします!
一冊丸々表題作でした。
お互い好き合っているのが明らかで、ヤキモチも可愛いものでした(笑)
読んでてホンワカする感じです!

あとは攻めの親があっさりというかノリノリでお付き合いを受け入れて理由もしっかりしててっていうのが安心でした(笑)
ハードルが何もない2人のラブラブな日常です(笑)

0

褒めてます

なんだ、この変態バカップルは!

理屈が通っているようで、全くかみ合っていない、強引な超展開。
だけど、なんだかとっても可愛くってハッピー。
レオくんが、ただの我が儘オレ様ワールドの住人だったら、こんなに楽しいとか可愛いとかって感想にならないと思う。
それを、バカバカしいけど幸せそうって納得できるのは、例えばレオくんの方が小柄だったり、二人とも国立の医大生だったり、レオくんの両親の性格付けだったりっていう、キャラクターの設定が上手い。
それに、なんと言っても絵が可愛い。
レオくんもシオンくんも表情がとにかく可愛いくて、私好みで、すごく読みやすかったです。

2

フェチズム

またコアなとこ責めてくるなwと思う冒頭から、
徐々に明かされていく二人の気持ち。
終始カップルでイチャコラな展開ではあるものの、
1冊まるまるおさまったお話が可愛かったです。

始まりは、まだ二人が子供だったころ。
いじめで裸に剥かれた受の股間に遭遇した攻のひとめぼれからのスタート。
ふにゃったチ○コに興奮する小学生・・・((´∀`*))ヶラヶラ
そこから数年たってもその執着は変わることはなく。
ふにゃったナニをしゃぶるのが至高ってどんなやねんw

「付き合いたいと思う?」
「思わない」

なんて心無いと思った読み始め。
その理由がこれまたアホなほどマジメで笑った。
や、他の女の子と遊んでた過去を顧みるとそうでもないのか・・・
いらんとこアホな攻と、そんな攻を一途に愛しちゃってる受。
可愛いいちゃこらが楽しい1冊です。
攻はもっと受に翻弄されればいい

3

久しぶりに、疚しさを刺激される帯

人並みに誰にも見られたくないと本の置き場所に気を使ってしまいます。
そんな帯をつけられた中身も、これまた劣る事ない変態臭。
幼少時の刷り込みと勃起しないふにゃちんを愛する姿に小児性を感じてしまい、今一歩踏み込む勇気が持てないまま読み進めました。

レオの俺様ルールに無自覚の独占欲を感じながらも、無慈悲に突き放されるサドっぷり。
そしてレオに与えられる飴と鞭に慣らされ、その上でかわいい、かわいいと受け入れるシオン。
そんなふたりが恋人という単語に一喜一憂し、なぜ恋人認定できないのかと突き詰めていく過程で新しい扉が開いていきます。
身も心も受身だったシオンの下克上的な襲いっぷりに、ようやくシオンの勃起状態を悪くないと言ったレオ。
これからのふたりなら楽しく見られるかもと思った矢先の家族紹介に、突如方向性を見失ってしまいます。
その後はコミカル風味に展開され、シオンの成長とレオの寄りかかり具合にさもあらんと頷きつつもひとコマひとコマに詰め込み過ぎて、デレも甘甘も中途半端に感じてしまいました。
ただ、シオンのメンタルの強さと柔軟さ、男としてレオをかわいいと言いつづける雄の部続き分が主張され続けているせいか、レオの独りよがりな部分とのバランスが取れていて全体的にはほほえましく思えるバカップルとなりました。

1

執着のかたち

小学生の時に受けのフニャチンを見た攻めが興奮し、独占しようと自分の物宣言し、
受けも独占される事で喜びを感じたまま、大学生まで続いているお話。

そんな変態ラブラブな二人の執着のかたちがお互いの目線で描かれていました☆

人間不信から誰に対しても無表情だった受けのシオンに対し、人馴れしろ!と言う攻めのレオだが、
実際 他人と仲良くすると、理不尽な焼きもちを妬いて怒るレオの執着。

エッチはするのに恋人は嫌だ!とレオに言われ、恋人とは?とグルグル悩むシオン。
納得いかず問い詰め、いつもはレオ主導権のエッチも逆転して押せ押せのシオンが見せる執着。

どちらも可愛い執着で、そこに恒例のエロエロが乗っかり、終始ラブラブな二人を楽しめる一冊でした。

可愛かったけど、恋人が嫌な理由とか無理矢理感が強く感じたし、最終的にエロエロばかりの印象が残ってしまったのが残念です。

電子限定~
無表情を装っていれば勃起しづらいのではないかと提案してシオンのフニャチンをしゃぶるレオ。
することがないからと、レオが楽しむ様を録画しようとシオンがスマホで撮っていると・・ハメ撮りに続きなって、結局喜んだのはレオでした~

2

ふにゃちんマニア

医大生のシオンとレオは、ルームシェアし、エッチなこともしている幼なじみ。
小学生のときに転校してきたシオンがいじめられ、下半身を剥かれていたのを目撃したレオがそのふにゃちんに一目惚れ。「おまえ俺のものになれ!」と宣言してからずっとべったりの2人です。
シオンはずっとレオが大好きなのですが、レオはシオンのふにゃちんだけに執着しているようで、いまいち不安なシオン…という流れ。

カップリングは俺様なレオ×ふにゃちんのシオンですが、受けのシオンのほうが身長も高く、いじめられ対策に空手を習ったりしていたので腕っぷしも強い、というカプです。
大好きなレオと毎日べったりで、同じ部屋に住み、日々エッチなこともしています。でもある日、レオには恋人だと思われていなかった…という事実が判明し、大ショック。

恋人だと思っていたのが自分だけだった、と知って不能気味になる受け。なのに攻めは受けのふにゃちんが大好きで、むしろ勃起ち○ぽは要らんし突っ込めりゃいいんだから無問題、という気の毒な状況。
最初はあまりに「ふにゃちんラブ!」だけの攻めなので、変態的で笑える反面、受けが可哀想な気がしたのです続きが、やがてその状況は改善されます。
そこからは、蔓沢さん作品史上ナンバーワンと言っても過言ではない、ラブラブ甘々なとんでもないバカップル状態に突入。

すれ違って受けが気の毒なパートから、バカップルパートまで、どこをどう切り取っても萌えるし笑える、素晴らしい作品でした。
攻めのほうが小柄だしキラキラしてるし、受けは腕っぷしも強いしで、もしかしたらリバがあるのかな…とちょっと心配しましたが、それはなかったので、リバが地雷な方もご安心を。

3

買ってよかった満足すぎる

つた子先生の新刊!!!

変態イケメン×美人長身受け

つた子先生の本は今まで
長身×小柄だったので新鮮でした‼しかも一冊丸々ひとつのカップルで満足すぎる

エロはいつも通り盛りだくさん
ふにゃちんフェチなんていままで出会ったことないキャラでエッチシーンもそれにともない少し珍しい?

初めからくっついてるようなカップルですが
レオが恋人だと認識していないと知ったシオンは
もやもやしてしまいます

でも別にレオはひどい男でもなんでもなく
素直すぎて思考も単純だったことが原因だったのですぐ?解決します

つた子先生の作品のいいところは
男カップルだからといって周囲が退いたり
本人たちが隠そうと躍起になったりしないとろですね!!
二人とも頭がいいし親や周り無問題なので将来も安心
お互いが大好きで程よい執着っぷり
無敵なカップルサイコーでした!!!

3

ニコイチな2人♡

今回も癖ありな感じです。
1冊丸ごとこのカップルなのは嬉しい。

いじめられっ子シオンは、俺様レオに助けてもらってから、ずっと一緒にいます。
でもそんなレオは、シオンのふにゃちんに興奮する変態くんだったのです…。
そのまま2人は医大生になって、ルームシェアする仲良しさん。
当然、エッチなこともする2人だけど…。

受けのシオンはいじめられっ子体質で、外では黙ってしまう大人しめで人付き合いも苦手。でも家に帰るとレオの前では表情もくるくる変わっておしゃべりに。
攻めのレオは、イケメンだけど俺様な変態くん。自分の好みを強要しては襲ってきます。
でもレオはシオンのことを「恋人ではない」と言い、
それを聞いたシオンはショックを受けて…。
何が恋人で、何が恋人じゃないのか、分からなくて探っていくと、レオが頑なに恋人と言わない理由があって…。
なんとそこで今まで受け身だったシオンが立場逆転に持ち込みます!
あれよあれよと押し気味にレオに迫って「うん」と言わせるんです!
これには驚き( ´O` )襲い受け!?
この変わりようにはドキドキしましたよ。

そんなこんなで続き無事恋人になった後半はレオ視点です。
シオンに人との交流を勧めるものの、嫉妬しちゃってのストーリー。
描きおろしは、温泉旅行へ♡

終始仲良しな2人のいざこざ+いちゃこらで、意外と和む感じでした(^^)♡
エロも濃いです。
レオの俺様なねちっこさも良いし、
何より不意に襲い受け風になるシオンにやられました。
なんだか読み終えると濃かったような癖も薄くなってるような( ´O` )
とにかくニコイチな2人のラブラブな感じが可愛らしかったです♡
今回も楽しませてもらいました♪

電子書籍も同時なので即購入できました!
Rentaさんは見返し、カバー下、背表紙ありで、修正もQpaのぐしゃぐしゃ消しです。

5

お互い好きすぎるCPのお話。

作家買いです。つた子さんは、ちょい難あり・でも受けを大きな心で受け止める攻め、のイメージでしたが、今回の攻めくんはちょっとイメージと違ったな、という感想。それと、つた子さんらしいギャグはちょっと身を潜めてます。攻め・受けどっちもイケメンで、国立の医学部の学生というハイスペックなCPというのもちょい珍しい気が。



ネタバレ含んでます。苦手な方はご注意ください。





いじめられっ子だったシオン。
それを(自分の欲望のためとはいえ)助けてくれたレオ。
レオに心酔するシオンと、シオンのふにゃふにゃなtnkを愛するがゆえにシオンに固執するレオという、つた子さんらしい変態(←褒めてます!)CPのお話。

はじめ、レオはシオンのtnkだけに執着しているように見えるので、レオをわんこのように慕うシオンが可哀想に見えたのだけれど、徐々に見えてくるレオが自分でも気づいていないシオンへの執着心があっぱれでした。レオに振り回されるシオン、のように見えて、実は振り回してるのはシオンっていうのがとってもツボでした。

レオが無自覚ゆえに、すれ違ったり勘違いし合ったりして紆続き余曲折ありながら、お互いが唯一無二の存在だと認識していく彼らの恋がめっちゃ可愛かった。

そして、レオ以外の人の前ではあまり自分の意見を言わず、無表情で何を考えてるのかわからないシオンですが、先輩にキスされて怒りMAXなシーンがカッコいい…。レオ以外いらないっていう彼の恋心と、強さに萌え萌えでした。

つた子さん作品は、主要CPはもちろんですが、彼らを見守る周囲の人たちもとっても魅力的。
今回もコミ障のシオンを支えてくれる大学の友達たちはナイスガイでしたし、レオの両親(特に母ちゃん)がカッコよかった。

このCPはリバってもおいしかった気がします。機会があればぜひ続編を描いていただいて、シオンにがっつり攻めてほしいな、と思ったりしました。

8

エロ可愛いラブラブカップルを堪能できます

やはりつた子先生天才ですね。
オリジナリティがはんぱなくて、受けも攻めもとにかく可愛い!!
ふにゃちん好きって。。とか細かい突っ込みどころはあっても全く気にならない可愛さです。
俺様な攻めなのに意外と真面目な勉強好きで、頑張って嫉妬を抑えようとしたりなんだかんだ言いながら受けのことを可愛がりまくってるところが良いです。
受けの方が背が高くて押せ押せの場面があったので、まさかリバがあるかとドキドキしていたのですが、なくて良かったです。
カッコ可愛い攻めがなんとも先生らしいです。
ラブラブな同棲バカップルなのでほんかした気持ちになれます。

7

リバくさい百合ップル…?

まるっと1冊表題作です(^^)
蔓沢さんのイケメン×イケメンの掛け合わせがちょっぴり新鮮。
でも性癖拗らせた変態キャラは安定してましたw

幼馴染でニコイチな攻めと受け。
共に医者を目指し、勉強大好きなトコも本の好みも似てて、ルームシェアして学校・寝食ずっと一緒。そして攻めは子供の頃から受けのふにゃtnkが大好きな変態さん。当然エッチもしちゃってて、受けは恋人だと思ってたのですが、攻めは「恋人は嫌だ」と言い張り。恋人同然・どう見ても愛されてる状態なのに、なんで恋人にはなれないのかと悩む受けは強行手段に出てーーーなお話です。

前半は受け視点・後半は攻め視点です。
自覚があるかないかの違いだけで、両思いカップルのラブラブが楽しめます♪

マジメ系俺様の攻めは……アホでしたw
「恋人は嫌だ」の理由に笑ってしまうw
お勉強は出来るのに日常ではちょっとヌケてるのが面白かったです。

受けは"寡黙な引っ込み思案"と帯に書いてあったのですが、それは家の外での話。元いじめられっ子の人不信で外では無表情+声を出すことすらレアなのですが、ルームシェアしてる家に帰ると攻めの前で続きはよく喋るし表情がコロコロ変わって、ギャップが可愛いです。

んで、攻めに流されてるようで、ここぞの場面は強い。
基本は俺様攻めの下で可愛く従順にしてるけどプチンときて襲い受けになったシーンがあったのですが、絵図だけみてるとリバってるようにしか見えないという…(ФωФ)攻めが喘がされて百合くさいw

後半の攻め視点では、恋心に自覚のなかった攻めの初ヤキモチヾ(*´∀`*)ノ
ようやく自覚してモヤモヤモダモダしてる攻めが可愛かったです♪

ケンカになりそうな局面でも秀才カップルらしい冷静さがあって大きな揉め事はなく、相思相愛・幼馴染ニコイチカップルのエロ可愛いが楽しめる1冊でした(﹡´◡`﹡ )

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ