色闇―大江戸捕り物秘帖

色闇―大江戸捕り物秘帖
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
4
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
発売日
価格
¥1,300(税抜)  ¥1,404(税込)
ISBN
9784048731324

あらすじ

江戸時代。
蠱惑的な美貌を持つ色若衆、月弥。
彼の身体に流れるふたつの血が逃れられない運命を予感させる…!官能の美を描く、終わりなき愛の物語。

表題作色闇―大江戸捕り物秘帖

元・火付盗賊改、牙神尚照(きばかみなおてる)
陰間の月弥

評価・レビューする

レビュー投稿数1

妖しくも美しい江戸の間諜、イラストは必見!

時は江戸時代、まるで池波正太郎の「鬼平犯科帳」のパロディか!?
と思わせるストーリー展開ながら、楽しく読める。

若くして火付盗賊改(現代でいう検察庁長官みたいなものか)になった牙神尚照は
その大役を引退するのも早かった。
30過ぎたばかりで隠居し、半年前から美しい若衆の月弥を隠居処に住まわせています。
だが、この月弥、ちっとも牙神になつかない(笑)
しかし、お布団に入るとあらあら…とんでもないおねだり淫乱ちゃんです。

ちょっとした捕物風に書かれていて、それなりにハラハラするところも。
あやしげなエロスを書かせたら超級のヤマーイ先生ですが、
な、なんだか最近作よりもエロエロスな表現が繊細かつ迫力あります。

3Pやっちゃったり痛いのとか変態プレイとかはないんですが、
優美な日本語を駆使して劣情がはじけ飛ぶようなHシーン。
イヤ!ここはHシーンとか言うなって話です、『濡れ場』です!
中でも3回ぐらい見返しちゃったのは、シックスナインを「卍巴(まんじともえ)」
と書いているところですね。
そんなスゲー日本語あるのか!?と調べてみましたら、あるんです(笑)
しかし、意味はいろいろなものが入り乱れる混乱した様子でして、
別にあっちとこっちでフェラすることじゃありません、念のため。
それにいたしましても、言い得て妙とはこのことなり(笑)

時代考証も、ツッコミどころはあるにしてもそれなりにマトモですし
同じく江戸モノの「長恨歌」のような哀しさはなく
あま~い雰囲気に包まれるのがいいですねぇ。

本作、単行本を激しくおススメします!水上有理先生の
なまめかしくも美しい絵がたっぷりです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ